意味ネットワークとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 意味ネットワークの意味・解説 

いみ‐ネットワーク【意味ネットワーク】

単語概念を、それぞれが意味する関連性有無強弱によって結びつけ、グラフしたもの。ある二つ単語共通点があるかどうか同一概念に属しているかなどを定義づけることで、意味を直接理解しないコンピューターでも形式的言語の処理が可能となる。人工知能における推論、および自然言語処理機械翻訳分野で用いられる。セマンティックネットワーク


意味ネットワーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/02 09:51 UTC 版)

意味ネットワーク(いみねっとわーく、: semantic network, : frame network)は人間記憶の一種である意味記憶の構造を表すためのモデルである。


  1. ^ Robert F. Simmons (1963). “Synthetic language behavior”. Data Processing Management 5 (12): 11–18. 
  2. ^ Quillian, R. A notation for representing conceptual information: An application to semantics and mechanical English para- phrasing. SP-1395, System Development Corporation, Santa Monica, 1963.
  3. ^ Allan M. Collins; M. R. Quillian (1969). “Retrieval time from semantic memory”. Journal of verbal learning and verbal behavior 8 (2): 240–247. doi:10.1016/S0022-5371(69)80069-1. 
  4. ^ Allan M. Collins; M. Ross Quillian (1970). “Does category size affect categorization time?”. Journal of verbal learning and verbal behavior 9 (4): 432–438. doi:10.1016/S0022-5371(70)80084-6. 
  5. ^ Allan M. Collins; Elizabeth F. Loftus (1975). “A spreading-activation theory of semantic processing”. Psychological Review 82: 407–428. doi:10.1037/0033-295x.82.6.407. 
  6. ^ Quillian, M. R. (1967). Word concepts: A theory and simulation of some basic semantic capabilities. Behavioral Science, 12(5), 410-430.
  7. ^ Quillian, M. R. (1968). Semantic memory. Semantic information processing, 227–270.
  8. ^ Quillian, M. R. (1969). “The teachable language comprehender: a simulation program and theory of language”. Communications of the ACM 12 (8): 459–476. doi:10.1145/363196.363214. 
  9. ^ Quillian, R. Semantic Memory. Unpublished doctoral dissertation, Carnegie Institute of Technology, 1966.
  10. ^ Van de Riet, R. P. (1992). Linguistic Instruments in Knowledge Engineering. Elsevier Science Publishers. p. 98. ISBN 0444883940. http://www.stokman.org/artikel/92Jame.KnowGraphs.LIKE.pdf. 
  11. ^ Hulpus, Ioana; Prangnawarat, Narumol (2015). “Path-Based Semantic Relatedness on Linked Data and Its Use to Word and Entity Disambiguation”. International Semantic Web Conference 2015. Springer International Publishing. pp. 444. https://books.google.com/books?id=15PDCgAAQBAJ&pg=PA444 
  12. ^ What is a Knowledge Graph?” (2016年4月). 2016年6月15日閲覧。 “"usage [of the term 'knowledge graph'] has evolved"”


「意味ネットワーク」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「意味ネットワーク」の関連用語

意味ネットワークのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



意味ネットワークのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの意味ネットワーク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS