排他主義とは?

排他主義

読み方:はいたしゅぎ

自分と自分仲間以外のものを容易に受け入れず、むしろ排斥するあり方態度。他を排斥する主義

排外主義

(排他主義 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/23 02:34 UTC 版)

排外主義(はいがいしゅぎ)とは、他の集団に対する排斥的、敵対的、攻撃的な態度、行動、イデオロギー、政策のこと[1]ショーヴィニズム (熱狂的愛国主義)ともいう[1]


  1. ^ a b 排外主義
  2. ^ 茂木誠 (2019年7月1日). “アメリカ人がトランプを選んだ納得の理由”. プレジデントオンライン. プレジデント社. p. 1. 2019年12月7日閲覧。
  3. ^ 通州事件について偕行社近現代史研究会報告第10回、平成19年(2007年)10月号。
  4. ^ 茂木誠 (2019年7月1日). “アメリカ人がトランプを選んだ納得の理由”. プレジデントオンライン. プレジデント社. p. 2. 2019年12月7日閲覧。


「排外主義」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「排他主義」の関連用語

排他主義のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



排他主義のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの排外主義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS