馬融とは? わかりやすく解説

ばゆう 【馬融】

中国後漢学者茂陵陝西省興平県東北)の人。字は季長。古文家として知られた。『易』『書』『周礼』『論語』『孝経』などの伝註を書き、『春秋三伝異同説』などを著す。(七九~一六六)

馬融

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/28 23:45 UTC 版)

馬 融(ば ゆう、79年建初4年) - 166年延熹9年))は、中国後漢中期の学者政治家右扶風茂陵県(現在の陝西省咸陽市興平市の北東)の人。季長。後漢の伏波将軍馬援の従孫。祖父は馬余(馬援の次兄)[1]。父は馬厳(後漢の将作大匠)。兄に馬続。叔父に馬敦。娘の馬倫は袁隗の妻。従妹(馬敦の娘)は趙岐の妻。族子に馬日磾。『後漢書』に伝がある。


  1. ^ 東観漢記


「馬融」の続きの解説一覧



馬融と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「馬融」の関連用語

1
絳帳 デジタル大辞泉
78% |||||


3
70% |||||


5
五善 デジタル大辞泉
54% |||||

6
54% |||||

7
50% |||||



10
30% |||||

馬融のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



馬融のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
中経出版中経出版
Copyright (C) 2024 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの馬融 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS