遺言とは? わかりやすく解説

い‐げん〔ヰ‐〕【遺言】

読み方:いげん

死にぎわ言葉を残すこと。また、その言葉。いごん。ゆいごん

先人生前言ったこと。また、その言葉。いごん。


い‐ごん〔ヰ‐〕【遺言】

読み方:いごん

人が、死亡後法律上効力生じさせる目的で遺贈相続分指定相続人の廃除認知などにつき、民法上、一定の方式に従ってする単独の意思表示。→遺言証書ゆいごん(遺言)

⇒いげん(遺言)


ゆい‐ごん【遺言】

読み方:ゆいごん

[名](スル)死後のために言い残しておくこと。また、その言葉法律用語では「いごん」と読む。「財産の分与について―しておく」→いごん(遺言)1


遺言

読み方:ユイゴン(yuigon), イゲンigen), イゴン(igon)

自分の死んだとの事について言い残すこと


遺言

読み方:ユイゴン(yuigon)

死亡するとき、言残した言葉

別名 遺誡置文遺告


遺言 【ゆいごん】

法律的には「いごん」と読む。死後のことについて書き残す法律的証書。遺言が法律的有効性をもつためには、方式書式などが民法詳細に定められている。普通方式には、自筆証書全て自書)、秘密証書自分で作成し公証人証明)、公正証書公証人作成)がある。特別方式は船で遭難したりして死が迫っているときなどの場の方式のこと。効力を発揮するのは財産の処分仕方と子の認知相続人の廃除未成年者後見人指定祭祀主宰者指定など身分に関すること。

遺言

読み方:ユイゴン(yuigon)

作者 国木田独歩

初出 明治33年

ジャンル 小説


遺言

読み方:ユイゴン(yuigon)

作者 近松秋江

初出 昭和3年

ジャンル 小説


遺言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/26 21:22 UTC 版)

遺言(ゆいごん、いごん、いげん)とは、日常用語としては形式や内容にかかわらず広く故人が自らの死後のために遺した言葉や文章をいう。日常用語としてはゆいごんと読まれることが多い。このうち民法上の法制度における遺言は、死後法律関係を定めるための最終意思の表示をいい、法律上の効力を生じせしめるためには、民法に定める方式に従わなければならないとされている(民法960条)。法律用語としてはいごんと読まれることが多い。


注釈

  1. ^ 遺言内容が秘密であるから、証人の欠格事項には公正証書の場合に比して注意が必要である。

出典

  1. ^ 金子宏新堂幸司・平井宣雄:法律学小事典(第4版補訂版)、有斐閣、2008年10月20日第4版補訂版第1刷、p.15
  2. ^ 最判平成3年4月19日[1]民集45巻4号477頁: 特定の遺産を特定の相続人に「相続させる」趣旨の遺言は、特段の事情のない限り、何らの行為を要せずに、被相続人死亡の時に直ちに当該遺産当該相続人に相続により承継される。
  3. ^ 最二小判平成14年6月10日[2]判例時報1791号59頁
  4. ^ 松岡慶子『相続・遺言・遺産分割の法律と手続き 実践文例82』(2018年)44ページ
  5. ^ a b c d 日本経済新聞朝刊2016年8月20日付
  6. ^ a b c d 松岡慶子『相続・遺言・遺産分割の法律と手続き 実践文例82』(2018年)50ページ
  7. ^ a b c d 自筆証書遺言に関する見直し 法務省、2019年6月23日閲覧。
  8. ^ 最判平成5年10月19日[3]
  9. ^ 最判昭和54年5月31日民集33巻4号445頁[4]
  10. ^ 最判昭和47年3月17日民集26巻2号249頁[5]
  11. ^ 大判大正4年7月3日民録21輯1176頁
  12. ^ 最判平成元年2月16日民集43巻2号45頁[6]
  13. ^ 平成27年(受)118、遺言書真正確認等、求積金等請求事件、平成28 年6月3日、最高裁判所第二小法廷(未収録)[7]
  14. ^ a b 最高裁判決平成9年11月13日[8]・民集第51巻10号4144頁
  15. ^ 大決大正4年1月16日民録21輯8頁



遺言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 14:06 UTC 版)

武田信玄」の記事における「遺言」の解説

甲府市岩窪町武田信玄墓所2010年9月撮影甲州市恵林寺武田信玄墓所2010年11月撮影) 『甲陽軍鑑によれば信玄は遺言で「自身の死を3年の間は秘匿し、遺骸諏訪湖沈める事」や、勝頼に対しては「信勝継承までの後見として務め越後の上謙信を頼る事」を言い残し重臣山県昌景馬場信春内藤昌秀らに後事託し山県に対しては「源四郎明日瀬田に(我が武田の)旗を立てよと言い残したという。 信玄の遺言については、遺骸諏訪湖沈めることなど事実で無いことが含まれているが(『甲陽軍鑑によれば重臣協議により実行されなかったという)、三年秘匿や勝頼が嫡男信勝の後見となっている可能性指摘され文書上から確認される事跡もある。 信玄死後家督相続した勝頼は遺言を守り信玄葬儀行わずに死を秘匿している。駒場長岳寺甲府岩窪の魔縁塚を信玄火葬地とする伝承があり、甲府円光院では安永8年1779年)に甲府代官により発が行われて、信玄戒名年月銘文がある発見されたという記録がある。このことから死の直後に火葬し遺骸保管していたということ考えられている。

※この「遺言」の解説は、「武田信玄」の解説の一部です。
「遺言」を含む「武田信玄」の記事については、「武田信玄」の概要を参照ください。


遺言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/10 04:39 UTC 版)

東條英機」の記事における「遺言」の解説

詳細は「東條英機の遺言を参照 東條遺書といわれるものは複数存在する一つは1945年昭和20年9月3日日付書かれた長男へ向けてものである。他は自殺未遂までに書いたとされるものと、死刑判決後に刑が執行されるまでに書いたとされるものである逮捕直前書かれとされる遺書偽書疑いがある)。 家族に宛てたもの 日本側代表団連合国に対する降伏文書調印した翌日1945年昭和20年9月3日長男向けて書かれものがある東條直筆の遺言はこれの他、妻勝子や次男など親族宛てたものが複数存在する処刑を前にした時のもの 処刑前に東條書き花山教誨師に対して口頭で伝えたものがある書かれ時期判決受けた1948年昭和23年11月12日から刑が執行され12月24日未明までの間とされる花山聞いたことを後で書いたので必ずしも正確なものではないと述べている。また東條花山教誨師読み上げたものに近い長文遺書東條英機の遺書として世紀の遺書収録されている。 逮捕前に書かれたとされるもの偽書疑いあり) 1945年昭和20年9月11日に連合国に逮捕される前に書かれとされる遺書が、1952年昭和27年)の中央公論5月号にUP通信のE・ホーブライト記者記者東條側近だった陸軍大佐からもらったものであるとの触れ込み発表されている。この遺書は、東京裁判鈴木貞一補佐弁護人務めた戒能通孝から「東條無責任論」として批判受けたまた、この遺書偽書であるとの疑惑出ている。保阪正康東條口述を受けて筆記したとされる陸軍大佐2人について本人にも直接取材し、この遺書東條のものではなく東條雑談話したものをまとめ、米国日本がまた戦前のような国家になるという危惧を「東條」の名を使うことで強めようとしたものではないか疑問抱いている。

※この「遺言」の解説は、「東條英機」の解説の一部です。
「遺言」を含む「東條英機」の記事については、「東條英機」の概要を参照ください。


遺言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/14 06:07 UTC 版)

柳生清厳」の記事における「遺言」の解説

清厳は敗勢の中死を悟って槍持に「生死皆忠なりと、奴己むことを得ずして会に従ひ、清厳の死するに及びて、遺書とを携へ還ると言い遺書遺髪血塗れ十文字槍託し遺書の中で無断で家を出たことを父に詫び、弟を残しながら孝行できなかったことを母に謝罪した。弟らには「茂左、新六は母をよろしく頼む」と残している。 また姑夫・天野四郎右衛門には、「西風一陣黄葉頻辞 看々得春色 功名不朽時」と辞世の詩残している。 槍持激しく泣きながら無事に尾張遺書遺髪十文字槍持ち帰っている。

※この「遺言」の解説は、「柳生清厳」の解説の一部です。
「遺言」を含む「柳生清厳」の記事については、「柳生清厳」の概要を参照ください。


遺言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 08:22 UTC 版)

長野業正」の記事における「遺言」の解説

死去する前、嫡男の業盛を枕元呼び寄せて、「私が死んだ後一里塚変わらないような墓を作れ我が法要無用。敵の首を墓前一つでも多く供えよ。敵に降伏してならない。運が尽きたなら潔く討死せよ。それこそが私への孝養、これに過ぎたものはない」と遺言したという(関八州古戦録

※この「遺言」の解説は、「長野業正」の解説の一部です。
「遺言」を含む「長野業正」の記事については、「長野業正」の概要を参照ください。


遺言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/14 06:29 UTC 版)

相川うめ」の記事における「遺言」の解説

「うめさんの遺言」として以下がまるは公式サイト掲載されている。 信者創れお客様喜んでくれる事をやればええ。 まるはのようにやればええ。 報連相をちゃんとやればええ。 儲けんでもええ、儲かる。

※この「遺言」の解説は、「相川うめ」の解説の一部です。
「遺言」を含む「相川うめ」の記事については、「相川うめ」の概要を参照ください。


遺言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/08 18:06 UTC 版)

孫文」の記事における「遺言」の解説

日本語訳余の力を国民革命費やすこと40年余、其の目的は、中国自由と平等と平和を求むる在った。40年余の革命活動経験から、余に分かったことは、此の革命成功させるには、何よりもまず民衆喚起しまた、世界中で我が民族平等に遇してくれる諸民族協力し力を合わせて奮闘せねばならないということである。しかしながら、なお現在、革命は、未だ成功していない──。我が同志は、余の著した建国方略』『建国大綱』『三民主義』及び第一次全国代表大会宣言によって、頑張り続ける、その目的貫徹に向け、誠心誠意努めていかねばならない最近国会開会不平等条約廃止提唱した其れは最短の期間で実現されなければなりません。是れは私が注文したものだ! 原文余致力國民革命,凡四十年,其目的在求中國之自由平等。積四十年經驗深知欲達到此目的必須喚起民眾聯合世界上以平等待我之民族共同奮鬥。 現在革命未成功,凡我同志,務須依照余所著《建國方略》、《建國大綱》、《三民主義》及《第一次全國代表大會宣言》,繼續努力,以求貫徹最近主張開國民會議及廢除不平等條約,尤須於最短期間,促其實現。是所至囑! 」

※この「遺言」の解説は、「孫文」の解説の一部です。
「遺言」を含む「孫文」の記事については、「孫文」の概要を参照ください。


遺言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/12/16 14:57 UTC 版)

楊宇朝」の記事における「遺言」の解説

過去を回考すると、良く言って私の一生国家民族人らしく生きるために犠牲となった人生の中で一つであったと言えよう ..... この身はもう滅ぶとも、いつも一緒にいた家族決し故人見果てぬ愛国愛族精神、つまり同胞の幸福のために努力すると同時に個人事も忘れることのないように。個人全体一分子であり、一分子が集まって一体となる方法である。しかし、卑怯なことはせず、絶対自尊心曲げることのないように。』(과거를 회고하건대, 좋게 말해서 나의 일생은 국가와 민족이 사람다운 생을 살기위하여 희생된 인생 중 일인이었다고 하련다.....이 몸은 이제 세상사와 멀리 하였거니와 생전 함께 한 가족은 부디 명심하여 고인의 미진한 애국애족 정신, 즉 전체 동포의 위복을 위하여 노력하는 동시에 개인의 일도 잊지 말아라. 개인은 전체의 일분자요, 일분자가 모여 대체가 되는법이다. 그러나, 비겁은 취하지 말고, 절대 자존심을 굽히지 말아라.)と遺言した

※この「遺言」の解説は、「楊宇朝」の解説の一部です。
「遺言」を含む「楊宇朝」の記事については、「楊宇朝」の概要を参照ください。


遺言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/24 23:15 UTC 版)

八百屋お七」の記事における「遺言」の解説

創作として何人か作家達はお七に遺言をさせている。 紀海音は「八百屋お七恋緋桜」のなかでお七の遺言として『ゆしまにかけししやうちくばい 本こお七としるしをく。十一才の筆のあと見し人あらばわたくしの。かたみと思ひ一へんの御ゑかうたのみ奉ると。』としている。。(意訳 (私が11歳のときに)湯島(の寺)にかけた松竹梅の額に本郷お七と書きました。私の十一才の筆跡見た人がいらっしゃいましたら私の形見思って一片供養してやってください。)歌舞伎浮世絵八百屋お七の題に「松竹梅湯島掛額」とつけているものがある井原西鶴は、死出はなむけ咲き遅れ桜の渡されお七辞世として『世の哀れ春ふく風に名を残しおくれ桜の今日散し身は』としている。

※この「遺言」の解説は、「八百屋お七」の解説の一部です。
「遺言」を含む「八百屋お七」の記事については、「八百屋お七」の概要を参照ください。


遺言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 01:59 UTC 版)

重光武雄」の記事における「遺言」の解説

死後重光意思決定能力問題のなかった2000年3月作成した直筆遺言状東京事務所にある金庫から発見され2020年6月11日裁判所において、法定相続人資格がある4人の子供の代理人立ち会う中で開封された。そこでは自らの後継者次男昭夫定め長男の宏之についてはロッテホールディングス韓国ロッテなどの実務人事からは排除するよう求めたほか、他の家族についても経営には関与しないことを求めていたこの内容は同年6月24日昭夫よりロッテグループ日韓両役員に伝えられ公表された

※この「遺言」の解説は、「重光武雄」の解説の一部です。
「遺言」を含む「重光武雄」の記事については、「重光武雄」の概要を参照ください。


遺言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 13:46 UTC 版)

劉備」の記事における「遺言」の解説

ここで劉備は病を発し病床臥せってしまう。章武3年4月24日223年6月10日)、劉備丞相諸葛亮劉永劉理諸子呼び寄せた諸葛亮には「そなたの才能は魏の曹丕10倍はある。必ずや国に安定もたらしてくれることだろう。我が子劉禅)が皇帝として素質備えているうならば補佐して欲しい。だが、もし我が子補佐する足りない暗愚であったならば、迷わずそなたが国治めてくれ」、「馬謖自分の実力以上のことを口にする。だから彼に重要な仕事任せてはいけない。そなたはそれを忘れずにな」と言い遺し息子たちに対しては「悪事はどんな小さなことでも行ってはいけない。善事はどんな小さなことでも行いなさい。お前達の父は徳が薄く、これを見習ってはいけない。『漢書』・『礼記』・『六韜呂尚の著と伝えられる兵法書)』・『商君書商鞅の著と伝えられる法律論)』などなど読んでしっかり勉強しなさい。これより丞相諸葛亮)を父と思って仕えなさい。いささかも怠ったらばお前達不孝の子であるぞ」と言い遺して間もなく崩御した。享年63であった人々はそこで、李意其のの意味理解した李意其が大きな人物を描いてこれを埋めたのは、とりもなおさず劉備が死ぬことを予言していたのである

※この「遺言」の解説は、「劉備」の解説の一部です。
「遺言」を含む「劉備」の記事については、「劉備」の概要を参照ください。


遺言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/12 09:46 UTC 版)

ゾイド2 ゼネバスの逆襲」の記事における「遺言」の解説

リック1世息子たちにあてた遺言状

※この「遺言」の解説は、「ゾイド2 ゼネバスの逆襲」の解説の一部です。
「遺言」を含む「ゾイド2 ゼネバスの逆襲」の記事については、「ゾイド2 ゼネバスの逆襲」の概要を参照ください。


遺言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/27 04:14 UTC 版)

Sound Horizon」の記事における「遺言」の解説

ライブイベント「国王聖誕祭」に集ったファンに対しRevo感謝一期一会気持ち込めたメッセージソング

※この「遺言」の解説は、「Sound Horizon」の解説の一部です。
「遺言」を含む「Sound Horizon」の記事については、「Sound Horizon」の概要を参照ください。


遺言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/10 09:35 UTC 版)

ヨハン・ゲオルク・フォン・ザクセン (1704-1774)」の記事における「遺言」の解説

ヨハン・ゲオルク遺言状書き、父に認知され兄弟姉妹の中で唯一存命していたモシンスカ伯爵夫人フリーデリケ・アレクサンドリーネを単独相続人に指名したヨハン・ゲオルク生前残していた負債同時に引き継いだ伯爵夫人は、遺産借財相殺するため、初めは選帝侯フリードリヒ・アウグスト3世に、次いでその弟カール公子に、庭園宮殿1万5000ターラー売却することを提案した。この申し出両者断られたため、伯爵夫人庭園自分の所有のままにようとしたが、兄から引き継いだ借財遺産相殺して1万ターラーのぼっていた。遺言の執行からまもなく、マルタ騎士団地方管区長だったフォレル男爵という人物から異議唱えられた。ヨハン・ゲオルク1728年以来亡くなるまで騎士修道会所属し騎士団認められた特権によれば彼の個人資産全て騎士団属するはずだ、と彼は選帝侯訴えた。これがきっかけ起きた訴訟結果騎士団有利な内容となったヨハン・ゲオルク自分の作った借金の額を実際よりも過小評価していた。実際の金額は36000ターラーのぼった見なされている。ヨハン・ゲオルク資産について改め破産宣告され債権者たちが債権80%を回収した資産に関する負債清算執行された後、マルタ騎士団相続者として受け取ることができたのはわずか5000ターラーに過ぎなかった。

※この「遺言」の解説は、「ヨハン・ゲオルク・フォン・ザクセン (1704-1774)」の解説の一部です。
「遺言」を含む「ヨハン・ゲオルク・フォン・ザクセン (1704-1774)」の記事については、「ヨハン・ゲオルク・フォン・ザクセン (1704-1774)」の概要を参照ください。


遺言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/10 15:12 UTC 版)

メアリ・ダイアー」の記事における「遺言」の解説

メアリー最期の言葉は「いいえ、私はあなた方罪深さ贖うために来たのです。主の無垢な僕(しもべ)に反するような非正当な法を撤回することを求めてます。そう、私は決し懺悔などしません。」であった

※この「遺言」の解説は、「メアリ・ダイアー」の解説の一部です。
「遺言」を含む「メアリ・ダイアー」の記事については、「メアリ・ダイアー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「遺言」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

遺言

出典:『Wiktionary』 (2021/07/01 11:51 UTC 版)

名詞

いげん、いごん、ゆいごん

  1. (ゆいごん) 自ら死後における相続方法について、生前行う意思表示
  2. (法律 いごん) 語義1について、日本民法でその要式他を定めたもの。
  3. (いげん, いごん) 先人残した言葉

発音(?)

い↗げん
い↗ごん
ゆ↗いごん

翻訳

ゆいごん

関連語


「遺言」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「遺言」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



遺言のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
法テラス法テラス
Copyright © 2006-2022 Houterasu All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
葬儀の相談センター葬儀の相談センター
Copyright(c)2022 葬儀の相談センター All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの遺言 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの武田信玄 (改訂履歴)、東條英機 (改訂履歴)、柳生清厳 (改訂履歴)、長野業正 (改訂履歴)、相川うめ (改訂履歴)、孫文 (改訂履歴)、楊宇朝 (改訂履歴)、八百屋お七 (改訂履歴)、重光武雄 (改訂履歴)、劉備 (改訂履歴)、ゾイド2 ゼネバスの逆襲 (改訂履歴)、Sound Horizon (改訂履歴)、ヨハン・ゲオルク・フォン・ザクセン (1704-1774) (改訂履歴)、メアリ・ダイアー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの遺言 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS