機能主義_(社会学)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 機能主義_(社会学)の意味・解説 

機能主義 (社会学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/30 03:23 UTC 版)

機能主義(きのうしゅぎ、: functionalism)は、社会的諸部分によるある事象を、それ以外の事象ないしより上位の社会的全体に対して何らかのかたちで貢献するか否かという視点から捉え、評価し解釈する方法論的アプローチである。パーソンズに始まる社会システム論構造機能主義)、ロバート・マートンの中範囲理論、G.H.ミードに発するシンボリック相互作用論、ピーター・ブラウらの社会的交換理論を総称して「機能主義社会学」と呼ばれることも多い。機能(function)概念は、関数(function)の意も併せ持つ。カッシーラーによって「実体概念」から「関数概念」へと学問的展開がたどられ、機能と関数は科学史上共通の基盤をもつものとみなされた[1]


  1. ^ 碓井
  2. ^ アバークロンビー/ヒル/ターナー
  3. ^ アバークロンビー/ヒル/ターナー
  4. ^ アバークロンビー/ヒル/ターナー
  5. ^ アンソニー・ギデンズ


「機能主義 (社会学)」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「機能主義_(社会学)」の関連用語

機能主義_(社会学)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



機能主義_(社会学)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの機能主義 (社会学) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS