捕虜とは? わかりやすく解説

ほ‐りょ【捕虜】

読み方:ほりょ

戦争などで敵に捕らえられた人。とりこ。俘虜(ふりょ)。

[補説] 作品名別項。→捕虜


ほりょ【捕虜】


捕虜

読み方:ホリョ(horyo)

戦争などで敵に捉えられたもの


捕虜

作者嘉陽安男

収載図書捕虜たちの島―嘉陽安男捕虜三部作
出版社沖縄タイムス社
刊行年月1995.7


捕虜

作者ギー・ド・モーパッサン

収載図書モーパッサン短編集 3 30改版
出版社新潮社
刊行年月2006.12
シリーズ名新潮文庫


捕虜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 17:17 UTC 版)

捕虜(ほりょ、Prisoner of war, POW)とは、武力紛争戦争内戦等)において敵の権力内に陥った者をさす。近代以前では、民間人を捕らえた場合でも捕虜と呼んだが、現在では捕虜待遇を与えられるための資格要件は戦時国際法により「紛争当事国の軍隊の構成員及びその軍隊の一部をなす民兵隊又は義勇隊の構成員[1]」等定められている[注釈 1]


注釈

  1. ^ 捕虜の定義は、1907年のハーグ陸戦条約附属規則では第1条〜第3条、1929年の俘虜の待遇に関する条約では第1条、1949年のジュネーヴ第3条約では第4条にある。
  2. ^ 例:ハーグ陸戦条約(陸戦ノ法規慣例ニ関スル条約)では、prisonniers de guerre(フランス語)の訳語に「俘虜」[2]を用いている。
  3. ^ マーワルディーによると、多神教徒から来る財として戦利品であるファイロシア語版(fay‘)[5]ガニーマアラビア語版(ghanīma)[6]について述べている。ファイはウマイヤ朝カリフウマル2世によってムスリム全体のために保有される征服地の土地として分配不可能な不動産を指し、ガニーマは分配可能な動産を指す。マーワルディーは、うち、ガニーマの種類として、戦争捕虜、敵方の婦女子の捕虜、不動産および動産の4つを上げている。

参照

  1. ^ 1949年のジュネーヴ第3条約 第4条A(1)
  2. ^ 俘虜』 - コトバンク
  3. ^ マーワルディー『統治の諸規則』(2006)pp.312-
  4. ^ 『イスラム世界』27・28号, 社団法人日本イスラム協会, 1287.3. p.43-66.
  5. ^ ファイ』 - コトバンク
  6. ^ ガニーマ』 - コトバンク
  7. ^ マーワルディー『統治の諸規則』(2006)pp.324-325
  8. ^ ブハーリー『真正集』遠征の書、第61章2節。
  9. ^ アハメド(2000)pp.123-125
  10. ^ 東京新聞』特報2004年11月1日付
  11. ^ 日露戦争で収容「捕虜でなく人間」 ロシア兵の手紙、母国の新聞に”. 神戸新聞 (2019年5月8日). 2019年5月8日閲覧。
  12. ^ 秦郁彦「南京事件」中公新書,p193
  13. ^ 『日本兵捕虜は何をしゃべったか』 山本武利 2001
  14. ^ p.153『日本軍は本当に残酷だったのか』丸谷元人 2014年
  15. ^ World War II -- prisoners of war POWs Japan”. 2022年4月8日閲覧。
  16. ^ “捕虜の1割が死亡 全国にあった収容所のこと、書き残す [戦後75年特集:朝日新聞デジタル”]. (2020年10月7日). https://www.asahi.com/articles/ASNB542GNN9TUTIL01Y.html 
  17. ^ 北、韓国兵捕虜を「奴隷化」 子孫の代まで搾取 人権団体報告”. AFP (2021年2月25日). 2021年2月24日閲覧。
  18. ^ “日本でもモザイクなしで… ウクライナ公開のロシア兵捕虜の動画は「国際法違反」人権団体が声明”. バズフィード. (2022年3月18日). https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/demomozaikunaside-ukurainanorosiahaga?bfsource=relatedmanual 


「捕虜」の続きの解説一覧

捕虜(ほりょ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 12:57 UTC 版)

メタルスラッグ」の記事における「捕虜(ほりょ)」の解説

敵に捕まっている正規軍兵士研究所所員外見老人のようだが、単に捕虜生活で毛が伸び放題になっているだけである。縛られていたり、吊るされていたり、歩いていたり、磔にされていたり、焚き火の上で尻を炙られていたりと様々。また、特定の場所攻撃することで出現する隠し捕虜もいる。

※この「捕虜(ほりょ)」の解説は、「メタルスラッグ」の解説の一部です。
「捕虜(ほりょ)」を含む「メタルスラッグ」の記事については、「メタルスラッグ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「捕虜」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

捕虜

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 13:17 UTC 版)

発音(?)

ほ↘りょ

名詞

(ほりょ)

  1. (軍事) 捕らわれた者。

類義語

翻訳


「捕虜」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

捕虜のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



捕虜のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの捕虜 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのメタルスラッグ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの捕虜 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS