パラリンピックとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 時事用語 > パラリンピックの意味・解説 

パラリンピック(ぱらりんぴっく)

障害者参加するスポーツ祭典

パラリンピック大会4年ごとのオリンピック引き続き、同じ場所で開催される。2000年場合は、シドニーオリンピックがあったので、パラリンピックもシドニーで開かれる。

ふつうのオリンピックと違うところは、障害者選手になって競技参加することである。競技種目アーチェリー陸上マラソンなどの18競技である。

パラリンピックの名前は、Paraplegia (下半身マヒの意味) とOlimipic (オリンピック) を合成語してつけたことに由来する。また、para には「もう一つの」という意味もあるので、もうひとつオリンピックとも言われている。

歴史的には、パラリンピックは約50年わたって開催されている。1944年英国神経医のグッドマン博士が、障害者リハビリ一環として、足が不自由な人の競技会開催した。これがパラリンピックの始まりである。

最初グッドマン博士病院内でだけ、競技会開催されていた。これがだんだん広まり、現在のような国際的競技会になった。パラリンピックは、今日では、障害者スポーツを代表する祭典となっている。

オリンピック

(2000.10.15更新


パラリンピック Paralympic

麻痺を意味するパラリシス(paralisis)とオリンピック合成語
起源イギリス病院始めた、障害者麻痺者)のリハビリテーションをめざしたスポーツ競技会1960年ローマ・オリンピックのおり、初め国際的競技会開催されました。以後オリンピック大会のあと、その競技施設活用して行われきました。90年代に入って社会福祉におけるノーマライゼーション考え方浸透し、障害者スポーツ活動対す関心が高くなり、参加人口も増えています。98年長野オリンピックの後に行われました。

パラリンピック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/10 01:41 UTC 版)

パラリンピック英語: Paralympic Games)は、国際パラリンピック委員会英語: International Paralympic Committee、略称:IPC(以下IPC))が主催する、身体障害者肢体不自由(上肢・下肢および欠損、麻痺)、脳性麻痺視覚障害知的障害)を対象とした世界最高峰の障害者スポーツ総合競技大会オリンピックと同じ年に同じ場所で開催される。アテネ大会から夏季オリンピックと共同の開催組織委員会が運営する。




  1. ^ 20年夏季五輪:五輪・パラ開催都市、8日決定 「あの感動を日本で」 県内選手、熱い思いと期待 /岡山 - 毎日新聞、2013年9月6日、2013年9月13日閲覧[リンク切れ]
  2. ^ 65歳大井さん「東京で金」 2020年パラ五輪へ意欲 - 岩手日報、2013年9月10日、2013年9月13日閲覧[リンク切れ]
  3. ^ この大会で実現した「全ての身体障害者の大会」も定着せず、この後も国際大会は車椅子競技者のための国際ストーク・マンデビル競技大会のみが行われた。
  4. ^ HISTORY AND USE OF THE TERM ‘PARALYMPIC’
  5. ^ 日本パラリンピック委員会|パラリンピックとは|パラリンピックの歴史
  6. ^ 特集/もう1つのオリンピック 日本の3月、パラリンピック。 パラリンピックの歴史
  7. ^ 北京パラリンピック・シンボルマーク”. 人民中国 2008年1月29日. 2012年9月25日閲覧。
  8. ^ パラリンピック競技大会(夏季大会)の開催状況”. 厚生労働省. 2012年9月27日閲覧。
  9. ^ 年表”. 公益財団法人日本障害者スポーツ協会. 2012年9月27日閲覧。
  10. ^ パラリンピック競技大会(夏季大会)の開催状況”. 厚生労働省. 2012年9月27日閲覧。
  11. ^ 年表”. 公益財団法人日本障害者スポーツ協会. 2012年9月27日閲覧。
  12. ^ 夏季大会は1996年アトランタパラリンピック、冬季大会は1998年長野パラリンピックから参加が認められたが、2000年シドニーパラリンピックにおいて、出場した健常者選手による知的障害者偽装が発覚したことを契機に、知的障害者選手はしばらく参加出来ず、参加復活は夏季大会に関しては2012年ロンドンパラリンピックからであった。冬季大会に関しては、最短でも2022年北京パラリンピックまで待つこととなる。
  13. ^ 2014年2月16日 中日新聞朝刊 サンデー版 世界と日本大図解シリーズNO1134
  14. ^ 第1回 ロンドンでは悲願の金メダルを! | 二宮清純の視点|障害者スポーツをスポーツとしてとらえるサイト"挑戦者たち" [CHALLENGERS.TV]
  15. ^ SPORTS COMMUNICATIONS - 車いすテニスプレーヤー国枝、プロ宣言
  16. ^ 朝日新聞デジタル:パラリンピック選手強化、五輪と一元化 競技性高まり - スポーツ
  17. ^ 2014年8月7日中日新聞朝刊22面
  18. ^ 障害者スポーツに関する事業の移管について(通知):文部科学省” (日本語). www.mext.go.jp. 2018年6月9日閲覧。
  19. ^ a b c d e 小学館発行 週刊ポスト 2013年11月8,15日号パラリンピックの「知られざる真実」
  20. ^ スポーツ庁 文科省外局に 15年度発足目指す
  21. ^ a b c “戦場の悪夢”と金メダル ~兵士とパラリンピック~ - NHK クローズアップ現代+ - NHK
  22. ^ a b c d e f g h 国内外一般社会でのパラリンピックに関する認知と関心 調査結果報告”. 日本財団パラリンピック研究会. 2017年12月15日閲覧。
  23. ^ 信濃毎日新聞 - 信毎web - 長野パラリンピック フロント
  24. ^ 全力応援!NHKソチパラリンピック2014
  25. ^ 冬季パラリンピック開会式、NHKが生中継へ - YOMIURI ONLINE
  26. ^ 夏季大会では2004年のアテネパラリンピックから開会式を生中継している
  27. ^ 放送予定
  28. ^ NHKリオパラリンピック公式サイト
  29. ^ Olympic Games”. colnect.com. 2012年9月25日閲覧。
  30. ^ 長野オリンピック冬季競技大会・長野パラリンピック冬季競技大会”. 日本郵便. 2012年9月25日閲覧。
  31. ^ 世界車椅子バスケットボール選手権大会記念80円郵便切手”. 日本郵便. 2012年9月25日閲覧。
  32. ^ ロンドン・パラリンピック関連切手発行情報”. livedoorニュース 2012年8月30日. 2012年9月25日閲覧。
  33. ^ リオデジャネイロ 2016 日本代表選手 金メダリスト公式フレーム切手の販売 (PDF)”. 日本郵政. 2016年9月13日閲覧。
  34. ^ 公益財団法人日本アンチドーピング機構 TUE
  35. ^ (重度の脊髄損傷障害者に見られる症状で、急激に発症する高血圧と頭痛などが特徴)
  36. ^ 日本身体障害者陸上競技連盟HP内 日本パラリンピック委員会 ブースティングについての考え方
  37. ^ パラリンピックのワールドワイドパートナーの1社である。
  38. ^ 2016年11月29日22時25分(放送)NHK総合テレビ「修理工場は眠らない パラリンピックを支えた職人たち」
  39. ^ 知的障害者の競技は、IPC加盟団体のひとつである国際知的障害者スポーツ連盟(以下INAS-FID)によるワールドカップが競技ごとに開催されているほか、日本国内の大会では知的障害者クラスも一緒に大会が行われている。この他、INAS-FIDとは別に、知的・発達障害者の競技大会としてスペシャルオリンピックスが実施されている。
  40. ^ 障害者スポーツ:依然少ない助成金 スポンサー探し奔走中 - 毎日新聞
  41. ^ 2014年5月21日 中日新聞朝刊




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「パラリンピック」の関連用語

パラリンピックのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



パラリンピックのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2019 時事用語のABC All Rights Reserved.
財団法人和歌山県人権啓発センター財団法人和歌山県人権啓発センター
Copyright (C) 2019 財団法人和歌山県人権啓発センター All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパラリンピック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS