自由とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > 自由の意味・解説 

じ‐ゆう〔‐イウ〕【自由】

[名・形動

自分意のまま振る舞うことができること。また、そのさま。「自由な時間をもつ」「車を自由にあやつる」「自由の身」

勝手気ままなこと。わがまま。

freedom哲学で、消極的には他から強制拘束妨害などを受けないことをいい、積極的に自主的主体的自己自身本性に従うことをいう。つまり、「…からの自由」と「…への自由」をさす。

法律範囲内許容される随意行為

[派生] じゆうさ[名]

[補説]  
2013年10月実施した「あなたの言葉辞書に載せよう。」キャンペーンでの「自由」への投稿から選ばれた優秀作品。

仕事が終わった後の居酒屋待っているもの。
さん

眠くなったら寝て、目覚め時にベッドから出る生活。
あぶちゃんさん

自分以外の家族全員が1泊2日旅行に出かけていて、好きなテレビゲーム放題の状態。だがそれが2泊3日になると寂しさ加味され始め不自由になる。
ともへいさん

未知なる可能性持ち様々なことに対し選択する権利があること。
aiさん

◆「支配からの離脱」のために勝ち取るべきもの。「自分勝手」と誤用されやすい。
あいらむさん

法律抵触せず、人に迷惑がかからない範囲であれば何でもしていい状況
あつこさん

考え時間とそれを実行出来金銭余裕がある事。
ゆうちくさん

◆何ものにも囚われない透明な心持ちでいられる瞬間×時間のこと。
ローテローゼさん

◆得られた、と思った瞬間に失われてしまうもの。
Riuichi HFさん

無秩序な状態。
おーじさん

◆その行為結果すべてにおいて自らが責任を負うことを前提として、何かについて自らが好きに選べる態様を言う。無責任受け取れる身勝手好き勝手とは一線を画する
kaoru3737さん

◆ある枠組みの中で人間らしく生きる様。意思表示の可能範囲大きい状態。当事者内的意思価値判断によって作用される、当人の置かれた環境豊かさ
ツタヤさん

◆人の目を気にしないこと。
花にさん

世界とのしがらみ少ないこと。
ギンジさん

◆好きな時に好きな場所行けること。好きな時に会いたい人に会えること。
Henさん


自由

読み方:ジユウ(jiyuu)

中世法律用語でわがまま勝手なふるまい


じゆう 【自由】

宗教において自由が問題とされる場合、まず人の神に対する関係にそれを見ていかなければならぬであろうが、キリスト教でいえば、人類の罪を代償してくれたイエス信じることによって、真の自由への道が開かれる、ということが、パウロアウグスティヌスによって説かれており、宗教改革ルターも同じ考えをもった。そこには、自我否定し神への信仰によって自由を得るとする自我否定構図があるが、しかし、デカルトによって近代的自我確立されると、自由は個人人格としての自己自覚とされ、善と悪選択関わる意志の自由が問題とされるようになった仏教では、煩悩束縛から離れ解脱の境を自由自在といっている。次に信教の自由ということがある。ヨーロッパでは中世教会権威対抗する必要から信教の自由主張が出てきたが、その根底には精神的な自由の自覚理念としてあり、それは思想学問言論出版などの自由の母胎となったといってよいであろう仏教では専修念仏説く浄土教にあっても、「念仏をとりて信じたてまつらんとも、またすてんとも、面々の御はからひなり」(親鸞歎異抄』)という信教自由の理念基底にある。日本では戦後憲法二〇条で信教の自由保障し、一四条信条による差別を禁じている。

自由

作者鈴木良

収載図書性格な正確診断機鈴木良短編集
出版社日本文学館
刊行年月2004.2


自由

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/27 08:48 UTC 版)

自由(じゆう、: ἐλευθερία: libertas: liberty, freedom)とは、他からの強制拘束支配などを受けないで、自らの意思や本性に従っている[注釈 1]ことをいう。哲学用語。


  1. ^ 三省堂大辞林(第三版)「自由」①[1]による。このほかに②物事か自分の思うままになるさま、③わがまま気まま、の意味。
  2. ^ ミルや20世紀初頭のアメリカの自由主義的判例(ルイス・ブランダイズやベンジャミンカルドーゾなど)の要約による
  3. ^ デュルケームは、ギリシア語の anomos(法がないこと)に由来するアノミー概念を提唱し、制限のない自由が個々人をかえって不安定に陥れることを問題とした。
  1. ^ 1789年8月26日の人及び市民の権利宣言(フランス人権宣言) ミネソタ大学人権図書館 2015年3月15日閲覧
  2. ^ ウィクショナリー「freo」wiktionary:en:freo
  3. ^ 神田外語大学「語源のたのしみ」第38回2004年1月 石井米雄[2]
  4. ^ ウィクショナリー「freo」wiktionary:en:freo、「leod」wiktionary:en:leod
  5. ^ 松浦高嶺『イギリス近代史論集』第4章「18世紀のイギリス」、山川出版社、2005年。
  6. ^ 「法窓夜話」穂積陳重[3]P.109
  7. ^ 「日本漢語と中国」鈴木修次中央公論社1981
  8. ^ デジタルで読む福沢諭吉・西洋事情・初版[4]
  9. ^ 小関武史「明治の日本が作り出した新しい言語 (平成15年秋季公開講座 近代を思考/志向する言語--ヨーロッパと日本)」『一橋法学』第3巻第3号、一橋大学大学院法学研究科、2004年、 1001-1012頁、 doi:10.15057/8702ISSN 13470388NAID 110007619918
  10. ^ goo辞書「自由」(3)[5]
  11. ^ 和俗童子訓 巻之一 貝原益軒 1710年
  12. ^ 「法窓夜話」穂積陳重
  13. ^ 「合意形成と生命倫理」加藤尚武(東京大学グローバルCOE2009-8-8)[6][7][8]


「自由」の続きの解説一覧

自由

出典:『Wiktionary』 (2018/10/04 15:37 UTC 版)

名詞

じゆう

  1. 他のものから拘束支配を受けないで、そのものあるがままにあること。きまま。
  2. 制限なく自分の思う通りになること。

発音

じ↗ゆ↘ー

翻訳

形容動詞

自 由 だ(じゆうだ)

  1. 自由である状態。きままだ。

活用

ダ型活用
自由-だ

翻訳



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「自由」に関係したコラム

  • CFD取引で証拠金以上の損失を被るケースは

    CFD業者の取引要綱や取引ルールなどには、「証拠金以上の損失を被るケースがあります。」といったことが書かれています。実際にどのような場合に証拠金以上の損失を被るのでしょうか。ここでは、CFDの金先物を...

  • FXのチャート分析ソフトMT4とは

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)は、ロシアのMetaQuotesSoftwareが開発したソフトウェアです。MT4は無料で公開され、だれでも自由に利用...

  • FXのチャート分析ソフトMT4のインディケーターを提供しているWebサイトの一覧

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)のインディケーターを提供しているWebサイトの一覧です。インディケーターのファイル形式は、「.mq4」、あるいは、「....

  • FXの成行での注文方法

    FXの成行での注文方法FX(外国為替証拠金取引)の成行注文とは、FX業者の示す為替レートで注文する方法のことです。FX業者の示す為替レートは、一般的に次のような画面なっています。成行で売りの注文をする...

  • FXのチャート分析ソフトMT4のアラームの設定方法

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)では、テクニカル指標でサインが発生した時や売買が約定した時などにアラームが鳴ります。アラームは、ユーザーが自由に設定で...

  • 株365の取引をシミュレーションするには

    株365を取り扱う証券会社では2012年9月現在、株365用のデモ口座を用意していません。そのため、事前に株365の取引を体験することができません。しかし、東京金融取引所では株365のWebサイトで実...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「自由」の関連用語

自由のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



自由のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの自由 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの自由 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS