医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律の意味・解説 

医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/14 02:53 UTC 版)

医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(いやくひん、いりょうききとうのひんしつ、ゆうこうせいおよびあんぜんせいのかくほとうにかんするほうりつ、昭和35年法律第145号、英語: Pharmaceutical Affairs Law)は、日本における医薬品医薬部外品化粧品医療機器及び再生医療等製品に関する運用などを定めた法律である。法令番号は昭和35年法律第145号、1960年(昭和35年)8月10日に公布された。医薬品医療機器等法薬機法と略される。


  1. ^ 世界保健機関 (1957) (pdf). WHO Expert Committee on Addiction-Producing Drugs - Seventh Report / WHO Technical Report Series 116 (Report). World Health Organization. pp. 9-10. http://whqlibdoc.who.int/trs/WHO_TRS_116.pdf. 
  2. ^ 輸血用血液製剤はロットを形成しない、つまり一つ一つ性状が微妙に異なるので、薬事法でその製造出荷や安全性を担保しようとするところに根本的問題があり、実際そのために多くの安全な製剤が不必要に廃棄されてきた歴史がある。


「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」の関連用語

医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS