馬術とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 馬術の意味・解説 

馬術

歴史と沿革

馬を使ったスポーツは、古代オリンピックからすで行われており、近代オリンピックにおいても、障害馬術馬場馬術総合馬術3種が行われています。男女が同じステージで戦う数少ないスポーツのひとつであり、幅広い年齢層選手がいることも特徴言えます。

国際的に馬術を統轄する国際馬術連盟FEI)は1921年創設され、日本創立メンバー8カ国の一つとして加盟しています。また、国内の馬術界を統轄する社団法人日本馬術連盟JEF)は1946年設立され、全日本馬術大会主催をはじめ、オリンピックなどの国際的馬術競技会への人馬派遣などの活動を行っています。

馬術は、ヨーロッパではとても人気のあるスポーツですが、日本では馬に乗ることのできる環境少なく競技人口はさほど多いとは言えません。一定レベル上の競技出場するために必要なJEF騎乗資格取得者は約5,000人です。


競技方法

日本馬術連盟管轄する競技下記の4種目です。それぞれ競技内容ルール異なるものの、いずれの種目でも求められるのが「人馬一体」です。生き物である馬と選手とが気持ちと力を合わせなければ、最高のパフォーマンス生まれません。それが、馬術競技難しさであり、魅力でもあります

障害馬術
コース上に設置された障害物飛越しながらミスなく早く走行します。早いタイムゴールするためにはスピードも必要ですが、もっと大切なのは無駄のないコース取りができること。そのためには馬が選手指示素早く理解し、その通りに動くことが必要です。

馬場馬術
演技の正確さや美しさを競います。まるで馬が自らダンスを踊っているかのような演技をすることが大切です。馬と選手との約束事選手合図ステップの関係など)がしっかりと確立ていればごくわずか合図で馬が美しステップを踏むことができるようになります

総合馬術
上記馬場障害2種目に、ダイナミッククロスカントリー走行加え3種目を同じ人馬戦い抜きます。クロスカントリーコースでは、丸太や池など、自然に近い状態の障害物次々と飛越していかなければなりません。馬は普段見慣れないに対して警戒することが多いものですが、勇気を持って障害に向かっていかせるのは選手からの指示です。乗っている選手を信じているからこそ未知コースにも果敢に挑むことができるのです。

エンデュランス
「馬のマラソン」ともいわれる競技で、100kmを超える長距離走り抜きます。タイムだけでなく、良いコンディション完走することも重視されています。


ルール

障害馬術
決められたコースミスなく早く走行する種目で、減点法で審査されます。減点対象となるのは、障害物落下バー落ちたり、障害物崩れてしまった場合)や反抗障害物の前で止まってしまったり、横に逸れてしまった場合)です。反抗が2回重なったり、落馬してしまったりすると失権(そこで競技止めなければならない)となります。

馬場馬術
演技の正確さや美しさ見せ採点競技で、フィギュアスケートと似ています。演技内容がすべて決められている規定演技と、指定された運動エレメント)を組み立て音楽をつけて行う自由演技あります規定演技では運動項目ごとの評価採点)と全体的印象評価する総合観察の2つの項目が採点され、自由演技ではさらに芸術的要素の項目が加わります。最終結果は、複数審判員による採点満点で割ってパーセンテージ表示します。

総合馬術
馬場馬術クロスカントリー障害馬術3種目を同じ人馬コンビで戦う競技で、3日競技とも言われます。馬場馬術障害馬術採点については前述通りですが、馬場馬術についてはパーセンテージ減点換算します。クロスカントリー基本的に障害馬術と同様ですが、固定された障害物のため「落下」はありません。3種目の合計減点順位決定します。

エンデュランス
長距離を走るため、馬のコンディションが非常に重要な要素となります。コースはいくつかの区間分かれ、ひとつの区間を終えるごとに行われる獣医検査合格した馬だけが次の区間に進むことができます最終的に最もタイム早い人馬優勝しますが、それとは別に上位入賞馬の中から最もコンディション良かった馬を選ぶ「ベストコンディション賞」があり、これを受賞することは優勝よりも名誉と考え選手少なくありません。

*より詳しい競技説明ルールについては日本馬術連盟ホームページご参照ください



馬術

競技として行われている馬術は、人馬一体となった演技正確性芸術性を競い合う競技
種目は、規定演技を行うドレッサージュと、各自で選んだ楽曲合わせて演技組み合わせていくキュアーがある。
障害程度に応じて4グレード分類され、各グレード競技を行う。
パラリンピックでは、組織委員会貸与馬戦か自馬戦かを決定する。
シドニー大会では貸与馬で競技を行なったが、アテネ大会では、自馬戦となった。

馬術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/08 07:18 UTC 版)

馬術(ばじゅつ、: equestrian art(s))とは、馬を乗りこなす術[1]。 馬に乗り、馬を御(ぎょ)する技術[2]。馬に乗ってそれをあやつる技術[3]


  1. ^ 『デジタル大辞泉』「馬術」
  2. ^ 『世界大百科事典』「馬術」
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 『百科事典マイペディア』「馬術」新庄武彦 執筆。
  4. ^ a b c d e 馬術競技について”. 株式会社乗馬クラブクレイン. 2010年7月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年10月24日閲覧。
  5. ^ a b 競技紹介:馬術”. 公益財団法人日本オリンピック委員会(JOC). 2013年11月3日閲覧。
  6. ^ Event Schedule”. World Games 2010 Foundation, Inc. 2013年11月3日閲覧。
  7. ^ 早坂 昇治『競馬異外史』、中央競馬ピーアール・センター、1987年、 141-142頁。
  8. ^ 障害者乗馬の歴史”. JARD(日本障害者乗馬協会). 2014年3月22日閲覧。
  9. ^ a b 日本の障害馬術を支えてきたアスリートたち”. JARD(日本障害者乗馬協会). 2014年3月22日閲覧。
  10. ^ About Para-Equestrian Dressage”. FEI. 2014年3月22日閲覧。
  11. ^ a b c 夏季20種目紹介 - 馬術”. 日本障害者スポーツ協会. 2014年3月22日閲覧。
  12. ^ クラシフィケーション”. JARD(日本障害者乗馬協会). 2018年8月18日閲覧。
  13. ^ About Para-Equestrian Driving”. FEI. 2014年3月22日閲覧。



馬術

出典:『Wiktionary』 (2018/04/06 09:33 UTC 版)

名詞

ばじゅつ

  1. 広義]《一般》 馬を乗りこなす技術騎馬技術
  2. [最広義]《歴史》 騎馬技術および、それを使っ行う事柄全般近代馬術(ブリティッシュ馬術(wp)ウエスタン馬術(wp)世界各地古式馬術日本伝統馬術(wp)含む)、世界各地古式近現代競馬世界各地球技要素がある騎馬競技ポロ(wp)代表され、日本では打毬(wp))、狐狩り(wp)など騎馬による狩猟などを含む。
  3. 狭義1]《歴史軍事》 語義2のうち、特に、近代軍事用いられるブリティッシュ馬術(wp)のこと。
  4. 狭義2]《馬術競技》 特定団体選定した「馬術競技」の略称あるいは、「スポーツ馬術競技」の種目としての名称

発音

ば↘じゅつ

熟語

翻訳




馬術と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「馬術」の関連用語

馬術のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



馬術のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2020 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
財団法人日本障害者スポーツ協会財団法人日本障害者スポーツ協会
Copy Rights : 2020 JSAD All Rights Reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの馬術 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの馬術 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS