後退とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 後退 > 後退の意味・解説 

こう‐たい【後退】

読み方:こうたい

[名](スル)

後ろへさがること。「車を—させる」⇔前進

勢い衰えたり程度低くなったりすること。「景気が—する」「病気が—する」


後退

読み方:アトビサリ(atobisari)

節足動物


後退

作者マルセル・エイメ

収載図書クールな男
出版社福武書店
刊行年月1990.9
シリーズ名福武文庫

収載図書マルセル・エメ傑作短編集
出版社中央公論新社
刊行年月2005.9
シリーズ名中公文庫


後退

読み方:アトビサリ(atobisari)

節足動物


後退

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 01:40 UTC 版)

後退(こうたい、: retrograde movement)は、現代戦術論において、現在の戦況の改善を目的とし、戦闘を中止して敵との交戦を回避しつつ前線に対して後方への機動、または敵から距離を置く戦術行動である。後退行動とも呼ばれる。




「後退」の続きの解説一覧

後退

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/09/03 05:30 UTC 版)

事前審査 (運転免許)」の記事における「後退」の解説

左手ハンドルを持って車体まっすぐにしてからゆっくり押し込む

※この「後退」の解説は、「事前審査 (運転免許)」の解説の一部です。
「後退」を含む「事前審査 (運転免許)」の記事については、「事前審査 (運転免許)」の概要を参照ください。


後退

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/20 14:02 UTC 版)

オール与党」の記事における「後退」の解説

安易な公務員擁立政党の候補者リクルート能力低下させ、選挙戦回避政党求心力低下させた。その結果各党新し候補者見つけ出すことが難しくなり、現職首長相乗りし続け傾向続いた政党の力が弱まったことは、首長全ての政党から支持得させる必要性薄れさせた。また、日本政府財政悪化しており、かつてのように陳情中央から補助金獲得するのが困難になった。すると各政党制限され財政の中で予算奪い合うようになり、各自治体オール与党体制崩壊していった。 1990年代以降日本の地方自治体を巡る環境大きく変化した宮城県浅野史郎松山市中村時広横浜市中田宏など、現職相乗り候補選挙戦打ち破る例が続出した。この現象起きた自治体比較人口多く住民行政に対する距離感不信感がある地域多かった浅野らは議会勢力距離を置き組織ではなく浮動票最大限獲得する選挙戦展開したオール与党体制で「地域悲願」が達成された自治体では、その恩恵を巡って地域間対立発生した例え長野県では新幹線開通によって経済情勢再編され松本地域地位低下した長野県民の中には地域間格差懸念談合への嫌悪感高まり、「脱ダム宣言」をした田中康夫現職後継指名受けた候補者破って当選した平成の大合併オール与党体制破壊一役買った各自治体では、合併の是非をめぐって市町村内での対立生じ事前調整地域をまとめることが困難になった。さらに合自治体多くでは、旧自治体間の主導権争い展開されオール与党体制構築するのが難しかった例え長崎市長射殺事件起きた2007年長崎市長選挙では、西日本新聞記者横尾誠旧町民から比較多くの支持受けたに対し長崎市職員田上富久合併前の長崎市でより多くの支持を受けて当選した旧町民は田上市長になることで中心部(旧長崎重視市制になると危惧していた、とする見方がある。 2006年4月小沢一郎民主党代表に就任してから、政令指定都市都道府県首長選挙原則相乗り禁止の方針を打ち出したこのため2007年統一地方選挙では、与野党相乗り候補者が激減した。しかし、2011年統一地方選挙東日本大震災直後だったこともあり与党民主党へ批判強かった。もともと自民党と比べて地方組織が弱い民主党候補者擁立できない、または擁立して自民系の候補勝てない判断し6県知事選自民党民主党の相乗り行った自民党直接対決したのは比較民主党の地盤が強い2県にすぎなかった。

※この「後退」の解説は、「オール与党」の解説の一部です。
「後退」を含む「オール与党」の記事については、「オール与党」の概要を参照ください。


後退

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/06 21:02 UTC 版)

戦術」の記事における「後退」の解説

後退とは現状改善もしくは状況悪化阻止することを目的として後方に移動、または敵戦力から離れることである。後退行動遅滞離脱離隔三分されている遅滞戦力充足してない場合に敵戦力誘導することであり、離脱陣地修正して部隊再配置することであり、離隔接敵していない部隊後方へ移動させることである(後退を参照)。

※この「後退」の解説は、「戦術」の解説の一部です。
「後退」を含む「戦術」の記事については、「戦術」の概要を参照ください。


後退

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/17 10:14 UTC 版)

アンリ・フネ」の記事における「後退」の解説

ハインリヒスヴァルデから負傷兵後送する作業完了した後、アンリ・フネSS義勇中尉第57SS所属武装擲弾兵連隊第I大隊北東方面への後退を開始し2月25日明け方午前3時)に新たな陣を敷いた午前7時頃、ソビエト赤軍歩兵部隊が第I大隊第1中隊陣地攻撃したが、フネ大隊右側面に展開していた兵力全て投入した反撃実施したこれによって赤軍部隊撃退成功した後、フネ大隊を第57SS所属武装擲弾兵連隊本部置かれているベーレンヴァルデまで後退させた。 2月25日正午頃フネ大隊先鋒部隊はベーレンヴァルデを視認できる位置まで到達したが、同時に周囲巡回している赤軍戦車の姿も確認したこの時ハマーシュタイン〜ベーレンヴァルデ間の鉄道線路に沿ってシャルルマーニュ師団防衛線敷かれているかどうか不明であったため、フネは第58SS所属武装擲弾兵連隊第I大隊との連絡を試みた間もなくフネ大隊第58連隊敗残兵一部遭遇したが、彼らの説明によると、火炎放射戦車装備した赤軍攻撃によって防衛戦闘は混乱極めたという(この敗残兵たちはフネ大隊に合流した)。 フネ状況素早く概観した。ベーレンヴァルデ周辺の赤軍部隊およびハインリヒスヴァルデからハマーシュタイン進撃する赤軍部隊相手にする場合大隊包囲される可能性は現実味帯びていた。しかし、おそらく自分たちは既に包囲されていると考えたフネ大隊危機的状況から救うため、森の中通過してハマーシュタインまで後退することにした北西ハマーシュタイン目指して第I大隊進んだが、ある地点鉄道線路横切って原野出た時、突如としてソビエト空軍戦闘機低空飛来し大隊機銃掃射浴びせた幸いにもこの空襲による損害報告無かった)。その後敵兵との突発的な戦闘新たな空襲いくつか経験しつつ大隊移動続け2月25日午後9時頃、前日出発地点ハマーシュタインまで戻ってきた。 ハマーシュタイン帰還した第57SS所属武装擲弾兵連隊第I大隊現在の状態点検したが、大隊兵力著しく低下していた。第1中隊戦闘可能人員28名に減少し第2中隊連絡途絶して所在分からなくなっており、第3中隊中隊長ギイ・クーニルSS義勇少尉を含む多数戦死者を出す甚大な損害を被っていた。また、第4中隊人員はほぼ無傷であったものの、重装備の大半失っていた。 この時ハマーシュタインにおいてフネは「シャルルマーニュ師団所属部隊標識1つ発見できなかったものの、行方不明であったイヴァン・バルトロメイSS義勇中尉第2中隊合流することができた(フネの第I大隊がベーレンヴァルデに向かっていた時、バルトロメイ第2中隊ハマーシュタイン目指して移動していた)。ただし、大隊他の中隊と同様先のハインリヒスヴァルデの戦いで損害を被った第2中隊兵力は1個小隊規模減少していた。

※この「後退」の解説は、「アンリ・フネ」の解説の一部です。
「後退」を含む「アンリ・フネ」の記事については、「アンリ・フネ」の概要を参照ください。


後退

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/27 08:12 UTC 版)

ガンゴートリー氷河」の記事における「後退」の解説

NASAアメリカ地質調査所及び国立雪氷データセンター英語版)の共同調査により、長さ30.2km、幅0.5から2.5kmのヒマラヤ山脈最大の氷河とされた。計測開始され1780年より後退を続けており、1936年から1996年の期間では1147m(年平均19m)後退していた。20世紀最後の25年間に限れば後退は850m(年平均34m)に至り1996年から1999年には76mであった

※この「後退」の解説は、「ガンゴートリー氷河」の解説の一部です。
「後退」を含む「ガンゴートリー氷河」の記事については、「ガンゴートリー氷河」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「後退」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

後退

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 13:06 UTC 版)

発音(?)

こ↗-たい

名詞

退こうたい

  1. 後ろ下がること。

関連語

動詞

活用

サ行変格活用
後退-する

「後退」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



後退と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「後退」に関係したコラム

  • CFDのCO2排出権取引とは

    CO2排出権取引とは、欧州エネルギー取引所やBlue Nextなどで取引されているEUA(EU Allowance)先物に連動する銘柄の取引のことです。CFDのCO2排出権の価格は、「気候変動に関する...

  • CFDの原油取引とは

    CFDの原油にはWTI原油とブレント原油があります。WTI(West Texas Intermediate)原油は、米国産の原油のことです。WTI原油スポットともいいます。スポットとは、1回限りの取引...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

後退のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



後退のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの後退 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの事前審査 (運転免許) (改訂履歴)、オール与党 (改訂履歴)、戦術 (改訂履歴)、アンリ・フネ (改訂履歴)、ガンゴートリー氷河 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの後退 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS