とりことは?

Weblio 辞書 > 人名 > タレントデータベース > とりこの意味・解説 

とり こ [3] [0] 【虜・擒・〈俘虜〉】

取り子,の意〕
戦争で敵に捕らえられた者。いけどりになった人。捕虜
ある事に熱中して逃げ出せない状態になること。心を奪われること。また,そのような人。 「恋の-」 「欲望の-になる」

ふ りょ [1] 【俘虜】

戦争敵方いけどりにされた者。とりこ。捕虜。 「 -収容所

とり こ 【取り子】

もらい子。養子。 「あぢきなきもの…-の顔にくげなる/枕草子 79

とり こ [3] [0] 【取(り)粉】

(つ)きあげた餅にまぶして,扱いやすくするための粉。しろこ。もちとりこ。


TORICO

TORICOの画像 TORICOの画像
芸名TORICO
芸名フリガナとりこ
性別女性
血液型A
出身愛知県
身長168 cm
URLhttp://www.torico.me/
デビュー年2004
靴のサイズ24 cm
プロフィール2004年、映画『ミガカガミ』にて、監督・脚本・主演をつとめ、注目を集める同作品は国内外多く映画祭に正式招待され、2004年「第7回インディーズムービーフェスティバル日本)」に入選2005年に準グランプリ決定し、その才能が高く評価された。2006年には初劇場長編映画『イケルシニバナ』を公開日本のみならずフランスイギリスにて海外配給決定するなど、今後活躍にますます期待が高まっている。
デビュー作映画『ミガカガミ』
代表作品1年2004
代表作品1映画『ミガカガミ』
代表作品2年2006
代表作品2映画『イケルシニバナ』
職種タレント俳優女優/文化人

» タレントデータバンクはこちら

とりこ

出典:『Wiktionary』 (2011/05/12 15:08 UTC 版)

名詞

とりこ / 俘虜 /

  1. 戦で囚われた者。
  2. 特定物事夢中になること。また、その人
    嗚呼彼は遂に酒のとなれり。(山路愛山頼襄を論ず』)
    虚栄心になるとき、人間自己失い個人独自性意識を失うのがつねである。(三木清人生論ノート』)

語源

発音

ふ↘りょと↗りこ

類義語

翻訳




※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「とりこ」の関連用語

とりこのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



とりこのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2019 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのとりこ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2019 Weblio RSS