分派とは? わかりやすく解説

ぶん‐ぱ【分派】

読み方:ぶんぱ

[名](スル)

主となるものから分かれ出ること。また、分かれたもの。

阿蘇の―の一峰の右に」〈独歩忘れえぬ人々

主となる勢力から分かれて別に一派をなすこと。また、その一派。「―を立てる」

「分派」に似た言葉

セクト

(分派 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/31 02:28 UTC 版)

セクト (sect) は元来、それぞれの宗教から派生した「分派」のこと。一様には定義できないが、近年、宗教団体による深刻な社会問題がしばしば起こったことで、ヨーロッパの各国でも同様な法整備がなされたことから、セクトには「カルト」と関連する語として、社会的に警戒を要する団体という否定的な意味も加わった。日本では、「セクト」と「カルト」は、かなり異なる概念を表す[1]


  1. ^ 石井研士 2010, p. 128.
  2. ^ : Church
  3. ^ : denomination
  4. ^ : sect
  5. ^ 大貫隆; 名取四郎; 宮本久雄; 百瀬文晃岩波キリスト教辞典岩波書店、2002年6月10日。ISBN 4-00-080202-XISBN 978-4-00-080202-4 
  6. ^ 「カルト教団、本気で規制 仏国民議会、裁判所に解散命令権付与」『朝日新聞』 2001年6月1日付
  7. ^ 山口広 (著), 紀藤正樹 (著), 滝本太郎 (著) 『Q&A 宗教トラブル110番―しのびよるカルト』 民事法研究会、全訂増補版、2004年2月、ISBN 4-89628-186-1ISBN 978-4-89628-186-6
  8. ^ 山口広・中村周而・平田広志・紀藤正樹 『カルト宗教のトラブル対策』 教育史料出版会、2000年5月20日、ISBN 4-87652-381-9ISBN 978-4-87652-381-8
  9. ^ 古川利明 『カルトとしての創価学会=池田大作』 第三書館、2000年11月、ISBN 4-8074-0017-7ISBN 978-4-8074-0017-1
  10. ^  Bundestags-Drucksache 13/4132: Antwort der Bundesregierung auf die Kleine Anfrage Drucksache 13/3712 (1.Welche Gruppierungen zählt die Bundesregierung zu den sog. Jugendsekten oder Psychogruppen, und welche dieser Gruppierungen treten z.Z. verstärkt in Deutschland in Erscheinung?) AGPF(Aktion für Geistige und Psychische Freiheit; 精神的・心理的自由のためのアクション) 1996年3月15日 2009-9-19閲覧 "ドイツ連邦政府はすべての州と協力し、パンフレット"ドイツ連邦共和国のいわゆる新宗教と精神世界グループ"を作成した。以下のグループ、団体を含む:"(Die Bundesregierung hat in Kooperation mit allen Bundesländern den Entwurf einer Informationsbroschüre »Sogenannte Jugendsekten und Psychogruppen in der Bundesrepublik Deutschland« erarbeitet, in den u. a. die nachfolgenden Gruppierungen und Organisationen aufgenommen wurden:" "...サイエントロジー団体(創設者ロン・ハバートが純粋な経済志向と共に精神セクト性を少なくした), 創価学会 (仏教 »改革運動«),セレマ (新悪魔崇拝協会), ..."(...Scientology-Organisation (auf ihren Gründer L. Ron Hubbard zurückgehender Psychokult mit ausschließlich wirtschaftlicher Orientierung), Soka Gakkai (Buddhistische »Reformbewegung«), Thelema-Orden (Neosatanistische Vereinigung),...)
  11. ^ Enquête Parlementaire visant à élaborer une politique en vue de lutter contre les practiques illégales des sectes et le danger qu'elles représentent pour la société et pour les personnes, particulièrement les mineurs d'âge. Rapport fait au nom de la Commission d'enquête par MM. Duquesne et Willems. Partie II.[(和訳)セクトの不法行為、社会や人々、特に未成年者にとっての危険と戦うことを目的とした政策を説明する議会公聴。ドゥケイン氏、ウィレム氏による委員会での公聴、の名称での報告 パート2] 報告書 (PDF) -- フランス語とフラマン語のニ言語報告, retrieved 2007-01-08.



分派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 08:03 UTC 版)

直心影流剣術」の記事における「分派」の解説

竹刀稽古導入によって直心影流剣術は盛んとなり、藤川近義に始ま藤川派、団野義高(真帆斎)に始まる団野派、男谷信友の男谷派などの多くの分派が生まれたこれらの分派と区別するため、直心影流剣術正統である長沼家の系統長沼と呼ぶ場合もある)。 これらの分派の中でも男谷派は、上段の構えを使うことが多い直影流を、正眼構え中心に改めるなど、より竹刀での試合適した内容改め、また男谷信友講武所頭取であったこともあって、幕末大い栄えた同時期藤川派も藤川整斎名人として名高かった。また、長沼派も幕末には門弟2千人と号し大い栄えたが、長沼家の最後の伝承者である第15代長沼称郷(可笑人)が明治初期廃刀令伝承断念した直心影流全国広まり示現流系の流派大勢占め薩摩藩にも伝わった薩摩藩示現流一辺倒だと思われがちが、直心影流藩校造士館含め藩内で大い稽古されていた薩摩藩伝の直心影流長沼国郷の弟子である鈴木藤賢(弥藤次)によって伝えられた。鈴木は元々は幕臣であったが、竹姫島津氏輿入れする際に従い薩摩藩となった代々鈴木氏継承して内に大い広まり鈴木家道場は「鈴木殿の稽古」(すずっどんのけこ)と呼ばれ畏敬されていた。江戸時代後期坂口兼儔(作市)は名人といわれた。薩摩藩出身直心影流真影流)門人には、有馬新七川路利良牧野伸顕等がいる。 また、薩摩藩での分派に深見有安(休八)の深見流がある。深見有安養子深見有正は、二の丸稽古所師範17人の一人となった鹿児島には、直心影流法定伝える『薩摩影之流』があり、示現流折衷の形が伝わっている。示現流が、茨城県笠間発祥であることから、示現流は、直心影流から分派したと見る研究家もいる。

※この「分派」の解説は、「直心影流剣術」の解説の一部です。
「分派」を含む「直心影流剣術」の記事については、「直心影流剣術」の概要を参照ください。


分派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/09 21:17 UTC 版)

解脱会」の記事における「分派」の解説

宗教法人かむながらのみち 会長北川和光北川和男)、教主北川慈敬北川敬子夫妻は元解脱会会員で、敬子幹部であったという。1999年(平成11年)2月北川夫妻一部会員とともに解脱会離れ同年5月かむながらのみち創立かむながらのみちおいても天神地祇天五大天空大神・五智如来など解脱会と同じ神仏祀っているほか、解脱金剛岡野聖憲)を道祖称し解脱へ導く仏として同様に信仰の対象としている。 詳細は「かむながらのみちを参照

※この「分派」の解説は、「解脱会」の解説の一部です。
「分派」を含む「解脱会」の記事については、「解脱会」の概要を参照ください。


分派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 19:26 UTC 版)

キリストの幕屋」の記事における「分派」の解説

幕屋」から分離した別の運動として「活かすキリスト・エクレシア」(天召聖兄弟団活かすキリスト・エクレシア)があげられる。この運動は、今橋淳が1966年創始した今橋は、元は手島弟子で、一年間イスラエルに留してから1964年日本に帰国その後幕屋」の伝道師となったが、手島との深刻な意見の相違見て幕屋」から離れ1966年に「活かすキリスト・エクレシア」(天召聖兄弟団活かすキリスト・エクレシア)を創始した月刊の機関紙活かすキリスト』を発行している。

※この「分派」の解説は、「キリストの幕屋」の解説の一部です。
「分派」を含む「キリストの幕屋」の記事については、「キリストの幕屋」の概要を参照ください。


分派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 09:29 UTC 版)

陽光子友乃会」の記事における「分派」の解説

平成3年1991年)に、陽光子友乃会から、真光正法之會分派したその後主神正法会分派した

※この「分派」の解説は、「陽光子友乃会」の解説の一部です。
「分派」を含む「陽光子友乃会」の記事については、「陽光子友乃会」の概要を参照ください。


分派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 06:00 UTC 版)

タイ捨流」の記事における「分派」の解説

薩摩鹿児島藩示現流筑前福岡藩盛んだった安倍立などが有名である伊予今治藩安芸広島藩真貫流開祖奥山太郎左衛門一説によれば丸目門下であったとされている(ただし、奥山系の古い伝書では丸目の名は無く上泉直門となっている)。ほかには宮崎県西臼杵郡五ケ瀬町伝わ棒の手の心影無雙太車流などもある。

※この「分派」の解説は、「タイ捨流」の解説の一部です。
「分派」を含む「タイ捨流」の記事については、「タイ捨流」の概要を参照ください。


分派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/26 13:54 UTC 版)

カギュ派」の記事における「分派」の解説

カギュ派には、大きく分けるガムポパのタクポ・カギュ派(ワイリー方式: dwags po bka' brgyud)と、キュンポ・ケートゥプを祖とするシャンパ・カギュ派(シャン派)の二つ法系がある。ただし、シャン派は独立した教団としては現存していない。 シャン派 (ワイリー方式: shangs pa bka' brgyud) - 大行者キュンポ・ケートゥプが創始したマルパ直系ではないが、ナーローパ女性パートナーであったニグマの法を伝えている。現在は独立した教団としては存在していないが、シャン派の教法受け継がれており、近現代行者としてはカル・リンポチェ有名であるナーローパマルパ流れを汲むタクポ・カギュ派から四大分派(ツェル派、バロム派、カルマ派、パクモドゥ派)と八大支派(ディクン派、ドゥク派タクルン派、ヤーサン派、トプ派、シュクセプ派、イェル派、マルツァン派)が生まれた八大支派のうち、ディクン派・ドゥク派タクルン派(いずれもパクモドゥ派から分かれた)以外は独立した教団としては現存しない。 カルマ・カギュ派 (ワイリー方式: karma bka' brgyud) -カギュ派の中の最大支派ガムポパ弟子トゥースム・キェンパに始まる。たんにカルマ派とも。カルマパ化身ラマカルマ黒帽ラマ、ギャルワ・カルマパともいう)を教主とする。総本山ツルプ寺カルマパ他にシャマル・リンポチェカルマ紅帽化身ラマカルマ赤帽化身ラマともいう)、シトゥ・リンポチェ、ゲルツァプ・リンポチェ、パオ・リンポチェの四つ化身ラマ系譜を有しカルマパ遷化から次代カルマパ即位するまでの間はこの4名跡化身ラマ摂政団を形成して集団指導体制をとる。ただ、カルマパ17世認定に当たって摂政団の意見対立しカルマパ17世複数存在するとともに、カルマ・カギュ派はふたつ分裂したその後2017年になって対立カルマパ17世であったティンレー・タイェ・ドルジェが結婚により僧位放棄したが、その後も「カルマパ十七世」名義で活動続けており、故にこの「僧位放棄=比丘戒返上」により「カルマ・カギュ派の分裂終息に向かうことになった」と見るのは早計である。カルマ・カギュ派の多数派 -カルマパ17世としてウゲン・ティンレー・ドルジェを選出しダライ・ラマ14世中国政府承認得たカルマパ17世ウゲン・ティンレー・ドルジェはチベット本国とどまって中国政府厚遇を受けていた。しかし、ウゲン・ティンレー・ドルジェは2000年中国支配下チベットツルプ寺脱出しインド亡命したことで世界驚かせた。ウゲン・ティンレー・ドルジェのインドにおける座所はギュトー寺となっている。 カルマ・カギュ派の少数派シャマル派、ワイリー方式: zhwa dmar pa) -カルマ・カギュ派の摂政筆頭(副教主であったシャマル・リンポチェ14世ミパム・チューキ・ロドゥは多数派によって擁立されたカルマパ17世ウゲン・ティンレー・ドルジェを支持せず、別の候補者であったティンレー・タイェ・ドルジェをカルマパ17世として即位させた。ティンレー・タイェ・ドルジェは主として欧米において活動した2014年6月11日シャマルパ14世ミパム・チューキ・ロドゥは遷化した。さらに2017年3月25日対立カルマパ17世であったティンレー・タイェ・ドルジェはインドニューデリー女性と結婚式を挙げ僧位放棄することを宣言したその際、ティンレー・タイェ・ドルジェは「結婚する(そして僧位捨てる)という私の決断が、私自身だけではなく、(カルマパの)名跡にも良い影響もたらすという思い強く心の底から抱いている」と述べている。しかしタイェ・ドルジェ系カルマ派の公式サイトでは、その後もタイェ・ドルジェは「第十七世ギャルワ=カルマパ」の名義保ち続けている。 ツェルパ・カギュ派 (ワイリー方式: tshal pa bka' brgyud) - 総本山ツェルグンダン寺ガムポパ弟子ツゥンドゥー・タクパに始まる。 ディクン・カギュ派 (ワイリー方式: 'bri gung bka' brgyud) - 総本山ディグンティ寺インドではチャンチュブリン寺)。ドルジェ・ギェルポ(ガムポパ弟子パクモドゥ派派祖)の弟子リンチェン・ベルに始まる。2人化身ラマ交代で管長(チェンガ)を務めていたが、現在は第36管長のディクン・チョン=ツァン・リンポチェが中国支配下チベットディグンティ寺在住し、第37代のディクン・チェ=ツァン・リンポチェがインド亡命してそこにチャンチュプリン寺を建設し在住している。日本にも、拠点施設として「京都吉祥仏法センター」を持つ。また日本ガルチェン協会活動している。。 パクモドゥ・カギュ派 (ワイリー方式: phag mo gru bka' brgyud) - ガムポパ弟子ドルジェギェルポに始まる。1415世紀頃、中央チベット支配権握ったパクモドゥパ政権)。 ドゥクパ・カギュ派 (ワイリー方式: 'brug pa bka' brgyud) - リンレーパ(ドルジェギェルポの弟子)の弟子のツァンパ・ギャレー、イェシェー・ドルジェに始まる。南ドゥク派(ロ・ドゥク派)はブータン国教1616年ドゥク派第16代教主の座をめぐって内紛起こし、南ドゥク派と北ドゥク派の2派に分裂した。これは、それまで座主職を相伝してきたギャ氏からガワン・ナムゲル立ったに対して反対派が「15世化身ラマ」を推戴しことによる。この政争敗れたガワン・ナムゲル南方モン地方移り、そこにおいて政権樹立した。これがブータン国家(「ドゥク・ユル」)の起源となる。

※この「分派」の解説は、「カギュ派」の解説の一部です。
「分派」を含む「カギュ派」の記事については、「カギュ派」の概要を参照ください。


分派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/26 15:51 UTC 版)

羅州羅氏」の記事における「分派」の解説

錦城羅氏は、1767年羅州羅氏から分派した

※この「分派」の解説は、「羅州羅氏」の解説の一部です。
「分派」を含む「羅州羅氏」の記事については、「羅州羅氏」の概要を参照ください。


分派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 07:43 UTC 版)

光山金氏」の記事における「分派」の解説

光山金氏大きく、「ムンジョン公派」、「ムンスク公派」、「ヤンガン公派」、「ナンジャン公派」、「サオンソチクジャン公派」の五派分類されている。最も人数が多いのはヤンガン公派であり、全ての光山金氏70%を占めその中から多くの聡明で優秀な人物輩出された。 ムンジョン公派 - 15世 ムンジョン公 金台鉉 ムンスク公派 - 14世 ムンスク公 金周鼎 ヤンガン公派 - 14世 ヤンガンキム・ヨン ナンジャン公派 - 14世 ナンジャン公 キム・ギュ サオンソチクジャン公派 - 17世 サオンソチクジャン キム・ヨン

※この「分派」の解説は、「光山金氏」の解説の一部です。
「分派」を含む「光山金氏」の記事については、「光山金氏」の概要を参照ください。


分派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 08:06 UTC 版)

巨済潘氏」の記事における「分派」の解説

7代目から分派が開始された。長男潘濬郡守務め巨済派祖となり、潘濡は察訪を務め醴泉派祖吏曹参議に贈職された潘珽が淸道派祖となった光州潘氏始祖潘忠は潘阜の7世孫である。朝鮮の開国功臣として海陽光州伯に封じられ光州潘氏興した。潘忠の子潘碩枰が中宗漢城府判尹、工曹判書、刑曹判書を務めた。潘碩枰の16世が国連事総長潘基文である。 2015年人口10,254人。 南平潘氏始祖潘有賢は潘阜8世孫であり、1369年文科に合格した。5世孫潘琛は珍島郡守を過ごし南平邑に住んだ彼のひ孫潘尚周以降に全羅南道長城郡代々居住した2015年人口は3,053人である。

※この「分派」の解説は、「巨済潘氏」の解説の一部です。
「分派」を含む「巨済潘氏」の記事については、「巨済潘氏」の概要を参照ください。


分派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 07:24 UTC 版)

沃川陸氏」の記事における「分派」の解説

陸仁端の孫、陸巨遠の息子の代で分派した長男陸麗は徳谷公派、次男陸沆は公州牧使公派、三男陸埤は巡察使公派、四男陸綬は郎将公派の祖となり、末子陸台貴の家系は孫の代で絶えた。 徳谷公派 - 陸麗 牧使公派 - 陸沆 巡察使公派 - 陸埤 郎将公派 - 陸綬

※この「分派」の解説は、「沃川陸氏」の解説の一部です。
「分派」を含む「沃川陸氏」の記事については、「沃川陸氏」の概要を参照ください。


分派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 10:13 UTC 版)

豊基秦氏」の記事における「分派」の解説

秦礩溟の兄秦礩直と秦礩晃の後代三陟派と永春派に分派した。 宣啓郎公派 順天公派 山陰公派 監司公派 監正公派 提学公派 典書公派 参賛公派

※この「分派」の解説は、「豊基秦氏」の解説の一部です。
「分派」を含む「豊基秦氏」の記事については、「豊基秦氏」の概要を参照ください。


分派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/06 10:09 UTC 版)

サキャ派」の記事における「分派」の解説

その後サキャ派大きく2派に分かれたゴル派 (Ngor pa):ゴルチェン・クンガ・サンポ (Ngor chen kun dga' bzang po, 1382-1456) を祖とする学派で、サキャ派寺院85%がゴル派である。戒律重視し、ヘーヴァジュラ、サンプタを始めとする7つマンダラ修習する。 ツァル派 (Tshar pa):ツァルチェン・ロセル・ギャムツォ (Tshar chen blo gsal rgya mtsho, 1502-1556) を祖とする学派マハーカーラ秘法を含む門外不出の『ツァル黄金13法』 (gser chos bcu gsum) を相承している。

※この「分派」の解説は、「サキャ派」の解説の一部です。
「分派」を含む「サキャ派」の記事については、「サキャ派」の概要を参照ください。


分派(西川流ではない異なる流派)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/12 23:11 UTC 版)

西川流」の記事における「分派(西川流ではない異な流派)」の解説

西川扇蔵家元とする宗家西川流」から独立した複数の分派がある。西川流混同する似通った名称を名乗っていても、西川流とは異なる全く別の独立した流派である。 名古屋西川流1860年四世西川扇蔵弟子西川仁蔵西川鯉三郎名乗り創流) ※名古屋をどり主催愛知県名古屋市昭和区本部を置く「一般財団法人 西川会名古屋西川流家元四世西川千雅一門は、「名古屋」を略して西川流と同様名乗っており紛らわしいが、流紋の西逆向きの「入」であり、西川流とは異なる全く別の流派である。 西川流風派(1985年名古屋西川流から西川左近分裂) 正派西川流1916年西川喜洲が独立新西川流1955年西川仲丸改め新西仲丸独立) 「西川流名取り」と称する日本舞踊家名に、これらの分派流祖の名前から付いた」「左」「喜」やその弟子たちの筋と分かる漢字「嘉」などの1字が付いていたり、「名古屋をどり」に出演歴あったり師事した舞踊家経歴辿って分派であれば、それらは宗家西川流」の「名取りではなく、分派の名取りである。 四世弟子である西川芳次郎、西川国助も独立し芳次郎は後に花柳壽輔改名して「花柳流」を創流、国助は「七々扇流」を創流するなど、西川流複数流派の源となっている。

※この「分派(西川流ではない異なる流派)」の解説は、「西川流」の解説の一部です。
「分派(西川流ではない異なる流派)」を含む「西川流」の記事については、「西川流」の概要を参照ください。


分派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 15:53 UTC 版)

日蓮宗」の記事における「分派」の解説

思想面(本仏位置付け妙法蓮華経解釈)から、次のような分派(門流)が成立した日蓮日昭門流(浜門流)---------------日蓮宗=============釈尊本仏一致派日朗門流(比企谷門流池上門流)-日蓮宗=============釈尊本仏一致派 │├日像門流(四条門流)-----------日蓮宗=============釈尊本仏一致派 ││├日隆門流-------------------法華宗(本門流)、本門法華宗===釈尊本仏勝劣派 ││├日真門流-------------------法華宗(真門流)=========釈尊本仏勝劣派 ││└日奥門流-------------------不受不施派不受不施日蓮講門宗釈尊本仏勝劣派 │└日静門流(六条門流)-----------日蓮宗=============釈尊本仏一致派 │ └日陣門流-------------------法華宗(陣門流)=========釈尊本仏勝劣派日興門流(富士門流) │├日目門流 ││ ├日郷門流 ││ │ ├小泉久遠寺-----------日蓮宗=============釈尊本仏勝劣派 ││ │ └保田妙本寺-----------単立==============日蓮本仏勝劣派 ││ └日道門流(石山派)---------日蓮正宗============日蓮本仏勝劣派 │├日代門流(西山派)-------------単立==============釈尊本仏勝劣派 │├北山門流(談所派、大坊派)-----日蓮宗=============釈尊本仏勝劣派 │└日尊門流(要山派)-------------日蓮本宗============釈尊本仏勝劣派 │ └日蓮宗=============釈尊本仏一致派日向門流(身延門流)-------------日蓮宗=============釈尊本仏一致派日常門流(中山門流)-------------日蓮宗=============釈尊本仏一致派日什門流のうち妙満寺-------顕本法華宗===========釈尊本仏勝劣派 権力との距離という実践面 から、桃山時代末期より江戸時代にかけて 受不施派 不受不施派(悲田派恩田派) という区分生じた

※この「分派」の解説は、「日蓮宗」の解説の一部です。
「分派」を含む「日蓮宗」の記事については、「日蓮宗」の概要を参照ください。


分派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/11 16:18 UTC 版)

真宗大谷派」の記事における「分派」の解説

以下は真宗大谷派から離脱独立した宗派で、これらは別の宗教法人宗教団体である。 「宗教法人 浄土真宗東本願寺派本山東本願寺」 - 浄土真宗東本願寺派東京都台東区の「浄土真宗東本願寺派 本山 東本願寺」を本山とする。1981年に、宗派維持・運営をめぐる見解の相違により、真宗大谷派から離脱独立する。 「宗教法人 本願寺」 - 浄土真宗大谷本願寺派本山の寺基は、「一般財団法人 本願寺文化興隆財団」、および「東山浄苑 東本願寺」のある山科区上花山に置かれる。 「宗教法人 本願寺」(嵯峨本願寺

※この「分派」の解説は、「真宗大谷派」の解説の一部です。
「分派」を含む「真宗大谷派」の記事については、「真宗大谷派」の概要を参照ください。


分派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/23 09:06 UTC 版)

シーア派」の記事における「分派」の解説

シーア派は、預言者後継者地位をめぐって政治的に分裂した経緯をもつため、しばしば正当なイマームとしてアリーの子孫のうち誰を指名するかの問題によって分派した。現在、宗派として一定の勢力をもつのは、十二イマーム派イスマーイール派ザイド派などがある。十二イマーム派イランイラクレバノンなどに勢力をもち、シーア派比較多数派である。図の通りシーア派諸派共通してイマーム認めるのはアリーのみである。 カイサーン派(消滅) ザイド派 イスマーイール派カルマト派(消滅) ドゥルーズ派 ムスタアリー派ハーフィズィー派 ニザール派 十二イマーム派シャイヒー派バーブ教(イスラム教から分離)バハイ教(イスラム教から分離) アラウィー派 アレヴィー派(?)

※この「分派」の解説は、「シーア派」の解説の一部です。
「分派」を含む「シーア派」の記事については、「シーア派」の概要を参照ください。


分派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/01 10:10 UTC 版)

勝劣派」の記事における「分派」の解説

勝劣派は、本仏位置づけによって、思想面で大別して二つの分派がある。 日蓮本仏とする勝劣派日興門流富士門流)のうち富士大石寺どの日正宗保田妙本寺西山本門寺 釈尊本仏とする勝劣派日什門流日隆門流日真門流日陣門流上記及び日蓮宗寺院を除く日興門流富士門流)、日奥門流不受不施派日興門流富士門流)以外は、いずれも一致派諸門流から分岐して成立したものである勝劣派内に室町時代から宗祖本仏論争(富士門流日蓮正宗大石寺)の日蓮本仏論八品派宗祖本仏繰り越し本仏論[要出典]など)がある。

※この「分派」の解説は、「勝劣派」の解説の一部です。
「分派」を含む「勝劣派」の記事については、「勝劣派」の概要を参照ください。


分派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/07 14:31 UTC 版)

第二次大覚醒」の記事における「分派」の解説

セブンスデー・アドベンチスト教会は、再臨待望運動から始まったが、イエス・キリスト再臨の日が1843年であると主張する誤り陥った。ただし、現在のセブンスデーが異端でないとする意見もある。また、第二次覚醒運動は、教会から非正統的とみなされ教理排除することによって、間接的ではあるユニテリアン教会形成影響したユニテリアンキリスト教大覚醒反対し、また正統教理認めなかったため、一般的に歴史的キリスト教会ではこれを異端としている。

※この「分派」の解説は、「第二次大覚醒」の解説の一部です。
「分派」を含む「第二次大覚醒」の記事については、「第二次大覚醒」の概要を参照ください。


分派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/27 08:22 UTC 版)

サント・ダイミ」の記事における「分派」の解説

1971年にメストリ・イリネウが死去すると、サント・ダイミコミュニティ多様化することになる。その最大のものは、セバスチャン教父 (Sebastião Mota de Melo) と呼ばれるパドリーニョ・セバスチャンが、1974年リオ ・ ブランコにライムンド・イリネウ・セーハ光の総合センター創設した教会文書によればこの分裂は大麻の使用についての意見相違もあった。セバスチャン信奉者は、大麻植物の癒しの師だと信じ、聖マリア (Santa Maria)と呼び、霊の顕現性を補助するために儀式用いたその後コミュニティにより正式に使用禁止された

※この「分派」の解説は、「サント・ダイミ」の解説の一部です。
「分派」を含む「サント・ダイミ」の記事については、「サント・ダイミ」の概要を参照ください。


分派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/08 07:28 UTC 版)

イスマーイール派」の記事における「分派」の解説

ドゥルーズ派 1021年行方不明になったファーティマ朝の第6代カリフハーキム信奉する一派シリア北部レバノン山岳部拠点を持つ。 アラムート派ニザール派改革イスマーイール派とも) 1094年ファーティマ朝内紛において、アル=ムスタアリー・ビッラー(英語版)に敗れて投獄されニザール英語版)の息子イラン高原アラムート立てた一派11世紀末にハサン・サッバーフ指示によって50件におよぶ暗殺敢行し、暗殺教団アサッシン派)として伝となった13世紀以後穏健的な方針を持つ一派として存続し21世紀初頭において世界全体1500万人信者を持つ。現在のイマームアーガー・ハーン4世であり、アーガー・ハーン建築賞主催している。分派としてインドホージャー派がある。 アフガニスタンバダフシャーン州タジキスタンゴルノ・バダフシャン自治州などにはパミール人がおり、アーガー・ハーンに従っている。一方アフガニスタンバグラーン州地元宗教指導者サイイド・マンスール・ナーディリーに従っている。 ムスタアリー派 ファーティマ朝内紛において勝利したムスタアリー(Taiyabi)の一派その後、ハーフィズィー派が分裂インド亜大陸定着したムスタアリー派はボーホラー派と呼ばれる。 ハーフィズィー派 ムスタアリーと対立して分裂した一派

※この「分派」の解説は、「イスマーイール派」の解説の一部です。
「分派」を含む「イスマーイール派」の記事については、「イスマーイール派」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「分派」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「分派」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「分派」の関連用語

分派のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



分派のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのセクト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの直心影流剣術 (改訂履歴)、解脱会 (改訂履歴)、キリストの幕屋 (改訂履歴)、陽光子友乃会 (改訂履歴)、タイ捨流 (改訂履歴)、カギュ派 (改訂履歴)、羅州羅氏 (改訂履歴)、光山金氏 (改訂履歴)、巨済潘氏 (改訂履歴)、沃川陸氏 (改訂履歴)、豊基秦氏 (改訂履歴)、サキャ派 (改訂履歴)、西川流 (改訂履歴)、日蓮宗 (改訂履歴)、真宗大谷派 (改訂履歴)、シーア派 (改訂履歴)、勝劣派 (改訂履歴)、第二次大覚醒 (改訂履歴)、サント・ダイミ (改訂履歴)、イスマーイール派 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS