9歳とは? わかりやすく解説

9歳(2022年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 13:56 UTC 版)

ヨシオ」の記事における「9歳(2022年)」の解説

2022年5月11日付で競走馬登録を抹消され現役引退した引退後東京都世田谷区上用賀馬事公苑乗用馬になる予定

※この「9歳(2022年)」の解説は、「ヨシオ」の解説の一部です。
「9歳(2022年)」を含む「ヨシオ」の記事については、「ヨシオ」の概要を参照ください。


9歳(1996年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/13 00:16 UTC 版)

フジヤマケンザン」の記事における「9歳(1996年)」の解説

1996年、9歳となったフジヤマケンザンはさらに現役続行。「凱旋レースとなった中山記念は60kgの斤量負い10着と大敗したが、6月出走した金鯱賞では、2番追走から最後の直線一気抜け出し重賞5勝目挙げた。9歳馬による重賞勝利中央競馬史上3頭目記録であった7月7日には前年11着の宝塚記念出走。9歳ながらGIでは自己最高の5番人気支持されるも、3番追走から直線伸びきれず、5着となったその後フランス遠征計画されていたが、競走中に右前脚を2箇所骨折していたことが判明し遠征白紙となり休養入った以後復帰することなく、翌1997年2月8日をもって競走登録を抹消され故郷吉田牧場種牡馬となることが発表された。 なお、「GIには手が届かなかった」とされることもあるが、香港国際カップ国際グレードは「G2ではあるものの、香港ジョッキークラブ独自の格付けではG1競走となっていた。なお、当時の日本競馬界においても国際GI認定得ていたジャパンカップを除くGI競走はすべて日本中央競馬会の独自格付けである。また1996年金鯱賞出走時には負担重量GII勝ち馬課せられるプラス1キロ(=58キロ定量57キロではなくGI勝ち馬課せられるプラス2キロ59キロ)に設定された事もあり、日本中央競馬会でもGI勝ち馬として扱われていた。

※この「9歳(1996年)」の解説は、「フジヤマケンザン」の解説の一部です。
「9歳(1996年)」を含む「フジヤマケンザン」の記事については、「フジヤマケンザン」の概要を参照ください。


9歳(2022年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 16:15 UTC 版)

ケイティブレイブ」の記事における「9歳(2022年)」の解説

9歳初戦となった川崎記念11着、2月20日フェブラリーステークス最下位16着に終わった3月19日左前屈腱炎発症していることが判明、9ヶ月以上の休養要する見込みとなり、3月30日付け競走馬登録を抹消され現役引退した引退後北海道新冠町優駿スタリオンステーション種牡馬となる

※この「9歳(2022年)」の解説は、「ケイティブレイブ」の解説の一部です。
「9歳(2022年)」を含む「ケイティブレイブ」の記事については、「ケイティブレイブ」の概要を参照ください。


9歳 (2021年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 06:34 UTC 版)

ウェスタールンド」の記事における「9歳 (2021年)」の解説

7月11日小倉競馬場行われたプロキオンステークス復帰単勝4.7倍の2番人気となったが7着に敗戦した。次走のエルムステークスには2年連続での出走となったが、ここも4着に敗れた10月2日にはシリウスステークス出走5番人気評価下げたが、狭い進路通って伸び2着となったその後浦和記念向かい後方からの競馬をしたが直線伸びきれず4着に敗れた12月29日東京大賞典出走7番人気前年に比べて低い人気での出走となったスタート後は最後方につけ、3コーナー手前から進出開始すると、直線では大外からの追い込み見せ残り200m付近から一気加速しミューチャリーらを交わしオメガパフュームクリンチャーには届かなかったものの2年連続の3着となった

※この「9歳 (2021年)」の解説は、「ウェスタールンド」の解説の一部です。
「9歳 (2021年)」を含む「ウェスタールンド」の記事については、「ウェスタールンド」の概要を参照ください。


9歳(2020年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/15 06:00 UTC 版)

マイネルフロスト」の記事における「9歳(2020年)」の解説

続いて年が明けて2020年は、1月26日アメリカジョッキークラブカップ出走出走12頭中、最低人気の12番人気での出走となったスタートから5番手を追走バックストレッチから第3コーナー差し掛かる時点で2番3番手に位置していたステイフーリッシュやグローブシアターを外からまくり、2番手に進出し逃げたスティッフェリオ窺う位置であった。しかし最終第4コーナーにて故障発生し後退競走中止騎乗する松岡正海下馬した。 競走中止後、馬運車自らの脚で乗り馬場から退場。しかし、右脚第1指関節脱臼により予後不良診断下されて安楽死となった即日付で、競走馬登録が抹消された。

※この「9歳(2020年)」の解説は、「マイネルフロスト」の解説の一部です。
「9歳(2020年)」を含む「マイネルフロスト」の記事については、「マイネルフロスト」の概要を参照ください。


9歳(2012年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/20 00:08 UTC 版)

エムエスワールド」の記事における「9歳(2012年)」の解説

年明け3月24日中山競馬場行われたペガサスジャンプステークスで3着。年明け2戦目となる5月12日京都競馬場行われた京都ハイジャンプでは道中前目進みつつ、最後の直線で鋭伸し先を走るテイエムハリアー捉えレコードタイム勝利自身初の重賞制覇となった。次走となる7月28日小倉サマージャンプでも、先行しつつ最後の直線前の馬を捕らえ好走2つめの重賞勝利飾った11月10日京都ジャンプステークスで6着に敗れたのを最後に現役引退した引退後愛知県の馬池4丁目乗馬倶楽部乗馬となる。

※この「9歳(2012年)」の解説は、「エムエスワールド」の解説の一部です。
「9歳(2012年)」を含む「エムエスワールド」の記事については、「エムエスワールド」の概要を参照ください。


9歳(2022年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 14:53 UTC 版)

エアスピネル」の記事における「9歳(2022年)」の解説

9歳になり、前年2着フェブラリーステークス出走したが9着に敗れた5月5日船橋競馬場行われたJpnIかしわ記念出走スタート決めて中団でレース進めるが、最後の直線では伸びきれずに5着に敗れた鞍上ミルコ・デムーロは「スタートはうまく出て、いい流れで行けました。3コーナーから4コーナー手応え苦しくなってもよく頑張っていました」とコメントした

※この「9歳(2022年)」の解説は、「エアスピネル」の解説の一部です。
「9歳(2022年)」を含む「エアスピネル」の記事については、「エアスピネル」の概要を参照ください。


9歳(2007年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 22:22 UTC 版)

ニホンピロサート」の記事における「9歳(2007年)」の解説

9歳になって現役続けガーネットステークス10番人気で4着に入ると、根岸ステークス13番人気出走し後方から追い込み3着と好走。次走、黒船賞は再びリミットレスビッド離され2着となる。その後休養入り10月東京盃復帰する10着。このレース最後となり、10月18日競走馬登録を抹消福島競馬場乗馬となった

※この「9歳(2007年)」の解説は、「ニホンピロサート」の解説の一部です。
「9歳(2007年)」を含む「ニホンピロサート」の記事については、「ニホンピロサート」の概要を参照ください。


9歳(2021年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 10:06 UTC 版)

ノボバカラ」の記事における「9歳(2021年)」の解説

9歳になって現役続け、8か月半ぶりの実戦となった大和ステークス14着。復帰2戦目黒船賞は9着に敗れる。その後も勝ち切れないレース続き、再び夏場から休養挟んだ12月4日付けJRA競走馬登録を抹消され兵庫県競馬西脇馬事公苑柏原誠路厩舎移籍都合前走から6ヶ月空いて迎えた移籍初戦オープンハンデ戦では、調教強度不足とそれに伴う27kgの馬体増が響き、元南関東オープン馬サンロアノークに3馬身離され2着この年終えた

※この「9歳(2021年)」の解説は、「ノボバカラ」の解説の一部です。
「9歳(2021年)」を含む「ノボバカラ」の記事については、「ノボバカラ」の概要を参照ください。


9歳(2010年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 01:53 UTC 版)

コスモバルク」の記事における「9歳(2010年)」の解説

2010年3月日本出国しアイルランド活動する日本人調教師児玉敬厩舎現役続けることになったレパーズタウン競馬場本拠とし、6月準重賞目標としていたが、出国前にしての調整中左後肢を剥離骨折したため関係者協議の末、移籍断念し引退することなった5月4日門別競馬場引退式が行われ、2867人の動員レコード記録した。また9月20日には札幌競馬場来場し、中央競馬ファンにも姿を見せた。なお地方競馬全国協会 (NAR) の競走馬登録が抹消されたのは翌2011年4月1日付である。

※この「9歳(2010年)」の解説は、「コスモバルク」の解説の一部です。
「9歳(2010年)」を含む「コスモバルク」の記事については、「コスモバルク」の概要を参照ください。


9歳(2021年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 07:37 UTC 版)

ノブワイルド」の記事における「9歳(2021年)」の解説

引退レースとなった船橋記念ハナを切るも、最後の直線馬体故障生じて競走中止過去にオオエライジンなどが予後不良追い込まれ左前球節完全脱臼診断されたが、野田トレーニングセンターにて再度検査受けたところ、骨や靭帯への損傷はなく一命取り留めた1月15日で登録を抹消し引退1月21日北海道新冠町白馬牧場移り今後は牧場種牡馬となる

※この「9歳(2021年)」の解説は、「ノブワイルド」の解説の一部です。
「9歳(2021年)」を含む「ノブワイルド」の記事については、「ノブワイルド」の概要を参照ください。


9歳(2020年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/06 17:12 UTC 版)

メドウラーク」の記事における「9歳(2020年)」の解説

3月20日ペガサスジャンプステークスから始動し2着。しかし、4月18日中山グランドジャンプでは道中軽快に逃げるも3周目4コーナー右前跛行発症し競走中止した。その後休養挟んで8月1日新潟ジャンプステークス出走しフォイヤーヴェルク2着敗れた1週間後8月8日JRA競走馬登録を抹消し現役引退した引退後ノーザンファーム乗馬となる。

※この「9歳(2020年)」の解説は、「メドウラーク」の解説の一部です。
「9歳(2020年)」を含む「メドウラーク」の記事については、「メドウラーク」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「9歳」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

9歳のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



9歳のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヨシオ (改訂履歴)、フジヤマケンザン (改訂履歴)、ケイティブレイブ (改訂履歴)、ウェスタールンド (改訂履歴)、マイネルフロスト (改訂履歴)、エムエスワールド (改訂履歴)、エアスピネル (改訂履歴)、ニホンピロサート (改訂履歴)、ノボバカラ (改訂履歴)、コスモバルク (改訂履歴)、ノブワイルド (改訂履歴)、メドウラーク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS