社会学とは?

しゃかい‐がく〔シヤクワイ‐〕【社会学】

《(フランス)sociologie人間集団の諸関係、特に社会構造機能などを研究対象とする社会科学一分野。コント命名した。


しゃかい‐がく シャクヮイ‥ 【社会学】

〔名〕 (フランス sociologie訳語オーギュスト=コント造語外山正一が訳したもの社会科学一つ人間共同生活に関する現象社会組織構成上の特徴などを研究する学問一九世紀前半コントスペンサーらによって学問的体系確立された。〔斯氏教育論(1880)〕

[補注]sociologie古くは「生態学」「交際学」などとも訳された。


社会学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/04 15:23 UTC 版)

社会学(しゃかいがく、: sociologie)は、社会現象の実態や、現象の起こる原因に関するメカニズム(因果関係)を統計・データなどを用いて分析することで解明する学問である[1][2]。その研究対象は、行為行動相互作用といった微視的レベルのものから、家族コミュニティなどの集団、組織、さらには、社会構造やその変動(社会変動)など巨視的レベルに及ぶものまでさまざまである。思想史的に言えば、「同時代(史)を把握する認識概念(コンセプト)」を作り出そうとする学問である。


  1. ^ a b 阪大を去るにあたって: 社会学の危機と希望 | 太郎丸博Theoretical Sociology” (日本語). Theoretical Sociology. 2018年10月8日閲覧。
  2. ^ 人文・社会科学のためのカテゴリカル・データ解析入門p18 2005 太郎丸博
  3. ^ 清水 (1978) などを参照のこと。
  4. ^ 富永(2008: 31-68)
  5. ^ 富永 (2008: 73-107)
  6. ^ 富永 (2008: 185-216)
  7. ^ 人文・社会科学のためのカテゴリカル・データ解析入門p159-161,2005 太郎丸博



社会学

出典:『Wiktionary』 (2017/11/04 15:05 UTC 版)

名詞

社会 しゃかいがく

  1. 社会現象実態調査などを通し様々現象因果関係研究する学問

発音

しゃ↗か↘いがく

翻訳




社会学と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「社会学」の関連用語

社会学のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



社会学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの社会学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの社会学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS