アメリカ陸軍とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > アメリカ陸軍の意味・解説 

【アメリカ陸軍】(あめりかりくぐん)

アメリカ国防総省属すアメリカ陸軍で、アメリカ軍における5つ軍事組織一つ
独立戦争時の1775年6月14日組織された

2012年3月現在、現役将兵55万人他に予備役30万人前後)を擁しており、これらを取り仕切るトップは「陸軍参謀総長」が務める。
参謀総長には4つ星将官たる大将任命されるが、他の統合参謀本部メンバー同じく参謀総長には陸軍に対する作戦上直接指揮はない。
あるのは軍に於ける行政執行権及び政策決定で、作戦指揮大統領から国防長官経由して命令下される統合軍司令官にある。

構成

アメリカ陸軍は現役兵構成される常備軍予備役兵で構成される予備軍、さらに現役兵及び予備役兵で構成される州兵3つの要素構成される

これら3つの要素は、すべて第一次世界大戦からアメリカかかわった全戦争に参加し予備軍州兵使用権ベトナム戦争後強化された。
そして予備軍及び州兵部隊湾岸戦争イラク戦争などに参加した

主要装備

階級

 

アメリカ陸軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/27 15:34 UTC 版)

アメリカ陸軍(United States Army, USA, U.S. Army)は、アメリカ軍の陸軍部門である。アメリカの8つの武官組織のうちの1つであり、合衆国憲法ではアメリカの陸軍と定められている。現代のアメリカ陸軍は、アメリカが国として設立される前の1775年6月14日にアメリカ独立戦争(1775年〜1783年)を戦うために結成された大陸軍にそのルーツを持つ。独立戦争後、合衆国議会は1784年6月3日、解散した大陸軍に代わってアメリカ陸軍を創設した。アメリカ陸軍は、自らを大陸軍の継続部隊と考えており、そのため、制度上の発足は1775年の同軍の起源と考えている。


  1. ^ なお、現在の騎兵部隊は実際に乗馬しているわけではなく、主に伝統的な理由から「騎兵」の名称を持つ部隊を指している。


「アメリカ陸軍」の続きの解説一覧

「アメリカ陸軍」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アメリカ陸軍」の関連用語

アメリカ陸軍のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アメリカ陸軍のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアメリカ陸軍 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS