分類とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 論理 > 論理学 > 分類の意味・解説 

ぶん‐るい【分類】

読み方:ぶんるい

[名](スル)事物その種類・性質系統などに従って分けること。同類のものをまとめ、いくつかの集まり区分すること。類別。「五十音順に―する」「―表」


分類

多数商品を扱う小売業では、特に、商品分類し数値管理していく必要がある。どの単位分類するか、なにを管理するかに、明確に定められている企業は分類が明確になっている。分類は整理のひとつの手がかりであり、店の個性表現であり、従業員能力を高める手段であり、キメ細か管理実現する方法であり、問題見を助け手がかり小売業における分類体系は、大きく3つ分かれるマーチャンダイジング分類、マーケティング分類、管理分類の3つである。マーチャンダイジング分類は、商品の分類で品群品種品目集合単品絶対単品区分されるマーケティング分類は顧客ニーズを探る分類でクラス・サブクラスに分類される管理分類は売上利益管理単位いわゆる組織分類で部門・課・係などに分類される。この3つ上手く機能することによってPOS得られたデータ有効に利用できるうになる

分類

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/11 05:30 UTC 版)

分類(ぶんるい、: classification)とは、


  1. ^ a b 大辞林「分類」
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 緑川信之、「分類をみつめなおす:区分原理に注目して」『情報の科学と技術』 2016年 66巻 6号 p.254-259, doi:10.18919/jkg.66.6_254, 情報科学技術協会
  3. ^ en:Michael W. Friedlander(1995年)At the Fringes of Science(マイケル・フリードランダー『きわどい科学 ウソとマコトの境域を探る』)



分類(進化マーク)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 23:40 UTC 版)

ポケモンカードゲーム」の記事における「分類(進化マーク)」の解説

ポケモンのカード手札から場に出す方法による区分BWシリーズ以降公式的には進化マークと呼ぶが、誤解生じるため、本項目においては「分類」という呼称統一する。「たね」「1進化」「2進化」などと記されている。ポケモン名の下あたりには、例えば「ハリマロンから進化」などと具体的な方法明記されている。分類が同じならば、場に出す方法同様である詳しくは#ポケモンのカードを参照

※この「分類(進化マーク)」の解説は、「ポケモンカードゲーム」の解説の一部です。
「分類(進化マーク)」を含む「ポケモンカードゲーム」の記事については、「ポケモンカードゲーム」の概要を参照ください。


分類(2006年時点)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/18 20:41 UTC 版)

真骨類」の記事における「分類(2006年時点)」の解説

以下、亜区および上目リスト。なお、分類体系Nelson の分類による。 アロワナ上目(オステオグロッスム亜区) Osteoglossomorpha カライワシ上目カライワシ亜区) Elopomorpha 骨鰾亜区 Ostarioclupeomorphaニシン上目 Clupeomorpha 骨鰾上目 Ostariophysi 正真骨亜区 Euteleostei原棘鰭上目 Protacanthopterygii上目 Stenopterygii Ateleopodomorpha 円鱗上目 Cyclosquamata 上目 Scopelomorpha アカマンボウ上目 Lampridiomorpha ギンメダイ上目 Polymixiomorpha 擬棘上目側棘鰭上目Paracanthopterygii 棘鰭上目 Acanthopterygii

※この「分類(2006年時点)」の解説は、「真骨類」の解説の一部です。
「分類(2006年時点)」を含む「真骨類」の記事については、「真骨類」の概要を参照ください。


分類(主な種類)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 03:22 UTC 版)

寄生バチ」の記事における「分類(主な種類)」の解説

コバチコバチ#概要を参照ツチバチ科主にコガネムシ上科幼虫寄生する交尾済ませたメスは土や朽ち木潜り込んでコガネムシ幼虫見つけて産卵する。卵から孵った幼虫コガネムシ幼虫食べて育ち成虫になると土や朽ち木から出てくる。 コマユバチ科主にチョウ目幼虫寄生するウマノオバチシロスジカミキリクワガタムシキバチ幼虫)。交尾済ませたメスは、宿主幼虫大量に卵を産み付けるウマノオバチ一つのみ)。卵から孵った幼虫宿主幼虫食べて育つ。大きく育つと宿主幼虫死骸から出て繭を作りになる。代表的な種に、アオムシサムライコマユバチウマノオバチがいる。 ヒメバチ科主にチョウ目幼虫寄生する交尾済ませたメスは、宿主幼虫に卵を産み付ける。卵から孵ると、宿主幼虫死なない程度宿主の体を食べて育つ。宿主になると中身をすべて食べた後、になる。やがて羽化した後、空になったの殻に穴を開けて出てくる。

※この「分類(主な種類)」の解説は、「寄生バチ」の解説の一部です。
「分類(主な種類)」を含む「寄生バチ」の記事については、「寄生バチ」の概要を参照ください。


分類(属まで)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/29 05:23 UTC 版)

柑橘類」の記事における「分類(属まで)」の解説

Swingle & Reece (1967)の分類を示す。なお、あくまで分類の図示であり、必ずしも系統反映していない。 ミカン科ミカン亜科ワンピ連 Clauseneae : 5属(略) ※非単系統 ミカン連(カンキツ連)Citreae/Aurantieaeトリファシア亜連 Triphasiinae : 8属(略) バルサモシトラス亜連 Balsamocitrinae : 7属(略) ※非単系統 ミカン亜連カンキツ亜連)Citrinae (citrus fruit tree) ※非単系統原始カンキツ類 (primitive citrus fruit tree) ※非単系統セベリニア属 Severinia プレイオスペルミウム属 Pleiospermium ブルキランサス属 Burkillanthus リムノシトラス属 Limnocitrus ヘスペレスーサ属 Hesperethusa 近縁カンキツ類 (near citrus fruit tree) ※非単系統シトロプシス属 Citropsis アタランティア属 Atalantia 真正カンキツ類 (true citrus fruit tree) : 最も広義(6属)の「柑橘類」エレモシトラス属 Eremocitrus ミクロシトラス属 Microcitrus クリメニア属 Clymenia : これ以降広義(4属)の「柑橘類キンカン属 Fortunella : これ以降狭義(3属)の「柑橘類カラタチ属 Poncirus ミカン属カンキツ属) Citrus : 最も狭義の「柑橘類ミカン連には、ミカン属キンカン属カラタチ属など、約28属(属数は分類により増減する)が含まれる商業的に重要な種類は、ほとんどミカン属含まれる狭義柑橘類含められるキンカン属カラタチ属は、ミカン属含める説があり、Penjor et al. (2014)の分子系統もそれを支持する。ただし Lu et al. (2011)の分子系統は、カラタチ属は真正カンキツ類の中で最初に分岐したとする。 さらに最も広義には、エレモシトラス属・ミクロシトラス属までもをミカン属含める説がある。しかし、この2属は互いに近縁なものの、ミカン属からは比較的(クリメニア属と同程度それよりも)遠い。

※この「分類(属まで)」の解説は、「柑橘類」の解説の一部です。
「分類(属まで)」を含む「柑橘類」の記事については、「柑橘類」の概要を参照ください。


分類 (1)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 08:02 UTC 版)

アンモナイト」の記事における「分類 (1)」の解説

頭足綱オウムガイ亜綱アンモナイト亜綱・鞘形亜綱の3亜綱大別する頭足綱 Cephalopodaオウムガイ亜綱 Nautiloidea :現生オウムガイ属(genus Nautilusノーチラス属〉)のみ。 †アンモナイト亜綱 Ammonoidea 鞘形亜綱 Coleoidea :イカコウモリダコタコを含む。

※この「分類 (1)」の解説は、「アンモナイト」の解説の一部です。
「分類 (1)」を含む「アンモナイト」の記事については、「アンモナイト」の概要を参照ください。


分類 (2)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 08:02 UTC 版)

アンモナイト」の記事における「分類 (2)」の解説

頭足綱オウムガイ亜綱と新頭足亜綱の2亜綱大別し、新頭足亜綱アンモナイト類と鞘形類(絶滅したベレムナイト類、および、現生イカコウモリダコタコを含む)に二分する頭足綱 Cephalopodaオウムガイ亜綱 Nautiloidea 新頭足亜綱アンモナイト類 Ammonoidea 鞘形類 Coleoidea

※この「分類 (2)」の解説は、「アンモナイト」の解説の一部です。
「分類 (2)」を含む「アンモナイト」の記事については、「アンモナイト」の概要を参照ください。


分類 (3)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 08:02 UTC 版)

アンモナイト」の記事における「分類 (3)」の解説

頭足綱を四亜綱と二亜綱の2亜綱大別しオウムガイ類とアンモナイト類前者下位に、現生を含む全ての鞘形類を後者下位に置く。 四亜綱 Tetrabranchia :巻き貝類に似た殻を持つ。足は多数触手になっているオウムガイ目 Nautiloida †アンモナイト目 Ammonoida 二亜綱 Dibranchiata鞘形類 Coleoidea

※この「分類 (3)」の解説は、「アンモナイト」の解説の一部です。
「分類 (3)」を含む「アンモナイト」の記事については、「アンモナイト」の概要を参照ください。


分類 (1)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 08:02 UTC 版)

アンモナイト」の記事における「分類 (1)」の解説

バクトリテス目をアンモナイト亜綱始原一群とする説基づく。アンモナイト亜綱を、バクトリテス目からアンモナイト目に至る7目4亜目に分類。 †アンモナイト亜綱アンモノイド類Ammonoidea†バクトリテス目 Bactritida :オルドビス紀末期- 三畳紀中期。直錐形の殻。オウムガイ亜綱-オルソセラス目(la:オルトケラス目)のスフェオルソセラス(la:スファエルオルトケラス、Sphaerorthoceras)からの分化。 †アナルセステス目(la:アナルケステス目、別名:アゴニアタイト目) Anarcestida (Agoniatitida) :デボン紀中期- 末。やや螺旋状の殻。 †ゴニアタイト目 Goniatitida :デボン紀末期- ペルム紀末。完全な螺旋状の殻。クリメニア目とプロレカニテス目の共通祖先。 †クリメニア目 Clymeniida :デボン紀末期- 末。 †プロレカニテス目 Prolecanitida :石炭紀初頭- 三畳紀後期。セラタイト目の祖先。 †セラタイト目 Ceratitida :ペルム紀中期- 三畳紀末。アンモナイト目祖先。 †アンモナイト目狭義アンモナイト類Ammonitida三畳紀前期- 白亜紀末。†フィロセラス亜目la:フィロケラス亜目) Phylloceratina :三畳紀前期- 白亜紀末。保守的形態。 †アンモナイト亜目 Ammonitina :三畳紀後期- 白亜紀末。 †リトセラス亜目la:リトケラス亜目) Lytoceratina :ジュラ紀後期- 白亜紀末。保守的形態。 †アンキロセラス亜目la:アンキロケラス亜目Ancyloceratinaジュラ紀前期- 白亜紀末。異常巻きアンモナイト類い

※この「分類 (1)」の解説は、「アンモナイト」の解説の一部です。
「分類 (1)」を含む「アンモナイト」の記事については、「アンモナイト」の概要を参照ください。


分類 (2)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 08:02 UTC 版)

アンモナイト」の記事における「分類 (2)」の解説

バクトリテス目をアンモナイト亜綱先行するものとして除外しオウムガイ亜綱分類する説に基づく。アナルセステス類をもってアンモナイト亜綱出現とする。このほかにも、アンモナイト亜目アンモナイト亜目とペリスフィンクタス亜目 (Perisphinctina) に二分する説もある。 †アンモナイト亜綱アンモノイド類Ammonoideaゴニアタイト目 Goniatitida†アナルセステス亜目 Anarcestina †ゴニアタイト亜目 Goniatitina †クリメニア亜目 Clymeniina †セラタイト目 Ceratitida†プロレカニテス亜目 Prolecanitina †セラタイト亜目 Ceratitina †アンモナイト目狭義アンモナイト類Ammonitidaフィロセラス亜目 Phylloceratina †アンモナイト亜目 Ammonitina †リトセラス亜目 Lytoceratina †アンキロセラス亜目 Ancyloceratina

※この「分類 (2)」の解説は、「アンモナイト」の解説の一部です。
「分類 (2)」を含む「アンモナイト」の記事については、「アンモナイト」の概要を参照ください。


分類(種)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/03/20 10:55 UTC 版)

メタノスパエラ属」の記事における「分類(種)」の解説

メタノスパエラ・スタドトマナエ Methanosphaera stadtmanae 本属基準種1985年ヒト大腸り発見された。ヒト腸内生息する古細菌としてはMethanobrevibacter smithiiに次ぐ代表的な種である。 メタノスパエラ・クニクリ Methanosphaera cuniculi 1990年ウサギ大腸り発見された。

※この「分類(種)」の解説は、「メタノスパエラ属」の解説の一部です。
「分類(種)」を含む「メタノスパエラ属」の記事については、「メタノスパエラ属」の概要を参照ください。


分類(2006年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/24 09:17 UTC 版)

新鰭類」の記事における「分類(2006年)」の解説

新鰭類そのもの単系統性広く認められているが、内部系統関係については現在も議論が多い。本稿ではNelson2006)によりまとめられた分体系を示すが、詳細に関しては研究者間での異同大きい。従来体系ではガー目アミア目一つ単系統群とみなし全骨類(全骨下綱、Holostei)と呼んでいたが、2005年には両者新鰭類含まれNelsonアミア目および関連する絶滅目を真骨類姉妹群として扱っている。 Halecostomi†Macrosemiiformes 目 (絶滅ジュラ紀から白亜紀にかけて繁栄した。Macrosemiidae 科のみを含む。 †Semionotiformes 目 (絶滅現生ガー目との類縁関係指摘され両者統合して扱われることもある。Dapediidae 科・Semionotidae 科の2科を含み後者ペルム紀後期出現した古いグループである。 ガー目 Lepisosteiformes †Pycnodontiformes 目 (絶滅三畳紀前期から始新世後期まで、テチス海その周辺海域繁栄した一群イタリア北部Monte Bolca、ドイツ南部Solnhofenなどが主な化石産地となっている。Pycnodontidae 科など8科が知られる。 Halecomorphiアミア目2つ絶滅目、および残るすべての魚類真骨類)が含まれるアミア目 Amiiformes †Aspidorhynchiformes 目 (絶滅)Aspidorhynchidae 科のみ1科3属を含みジュラ紀前期から白亜紀にかけて地層から出土している。骨格上の特徴から、真骨類含めるべきとの見解もある。 †Pachycormiformes 目 (絶滅)Pachycormidae 科のみが所属し少なくとも8属が知られるジュラ紀から白亜紀前期にかけて繁栄した真骨類正真骨区) Teleostei40目448科4,278属の下に26,840現生種を含み条鰭類魚類大部分が所属す分類群である。下位には13の上目のほか、系統的位置付け不明でいずれの上目にも属さない3つの絶滅群(Pholidophoriformes 目・Leptolepidiformes 目・Tselfatiiformes 目)が含まれるアロワナ上目下の詳細、および下位絶滅群については、それぞれの目を参照のこと。 †Pholidophoriformes 目 (絶滅)Pholidophoridae 科など5科で構成される多系統群考えられており、所属魚類一部は Leptolepidiformes 目と同じ共通祖先をもつとみられる。 †Leptolepidiformes 目 (絶滅)Leptolepididae 科のみが所属する。三畳紀から白亜紀にかけて存在したおそらくは海産グループ。 †Tselfatiiformes 目 (絶滅白亜紀地層から産する絶滅群で、Tselfatiidae 科など3科が知られる体高高く、口は前上顎骨主上顎骨によって縁取られ口蓋骨に歯をもつ。背鰭基底長く胸鰭体の高い位置にある。尾鰭大きく二又分かれ、主鰭条18本。ほとんどのは分しない。 アロワナ上目 Osteoglossomorpha カライワシ上目 Elopomorpha ニシン上目 Clupeomorpha 骨鰾上目 Ostariophysi 原棘鰭上目 Protacanthopterygii上目 Stenopterygii シャチブリ上目 Ateleopodomorpha 円鱗上目 Cyclosquamata 上目 Scopelomorpha アカマンボウ上目 Lampriomorpha ギンメダイ上目 Polymixiomorpha 側棘鰭上目擬棘上目Paracanthopterygii 棘鰭上目 Acanthopterygii

※この「分類(2006年)」の解説は、「新鰭類」の解説の一部です。
「分類(2006年)」を含む「新鰭類」の記事については、「新鰭類」の概要を参照ください。


分類(亜族と属)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/19 08:18 UTC 版)

マダラチョウ族」の記事における「分類(亜族と属)」の解説

和名は徳重, & 福崎 (2021)による。 Danaina亜族 Boisduval, [1833] Amauris シロモンマダラ属 – clerics Danaus カバマダラ属 – monarchs, queens and tigers - カバマダラスジグロカバマダラ、スジグロシロマダラ(Danaus melanippus)、オオカバマダラジョオウマダラなど Ideopsis リュウキュウアサギマダラ属 – glassy tigers, Southeast Asian tree- and wood-nymphs - トガリアサギマダラ(Ideopsis juventa)、リュウキュウアサギマダラなど Parantica アサギマダラ属tigers - ヒメアサギマダラ(Parantica aglea)、ルソンアサギマダラ(Parantica luzonensis)、アサギマダラ、シロアサギマダラ(Parantica vitrina)など Tiradelphe – Schneider's surprise Tirumala コモンマダラ属 – blue tigers - ミナミコモンマダラ(Tirumala hamata)、ウスコモンマダラ(Tirumala limniace)、コモンマダラ(Tirumala septentrionis)など Euploeina亜族 Moore, [1880] Anetia ヒョウモンダマシ属 Euploea ルリマダラ属crows - マルバネルリマダラ、ミダムスルリマダラ(Euploea midamus)、ツマムラサキマダラ、シロモンルリマダラ(Euploea radamanthus)、クロイワマダラ(Euploea swainson)、ルリマダラ(Euploea sylvester)など Idea オオゴマダラ属 – tree nymphs, paper butterflies - オオゴマダラなど Lycorea トラフマダラ属 – mimic queens Protoploea – magpie butterfly

※この「分類(亜族と属)」の解説は、「マダラチョウ族」の解説の一部です。
「分類(亜族と属)」を含む「マダラチョウ族」の記事については、「マダラチョウ族」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「分類」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

分類

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 07:30 UTC 版)

名詞

ぶんるい

  1. 個々の事物をある基準によって種類別にわける事。

「分類」の例文・使い方・用例・文例




分類と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「分類」に関係したコラム

  • 株式上場企業の業種分類

    日本の株式上場企業は、東京証券取引所(東証)をはじめとする証券取引所の独自の基準により、業種別に分類されています。例えば、東京証券取引所(東証)の場合、業種分類は「業種別分類に関する取扱い要領」により...

  • 株式銘柄の分類一覧

    株式市場に上場している銘柄は、さまざまなタイプや条件に分類されます。上場している銘柄を分類することにより、そのグループの値動きの特徴をつかんだりすることができます。例えば、条件で分類する場合、時価総額...

  • FXのオシレーター系とトレンド系とは

    FX(外国為替証拠金取引)で用いられるテクニカル指標は、オシレーター系とトレンド系の2つに分類することができます。オシレーター系は、為替レートの売られすぎや買われすぎを調べる時に用いるテクニカル指標の...

  • 株式の株価水準による分類

    株式市場に上場している銘柄を分類する方法の1つに、株価水準が挙げられます。株価水準では、株価の高い、安いによって銘柄を分類します。一般的に株価水準では、次のように分類します。値がさ株(値嵩株)中位株低...

  • ETFを上場している企業の一覧

    ETFを上場するには、証券取引所の定める上場審査基準や適時開示基準、上場廃止基準といったさまざまな基準をクリアする必要があります。2012年9月現在、ETFを上場している企業は17社あります。上のグラ...

  • 株式の大型株とは

    東京証券取引所(東証)では、規模別株価指数の算出のために一部上場銘柄を大型株、中型株、小型株の3つに分類しています。その基準は、時価総額や株式の流動性などによって順位づけしたものになっています。大型株...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「分類」の関連用語

分類のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



分類のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2023by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの分類 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのポケモンカードゲーム (改訂履歴)、真骨類 (改訂履歴)、寄生バチ (改訂履歴)、柑橘類 (改訂履歴)、アンモナイト (改訂履歴)、メタノスパエラ属 (改訂履歴)、新鰭類 (改訂履歴)、マダラチョウ族 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの分類 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS