敗戦とは? わかりやすく解説

はい‐せん【敗戦】

読み方:はいせん

[名](スル)戦争試合などに負けること。まけいくさ。「一点差で—する」「—国」


敗戦

作者元和

収載図書禅堂
出版社近代文芸社
刊行年月1988.7


敗戦

作者羽入田伸

収載図書利根河原少年の記
出版社碧天舎
刊行年月2004.8


敗戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/19 06:54 UTC 版)

敗戦(はいせん)は、争いごと・勝負・スポーツの試合などに負けること。


  1. ^ 金田は400勝、ヤングは511勝。


「敗戦」の続きの解説一覧

敗戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/05 02:07 UTC 版)

ガイウス・テレンティウス・ウァロ」の記事における「敗戦」の解説

216年執政官時代カンナエの戦いでの敗北の後、敗残兵をカヌシウム(現カノーザ・ディ・プーリア)へ集結させ、カンナエでの敗北同僚のパウッルスが戦死し自分はカヌシウムで1万敗残兵集めたがまとめきれていないこと、カルタゴ捕虜身代金戦利品交渉行っていたことをローマへ伝えた。この悲報ローマで大騒ぎとなり、元老院混乱拡大しないため喪に服する期間を30日制限したオスティア艦隊指揮していたプラエトルマルクス・クラウディウス・マルケッルスがカヌシウムへ派遣され敗残兵引き継ぐと同時にウァッロ可及的速やかにローマへ帰還するよう命令下されたカンナエ捕虜になった者たちの身代金支払われない事が決定され多くの同盟国ローマ反旗を翻したが、ウァッロ帰国すると、人々彼に大敗責任があること知っていたものの、多くの人々集ま広場で「共和国望み失っていない」として感謝の意をもって迎えられたという。 これまでの敗戦で元老院人員不足顕著となったため、新たな議員選出が必要とされた。様々な意見出たが、本来元老院議員名簿改訂ケンソル役目なため、現存する中で最も早くケンソルに就任した経験のあるものを独裁官として選出し、その任に当てることが決定された。独裁官選出執政官役割なため、アプリアにいたウァッロ呼び戻され彼はマルクス・ファビウス・ブテオ選出したブテオによって名簿改訂されると、ウァッロ翌年選挙管理嫌って任地戻った。 翌紀元前215年ウァッロプロコンスルとしてインペリウム延長され引き続きアプリア守備したその後プラエトルであったマルクス・ウァレリウス・ラエウィヌスに軍を引き継ぎ彼自身アドリア海面したピケヌムへと派遣され紀元前213年までプロコンスルとしてその地を守備した

※この「敗戦」の解説は、「ガイウス・テレンティウス・ウァロ」の解説の一部です。
「敗戦」を含む「ガイウス・テレンティウス・ウァロ」の記事については、「ガイウス・テレンティウス・ウァロ」の概要を参照ください。


敗戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/16 13:35 UTC 版)

第1高射師団 (ドイツ国防軍)」の記事における「敗戦」の解説

1945年4月半ば、第1高射師団第2高射軍団ドイツ語版)の指揮下に入った師団本部敗戦までベルリン動物園高射砲塔英語版)に設置されていた。同高砲塔地上部隊への火力支援指揮するために最も適した所にあり、戦力集中していたためである1945年5月2日防衛司令官ヘルムート・ヴァイトリング将軍のもと、ベルリン展開する全てのドイツ軍部隊降伏し、第1高射師団残余赤軍捕虜となった

※この「敗戦」の解説は、「第1高射師団 (ドイツ国防軍)」の解説の一部です。
「敗戦」を含む「第1高射師団 (ドイツ国防軍)」の記事については、「第1高射師団 (ドイツ国防軍)」の概要を参照ください。


敗戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 05:48 UTC 版)

大友義鎮」の記事における「敗戦」の解説

元亀元年1570年)、再度肥前国侵攻した龍造寺隆信今山の戦い敗れ、弟の親貞が戦死した。ただしこの勝敗大友龍造寺氏双方にとって局地的な事象でしかなく、大友氏肥前支配この時点では維持されていた。その後大友氏肥前国筑後国の反龍造寺勢力扇動し支援することで対抗したが、龍造寺氏勢力膨張を防ぐことはできなかった。元亀4年1574年)、京都は織信長将軍足利義昭との抗争勝利し権力確立し義昭は京を追放され天正4年1576年)に山陽地方下り毛利氏庇護受けた天正4年1576年正月から2月18日以前時期家督長男の義統に譲って隠居した家督相続されたが、天正5年頃までは宗麟と義統との共同統治が行われていたことが確認されている。 下記の日向国出陣直前天正6年1578年7月、宗麟は宣教師フランシスコ・カブラルから洗礼を受け、洗礼名を「ドン・フランシスコ」と名乗り正式にキリスト教徒となった以後家臣宛てた書状の中などでは自身の署名として「府」を用いている。ただし本項文中以降著名な名乗りである「宗麟」で統一する改宗理由として、宗麟の関心信仰内容ではなくかなりの程度信者となることでもたらされる現世利益、すなわち実収入にあった考えられている。またそれが宗麟個人のみならず大友家中の人々にキリシタン信仰広め上で有効な面もあったとされている。 天正5年1577年)、薩摩国島津義久が日向国に侵攻開始したため、大友氏はこれを迎え撃ち、宗麟も出陣した天正6年1578年)に耳川の戦い大友氏大敗し多くの重臣失った耳川の戦い起こ切っ掛けとなった島津軍日向国北上理由として京都織田信長敗れ毛利輝元下に亡命していた足利義昭影響指摘する意見がある将軍義昭毛利氏織田氏攻めのための上洛戦に踏み切らないのは、大友宗麟毛利氏背後脅かしているからだと考え島津氏をや龍造寺氏四国長宗我部氏らに工作行い大友氏攻めさせようとした、とされる義昭は宗麟を、将軍の上洛を妨害する「六ヶ国凶徒」と糾弾したため、先に大友氏足利幕府将軍任命された六ヶ国守護としての権威消失し周辺の大小名に対する支配正当性失ったとなった一方で宗麟は織政権接近して、この苦境打破しようとした。織田信長大友義統に対し、六ヶ国のみならず周防長門毛利大内から奪っていた国)の領有まで許可した天正7年1579年)頃からは、蒲池氏草野氏・黒木氏などの筑後国諸勢力大友氏影響下から離れていった。家中では、先代の宗麟と当主の義統による二元政治確執から、双方対立深まった

※この「敗戦」の解説は、「大友義鎮」の解説の一部です。
「敗戦」を含む「大友義鎮」の記事については、「大友義鎮」の概要を参照ください。


敗戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 05:25 UTC 版)

京都大学吉田寮」の記事における「敗戦」の解説

太平洋戦争末期空襲警報警戒警報日常的な出来事化していた。舎生は中庭防空壕掘り空襲警報が鳴る度に逃げ込んだ1944年12月、舎生は京都上空通過するB-29編隊目撃したが、高射砲の音はなく、味方戦闘機見えなかった。 1945年8月15日早朝、ある舎生が爆弾落下する音を聞いて「すは原子爆弾か」と舎外飛び出したところ、ポンポン花火のような破裂音がして、空から宣伝ビラ降ってきた。そのビラには「本日爆弾投下来たでは無い」「帝国政府ポツダム宣言受託すべく交渉中であり、又連合国天皇陛下尊重する」「日本亡ぼすのは軍閥なり」などと記されていた。憲兵隊調べに来るかも知れないので、舎生たち敷地落ちたビラ拾い集めた。すると午前十時頃、正午に重大放送あること分かった。 「何か胸騒ぎがした。ラジオ雑音の為、はっきりわからなかった然し今まで玉音電波乗せない事になってゐるのに陛下の御放送だといふので重大事だとは思った然し正直な所国民に対する激励の放送であろうといふ予想私の心中七分占め、残る三分今朝宣伝ビラ思い合わせて胸さはぎした。然し、胸さはぎの方あたったのだ。事実事実なのだ。ラヂオはそう伝へたのだ。信じられなくても耳がさう聞いたのだ。次第自分に帰った時、涙がにじみ出流れ出して来た。あの勇まし開戦の日の軍艦マーチ敵は幾万ありとても、学徒出陣の日の絵の如き分列式サイパン沖縄B29原子爆弾グルグルと、頭の中でうずまゐている。一体、俺は何処に居るんだといふような気持ちがする」(昭和二十年前総務) しかし、何時までも茫然としていてもどうにもならないので、総務玄関に以下の掲示出した。「我等生きるき道将来にありと信ず血気にはやり、軽挙妄動をなさざる事、絶対に舎を離れざる事。総務」 敗戦直後大半の舎生の関心事は「何故、戦い負けたか」などではなく敗戦国の民はどういう目に会ふか」「自分がどうかるか」ということだった。「京都に居ると生命があぶない」「敵軍来たら大学生など先ず狙はれる」「殺されないにしても強制労働位はやらされるだろう」等の悲観的な憶測舎内広がった市中横行するデマはさらにひどかった恐怖かられた生たち舎内書類一部燃やした埋めたりした。

※この「敗戦」の解説は、「京都大学吉田寮」の解説の一部です。
「敗戦」を含む「京都大学吉田寮」の記事については、「京都大学吉田寮」の概要を参照ください。


敗戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 14:25 UTC 版)

アドルフ・ヒトラー」の記事における「敗戦」の解説

1945年1月から赤軍ヴィスワ=オーデル攻勢開始した。これを受けてヒトラーは、1月15日ベルリン総統官邸戻った有効な手は打てず、2月にはドイツ軍オーデル川のほとりまで押し込まれた。同月ドイツ軍作戦開始地点より東まで押し戻した米英軍は、3月ライン川突破したレマーゲン鉄橋)。またハンガリー戦線危機的になり、領内油田失陥可能性高まった3月15日よりブダペスト奪還油田安全確保のため「春の目覚め作戦」を行うが、またしても無謀な命令連発したために失敗しただでさえ消耗しきった戦力は更に減退したヒトラー1月から総統地下壕生活するようになり、3月頃からラジオ演説止め、ほとんど庭に出ることもなくなった。視力脚力衰え支え無しに30歩以上歩くことも困難になった。この頃になると利害異なる各官庁からの意見調整ままならず、3週間間に全く方針異な総統命令を出す有様であった3月19日ヒトラー連合軍利用されうるドイツ国内生産施設全て破壊するよう命ずる「ネロ指令」を発したが、戦後国民生活差し障る軍需大臣アルベルト・シュペーア反対された。しかしヒトラーは「戦争負ければ国民おしまいだ。(中略)なぜなら我が国民は弱者であることが証明され未来はより強力な東方国家(ソ連)に属するからだ。いずれにしろ優秀な人間はすでに死んでしまったから、この戦争の後生き残るのは劣った人間けだろう。」と述べ国民顧みることはなかった。結局シュペーアはこの命令無視し焦土作戦はほとんど実行されなかった。 4月16日東部の最後の防衛戦突破した赤軍ベルリン向かったベルリンの戦い)。側近高官ヒトラー避難勧めたが、彼は拒絶した4月20日56歳誕生日を祝うために、軍とナチ党高官総統官邸集まったこの日開催され軍事会議で、連合軍によってドイツ南北分断され場合備え北部海軍元帥カール・デーニッツ指揮することになったが、南部指揮権明示されなかった。また、各種政府機関即時ベルリン退去することが決まりゲーリング主要な幹部立ち去っていった。この頃になると親衛隊すら信用できなくなり、「全員が私をあざむいた。誰も私に真実話さなかった」と言うほどであった赤軍ベルリン市内に砲撃加えじりじりと迫ってきた。ヒトラーはなおもベルリン門前大打撃与え戦局劇的に変わと言い続けていた。しかし4月22日作戦会議で、ヒトラーはついに「戦争負けだ」と語りベルリンで死ぬと宣言した。しかしその後態度変化させ、再び指揮執り始めた。しかしこれを受けて4月23日には、総統地下壕脱出したカール・コラー空軍参謀総長が、国防軍最高司令部作戦部アルフレート・ヨードル上級大将伝言携えゲーリングの元を訪れる。ヨードル伝言は「総統自決する意志固め連合軍との交渉ゲーリング適任だと言った」という内容だった。ゲーリング不仲であったボルマン工作疑い総統地下壕1941年総統布告基づ権限委譲確認求めた電報を送る。電報受け取ったボルマンは、「ゲーリング反逆意図がある」とヒトラー告げた。これに激怒したヒトラーは、ゲーリング逮捕と全官職からの解任、そして別荘への監禁命じた。しかしシュペーアによると、この2時間後にヒトラーは「よろしい、ゲーリング交渉させよう」とつぶやいたという。早期降伏考えていたシュペーアは、ゲーリング降伏責任者となれば交渉時間稼ぎをすると考え飛行機乗って連合軍と交渉ようとした際に備えて撃墜命令出していた。

※この「敗戦」の解説は、「アドルフ・ヒトラー」の解説の一部です。
「敗戦」を含む「アドルフ・ヒトラー」の記事については、「アドルフ・ヒトラー」の概要を参照ください。


敗戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/26 13:57 UTC 版)

引き揚げ」の記事における「敗戦」の解説

1945年昭和20年8月14日日本政府全面的なポツダム宣言受諾連合国伝達し、翌8月15日昭和天皇日本国民向けた玉音放送を通じて日本降伏する旨の終戦に関する詔書』を発表したこれにより日本政府は、以下の義務を負うことになった無条件降伏宣言 軍の武装完全解植民地占領地放棄 連合国による占領受け入れ 戦争犯罪人に対する処罰応ずること

※この「敗戦」の解説は、「引き揚げ」の解説の一部です。
「敗戦」を含む「引き揚げ」の記事については、「引き揚げ」の概要を参照ください。


敗戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 16:25 UTC 版)

湯浅謙」の記事における「敗戦」の解説

太原陸軍病院入院中に敗戦を迎える。当時は、重大放送が行われるという指示を受け病室で敗戦を伝え天皇ラジオ放送聞く病院は敗戦の報に際し大騒ぎとなったが、湯浅自身は、この事態平静に受け止めた。 潞安陸軍病院太原撤退してきたが、撤退時には衛生資材焼却命令を受け、搬送できない重症患者毒殺したという。潞安陸軍病院は、太原防疫給水部に合流した為、湯浅退院後、防疫給水部移った実験隠蔽するためか、生体解剖深く関与した中尉ほか数名はすぐに北京転属となった防疫給水部に合流した陸軍病院で、内科病室付兼教育隊軍医として勤務すると同時に大尉昇進する山西省日本軍内では、山西省残留し親日的国民党閻錫山協力し中国強固とすることで、日本の米支配打開するとい運動広がった湯浅はこの運動の趣旨とは別に山西省に残ることを決める。その理由は、中国人にも残留する日本人医師必要だ考えたからだった。 1945年12月24日、潞安陸軍病院中国側接収部隊北京引き上げる。この機会に湯浅離隊し、山西共済病院移籍した同病院は、中国側管理下にあったものの、日本人居留民為に須藤医師経営していた。正式の医師3名現地採用医師3名看護婦日中合せて10程度規模だった。

※この「敗戦」の解説は、「湯浅謙」の解説の一部です。
「敗戦」を含む「湯浅謙」の記事については、「湯浅謙」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「敗戦」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

敗戦

出典:『Wiktionary』 (2021/11/18 21:47 UTC 版)

名詞

はいせん

  1. 戦争試合負けること。
  2. (比喩) 大規模な失敗

類義語

対義語

関連語

動詞

活用

サ行変格活用
敗戦-する

「敗戦」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

敗戦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



敗戦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの敗戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのガイウス・テレンティウス・ウァロ (改訂履歴)、第1高射師団 (ドイツ国防軍) (改訂履歴)、大友義鎮 (改訂履歴)、京都大学吉田寮 (改訂履歴)、アドルフ・ヒトラー (改訂履歴)、引き揚げ (改訂履歴)、湯浅謙 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの敗戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS