食料品とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 食料品の意味・解説 

しょくりょう‐ひん〔シヨクレウ‐〕【食料品】

読み方:しょくりょうひん

食料とする品物食品普通は肉類野菜類果実類など主食以外のものをさす。「—店」


食品

(食料品 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/21 22:52 UTC 版)

食品(しょくひん)またはフード: food[1])とは、人が食べるために直接使用できる、食用可能な状態のもの[2]


注釈

  1. ^ 法改正前の食品衛生法第4条では、「この法律で食品とは、すべての飲食物をいう。ただし、医薬品医療機器等法(昭和35年法律第145号)に規定する医薬品及び医薬部外品は、これを含まない。」と規定していた[5]

出典

  1. ^ 他言語では、: alimentum : Lebensmittelなど。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 小学館『日本大百科全書』「食品」河野友美 執筆。
  3. ^ 広辞苑第6版
  4. ^ 用語解説(食品ロス参照)”. 京都府. 2020年6月1日閲覧。
  5. ^ 食品衛生法(昭和二十二年十二月二十四日法律第二百三十三号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2009年11月30日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i 健康食品調査(米国)”. 日本貿易振興機構ロサンゼルス事務所農林水産・食品調査課. 2020年6月1日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 資料 1-1. コーデックス食品分類システム(Food Category System: FCS)”. 農林水産省. 2020年6月1日閲覧。
  8. ^ a b 「食べ物と健康 食品の安全」(健康・栄養科学シリーズ)p13 有薗幸司編 独立行政法人国立健康・栄養研究所監修 南江堂 2013年(平成25年)4月1日第1刷
  9. ^ 「食べ物と健康 食品の安全」(健康・栄養科学シリーズ)p8 - 9 有薗幸司編 独立行政法人国立健康・栄養研究所監修 南江堂 2013年(平成25年)4月1日第1刷
  10. ^ 食品保健研究会(編) 1989, pp. 29–31.
  11. ^ 食品保健研究会(編) 1989, p. 29.
  12. ^ 食品保健研究会(編) 1989, pp. 29–30.
  13. ^ 食品保健研究会(編) 1989, p. 30.
  14. ^ a b 食品保健研究会(編) 1989, p. 31.
  15. ^ 食品保健研究会(編) 1989, pp. 91–92.
  16. ^ a b c d e f 食品保健研究会(編) 1989, p. 92.
  17. ^ 食品保健研究会(編) 1989, pp. 92–93.
  18. ^ a b c d e f g h i 食品保健研究会(編) 1989, p. 93.
  19. ^ 食品保健研究会(編) 1989, pp. 93–94.
  20. ^ a b c d e f 食品保健研究会(編) 1989, p. 94.
  21. ^ 食品保健研究会(編) 1989, pp. 94–95.
  22. ^ a b c d e f g h i j 食品保健研究会(編) 1989, p. 95.
  23. ^ 食品保健研究会(編) 1989, pp. 95–96.
  24. ^ 「食文化としての昆虫食」p43 野中健一 (「文化昆虫学事始め」所収 三橋淳小西正泰編 創森社 2014年(平成26年)8月20日第1刷)
  25. ^ 「イスラエルのユダヤ料理」p110 鴨志田聡子(「イスラエルを知るための62章 第2版」所収 立山良司編著 明石書店 2018年(平成30年)6月30日第2版第1刷)
  26. ^ 『イスラームと食』p370 山根聡(「インド文化事典」所収)インド文化事典製作委員会編 丸善出版 2018年(平成30年)1月30日発行
  27. ^ 「食と健康 インドの浄・不浄観と社会」p107 - 109 松尾瑞穂(「世界の食に学ぶ 国際化の比較食文化論」所収 河合利光編 時潮社 2011年(平成23年)11月25日第1版第1刷
  28. ^ 『イスラームと食』p370 山根聡(「インド文化事典」所収)インド文化事典製作委員会編 丸善出版 2018年(平成30年)1月30日発行
  29. ^ 『アルコール』p384 池亀彩(「インド文化事典」所収)インド文化事典製作委員会編 丸善出版 2018年(平成30年)1月30日発行
  30. ^ 「食 90億人が食べていくために」(サイエンス・パレット025)p90-91 John Krebs著 伊藤佑子・伊藤俊洋訳 丸善出版 平成27年6月25日発行
  31. ^ 「新・食文化入門」p30 - 34 森枝卓士南直人編 弘文堂 2004年(平成16年)10月15日初版1刷発行
  32. ^ 「食文化の多様性と標準化」p79 岩間信之(「グローバリゼーション 縮小する世界」所収 矢ヶ﨑典隆山下清海加賀美雅弘編 朝倉書店 2018年(平成30年)3月5日初版第1刷)
  33. ^ 「食で読み解くヨーロッパ 地理研究の現場から」p120-124 加賀美雅弘 朝倉書店 2019年4月10日初版第1刷
  34. ^ a b タマネギの医学
  35. ^ 「世界の食用植物文化図鑑 起源・歴史・分布・栽培・料理」p24-25 バーバラ・サンティッチ、ジェフ・ブライアント著 山本紀夫監訳 柊風舎 2010年1月20日第1刷
  36. ^ 「世界の食用植物文化図鑑 起源・歴史・分布・栽培・料理」p26 バーバラ・サンティッチ、ジェフ・ブライアント著 山本紀夫監訳 柊風舎 2010年1月20日第1刷
  37. ^ a b 「火と人間」p4 磯田浩 法政大学出版局 2004年(平成16年)4月20日初版第1刷
  38. ^ 「図説 人類の歴史 別巻 古代の科学と技術 世界を創った70の大発明」p119 ブライアン・M・フェイガン編 西秋良宏監訳 朝倉書店 2012年(平成24年)5月30日初版第1刷
  39. ^ 「新訂 食用作物」p3 国分牧衛 養賢堂 2010年(平成22年)8月10日第1版
  40. ^ 「図説 人類の歴史 別巻 古代の科学と技術 世界を創った70の大発明」p110 - 111 ブライアン・M・フェイガン編 西秋良宏監訳 朝倉書店 2012年(平成24年)5月30日初版第1刷
  41. ^ 南直人 『ヨーロッパの舌はどう変わったか 十九世紀食卓革命』講談社〈講談社選書メチエ〉、1998年、56 - 58頁。ISBN 4-0625-8123-X 
  42. ^ 南直人 『ヨーロッパの舌はどう変わったか 十九世紀食卓革命』講談社〈講談社選書メチエ〉、1998年、98頁。ISBN 4-0625-8123-X 
  43. ^ 南直人 『ヨーロッパの舌はどう変わったか 十九世紀食卓革命』講談社〈講談社選書メチエ〉、1998年、195 - 200頁。ISBN 4-0625-8123-X 
  44. ^ 南直人 『ヨーロッパの舌はどう変わったか 十九世紀食卓革命』講談社〈講談社選書メチエ〉、1998年、209 - 212頁。ISBN 4-0625-8123-X 
  45. ^ a b 「食料の世界地図」p78-81 エリック・ミルストーン、ティム・ラング著 中山里美・高田直也訳 大賀圭治監訳 丸善 平成17年10月30日発行
  46. ^ 「食 90億人が食べていくために」(サイエンス・パレット025)p144-145 John Krebs著 伊藤佑子・伊藤俊洋訳 丸善出版 平成27年6月25日発行
  47. ^ 「食料の世界地図」p12-13 エリック・ミルストーン、ティム・ラング著 中山里美・高田直也訳 大賀圭治監訳 丸善 平成17年10月30日発行
  48. ^ https://www.unicef.or.jp/news/2020/0173.html 「世界の飢餓人口 増加続く 2030年の「飢餓ゼロ」達成困難のおそれ ユニセフなど、国連5機関が新報告書」公益財団法人 日本ユニセフ協会 2020年7月13日 2021年2月5日閲覧
  49. ^ [1] 鎌倉市 2021年7月1日閲覧



食料品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 22:56 UTC 版)

移動販売」の記事における「食料品」の解説

住宅街中心に豆腐惣菜パン牛乳産地直送野菜鮮魚鶏卵などが販売されている。高齢化買い物難民増加による新たな需要生じている。

※この「食料品」の解説は、「移動販売」の解説の一部です。
「食料品」を含む「移動販売」の記事については、「移動販売」の概要を参照ください。


食料品(商業統計でいう「食」)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/23 14:45 UTC 版)

業態」の記事における「食料品(商業統計でいう「食」)」の解説

一般にいう食料品や飲料人間食べたり飲んだりことのできるもの。生鮮食品加工食品惣菜など)。

※この「食料品(商業統計でいう「食」)」の解説は、「業態」の解説の一部です。
「食料品(商業統計でいう「食」)」を含む「業態」の記事については、「業態」の概要を参照ください。


食料品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 23:18 UTC 版)

愛媛県」の記事における「食料品」の解説

松山市果実飲料削り節伊予市)など えひめ飲料ヤマキマルトモなど。

※この「食料品」の解説は、「愛媛県」の解説の一部です。
「食料品」を含む「愛媛県」の記事については、「愛媛県」の概要を参照ください。


食料品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/01/12 18:38 UTC 版)

マビノギのアイテム」の記事における「食料品」の解説

木の実やリンゴ・イチゴといった果物からキャベツ・ニンジンなどの野菜肉・牛肉・手羽先などの肉類小麦粉・米といった穀物類まで様々な食材食品用意されており、多く未加工そのまま口にすることができる。食料品は空腹度回復させるだけでなく、キャラクターの能力値をわずかに成長させる要素もあり、長期的に採り続けることによって能力増加減少する。ただしこの影響レベルアップ年齢増加時に比べれば微々たるもので、また転生する事変動した能力リセットされる。木の実、りんご、肉に関しては木を叩いたりモンスターを倒すと入手できるので食に窮するという事はない。 また、食材料理スキル用いて調理することにより、一定時間大幅に能力増加させる料理作り出すことができる。これらの料理強大なモンスター立ち向かう直前や、能力値条件となるクエスト達成するときなどに利用される。 ただし、本作品では食品による体型変化設定されている。満腹の状態で食べると、その食品本来の効果とは無関係にキャラクター太っていく。太って能力ペナルティーはないが、痩せるためには、木の実などの痩せ食品空腹時食べなければならない

※この「食料品」の解説は、「マビノギのアイテム」の解説の一部です。
「食料品」を含む「マビノギのアイテム」の記事については、「マビノギのアイテム」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「食料品」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「食料品」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



食料品と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「食料品」に関係したコラム

  • 株式上場企業の業種分類

    日本の株式上場企業は、東京証券取引所(東証)をはじめとする証券取引所の独自の基準により、業種別に分類されています。例えば、東京証券取引所(東証)の場合、業種分類は「業種別分類に関する取扱い要領」により...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

食料品のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



食料品のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの食品 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの移動販売 (改訂履歴)、業態 (改訂履歴)、愛媛県 (改訂履歴)、マビノギのアイテム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS