フランクとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 親族 > > フランクの意味・解説 

フランク 【Franck】 ○


フランク 【Frank】 ○

Andre Gunder F.〕 (1929~2005ドイツ出身経済学者ラテン-アメリカ従属理論・低開発発展理論で知られる。著「従属蓄積と低開発」など。

フランク 【Frank】


フランク [2] 【frank】

形動
直なさま。遠慮のないさま。 「 -に話す」 「 -な態度

フランク 【Franck】

Sebastian Franck 宗教改革期ドイツ代表的心霊主義者。ルター主義から無党派心霊主義者となり、一切外的なものを捨てて、不可視の神の言葉による統治見えざる霊の教会目指した。だが正統派からは迫害され、その思想オランダに受け継がれた。著『歴史聖書』他。(一四九九~一五四二)

フランク

【英】:Franck, César
[ベルギー]  1822~1890

執筆者: 菊池 朋子

ベルギー生まれ主にフランス活躍したが、国籍問題学校への入学拒否された経験を持つ。また、当事神童騒ぎ立てもてはやす風潮に幼いフランクも巻き込まれ、このような複雑な文化的背景両親からの干渉が、フランクの豊かな才能を開花させるのを遅らせたとも言われる20歳を過ぎてようやく両親から自立し、36歳のときにサント・クロディルト教会オルガニスト任命されたことが転機となって、以後自分創作活動充実させることができた。
宗教曲オルガン曲では見事な対位法用いて典礼用の作品多く残し、器楽曲室内楽曲でも、古典的形式とフランク特有の情緒的フレーズ融合され、とりわけ優れた成果を残している。一つ主題変容させて複雑に組み込む手法リストから大きな影響を受けており、単一楽章形式ピアノ作品傑作を残した。パリ音楽院教授にもなり、多く弟子持ち「フランク楽派」が形成される。フランクの指導のみならずワーグナーなどの新し音響への柔軟理解真摯に取入れようとする姿勢から、多く弟子に慕われた。

ピアノ独奏曲

ピアノ合奏

室内楽

管弦楽ピアノ

その他

曲集・小品集  [その他]

フランク

名前 FrancFrancisFranckFrankFranceseFranckeFranckhFrankeFrankyFurank

フランク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/19 08:34 UTC 版)

主にフランス語圏男性名。




「フランク」の続きの解説一覧



フランクと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フランク」の関連用語

フランクのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



フランクのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2019 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2019 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフランク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS