魏源とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 職業 > 学者 > 魏源の意味・解説 

ぎげん 【魏源】 ○

1794~1857中国清末学者。字(あざな)は黙深。経世実用学風立て西欧列強進出に対し強兵主張編著海国図志」「聖武記」「皇朝経世文編」など。

ぎげん 【魏源】

中国清代後期思想家湖南省陽の人。字は黙深。経世実用の学(公羊学)を修めたが、仏教も学んだ。「夷を以て夷を制する」と主張した。著『聖武記』『海国図説』他。(一七九四~一八五六

魏源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/11 20:26 UTC 版)

魏 源(ぎ げん、1794年4月23日乾隆59年3月24日) - 1857年3月26日咸豊7年3月1日))は、中国代の思想家。は黙深・墨生・漢士。号は良図。もとの名は遠達。宝慶府邵陽県金潭(現在の湖南省邵陽市隆回県司門前鎮[1])の人。


  1. ^ 魏源 中国普法网


「魏源」の続きの解説一覧



魏源と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「魏源」の関連用語

魏源のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



魏源のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2019 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの魏源 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS