アヘンとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > アヘンの意味・解説 

阿片

読み方:あへん
別表記:アヘン

ケシの実から抽出される精神作用のある物質オピウムとも言う。歴史上古くから用いられていたが、現在では医用以外での使用禁じられている。

あへん【×阿片/×鴉片】

読み方:あへん

《(英)opium中国音訳から》

ケシ未熟な果実からとれる乳液乾燥させた茶褐色粉末モルヒネ多量に含み代表的麻薬一種鎮痛催眠作用がある。常用する中毒となり廃人同様となる。麻薬及び向精神薬取締法などにより、一般に売買使用禁止されている。オピウム

正常な精神麻痺(まひ)させるものをたとえていう語。

宗教はかくて民衆陶酔せしめる—となる」〈田辺元懺悔道として哲学


阿片

読み方:アヘン(ahen)

ケシ未熟な果実に傷をつけ、傷口から分泌する乳状液を乾燥して得るゴム状物質


阿片

読み方:アヘン(ahen)

代表的な麻薬


鴉片

読み方:アヘン(ahen)

作者 芥川竜之介

初出 大正15年

ジャンル 随筆


アヘン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/10 14:32 UTC 版)

アヘン阿片鴉片opium)は、ケシ(芥子、opium poppy)の実から採取される果汁を乾燥させたもので、麻薬の一種である。


注釈

  1. ^ オランダとはこの前年の日蘭追加条約ですでにアヘンに関しての禁輸が決められている。

出典

  1. ^ a b c 世界保健機関 (1994) (pdf). Lexicon of alchol and drug term. World Health Organization. pp. 47, 49-50. ISBN 92-4-154468-6. http://whqlibdoc.who.int/publications/9241544686.pdf  (HTML版 introductionが省略されている
  2. ^ 2009 Annual Opium Survey
  3. ^ 2010 Annual Opium Survey
  4. ^ アフガニスタンのアヘン畑一掃にアメリカは消極的 ロシアは疑問
  5. ^ 伊澤一男『薬草カラー図鑑』「ケシ」。
  6. ^ a b 陸奥新報 2009年10月19日版ケシ栽培が生んだ秘薬=36
  7. ^ 国立公文書館 激動幕末 開国の衝撃
  8. ^ 日蘭修好通商条約
  9. ^ 日米修好通商条約
  10. ^ 日英修好通商条約
  11. ^ 日露修好通商条約
  12. ^ 日仏修好通商条約
  13. ^ 長崎大学薬学部 近代薬学の到来期
  14. ^ 崎陽雑報「阿片で遊女死なす」慶応4年8月
  15. ^ 阿片烟ヲ禁シ府藩県高札ニ掲示セシム - 日本法令索引明治前期編
  16. ^ 販売鴉片烟律 - 日本法令索引明治前期編
  17. ^ 生鴉片取扱規則 - 日本法令索引明治前期編
  18. ^ NHKスペシャル. “調査報告 日本軍と阿片”. 2008年8月17日閲覧。
  19. ^ 定時秀和「日本の阿片侵略と中国阿片の抵抗について」『歴史研究』第30号、大阪教育大学歴史学研究室、1992年、p87-122、ISSN 03869245NAID 120001060213 



アヘン

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 01:31 UTC 版)

異表記・別形

名詞

(あへん)

  1. ケシ未熟な実から取れ液体からできる薬物麻薬のひとつ。
    1. 日本国あへん法定義)「けしの液汁凝固したもの及びこれに加工施したもの(医薬品として加工施したものを除く。)」
  2. 正常神経麻痺させるもののたとえ

語源

中国語: 阿片

複合語

翻訳


「アヘン」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アヘン」の関連用語

アヘンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アヘンのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアヘン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのアヘン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS