麻薬とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 薬学 > > 麻薬の意味・解説 

ま‐やく【麻薬/×痲薬】

読み方:まやく

中枢神経麻痺させ、陶酔感伴い、強い麻酔・鎮痛作用があるが、連用する薬物依存生じ物質アヘンおよびそれより抽出されるモルヒネ・コデインやコカインなどの天然麻薬と、塩酸ペチジンなどの合成麻薬とがある。


麻薬


麻薬

作者谷恒生

収載図書新宿濁流警視庁歌舞伎町分室
出版社勁文社
刊行年月1996.7
シリーズ名ケイブンシャ文庫


麻薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/01 06:01 UTC 版)

麻薬(まやく、英語: narcotic痲薬とも)とは、通常はモルヒネヘロインのようなケシから生成される麻薬性鎮痛薬のオピエートオピオイドを指すが(定義1)、法律上の用語として、法律で規制された薬物を指して用いられることもある用語である(定義2)[1]アメリカ合衆国カナダの規制法によれば、オピオイドだけでなく、コカイン大麻を含む[1]。日本ではさらに麻薬及び向精神薬取締法(麻薬取締法)における、「日本の法律上の麻薬」の語が、それらとも異なって使用されている(定義3)。薬物全般は薬物 (drug) を参照。


  1. ^ 麻薬及び向精神薬取締法 別表第一にて74の化学物質を定義のほか[32]、麻薬、麻薬原料植物、向精神薬及び麻薬向精神薬原料を指定する政令でも追加定義している[22]
  2. ^ a b c 東京都知事指定薬物から薬事法の「指定薬物」に変更[33]。薬事法 第2条15では指定薬物を定義しており、麻薬及び向精神薬取締法に規定する麻薬及び向精神薬を含む[34]
  3. ^ 麻薬及び向精神薬取締法 別表第三にて10の化学物質を定義のほか[35]、麻薬、麻薬原料植物、向精神薬及び麻薬向精神薬原料を指定する政令でも追加定義している[22]
  1. ^ a b c d e 世界保健機関 (1994) (pdf). Lexicon of alchol and drug term. World Health Organization. pp. 25-26, 47, 49. ISBN 92-4-154468-6. http://whqlibdoc.who.int/publications/9241544686.pdf  (HTML版 introductionが省略されている
  2. ^ 松下正明(総編集) 1999, pp. 112、120-121.
  3. ^ a b 松下正明(総編集) 1999, p. 109.
  4. ^ 松下正明(総編集) 1999, pp. 110–111.
  5. ^ a b c 松下正明(総編集) 1999, pp. 120–121.
  6. ^ 松下正明(総編集) 1999, p. 112.
  7. ^ Kathalijne Maria Buitenweg (2003年10月6日). “Working document on the UN conventions on drugs”. 2006年4月15日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g ジェフリー・ライマン、ポール・レイトン 2011, pp. 65–69.
  9. ^ a b c Axel Bugge (2017年10月28日). “アングル:米国の「オピオイド危機」、欧州にも波及の恐れ”. ロイター. https://jp.reuters.com/article/drugs-opioids-idJPKBN1CW0ST 2017年12月5日閲覧。 
  10. ^ ジェフリー・ライマン、ポール・レイトン 2011, p. 77.
  11. ^ 2007年10月、中国から日本に密輸出しようとした日本人3人に死刑が言い渡され確定した。
  12. ^ 小林桜児「統合的外来薬物依存治療プログラム― Serigaya Methamphetamine Relapse Prevention Program(SMARPP)の試み」 (pdf) 『精神神經學雜誌』第112巻第9号、2010年9月、 877-884頁、 NAID 10028059555
  13. ^ 国際麻薬統制委員会 (2019年6月). “State responses to drug-related criminality (PDF)”. International Narcotics Control Board. 2019年6月10日閲覧。
  14. ^ 国連開発計画・世界保健機関ら 2019.
  15. ^ a b c d e f ジェフリー・ライマン、ポール・レイトン 2011, pp. 71–75.
  16. ^ INCB holds consultations with Uruguay on cannabis legalization for non-medical purposes”. 国際麻薬統制委員会 (2021年1月4日). 2021年2月13日閲覧。
  17. ^ Brian Vastag (2009年4月7日). “5 Years After: Portugal's Drug Decriminalization Policy Shows Positive Results -”. Scientific American. 2021年2月9日閲覧。
  18. ^ Oregon becomes the first state to decriminalize small amounts of heroin and other street drugs”. CNN (2021年2月2日). 2021年2月9日閲覧。
  19. ^ Tracy Loew, Virginia Barreda (2020年11月4日). “Oregon decriminalizes small amounts of drugs, including heroin”. Usa Today. 2021年2月9日閲覧。
  20. ^ Frédéric Burnand (2017年4月28日). “麻薬撲滅は幻想、東南アジアでも麻薬政策の転換進む”. swissinfo. 2019年1月15日閲覧。
  21. ^ 島根県 : 薬物乱用の状況 各国の罰則[リンク切れ]
  22. ^ a b c 麻薬、麻薬原料植物、向精神薬及び麻薬向精神薬原料を指定する政令(平成二年政令第二百三十八号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局 (2019年6月28日). 2019年12月28日閲覧。 “令和元年政令第四十七号改正、2019年7月28日施行分”
  23. ^ a b ツェンク & 田端 1996, p. 97.
  24. ^ アルフレッド・W・マッコイ 1974, pp. 上4-6.
  25. ^ クリストファー・ロビンズ 著、松田銑 訳 『エア・アメリカ』〈新潮文庫〉1990年、369-370頁。ISBN 4-10-233101-8 
  26. ^ アルフレッド・W・マッコイ 1974, p. 上1.
  27. ^ a b Brian Winter (2012年9月26日). “U.S.-led "war on drugs" questioned at U.N.”. Reuters. http://www.reuters.com/article/2012/09/26/us-un-assembly-mexico-drugs-idUSBRE88P1Q520120926 2013年11月13日閲覧。 
  28. ^ 国際連合 (2013年6月26日), “Secretary-General's remarks at special event on the International Day against Drug Abuse and illicit Trafficking” (プレスリリース), http://www.un.org/sg/statements/index.asp?nid=6935 2013年11月13日閲覧。 
  29. ^ 「オピオイド危機」で儲けているのは誰か?麻薬系鎮痛剤オキシコンチンで数十億ドルを稼ぐ 秘密主義のサックラー一族”. Democracy Now! (2017年10月19日). 2017年12月5日閲覧。
  30. ^ メリナ・デルキック、河原里香・訳 (2017年10月27日). “米製薬大手、中毒性のオピオイド「密売」でCEOら逮捕 (Big Pharma Exec Arrested for Opioid Bribes)”. ニューズウィーク日本版. http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/10/ceo-13.php 2017年12月5日閲覧。 
  31. ^ UDV Wins Supreme Court Decision on Preliminary Injunction, 2006
  32. ^ 麻薬及び向精神薬取締法(昭和二十八年法律第十四号)別表第一(第二条関係)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局 (2015年6月26日). 2019年12月28日閲覧。 “平成二十七年法律第五十号改正、2016年6月1日施行分。「第二条 この法律において次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。一 麻薬 別表第一に掲げる物をいう。」「別表第一(第二条関係)七十五 前各号に掲げる物と同種の濫用のおそれがあり、かつ、同種の有害作用がある物であつて、政令で定めるもの」”
  33. ^ 知事指定薬物”. 東京都福祉保健局. 2007年5月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月28日閲覧。
  34. ^ 医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(昭和三十五年法律第百四十五号)第2条(定義)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局 (2016年12月16日). 2019年12月28日閲覧。 “平成二十八年法律第百八号改正、2018年12月30日施行分”
  35. ^ 麻薬及び向精神薬取締法(昭和二十八年法律第十四号)別表第三(第二条関係)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局 (2015年6月26日). 2019年12月28日閲覧。 “平成二十七年法律第五十号改正、2016年6月1日施行分。「第二条 この法律において次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。六 向精神薬 別表第三に掲げる物をいう。」「別表第三(第二条関係)十一 前各号に掲げる物と同種の濫用のおそれがあり、かつ、同種の有害作用がある物であつて、政令で定めるもの」”



麻薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 08:58 UTC 版)

全身麻酔」の記事における「麻薬」の解説

レミフェンタニルアルチバフェンタニルフェンタニルモルヒネ塩酸モルヒネ拮抗薬ナロキソンがある。

※この「麻薬」の解説は、「全身麻酔」の解説の一部です。
「麻薬」を含む「全身麻酔」の記事については、「全身麻酔」の概要を参照ください。


麻薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/04 06:34 UTC 版)

麻薬及び向精神薬取締法」の記事における「麻薬」の解説

モルヒネコカインなど麻薬に関する単一条約にて規制されるもののうち大麻を除く。それに加えて向精神薬に関する条約付表I対応したもの。ほとんどが幻覚剤である。

※この「麻薬」の解説は、「麻薬及び向精神薬取締法」の解説の一部です。
「麻薬」を含む「麻薬及び向精神薬取締法」の記事については、「麻薬及び向精神薬取締法」の概要を参照ください。


麻薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/15 18:06 UTC 版)

オピオイド」の記事における「麻薬」の解説

詳細は「麻薬」を参照麻薬に関する単一条約」も参照 麻薬(narcotic)とは、通常麻薬性鎮痛薬として、この記事にて説明しているオピオイドや、またはさらにその狭義オピエート含めて指す用語である。しかし、そうした薬理学的な定義と関わりなく一般用語あるいは法律上において、コカイン大麻などを含めた違法薬物指して用いられている場合があるそのため、世界保健機関薬物に関する文書では、麻薬の語ではなく、より具体的な意味を持つオピオイドの語を用いている。 現在では「麻薬」という用語は社会的用語であり、薬理学的あるいは分子生学的用語である「オピオイド」とは意味が異なる。「麻薬及び向精神薬取締法」で「麻薬」に指定されている薬剤が麻薬であり、オピオイド受容体とは関係しないものもある。例えば、オピオイドではない「ケタミン」は麻薬に指定されているので、「麻薬性非オピオイド鎮痛薬」になる。

※この「麻薬」の解説は、「オピオイド」の解説の一部です。
「麻薬」を含む「オピオイド」の記事については、「オピオイド」の概要を参照ください。


麻薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 01:01 UTC 版)

アフガニスタン」の記事における「麻薬」の解説

アフガニスタンは「黄金の三日月地帯」に属し、はじめ古代よりメソポタミア文明以来旱魃地域では医薬品抗がん剤モルヒネ鎮痛剤)「植物性アルカロイド」、麻薬のアヘンヘロインなどの原料となるケシ栽培伝統的に盛んでヘロイン全世界流通量90%以上をアフガン産が占めるなど世界一の麻薬密造国である。また、国内の麻薬依存者の数も深刻であり、2005年から2010年にかけて依存者数は最大150万人にも達したとされる政府麻薬対策省を設け撲滅にあたっているものの、予算人員の不足、麻薬に代わる産業の育成などの問題もあり、未だに解決見ない国際連合薬物犯罪事務所年次報告書によれば2018年時点でアフガニスタン南部タリバーン支配地を中心に推定2630,00ヘクタール面積ケシ栽培が行われている。 2013年頃からはケシ栽培使用する地下水汲み上げソーラーパネルによる太陽光電力電動式ポンプ使われ始め2020年時点で普及進んでいる。これらは中長期的に見た場合軽油可動させるポンプより安価で利益増やしやすいため、ケシ農業新規参入者生産量増加要因になると同時にこの分野低炭素化進んでいる

※この「麻薬」の解説は、「アフガニスタン」の解説の一部です。
「麻薬」を含む「アフガニスタン」の記事については、「アフガニスタン」の概要を参照ください。


麻薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/18 14:02 UTC 版)

シャーベット」の記事における「麻薬」の解説

ショービズシャーベットと言えば英国スラングではコカインを指す。

※この「麻薬」の解説は、「シャーベット」の解説の一部です。
「麻薬」を含む「シャーベット」の記事については、「シャーベット」の概要を参照ください。


麻薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 02:51 UTC 版)

リベリア内戦」の記事における「麻薬」の解説

これらの内戦では政府軍反政府軍両方戦闘中気分高揚するために麻薬を使用したとみられている。主に使用されていたのはコカインカートなどであり、リベリア戦場において薬物必要不可欠なものになっていた。

※この「麻薬」の解説は、「リベリア内戦」の解説の一部です。
「麻薬」を含む「リベリア内戦」の記事については、「リベリア内戦」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「麻薬」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「麻薬」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



麻薬と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「麻薬」の関連用語

麻薬のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



麻薬のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの麻薬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの全身麻酔 (改訂履歴)、麻薬及び向精神薬取締法 (改訂履歴)、オピオイド (改訂履歴)、アフガニスタン (改訂履歴)、シャーベット (改訂履歴)、リベリア内戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS