一般システム理論とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 主義・方式 > 学問 > 学問 > 一般システム理論の意味・解説 

いっ ぱんシステムりろん [9] 【一般システム理論】

あらゆるシステムに共通し特徴理論的抽出し体系化ようとする考え方。ベルタランフィー・ボールディングらによって試みられた。

システム理論

(一般システム理論 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/09 00:38 UTC 版)

システム理論(system theory)は、現象のマクロな挙動を直接的にモデル化して扱う手法の体系のことである。1950年代に提唱者のルートヴィヒ・フォン・ベルタランフィを中心として、アナトール・ラポポートケネス・E・ボールディングウィリアム・ロス・アシュビーマーガレット・ミードグレゴリー・ベイトソンらが集まった「メイシー会議」で初めて正式な学術分野として承認された。


  1. ^ Laszlo, Ervin.(1996)The Systems View of the World. Hampton Press, NJ. ( ISBN 1-57273-053-6.
  2. ^ http://projects.isss.org/Main/PerspectivesOnGeneralSystemTheory
  3. ^ von Bertalanffy, Ludwig, (1974) Perspectives on General System Theory Edited by Edgar Taschdjian. George Braziller, New York


「システム理論」の続きの解説一覧



一般システム理論と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「一般システム理論」の関連用語

一般システム理論のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



一般システム理論のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシステム理論 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS