データベースとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > コンピュータ > データベース > データベースの意味・解説 

データベース【database】

読み方:でーたべーす

コンピューターで、関連し合うデータ収集整理して検索更新効率化したファイルDB

データバンク」に同じ。


データベース

【英】database

コンピュータ用語必要な時アクセスできるように共通のプール(あるいはダムとしての大容量記憶装置保存されているデータ集合アプリケーションはデータベースをつくる時につくられるのではなく、どんなアプリケーションにも適合できるようにデータ・プールが使えるような設計思想データプログラム分離してアプリケーション適用業務)を実行する事前に業務別にデータプログラム設計してしまう伝統的なファイルシステムとは異なる。データベースはレコードフィールド分かれている。例えば、顧客データベースでは、レコードはある一人顧客すべての情報であり、フィールドはその顧客の名前とか住所どのひとつを指す言葉である。フィールド属性ということが多い。データベースのベースは、武器弾薬ベースキャンプからきている言同義語に、データウエアハウスがある。データウエアハウスという用語はデータ倉庫ウエアハウスという意味由来顧客データ取り扱目的は、マーケティングであり、マーケティングそのものは、財務管理給与計算のように一定のルールがあるわけではなく時流にあわせてデータ分析されるので、データベースが必須条件になる。マーケティング情報システムマーケティング・データベース表現されている。データベース・マーケティング区分して表現する用語。

データベース

【英】datebase

多目的に活用することが可能なデータ集合。データベースには二種類あり、ひとつはリファレンス・データベースで、原情報圧縮したり、一層詳細な情報を参照させたりするもの。もうひとつはソース・データベース、もしくはデータバンク呼ばれるもので、直接活用できるデータ集積である。

テクニカルエンジニア(データベース)

資格区分 国家資格
資格概要取得方法 データベースシステムとは、さまざまな情報データ化して一元管理するとともにネットワークを通じて複数ユーザーそれらの情報検索できるシステムです。情報処理技術者テクニカルエンジニア(データベース)は、データベースを計画・設計構築運用管理する上で必要なスキルを持つことを認定する資格です。 企業内でデータベースを活用するケース多岐に渡ります。例えば、社内集められた情報企業意思決定経営戦略役立てたり、あるいは顧客情報蓄積して整理分析するといったマーケティング面にも利用されています。 またインターネット普及したことで、広く一般にデータベースを提供するサービス拡大してます。ニュース辞書類掲載されている内容書籍雑誌鉄道時刻地図情報などさまざまです。 データベースの利用方法多種多様化する中、この資格を生かす場も大きく広がっていくことでしょう
受験資格 制限なし
受験料 5100円(税込み
合格率 7.6%(2005年度春期
試験日程 1回実施4月第3日曜日春期試験
試験会場 全国主要都市実施
問い合わせ先 情報処理技術者試験センター( http://www.jitec.jp/)

データベース

【英】database, DB

データベースとは、大量のデータ一定の規則に従って蓄積し一元的管理できるようにしたもののことである。

データベースを構築することによって、データ重複散逸防ぎ、ある項目に着目して特定のデータのみを取り出すといった、効率的なデータ利用可能になる簡単な住所録のようなものから、ファイルシステムまで、様々なものがデータベースに該当する

データベースの中でも、一つデータカラム(列)とレコード(行)によって整理しテーブル(表)の中に配置した形式のデータベースはリレーショナルデータベースRDB)と呼ばれ近年主流のデータベース形式となっている。リレーショナルデータベース他にもデータデータの手続き一体化してオブジェクトとして)扱うオブジェクトデータベースや、XML文書を格納しデータベースとして活用するXMLデータベースなどがある。

データベース内のデータ操作保守管理は、データベース管理システムDBMS)によって行われるリレーショナルデータベースの場合は特にリレーショナルデータベース管理システムRDBMS)と呼ばれている。

データベース管理システム代表的なものには以下のもの挙げることができる。リレーショナルデータベース管理システムとしては、Oracle社のOracleMicrosoft社のSQL ServerOSSとして配布されているMySQLPostgreSQLなどがある。オブジェクトデータベース管理システムとしてはCachéやObjectStoreが、XMLデータベース管理システムとしてはNeoCoreXMSThe Apache Software FoundationXindiceなどがある。


参照リンク
Oracle
Microsoft SQL Server
MySQL
PostgreSQL
Caché
NeoCoreXMS
Xindice - (英文
ソフトウェアのほかの用語一覧
データベース:  シソーラス  多次元OLAP  データウェアハウス  データベース  データベース言語  抽出  xBase

データベース

同義/類義語:データバンク
英訳・(英)同義/類義語:database, , Databases

データ一定のルールに従って集積し利用できるようにしたもの

データベース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/30 23:22 UTC 版)

コンピューティングにおいて、データベース: database)は、電子的に保存され、アクセスできる組織化されたデータの集合である。小規模なデータベースはファイルシステム上に保存されるが、大規模なデータベースはコンピュータ・クラスターまたはクラウド・ストレージ英語版で保存される。データベース設計に関わる分野は多岐にわたり、データ・モデリング英語版、効率的なデータ表現と保存、クエリ言語、機密データのセキュリティ英語版プライバシー同時アクセスフォールトトレランスのサポートを含む分散コンピューティングの課題など、形式技術と実用的な考慮事項に及ぶ。


  1. ^ この記事では、DB2リリース9単独で750人が関与した5年間の開発期間を引用している。(Chong et al. 2007)
  2. ^ 3層の分け方はいくつかの種類があり、次の説明は、外部-概念-内部の3層に分けているが、他にも概念-論理-物理の3層に分けた説明もある。
  1. ^ Ullman & Widom 1997, p. 1.
  2. ^ Update – Definition of update by Merriam-Webster”. merriam-webster.com. 2022年8月14日閲覧。
  3. ^ Retrieval – Definition of retrieval by Merriam-Webster”. merriam-webster.com. 2022年8月14日閲覧。
  4. ^ Administration – Definition of administration by Merriam-Webster”. merriam-webster.com. 2022年8月14日閲覧。
  5. ^ Tsitchizris & Lochovsky 1982.
  6. ^ Beynon-Davies 2003.
  7. ^ Nelson & Nelson 2001.
  8. ^ Bachman 1973.
  9. ^ TOPDB Top Database index”. pypl.github.io. 2022年7月16日閲覧。
  10. ^ database, n”. OED Online. Oxford University Press (2013年6月). 2013年7月12日閲覧。 (要購読契約)
  11. ^ IBM Corporation (2013年10月). “IBM Information Management System (IMS) 13 Transaction and Database Servers delivers high performance and low total cost of ownership”. 2014年2月20日閲覧。
  12. ^ Codd 1970.
  13. ^ Hershey & Easthope 1972.
  14. ^ North 2010.
  15. ^ Childs 1968a.
  16. ^ Childs 1968b.
  17. ^ M.A. Kahn; D.L. Rumelhart; B.L. Bronson (October 1977). MICRO Information Management System (Version 5.0) Reference Manual. Institute of Labor and Industrial Relations (ILIR), University of Michigan and Wayne State University. https://docs.google.com/viewer?a=v&pid=explorer&chrome=true&srcid=0B4t_NX-QeWDYZGMwOTRmOTItZTg2Zi00YmJkLTg4MTktN2E4MWU0YmZlMjE3 
  18. ^ Oracle 30th Anniversary Timeline”. 2017年8月23日閲覧。
  19. ^ Interview with Wayne Ratliff. The FoxPro History. Retrieved on 2013-07-12.
  20. ^ Development of an object-oriented DBMS; Portland, Oregon, United States; Pages: 472–482; 1986; ISBN 0-89791-204-7
  21. ^ 斎藤, 謙一郎「航空予約システムとその動向」『電気学会誌』第123巻第6号、2003年、 352頁、 doi:10.1541/ieejjournal.123.349ISSN 1881-4190
  22. ^ Graves, Steve. "COTS Databases For Embedded Systems" Archived 2007-11-14 at the Wayback Machine., Embedded Computing Design magazine, January 2007. Retrieved on August 13, 2008.
  23. ^ Argumentation in Artificial Intelligence by Iyad Rahwan, Guillermo R. Simari
  24. ^ OWL DL Semantics”. 2010年12月10日閲覧。
  25. ^ Connolly & Begg 2014, p. 64.
  26. ^ Connolly & Begg 2014, pp. 97–102.
  27. ^ Connolly & Begg 2014, p. 102.
  28. ^ Connolly & Begg 2014, pp. 106–113.
  29. ^ Connolly & Begg 2014, p. 65.
  30. ^ Chapple 2005.
  31. ^ Structured Query Language (SQL)”. International Business Machines (2006年10月27日). 2007年6月10日閲覧。
  32. ^ Wagner 2010.
  33. ^ Ramalho, José Carlos; Faria, Luis; Silva, Hélder; Coutada, Miguel (2014). Database Preservation Toolkit: a flexible tool to normalize and give access to databases. Biblioteca Nacional de Portugal (BNP). hdl:1822/35183. ISBN 978-972-565-541-2. https://repositorium.sdum.uminho.pt/handle/1822/35183. 
  34. ^ David Y. Chan; Victoria Chiu; Miklos A. Vasarhelyi (2018). Continuous auditing : theory and application (1st ed.). Bingley, UK. ISBN 978-1-78743-413-4. OCLC 1029759767 
  35. ^ Halder & Cortesi 2011.
  36. ^ Ben Linders (2016年1月28日). “How Database Administration Fits into DevOps”. 2017年4月15日閲覧。
  37. ^ a b itl.nist.gov (1993) Integration Definition for Information Modeling (IDEFIX) Archived 2013-12-03 at the Wayback Machine.. 21 December 1993.
  38. ^ a b Date 2003, pp. 31–32.



データベース(Base)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/27 06:37 UTC 版)

OpenOffice.org」の記事における「データベース(Base)」の解説

データベース機能関係データベース対応しているBaseOpenOffice.org 2.0から登場した機能である。もっとも、その元となるデータベース機能データソース)は1.0当時から存在していたが、ユーザーから「Microsoft Accessのようなデータベース機能はないのか」という要望強く分かりやすいように機能として独立させるとともに強化図られものである他のデータベースソフトに比べ他形式での出入機能不十分であるが、その代わりワープロ機能や表計算機能との連携密である。 最も標準的使用するのはHSQLDBであるが、そのほかに次の形式などに対応しているOracle Database, MySQL, Microsoft SQL ServerJDBC, ODBC経由), dBASE, Microsoft Access, Adabas D, Excel, テキストファイル, MozillaWindowsアドレス帳, Apache Derby

※この「データベース(Base)」の解説は、「OpenOffice.org」の解説の一部です。
「データベース(Base)」を含む「OpenOffice.org」の記事については、「OpenOffice.org」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「データベース」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「データベース」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



データベースと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「データベース」の関連用語

データベースのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



データベースのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2022by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2022by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
フジスタッフフジスタッフ
Copyright © Fuji Staff, Inc. All rights reserved.
フジスタッフ資格大辞典
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリデータベースの記事を利用しております。
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2022 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2022 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのデータベース (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのOpenOffice.org (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのデータベース (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS