社会学とは? わかりやすく解説

しゃかい‐がく〔シヤクワイ‐〕【社会学】

読み方:しゃかいがく

《(フランス)sociologie人間集団の諸関係、特に社会構造・機能などを研究対象とする社会科学一分野コント命名した


社会学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/25 22:00 UTC 版)

社会学(しゃかいがく、: sociologie)は、社会現象の実態や、現象の起こる原因に関するメカニズム(因果関係)を体験・統計・データなどを用いて分析することで解明する学問である[1][2]。その研究対象は、行為行動相互作用といった微視的レベルのものから、家族コミュニティなどの集団、組織、さらには、社会構造やその変動(社会変動)など巨視的レベルに及ぶものまでさまざまである。思想史的に言えば、「同時代(史)を把握する認識概念(コンセプト)」を作り出そうとする学問である。


  1. ^ a b c 阪大を去るにあたって: 社会学の危機と希望 | 太郎丸博Theoretical Sociology” (日本語). Theoretical Sociology. 2018年10月8日閲覧。
  2. ^ 人文・社会科学のためのカテゴリカル・データ解析入門p18 2005 太郎丸博
  3. ^ 清水 (1978) などを参照のこと。
  4. ^ 富永(2008: 31-68)
  5. ^ 富永 (2008: 73-107)
  6. ^ 富永 (2008: 185-216)
  7. ^ 『ゲンロン4』 「平成批評の諸問題 2001-2016」を読む|外山恒一|note
  8. ^ 人文・社会科学のためのカテゴリカル・データ解析入門p159-161,2005 太郎丸博


「社会学」の続きの解説一覧

社会学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/24 15:54 UTC 版)

ポストモダニティ」の記事における「社会学」の解説

ポストモダン社会学はマスメディア大量生産偏在地球規模経済興隆工業からサービス経済英語版)への移行を含む殆どの工業国における20世紀後半益々流行することになった生活の状態に焦点を当てるものだと言えるジェイムソンハーヴェイは、工業分配普及例外的に安価になっているが、社会的関係コミュニティ稀なものになっている消費主義述べた別の思想家は、ポストモダニティ大量生産大衆政治慣らされ社会における大衆放送に対する自然な反応であると断言している。アラスデア・マッキンタイア著作は、アリストテレス主義マッキンタイア修正が現在資本蓄積促進するこの種消費主義者の思想に対する挑戦を行うマーフィーとビールスキスのような作家により練られたポストモダニズム解釈伝えている。 ポストモダニティ社会学的視点は、以前より幅広い資本範囲評価し様々な形態に供給される評価認め制度導きながら大量生産標準化禁止する高速輸送幅広いコミュニケーション能力のせいにしている。ハーヴェイポストモダニティ1930年代から1970年代OECD加盟国におけるケインズ時代経済政策流行した生産調整蓄積の方法を説明するアントニオ・グラムシにより作り出され言葉フォーディズム」からの逃避であると主張している。ハーヴェイにとってのフォーディズムは、資本労働関係経済政策生産調整考慮するとはいえ第一のものが生産手法資本労働関係考慮するケインズ主義関係がある。ポストフォーディズム(英語版)は従っハーヴェイ見るところではポストモダニティ基本的な側面一つである。 ポストモダニティ遺物には情報やマステレコミュニケーションへの広範な接続しやすさであるテレビ大衆文化優越がある。ポストモダニティ環境主義反戦運動高ま重要性において認められる過程の名において行われる犠牲に対する大きな抵抗示している工業化されたにおけるポストモダニティは、フェミニズム多文化主義とこの運動に対する反動のような運動と同様公民権機会均等焦点を増すことで特徴付けられている。ポストモダン政治的本分は、モダニスト政治領域階級闘争限定されているとはいえ(性や人種により定義される共同体における)抑圧阻害に対する様々な形態の闘争考慮する多くの活躍の場市民政治活動可能性により特徴付けられている。 ミシェル・マフェソリ(英語版のような理論家は、ポストモダニティ生存する為に供給する環境食い込んできていてやがて個人主義衰退新たな新部主義英語版時代誕生結び付くことになると考えている今の時代経済テクノロジーの状態は、思想現実的であったり本来的であったり安定していたり客観的であったりする通信元や意義伴わない互い相互に参照できる表現写しである幻影に過ぎない分散したメディア支配する社会昇華させてきた。通信製造業交通における革新により齎されたグローバリゼーションは、政治権力通信知的生産個々の支配的な中心減少させる文化的に多元論的で相互作用的地球規模社会創造する分散した近代的生活を営んでいる一つの力として引用されることがよくある[要出典]このポストモダニストの視点は、相互に主観的な客観的でない)知識このような態で支配的な形態であることになり普及偏在基本的に読者観察者と被観察者消費者生産者の間で読まれるものの間の関係を変えるものであるSpaces of Hopeハーヴェイポストモダン政治運動間接的にマルクス主義観念の)階級問題ハーヴェイ意見ではフォーディストの時代より現在重要なこの活動の場批判的な自覚弱めた責任がある主張している。ハーヴェイにとってこの階級闘争は(ハーヴェイ主張によるとポストモダン理論家無視するものを)解決するには程遠いグローバリゼーション労働者の権利のない貧しい状態で低賃金労働に取り組む労働組織にとって更に難しい問題にしていて、協同して得られる大量の余剰価値は、西側消費者により支払われる高価格東南アジア労働者受け取低賃金間の格差故に遠く隔たったものになっている

※この「社会学」の解説は、「ポストモダニティ」の解説の一部です。
「社会学」を含む「ポストモダニティ」の記事については、「ポストモダニティ」の概要を参照ください。


社会学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/26 09:45 UTC 版)

ワンダーラスト」の記事における「社会学」の解説

20世紀初頭の社会学者ロバート・E・パークは、ワンダーラスト身分組織価値観反したものとして捉えていた。それに対しポストモダニズムは、ワンダーラスト遊び心を持ってエンパワーメントするものとして捉えていた。 啓蒙時代ヨーロッパでは、上流階級独身者ビルドゥング教養)を養うための旅に出るように促されイタリアフランスへ観光旅行頻繁に行われていた。 社会学者は、旅行への渇望を、サンラスト(sunlust、直訳すると「太陽への渇望」)とワンダーラスト区分している。前者は主にリラクゼーション求めるもので、後者異な文化的経験との関わり求めるものである。

※この「社会学」の解説は、「ワンダーラスト」の解説の一部です。
「社会学」を含む「ワンダーラスト」の記事については、「ワンダーラスト」の概要を参照ください。


社会学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/11 03:32 UTC 版)

一般システム理論」の記事における「社会学」の解説

詳細は「社会システム論を参照 システム理論は又、社会学の中で展開された。この分野で最も広く引用され学者ニクラス・ルーマンである(Luhmann 1994を参照)しかし、(Sociocyberneticsに焦点を合わせる国際社会学的な協会調査委員会51(Research Committee 51)メンバーのような若干他の人たちがそれが主に社会運営操作する論じられるSociocyberneticsフィードバックループ識別しようと努めた主として教育エリア行われた研究ベースにして、Raven1995)が、例えば、首尾一貫して善意行われた公共の行動傷つけて、そして絶滅向かって急激に増加する率において、現在我々の種を率いているのはこれらの sociocybernetic プロセスであると論じた。(持続可能性見よ) 彼はこれらのシステムプロセスの理解が我々に - すなわち、違っていることのために惑星破壊止めるために必要とされる一種の常識ではない)の目標定められた仲裁生み出すことを許すであろうことを提案する

※この「社会学」の解説は、「一般システム理論」の解説の一部です。
「社会学」を含む「一般システム理論」の記事については、「一般システム理論」の概要を参照ください。


社会学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/21 14:58 UTC 版)

ヘルムート・プレスナー」の記事における「社会学」の解説

戦後ドイツにおいてはプレスナー哲学者としてよりはむしろ社会学者としての名が通用していた。『共同体限界社会的急進主義批判』『ドイツロマン主義ナチズム遅れてきた国民に代表される社会哲学的な研究知られる第一次世界大戦敗北挫折経たドイツにおいて、理想的な共同体に関する思想民族主義ファシズム(または共産主義というかたちで展開・政治化されていく状況批判している。

※この「社会学」の解説は、「ヘルムート・プレスナー」の解説の一部です。
「社会学」を含む「ヘルムート・プレスナー」の記事については、「ヘルムート・プレスナー」の概要を参照ください。


社会学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/12 08:32 UTC 版)

オーギュスト・コント」の記事における「社会学」の解説

オーギュスト・コントは、「予見するために観察する予知するために予見する」(フランス語: Voir pour prévoir, prévoir pour prévenir.)の名言広く親しまれている社会学の創始者である。その思想は、ニコラ・ド・コンドルセの『人間精神進歩歴史』で描かれ進歩思想と同様見解採用している。 コントによると、数学天文学物理学化学生物学進んだ精神の歴史は、社会学で完結していく。社会学は「実証哲学」(フランス語: Philosophie Positive)の全体系を集約する学的領域として位置づけられた。コント市民社会危機克服する政治・経済学問的知識含めてこれから社会の姿を予見し、これを予知し、諸現象実証する社会動学フランス語: Dynamique sociale)と、現在の社会分析するための社会静学フランス語: Statique social)とを社会学の構成要素として提示し双方からのアプローチ研究の基礎置いた教育学にも重要性をおき、実証主義教育及び教育組織社会的再構成のための有力な手段として重視したフランス革命後市民社会危機克服目途とし、現代社会分析実証により、再組織原理確立つとめた知的要素重点をおき、主観的要素社会動かすことに着目し、この両者相反する動力学社会遷移させるものであるとの帰結から、実証主義的教育論重要性認知し、自ら、工芸協会フランス語: Association Polytechnique)を設立し一般労働者向けの天文学講義18年継続して運営した無産者教育の実践社会進歩理念思想家として社会科学的分析実証主義によって行い、社会学の創始者のみならず広義の哲学者として実践的な活動の裏づけをともなう業績から、のちのカール・マルクス与えた影響は、社会学の域を超え思想家として巨匠として後世多大の影響残している。

※この「社会学」の解説は、「オーギュスト・コント」の解説の一部です。
「社会学」を含む「オーギュスト・コント」の記事については、「オーギュスト・コント」の概要を参照ください。


社会学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/10 10:11 UTC 版)

羨望」の記事における「社会学」の解説

人間行動における羨望その影響説明する一つ理論社会進化論である。チャールズ・ダーウィン自然選択説に基づき社会進化論人間個体生存再生産強化するように行動する予想するこれによってこの理論例え羨望のような社会的行動を、生物生存再生産動機づけられたものとして理解する枠組み提供する近年の研究では羨望認知機能記憶強化影響することが示されている。

※この「社会学」の解説は、「羨望」の解説の一部です。
「社会学」を含む「羨望」の記事については、「羨望」の概要を参照ください。


社会学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/20 09:58 UTC 版)

行為論」の記事における「社会学」の解説

社会的行為」および「相互行為」も参照 行為論 (社会学)(英語版) - 主にタルコット・パーソンズ論じた

※この「社会学」の解説は、「行為論」の解説の一部です。
「社会学」を含む「行為論」の記事については、「行為論」の概要を参照ください。


社会学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 09:15 UTC 版)

オートノミー」の記事における「社会学」の解説

知識社会学一般におけるオートノミーコンセプトはオートノミーにおける境界などについての議論があり、その相対的な意味以上の合意得られている段階ではないとされている。

※この「社会学」の解説は、「オートノミー」の解説の一部です。
「社会学」を含む「オートノミー」の記事については、「オートノミー」の概要を参照ください。


社会学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/13 05:45 UTC 版)

性別記号」の記事における「社会学」の解説

詳細は「トイレの記号を参照 性別記号ピクトグラム公衆便所を表す記号としてよく用いられるDOTピクトグラム標準記号 イギリス標識イギリス標識記号UnicodeJIS X 0213文字参照名称🚹 U+1F6B9 - 🚹🚹 MENS SYMBOLSoftBank絵文字) 🚺 U+1F6BA - 🚺🚺 WOMENS SYMBOLSoftBank絵文字) 🚻 U+1F6BB - 🚻🚻 RESTROOMiモード絵文字EZweb絵文字SoftBank絵文字

※この「社会学」の解説は、「性別記号」の解説の一部です。
「社会学」を含む「性別記号」の記事については、「性別記号」の概要を参照ください。


社会学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/17 09:08 UTC 版)

機能」の記事における「社会学」の解説

社会学において、「機能」はあるシステム目的に対し何らかのかたちで貢献するか否かという視点から捉えたシステム全体または一部作用をさす[要出典]。

※この「社会学」の解説は、「機能」の解説の一部です。
「社会学」を含む「機能」の記事については、「機能」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「社会学」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

社会学

出典:『Wiktionary』 (2021/08/07 00:49 UTC 版)

名詞

社会 しゃかいがく

  1. 社会調査統計分析などの手法通し様々社会現象実態因果関係などを研究する学問

発音(?)

しゃ↗か↘いがく

翻訳


「社会学」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



社会学と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

社会学のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



社会学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの社会学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのポストモダニティ (改訂履歴)、ワンダーラスト (改訂履歴)、一般システム理論 (改訂履歴)、ヘルムート・プレスナー (改訂履歴)、オーギュスト・コント (改訂履歴)、羨望 (改訂履歴)、行為論 (改訂履歴)、オートノミー (改訂履歴)、性別記号 (改訂履歴)、機能 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの社会学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS