罪刑法定主義とは?

ざいけい ほうていしゅぎ -はふていしゆぎ [9] 【罪刑法定主義】

いかなる行為犯罪となるか、それにいかなる刑罰科せられるかは既定法律によってのみ定められるとする主義刑罰権恣意しい)的な行使を防ぐ人権保障表れで、近代自由主義刑法基本原則

罪刑法定主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/12 14:39 UTC 版)

罪刑法定主義(ざいけいほうていしゅぎ)とは、ある行為を犯罪として処罰するためには、立法府が制定する法令において、犯罪とされる行為の内容、及びそれに対して科される刑罰予め明確に規定しておかなければならないとする原則のことをいう。対置される概念は罪刑専断主義である。


  1. ^ 「国際刑法と罪刑法定主義」小寺初世子(広島平和科学1982)[1][2]PDF-P.3,P.9
  2. ^ 「国際刑法と罪刑法定主義」小寺初世子(広島平和科学1982)[3][4]PDF-P.9,10
  3. ^ 「国際刑法と罪刑法定主義」小寺初世子(広島平和科学1982)[5][6]PDF-P.10,P.11
  4. ^ 田中英夫『英米法総論』(下),東京大学出版会,1980,580頁。
  5. ^ 岩谷十郎『明治日本の法解釈と法律家』(慶應義塾大学法学研究会、2012年)P177・P187・203
  6. ^ 鵜飼信成福島正夫川島武宜・辻󠄀清明編『講座 日本近代法発達史11』(勁草書房、1958年)288頁、佐伯千仭「刑事法より見たる日本的伝統」(論叢第50巻5・6号)
  7. ^ これは、現行刑法制定時において、すでに明治憲法第23条が存在しており、自明のこととして規定されなかったと説明されるが、当時、刑法学会では牧野英一の指導の下、新派刑法学が有力であって、その思想の下、裁判官の裁量権限を強め、法規に対する拘束力を相対的に弱めた新刑法の基本的態度の反映とも見られている(町野朔他『刑法学の歩み』(有斐閣新書))
  8. ^ 田中英夫『英米法総論』(下),東京大学出版会,1980,580頁。
  9. ^ Shaw v. Director of Public Prosecutions [1962] A.C. 220.
  10. ^ C. v. Mochan, 110 A.2d. 788 (Pa.Super.Ct.1955).
  11. ^ 田中英夫『英米法総論』(下),東京大学出版会,1980,580頁,Loewy, Arnold H. "Criminal Law". 4th Ed., West Groop, 2003, 300.
  12. ^ 田中英夫『英米法総論』(下),東京大学出版会,1980,580頁。
  13. ^ 萩原滋「《論説》実体的デュー・プロセスの理論の一考察(一)」、『国士舘法学』第22巻、国士舘大学法学会、1990年3月、 179-206頁。 など


「罪刑法定主義」の続きの解説一覧



罪刑法定主義と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「罪刑法定主義」の関連用語

罪刑法定主義のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



罪刑法定主義のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの罪刑法定主義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS