習俗とは? わかりやすく解説

しゅう‐ぞく〔シフ‐〕【習俗】

読み方:しゅうぞく

ある地域やある社会昔から伝わっている風俗習慣風習ならわし


風俗

(習俗 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/01 09:00 UTC 版)

風俗(ふうぞく、ふぞく)




「風俗」の続きの解説一覧

習俗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/28 02:41 UTC 版)

ツィルンドルフ」の記事における「習俗」の解説

8月第3週末にツィルンドルフでは「ケルヴァ」が祝われる。これは、バウムアウフシュテレン(木を立てる)、大規模なパレード屋台射撃スタンドスイーツグリル屋台など)、遊具児童メリーゴーラウンド、バンパーカー(ドイツ語版英語版)、ポニー体験など)がある、典型的なフランケン地方中規模都市のケルヴァである。開催場所は、マルクト広場からエル通りドイツ統一広場経て祝祭大テント張られ学校運動場にまで伸びている。ケルヴァは、伝統則って金曜日から始まり火曜日夜の閉幕ストームまで続く。

※この「習俗」の解説は、「ツィルンドルフ」の解説の一部です。
「習俗」を含む「ツィルンドルフ」の記事については、「ツィルンドルフ」の概要を参照ください。


習俗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/08 15:54 UTC 版)

烏洛侯」の記事における「習俗」の解説

冬は地下部屋掘り、夏は牧畜をする。豕(ぶた)が多く、穀麥がある。大君はおらず部落弗(ばくふつ:部族長)が代々治めてきた。髪型は縄髮(三つ編み)で、皮の服を着て珠を装飾として身につける。民は勇しく、姦竊をしない。猟射を得意とする楽器には箜篌(くご)があり、木革面に九弦を張っている。 唐代の記録として、「風俗靺鞨と同じ」とある。

※この「習俗」の解説は、「烏洛侯」の解説の一部です。
「習俗」を含む「烏洛侯」の記事については、「烏洛侯」の概要を参照ください。


習俗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/29 14:27 UTC 版)

「釧」の記事における「習俗」の解説

万葉集には振田向(ふるのたむけ)が筑紫国赴任する際に詠んだ吾妹子わぎもこ)は 釧(くしろ)にあらなむ 左手我が奥の手に まきて去(い)なまし」という歌が収まれている。この歌から釧などの腕輪左手首に巻くのが一般的だった考えられている。

※この「習俗」の解説は、「釧」の解説の一部です。
「習俗」を含む「釧」の記事については、「釧」の概要を参照ください。


習俗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/11 03:16 UTC 版)

無縁仏」の記事における「習俗」の解説

無縁仏祀ってくれる者(供養してくれる者)のいない仏のことで、手厚い供養を通して祖霊になっていくという民俗信仰においては供養してくれる者がいないために祖霊になることができない態と捉えられる無縁仏には人知れず非業の死遂げたや行倒れのままになってしまった者などがある。 地蔵盆虫送り疫病送りといった地域行事無縁仏供養結びついていることがある災害震災大火洪水飢饉疫病等)や行倒れなどの理由で氏名住所などが判明しない身元不明死者身元分かっていて遺体引き取り手がいない死者を供養するために建立される塚を無縁塚という。公営墓地には身元不明遺骨納めるための無縁塚設けられることがあるまた、町内会など無縁塚管理し定期的に供養行っている地域もある。

※この「習俗」の解説は、「無縁仏」の解説の一部です。
「習俗」を含む「無縁仏」の記事については、「無縁仏」の概要を参照ください。


習俗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/31 23:56 UTC 版)

年男・年女」の記事における「習俗」の解説

運勢は、吉であるとする説と凶であるとする説とがある。厄年の考えでは、年男・年女年齢一部が中厄や小厄となる(詳細流派によって異なる)。 節分では、年男・年女元来年男のみ)が豆を撒く習慣がある。現在は寺社行事でよく見られる学校行事では小学6年生数え13歳、ただし早生まれなら12歳)が充てられることもある。

※この「習俗」の解説は、「年男・年女」の解説の一部です。
「習俗」を含む「年男・年女」の記事については、「年男・年女」の概要を参照ください。


習俗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/02 01:21 UTC 版)

万満寺」の記事における「習俗」の解説

1月成人の日現住職の代からこうなった。それ以前1月15日)に護摩供養行なう8月16日施餓鬼供養行なういずれも檀家行事である。1月には食事般若湯給される8月には食事が供されるまた、8月には法話がある。 唐供養春・秋祭礼時に精進料理供する

※この「習俗」の解説は、「万満寺」の解説の一部です。
「習俗」を含む「万満寺」の記事については、「万満寺」の概要を参照ください。


習俗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/19 03:27 UTC 版)

高昌」の記事における「習俗」の解説

服飾では男性胡服着て女性中国と大体同じもの(裙襦)を着て頭には髻を作る武器には弓・箭・刀・楯・甲・矛がある。文字中国と同じ(漢字)だが、胡書を兼用する。『毛詩』・『論語』・『孝経』があり、学官弟子置いて互いに教授する。これらを読んで学習するが、すべて胡語である。賦税銀銭使い、無い者は麻布貢納する。その刑法風俗婚姻・喪葬は中国と少し異なるが大い同じである

※この「習俗」の解説は、「高昌」の解説の一部です。
「習俗」を含む「高昌」の記事については、「高昌」の概要を参照ください。


習俗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/11 08:24 UTC 版)

西突厥」の記事における「習俗」の解説

習俗はほぼ突厥東突厥同じだが、言語が少し異なる。毎年五月八日には、祭神を行う。

※この「習俗」の解説は、「西突厥」の解説の一部です。
「習俗」を含む「西突厥」の記事については、「西突厥」の概要を参照ください。


習俗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/07 23:28 UTC 版)

メランクライノイ」の記事における「習俗」の解説

風習スキタイ式」とあり、おそらく遊牧騎馬民族であろう。しかし、「非スキタイ系」とあるので、言語的に異な民族と思われるまた、特徴的なのはメランクライノイ黒衣族)という名の通り、彼らは黒い衣を身にまとっていた。

※この「習俗」の解説は、「メランクライノイ」の解説の一部です。
「習俗」を含む「メランクライノイ」の記事については、「メランクライノイ」の概要を参照ください。


習俗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 07:50 UTC 版)

鮮卑」の記事における「習俗」の解説

鮮卑烏桓同族なので習俗はほぼ同じである(詳しくは烏桓#習俗を参照)。ただ、結婚スタイル烏桓のものと異なり、まず婚姻前に髠頭し、春に饒楽作楽)のほとりで開催される大会で、酒盛りをした後に妻を娶る

※この「習俗」の解説は、「鮮卑」の解説の一部です。
「習俗」を含む「鮮卑」の記事については、「鮮卑」の概要を参照ください。


習俗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 05:19 UTC 版)

烏桓」の記事における「習俗」の解説

烏桓騎射騎乗したまま矢を放つこと)に巧みで水や牧草追って遊牧行い定住地はない。穹廬きゅうろゲル)を家とし、入口はみな太陽の方向(東)に向ける。鳥獣狩りし、肉を食べ酪(らく:ヨーグルトの類)を飲みの毛で着物作る若者貴ばれ老人賤しめられ、その性格乱暴で腹を立てれば父や兄をも殺すが、母親には決し危害加えない。なぜなら、母親には母方の一族がいるが、父や兄は自分と同族で、彼らを殺して報復をする者がいないからである。勇敢壮健な者で互い訴え争いごと裁いてゆける者を選んで大人たいじん部族長)とするのが通例である。邑落ごとに下級統率者がいるが、世襲ではない。数百から数千の落(らく:集落最少単位で、約2~3戸20数人ほど)が集まって一つ部族作っている。大人人を集める時には木に刻み目入れてしるしとし、邑落(ゆうらく:落が20数戸集まり人口約百十数人ほど)の間を回す。文字はないが、部族民は決し大人召集間違えことはない定まった姓氏はなく、大人勇者の名を姓とする。大人以下、それぞれに牧畜仕事とし、徭役ようえき土木工事)にかり出されることはない

※この「習俗」の解説は、「烏桓」の解説の一部です。
「習俗」を含む「烏桓」の記事については、「烏桓」の概要を参照ください。


習俗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/07 02:13 UTC 版)

チワン族」の記事における「習俗」の解説

結婚の儀礼は漢族のものに似るが、嫁入り際に親族による歌の掛け合いが行われる習慣がある。また、1980年代ごろまで、結婚しても子どもが授かるまで嫁と夫が数年間別居続ける「不落夫家」(ふらくふか)の習慣があった。

※この「習俗」の解説は、「チワン族」の解説の一部です。
「習俗」を含む「チワン族」の記事については、「チワン族」の概要を参照ください。


習俗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/09 14:32 UTC 版)

タウロイ」の記事における「習俗」の解説

古代ギリシャ歴史家ヘロドトスは『ヒストリアイ(歴史)』において次のように記している。 「 タウロイ難破漂流した者や、黒海上で襲って捕らえたギリシア人を「処女神」の生贄とする。まず、型のように浄祓を行った後、生贄の頭を棍棒で打つ。次に胴体神殿立っている断崖の上から突き落とし、首は棒に刺しておく。という説もあるが、別の説では首については同様であるが、胴体は崖から落とすのではなく地中埋めるという。タウロイ自身の言うところでは、生贄供える女神アガメムノンの娘イピゲネイアであるという。また、敵の捕虜については、捕らえた者が首を刎ねて家に持ち帰り屋上煙突の上)に長い棒刺して高く掲げておく。この首が守護者として屋敷全体見張ってくれるように、高く掲げておくのだという。彼らは掠奪戦争を生活の手段にしているのである。<ヘロドトス『歴史』巻4-103> 」 また、紀元前1世紀古代ローマ歴史家ストラボンは『地理誌』において、次のように記している。 「 スキュタイ系のタウロイ族が港一帯海賊団組織して、この港へ難破する船乗りたちを襲う。港の名をシュンボロン・リメン(商人港)という。<ストラボン地理誌第4章> 」

※この「習俗」の解説は、「タウロイ」の解説の一部です。
「習俗」を含む「タウロイ」の記事については、「タウロイ」の概要を参照ください。


習俗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/18 23:34 UTC 版)

お七夜」の記事における「習俗」の解説

赤飯尾頭付き昆布紅白の麩などの祝膳を家族食べお宮参りまでの約1ヶ月間、命名書を飾る。 今日では出産した病院から退院する日が産後一週間前後が多いため、退院祝い兼ねて行うことも多くなっている。また、記念に手形足形を採ることも増えている。

※この「習俗」の解説は、「お七夜」の解説の一部です。
「習俗」を含む「お七夜」の記事については、「お七夜」の概要を参照ください。


習俗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/14 17:26 UTC 版)

イッセドネス人」の記事における「習俗」の解説

ある家の父親死亡すると、親戚縁者次々と家畜携えて集まり、これを屠って肉を刻み、さらにこれと一緒に死亡した父親の肉も刻んで混ぜ合わせ料理にして宴会を催す。死者頭は毛を剃ってきれいに洗った後、金をかぶせて礼拝物のように扱い毎年盛大に生贄捧げて祀るまた、女子男子も平等の権利を持っている。 このことについて、ヘロドトスは「人肉食すいうのはともかく、子が父に礼を尽くすことについては正邪の理(ことわり)を弁え立派な民族」と評している。 ポンポニウス・メラの『世界地理』によると、「イッセドネス人は親の葬儀喜び表し集まって祝祭を催す。そして故人遺体引き裂いて家畜胎児ミンチ混ぜ合わせ、宴に来た人々ふるまい食べつくす頭蓋骨磨き上げ黄金巻き、杯に使う。これらの行事イッセドネス人における最も深く親に尽く義務行為である。」という。

※この「習俗」の解説は、「イッセドネス人」の解説の一部です。
「習俗」を含む「イッセドネス人」の記事については、「イッセドネス人」の概要を参照ください。


習俗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/14 17:25 UTC 版)

アンドロパゴイ」の記事における「習俗」の解説

ヘロドトスの記録ではまず、「スキタイ系ではない」ことを断言している。そして言語も「独特の言語」すなわちスキタイ語ではないとされており、これについてルグランは「フィン系言語」としている。 そしてなにより特異とされているのが、「人肉食すということである。上記の諸族の中で唯一としているが、他に人肉食す民族としてマッサゲタイイッセドネス人などが挙げられるマッサゲタイについては「その方がこの国にとって幸せな死に方」としている。

※この「習俗」の解説は、「アンドロパゴイ」の解説の一部です。
「習俗」を含む「アンドロパゴイ」の記事については、「アンドロパゴイ」の概要を参照ください。


習俗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/02 01:38 UTC 版)

八十八夜」の記事における「習俗」の解説

八十八夜の別れ霜」「八十八夜泣き」などといわれるように、遅霜発生する時期である。一般に八十八夜ごろまでといわれているが、「九十九夜の泣き」という言葉もあり、5月半ばごろまで泣いて泣ききれないほどの大きな遅霜被害発生する地方もある。それ以上に旧暦では暦日季節最悪で半月もずれることから農家に対して特に注意を喚起するためにこの雑節作られた八十八夜日本独自雑節である。 この日摘んだ上等なものとされ、この日お茶を飲むと長生きするともいわれている。産地である埼玉県入間市狭山市静岡県京都府宇治市では、新茶サービス以外に手もみ茶の実演や茶摘み実演など、一般の人々参加するイベントが行われる。

※この「習俗」の解説は、「八十八夜」の解説の一部です。
「習俗」を含む「八十八夜」の記事については、「八十八夜」の概要を参照ください。


習俗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/14 14:50 UTC 版)

烏孫」の記事における「習俗」の解説

烏孫遊牧民なので、その習俗はほとんど匈奴同じである。馬が多く、富人になると4~5千匹も所有する。顔古帥曰く西域諸国の中で最も中国の民族容貌異なり、目が窪み、鼻が高く青目赤顔であったコーカソイド遺伝的影響色濃く持った集団だったようである

※この「習俗」の解説は、「烏孫」の解説の一部です。
「習俗」を含む「烏孫」の記事については、「烏孫」の概要を参照ください。


習俗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/12 09:04 UTC 版)

エフタル」の記事における「習俗」の解説

中国史書の『魏書列伝第九十(西域伝)には、嚈噠エフタル)国の習俗などについて、次のとおり記す。 「習俗は突厥ほぼ同じ兄弟1人の妻を共有する兄弟の無い夫は、妻に突起1つ付いた帽子被らせ、もし兄弟がいる場合には兄弟の数により、突起の数を増やさせる。衣服には、瓔珞付ける。頭部は皆、髪を刈る。その言語は、蠕蠕柔然)とも高車とも多くの胡族とも異なる。人口10万程度であり、城邑は無い。追って移動しフェルト用いて家をつくる。夏は、涼し土地移動し、冬は温暖な処に移動する何人かの妻を各々分けて住まわせており、互いに200から300里離れている。」 プロコピオスの『戦史』では、フン一派であるが遊牧民ではなく生活様式同族のものとは似ていない、としている。

※この「習俗」の解説は、「エフタル」の解説の一部です。
「習俗」を含む「エフタル」の記事については、「エフタル」の概要を参照ください。


習俗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/18 02:05 UTC 版)

地豆于」の記事における「習俗」の解説

牛と羊が多く名馬産出する動物の皮を衣服とし、五穀はなく、肉と酪(らく:ヨーグルトの類)のみを食す

※この「習俗」の解説は、「地豆于」の解説の一部です。
「習俗」を含む「地豆于」の記事については、「地豆于」の概要を参照ください。


習俗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/15 10:00 UTC 版)

「奚」の記事における「習俗」の解説

遊牧狩猟民族であり、他の遊牧騎馬民族同様、馬・牛黒羊・豕を飼い車上氊帳暮らしで、移動しながら暮らしていた。また、不潔であるが射猟が得意で略奪好んだという。賦税はない。五代十国時代になると農耕兼業で行うようになる

※この「習俗」の解説は、「奚」の解説の一部です。
「習俗」を含む「奚」の記事については、「奚」の概要を参照ください。


習俗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/15 16:40 UTC 版)

薛延陀」の記事における「習俗」の解説

官職武器風俗はだいたい突厥と同じ。

※この「習俗」の解説は、「薛延陀」の解説の一部です。
「習俗」を含む「薛延陀」の記事については、「薛延陀」の概要を参照ください。


習俗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 15:11 UTC 版)

小千谷市」の記事における「習俗」の解説

牛の角突きの習俗重要無形民俗文化財):5-11巫女小千谷市指定文化財一覧参照

※この「習俗」の解説は、「小千谷市」の解説の一部です。
「習俗」を含む「小千谷市」の記事については、「小千谷市」の概要を参照ください。


習俗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/15 16:48 UTC 版)

鉄勒」の記事における「習俗」の解説

鉄勒の習俗はだいたい突厥同じであるが、突厥異なる点はただ、男が結婚の儀式を済ますとすぐ妻の家住み出産待ち産まれた男女児に乳を飲ませてから自分の家帰るということまた、死者埋葬するということだけである。

※この「習俗」の解説は、「鉄勒」の解説の一部です。
「習俗」を含む「鉄勒」の記事については、「鉄勒」の概要を参照ください。


習俗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/17 01:50 UTC 版)

悦般」の記事における「習俗」の解説

悦般国の風俗・言語は高車と同じ(古テュルク語)で、そこの人々は胡人なかでも清潔である。髪を眉のところで切りそろえ醍醐(だいご:ヨーグルトの類)を塗って光沢出し一日三回洗い然る後飲食する

※この「習俗」の解説は、「悦般」の解説の一部です。
「習俗」を含む「悦般」の記事については、「悦般」の概要を参照ください。


習俗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/17 02:16 UTC 版)

康居」の記事における「習俗」の解説

康居遊牧国家であり、他の遊牧民同様、王は夏に卑闐城で暮らし、冬に窳匿の地で治めるトランスヒューマンス方式をとる。中国史書では大月氏奄蔡と同俗と記されている。 晋代になると、王治(首都)は䪥城となり、風俗及び人貌・衣服はだいたい大宛同じであるとされた。 産業周辺国同様、葡萄と馬を生業としていた。

※この「習俗」の解説は、「康居」の解説の一部です。
「習俗」を含む「康居」の記事については、「康居」の概要を参照ください。


習俗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/17 07:07 UTC 版)

疏勒」の記事における「習俗」の解説

疏勒国他のオアシス都市国家と同様農耕民族であり、古くインド・ヨーロッパ語族系のコーカソイド人々住んでいた。農業盛大で花・果繁茂している。細い氈(フェルト)や褐(けおり)を産出し、細い氎(もめん)や氍毹を巧みに織る。他にも稲・粟・麻・麦・銅・鉄・錫・雌黄・錦・綿を産出する気候和やかで風雨順調である人の性質は乱暴で、俗(ならい)として詭り(いつわり)が多く礼儀薄く学芸平凡である。その風俗として子を生むと頭を押さえて扁平にする。容貌卑しく文身刺青)をし碧眼である。 使用する文字インド手本取っており(カローシュティー文字ブラーフミー文字)、省略改変はあるが、よく印度の様筆法保存している。言語語彙音調諸国とは異なっている。 疏勒国古くから篤く仏法信じ福徳利益の行に精励している。伽藍数百か所僧徒一万余人小乗教の説一切有部学習している。その理論研究することなく多くはその文句暗誦するのみである。それ故経律論三蔵や毗婆沙(ヴィバーシャー:広解)をすっかり暗誦している者が多い。 人の手足は皆六指で、産子六指者でなかったら育てない

※この「習俗」の解説は、「疏勒」の解説の一部です。
「習俗」を含む「疏勒」の記事については、「疏勒」の概要を参照ください。


習俗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/06 17:17 UTC 版)

宇文部」の記事における「習俗」の解説

元々の出自匈奴であったからか、本来の鮮卑族とは話す言語異なったという。 人々はみな髪を切り揃え頭頂部留めて飾りとし、数寸でも長くなる短く整えた婦女は足まで及ぶ長い襦を着用していた、裳はなかった。 秋に烏頭トリカブト塊根)を採取して毒薬作り鳥獣射る際にこれを用いた

※この「習俗」の解説は、「宇文部」の解説の一部です。
「習俗」を含む「宇文部」の記事については、「宇文部」の概要を参照ください。


習俗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 06:08 UTC 版)

トルクメン人」の記事における「習俗」の解説

トルクメン人オグズ語群含まれるトルクメン語を話す。トルクメン語言語的に中央アジア他のテュルク系言語よりもオスマン語アゼルバイジャン語近く部族ごとに方言的な差異があるトルクメン人口承文芸伝統持ち、『ゴルクトゥ・アタ』『ギョログル』『ユスフアフマド』などの叙事詩生み出したドゥタールという撥弦楽器奏でる詩人はバグシュと呼ばれその一人である18世紀詩人マグトゥム・グル偉人として敬意を払われている。 トルクメン人の間ではスンナ派イスラム教信仰されているが、シャリーアイスラーム法)は厳格に遵守されておらずアダット慣習法)が守られている。土着の信仰合わさったスーフィズム神秘主義思想)の影響力強く有力なシャイフ一族は聖氏族(オヴラト)として特権的な地位得ていた。 トルクメン人木にフェルト張ったユルト住居とし、定住生活を送るようになった後もユルト夏季住居として使用されているユルトが並ぶトルクメン人集落アウルAul)と呼ばれ姻戚関係結ばれている大家族集団で構成されている。 トルクメン人は本来遊牧民だったが、17世紀半ばから半遊牧生活に移行してオアシス地域居住するようになり、灌漑による農耕牧畜手工業などで生計立てていた。一つ集落牧畜民(チャルワ)と定住農耕民(チョムル)が共存し西部地域にはヒツジラクダ、馬を飼う半遊牧民多く住んでいた。バルカンバルハン山脈英語版)に居住するトルクメン人農耕をほとんど行わず砂漠地帯遊牧を行うトルクメン人井戸周囲の草地生え牧草家畜与え、冬と春に蓄えた雨水飲料水として利用していた。家事女性委ねられ家畜世話畜産物加工毛織物生産といった家計支え重要な仕事を担うトルクメン人女性近隣定住者農民商人の女性よりも社会的地位高く多くの自由を得ていた。男性主な仕事牧草地井戸管理遊牧先導家畜領域護衛で、それらの仕事には馬が不可欠だった。ソビエト連邦時代トルクメン人綿花ブドウ野菜などの栽培乳牛の飼育に従事していた。 初期のトルクメン人部族民が選出した名目上代表者ハン)を置いていたが、やがて世襲制君主部族集団率いようになった1880年代までのトルクメン人社会には純血イグ)、奴隷グル)、女奴隷(ギルナク)、自由人女奴の子(ヤルィム)からなる身分制度存在しグルの子孫は7代後にイグとなることを認められていた。かつてトルクメン人イランなどで行っていた家畜財産住民略奪行為アラマン呼ばれトルクメン人イラン化の進展大きな役割果たした考えられている。18世紀から19世紀テケ部族男性多くトルクメン人の妻のほかに、アラマン獲得した1-2人のギルナクを妻妾としていたといわれている。

※この「習俗」の解説は、「トルクメン人」の解説の一部です。
「習俗」を含む「トルクメン人」の記事については、「トルクメン人」の概要を参照ください。


習俗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/13 01:47 UTC 版)

ツングース系民族」の記事における「習俗」の解説

ツングース系民族はその習俗によっていくつかのグループ分けられる馴鹿ツングース(Reindeer Tungus)…馴鹿の飼養生業としているツングース系民族ツングースの間では「馴鹿所有するという意味でオロチェン(oročen)と呼ばれている。バルグジン・タイガおよびネルチンスク・タイガの地方住み、その一部ブリヤート人ロシア民族間に混ざって移行地帯定住している。 遊牧ツングース(Nomad Tungus)…遊牧生業としているツングース系民族ツングースの間では「馬を所有するという意味でムルチェン(murčen)と呼ばれている。ブリヤート人ロシア人雑居して移行地帯および草原地帯住んでいる農耕ツングース農業生活し定住化しているツングース系民族ロシア民族生活文化影響進んでいるモンゴル人化したツングース(Mongolized Tungus)…言語的にモンゴル系言語使用するようになったツングース系民族

※この「習俗」の解説は、「ツングース系民族」の解説の一部です。
「習俗」を含む「ツングース系民族」の記事については、「ツングース系民族」の概要を参照ください。


習俗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/14 01:53 UTC 版)

勿吉」の記事における「習俗」の解説

勿吉の子孫たる靺鞨の7部族は、北は黒竜江下流から南は吉林地方まで広く分布した南部の粟末(ぞくまつ)部は粟や麦、クロキビなどを栽培し、豚や馬などの家畜飼って生活した北部黒水靺鞨冷涼な気候のため、農業不可能で狩猟生業とする伝統的な生活をしていた。黒水靺鞨がもっと強健と言われ、のちに女真族呼ばれるようになった

※この「習俗」の解説は、「勿吉」の解説の一部です。
「習俗」を含む「勿吉」の記事については、「勿吉」の概要を参照ください。


習俗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 03:10 UTC 版)

ウイチョル族」の記事における「習俗」の解説

ウイチョル族伝統宗教の一環として、いずれも幻覚作用有するサボテン科ロフォフォラ属のペヨーテLophophora williamsii; ウイチョル語: híkuri; 園芸名: 烏羽玉)や、ヤウティ(yauhti; 学名: Tagetes lucida; 通称: ミントマリーゴールド)というキク科コウオウソウ属の植物儀礼用いる。このうちペヨーテについては、後述するような「ペヨーテ狩り」によって調達が行われており、ウイチョル族他のどの幻覚植物よりも高くペヨーテ評価している。ウイチョル族にはまた、サボテン科エピテランサ属(スペイン語版)のヒクリ・ムラート(Hikuli Mulato; 学名: Epithelantha micromeris; 園芸名: 月世界)や永続的な自失状態を引き起こす信じられるサボテン科アリオカルプス属(ドイツ語版)のツウィリ(ウイチョル語: tsuwíri; 学名: Ariocarpus retusus; 園芸名: 岩牡丹)、「神の陶酔」であり妖術強力な補助薬として崇拝するナス科ラッパバナ属(英語版)のキエリウイチョル語: kiéri、kieli; 学名: Solandra brevicalyx や S. guerrerensis、ラッパバナ(英語版)(S. grandiflora)という灌木のほか、ナス科チョウセンアサガオ属Datura)や同キダチチョウセンアサガオ属(Brugmansia)といった植物の取り扱い心得ている者も存在する。しかし、アサガオチョウセンアサガオといった植物シビレタケなどはペヨーテに比べると格下扱いとされており、妖術者に委ねられている。 スペイン人による征服植民地化以前からの伝統ある宗教には、や健康、物質的な繁栄などを司る神々100以上も登場するが、それらに対するカトリック聖人同化シンクレティズム)も見られる

※この「習俗」の解説は、「ウイチョル族」の解説の一部です。
「習俗」を含む「ウイチョル族」の記事については、「ウイチョル族」の概要を参照ください。


習俗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/31 05:38 UTC 版)

大宛」の記事における「習俗」の解説

大宛は貴山城を治とする王によって統治され人々城郭住み支配下オアシス70余、戸数6人口30擁した土着の農耕民族で、馬やワイン特産としていた。従って、武帝大宛名馬汗血馬入手するため李広利遠征軍派遣し大宛はこれに敗れたため、一旦、漢の影響下入った

※この「習俗」の解説は、「大宛」の解説の一部です。
「習俗」を含む「大宛」の記事については、「大宛」の概要を参照ください。


習俗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/11 05:47 UTC 版)

浄土真宗」の記事における「習俗」の解説

他の仏教宗派に対する浄土真宗最大の違いは、僧侶肉食妻帯許される戒律がない点である(明治まで、表立って妻帯許される仏教宗派真宗のみであった)。そもそも一般僧侶という概念世間との縁を断って出家し修行する人々)や、世間内で生活する仏教徒在家としての規範からはみ出ざるを得ない人々救済するのが本願念仏である」と、師法然か継承した親鸞が、それを実践し僧として初め公式に妻帯し子をもうけたことに由来するそのため、浄土真宗には血縁関係による血脈と、師弟関係による法脈2つ系譜存在する与えられる名前も戒名ではなく法名と言う浄土真宗は、ただ阿弥陀如来働きまかせて全ての人往生することが出来るとする教えから、多くの宗教儀式や習俗にとらわれず報恩徳の念仏聞法大事にする加持祈祷行わないのも大きな特徴である。 かなしきかなや道俗良時吉日えらばしめ天神・地祇をあがめつつ卜占祭祀つとめとす — 正像末和讃 悲歎述懐 また合理性重んじ作法教え簡潔であったことから近世には庶民広く受け入れられたが、他の宗派からはかえって反発を買い、「門徒物知らず」(門徒とは真宗信者のこと)などと揶揄される事もあった。 また真宗は、本尊(「南無阿弥陀仏」の名号絵像木像)の各戸への安置奨励した。これを安置する仏壇荘厳に関しての「決まり」が他の宗派比して厳密である荘厳各宗派本山模していることから宗派ごとに形状仏具異る仏壇本尊安置し荘厳されたものを、真宗では「御内仏」と呼び考え方としては「寺院レプリカ」「ミニチュア寺院」を各家庭お招きしたものであり、教義として先祖壇や祈祷壇として用いるものではない。 真宗本山には、そのいずれにおいても基本的に本尊阿弥陀如来安置する本堂阿弥陀堂とは別に宗祖親鸞真影安置する御影堂がある。真宗寺院建築には他にも内陣に比べ外陣が広いなど、他宗見られない特徴がある。また各派ともに、宗祖親鸞聖人祥月命日に「報恩講」と呼ばれる法会厳修する。その旨は、求道弘教恩徳と、それを通じて信知せしめられ阿弥陀如来恩徳とに報謝し、その教えを聞信する法会である。またこの法会を、年間最大の行事とする。ただし、真宗各派その日は異なる。(詳しくは宗派別御正忌報恩講日程を参照。)

※この「習俗」の解説は、「浄土真宗」の解説の一部です。
「習俗」を含む「浄土真宗」の記事については、「浄土真宗」の概要を参照ください。


習俗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/25 14:55 UTC 版)

罽賓」の記事における「習俗」の解説

気候温暖または蒸し暑く苜蓿雑草、奇木、、竹、漆が生育し農業では五穀葡萄などが植えられる人々は冬に生野菜食べる。また、彫文・刻鏤・治宮室・織罽・刺文繍巧みであり、金・銀・錫で器も造る。 街には市が立ち並び金銀を銭とし、そのコインには騎馬人面描かれる封牛水牛、象、大沐猴孔雀、珠璣、珊瑚琥珀、璧琉璃生息し人々は象に乗って移動する宗教仏教信奉する『梁書』によると、扶桑では大明2年458年)に罽賓国から僧が来て仏教もたらしたとされる

※この「習俗」の解説は、「罽賓」の解説の一部です。
「習俗」を含む「罽賓」の記事については、「罽賓」の概要を参照ください。


習俗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/05 21:11 UTC 版)

神護寺」の記事における「習俗」の解説

かわらけ投げは、この寺が発祥とされる境内西の地前の広場から清滝川の谷(錦雲渓)に向けてかわらけ」と呼ばれる素焼き円盤釉薬使わない土器製の盃)を投げて厄除けとする。

※この「習俗」の解説は、「神護寺」の解説の一部です。
「習俗」を含む「神護寺」の記事については、「神護寺」の概要を参照ください。


習俗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/02 09:27 UTC 版)

豆莫婁」の記事における「習俗」の解説

豆莫婁人々は背が高く性格強勇謹厚略奪行わない。君長は六畜馬・牛・羊・・豕・)の名をもって官名とし、邑落には豪帥がいる。飲食のときは勿吉とは違って俎豆(そとう)を用いる。麻布があり、衣製は高句麗の類で帽子大きい。大人金銀装飾品身につける

※この「習俗」の解説は、「豆莫婁」の解説の一部です。
「習俗」を含む「豆莫婁」の記事については、「豆莫婁」の概要を参照ください。


習俗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/20 15:26 UTC 版)

初節句」の記事における「習俗」の解説

親戚縁者や、仲人名付け親などが招かれる今後毎年節句に飾ることになる五月人形鎧兜こいのぼり雛人形などが用意され最初に飾られるお祝いとして贈られることもある。 子供には陣羽織着せられる

※この「習俗」の解説は、「初節句」の解説の一部です。
「習俗」を含む「初節句」の記事については、「初節句」の概要を参照ください。


習俗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/09/04 03:15 UTC 版)

アガテュルソイ」の記事における「習俗」の解説

アガテュルソイは実に贅沢な民族で、ふんだんに金製品身につける。妻を共有して自由に交わっているが、これは互いに兄弟となり、部族全部近親となって相互間に嫉妬憎悪の念が生じないようにするためなのであるその他の風習トラキア人よく似ている。<ヘロドトス『歴史』4-104> ” 妻を共有するというスタイルマッサゲタイや、後のエフタル吐火羅人にも見受けられる

※この「習俗」の解説は、「アガテュルソイ」の解説の一部です。
「習俗」を含む「アガテュルソイ」の記事については、「アガテュルソイ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「習俗」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

習俗

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 01:45 UTC 版)

名詞

しゅうぞく

  1. その土地習慣となった風俗

発音(?)

しゅ↘ーぞく

「習俗」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



習俗のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの風俗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのツィルンドルフ (改訂履歴)、烏洛侯 (改訂履歴)、釧 (改訂履歴)、無縁仏 (改訂履歴)、年男・年女 (改訂履歴)、万満寺 (改訂履歴)、高昌 (改訂履歴)、西突厥 (改訂履歴)、メランクライノイ (改訂履歴)、鮮卑 (改訂履歴)、烏桓 (改訂履歴)、チワン族 (改訂履歴)、タウロイ (改訂履歴)、お七夜 (改訂履歴)、イッセドネス人 (改訂履歴)、アンドロパゴイ (改訂履歴)、八十八夜 (改訂履歴)、烏孫 (改訂履歴)、エフタル (改訂履歴)、地豆于 (改訂履歴)、奚 (改訂履歴)、薛延陀 (改訂履歴)、小千谷市 (改訂履歴)、鉄勒 (改訂履歴)、悦般 (改訂履歴)、康居 (改訂履歴)、疏勒 (改訂履歴)、宇文部 (改訂履歴)、トルクメン人 (改訂履歴)、ツングース系民族 (改訂履歴)、勿吉 (改訂履歴)、ウイチョル族 (改訂履歴)、大宛 (改訂履歴)、浄土真宗 (改訂履歴)、罽賓 (改訂履歴)、神護寺 (改訂履歴)、豆莫婁 (改訂履歴)、初節句 (改訂履歴)、アガテュルソイ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの習俗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS