未成年者とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 未成年者の意味・解説 

みせいねん‐しゃ【未成年者】

20歳達しない者。民法上、制限行為能力者とされ、法律行為原則として親権者または後見人法定代理人として代わって行う。本人が行場合は、親権者または後見人同意が必要となる。ただし、婚姻をすれば成年達したものとみなされる。→成年


未成年者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/11 06:02 UTC 版)

未成年者(みせいねんしゃ、: minor)とは、まだ成年に達しない者のこと。


  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 諸外国における成年年齢等の調査結果(PDFファイル:169KB)”. 法務省. 2020年10月24日閲覧。
  2. ^ 国連人権高等弁務官事務所サイト [リンク切れ] - (同サイト掲載の成人年齢、国により調査年が異なる。)及び在日各国大使館への聞き取り調査等
  3. ^ article 20-2 de l'Ordonnance n° 45-174 du 2 février 1945 relative à l'enfance délinquante (フランス語)
  4. ^ “選挙権年齢「18歳以上」に 改正公選法が成立”. 47NEWS. (2015年6月17日). オリジナルの2015年6月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150617032536/http://www.47news.jp/CN/201506/CN2015061701001110.html 2020年10月24日閲覧。 
  5. ^ 我妻栄著『新訂 民法総則』394頁、岩波書店、1965年(昭和40年)
  6. ^ 我妻栄著『新訂 民法総則』69頁、岩波書店、1965年(昭和40年)
  7. ^ 「相談事例(26)未成年者の契約取消しと配送料」(PDFファイル:194KB)”. (社)日本消費者協会. 2020年10月24日閲覧。
  8. ^ 我妻栄著『新訂 民法総則』71頁、岩波書店、1965年(昭和40年)
  9. ^ 我妻栄著『新訂 民法総則』70頁・71頁、岩波書店、1965年(昭和40年)
  10. ^ 我妻栄・有泉亨・遠藤浩・川井健著『民法3親族法・相続法第二版』65 - 66頁、勁草書房、2005年(平成17年)
  11. ^ 我妻栄・有泉亨・遠藤浩・川井健著『民法3親族法・相続法第二版』80頁、勁草書房、2005年(平成17年)
  12. ^ 我妻栄・有泉亨遠藤浩川井健著『民法3親族法・相続法第二版』79 - 80頁、勁草書房、2005年(平成17年)
  13. ^ 我妻栄・有泉亨・遠藤浩・川井健著『民法3親族法・相続法第二版』151頁、勁草書房、2005年


「未成年者」の続きの解説一覧




未成年者と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「未成年者」に関係したコラム

  • ネット証券の口座開設の基準は

    ネット証券に口座を開設するには、一定の基準をクリアしなければなりません。以下は、ネット証券の口座開設の一般的な基準です。ネット証券と証券会社との口座開設の基準の違いは、インターネット利用環境があるかど...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「未成年者」の関連用語

未成年者のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



未成年者のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの未成年者 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS