発祥とは? わかりやすく解説

はっ‐しょう〔‐シヤウ〕【発祥】

読み方:はっしょう

[名](スル)

天命を受けて天子となるめでたいしるしが現れること。帝王やその祖先生まれ出ること。

物事起こり現れること。「オリンピックの―した地」


発祥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/26 04:00 UTC 版)

発祥(はっしょう)とは、物事が起こり始まることである。同様のニュアンスを持つ言葉として起源(起原)、ルーツ原点、源流、由来、元祖誕生などがある。




「発祥」の続きの解説一覧

発祥(江戸時代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 03:12 UTC 版)

丹後ちりめんの女工」の記事における「発祥(江戸時代)」の解説

丹後ちりめんは、1719年享保4年)に始ま数人開拓者の手西陣お召ちりめんヒント撚糸技術導入しスタートした峰山地域での創職者森田治兵衛加悦谷地域での創職者3名いずれも男性であるが、地場産業として発展していくなかで主な労働力百姓女性たちであった男たち年貢賄うために野良仕事出かける必要があり、その妻や娘たち機女となって家計支えた機音はどんどん広がっていったが、京都西陣機業出荷制限し、絹問屋悪質な手口産地食い物にしたりと、丹後の機方達は、生産段階でも流通段階でも絞られ、その生活は牛馬如く苦労報われることはなかったという。丹後ちりめん圧制搾取の下でも雑草のような根強さ増え続け丹後半島次第活気づいていくが、機を動かし続けた機女労苦は、公的な記録には痕跡残されていない

※この「発祥(江戸時代)」の解説は、「丹後ちりめんの女工」の解説の一部です。
「発祥(江戸時代)」を含む「丹後ちりめんの女工」の記事については、「丹後ちりめんの女工」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「発祥」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

発祥

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 03:09 UTC 版)

名詞

はっしょう

  1. 物事起こること。
  2. 物事起こり始め

動詞

活用

サ行変格活用
発祥-する

「発祥」の例文・使い方・用例・文例




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「発祥」の関連用語

発祥のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



発祥のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの発祥 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの丹後ちりめんの女工 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの発祥 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS