五六とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 建材 > 角材 > 五六の意味・解説 

ご‐ろく【五六】

双六(すごろく)やさいころばくちなどで、2個のさいの目が五と六と出ること。

五寸角、六寸のような太くしっかりした材木

大物(だいもつ)の—にて打ちつけたる桟敷」〈太平記二七

縦が六幅(むの)、横が五幅(いつの)の、三畳間につる蚊帳

白むくを—の中でくけて居る」〈柳多留一二


ご‐ろく【五六】

〔名〕

① 五と六。また、五か六くらいの数。

計算で、五に六をかけること。また、三〇。

*寛斎摘草(1786)二「五六年云去、新晴宿鴉東隣南市梅花

五寸(約一五・一センチメートル)角、六寸(約一八・二センチメートル)角のような堅く太い材木

太平記14C後)二七大物の五六にて打ち附けたる桟敷傾き立って」

④ 家の根継などをする時、持ち上げるのに用い材木。〔俚言集覧(1797頃)〕

(5) 双六(すごろく)や丁半博打(ばくち)などで二個の賽(さい)の目が、五と六となって出ること。

浮世草子好色産毛(1695頃)二「うつ程にうつ程に、くぐれ一六、飛つきの五六、三一(さんみち)重一(でっち)四の二四六諸目(もろめ)打はづす事なし

(6) 縦横が五幅(いつの)と六幅(むの)の蚊屋。三畳間に釣る蚊屋

雑俳柳多留一二(1777)「白むくを五六の中でくけて居る」


五六

名字 読み方
五六ふのぼり
名字辞典では、珍しい名字を中心に扱っているため、一般的な名字の読み方とは異なる場合がございます。

五六

読み方
五六ふかぼり

五、六

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 03:41 UTC 版)

別表記

  • 五六

名詞

(ごろく)

  1. くらい。通常助数詞を伴う。一語であり五六とも書くが、五十六区別するため読点を入れた表記。六の読み助数詞に従う。
    • 五、六個ごろっこ
    • 五、六匹ごろっぴき
    • 五、六日ごろくにち

関連語

翻訳




五六と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「五六」の関連用語

五六のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



五六のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
名字見聞録名字見聞録
copyright©1996-2021 SPECTRE all rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの五、六 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS