スポーツチャンバラとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 主義・方式 > 競技 > スポーツ競技 > スポーツチャンバラの意味・解説 

スポーツチャンバラ

歴史と沿革

スポチャン」の愛称親しまれているスポーツチャンバラは、現会長である田邊哲人1971年に「使術はすべからく護身から発達する」というテーマで、小冊子刊行したときに発祥した。

それから門人育成し、2年後の1973年に「全日本護身道連盟」が発足その後発展的に「国際スポーツチャンバラ協会」と改称された。競技会大会講習会等、啓蒙活動を展開し、現在では日本国内で愛好者30万人を超え、海外では34ヶ国、約2万人指導資格者(インストラクター)は国内外合わせ 4,500名が活動をしている(平成17年11月現在)。

ちなみにここ数年インストラクター合格者数はアメリカトップである。日本には、北海道から沖縄まで協会があり、各地大会指導者講習会審判講習会等の開催ができる程の力もついてきた。

2005年11月13日行われた第31世界大会では、海外選手台頭が目立った。特にヨーロッパ勢い素晴らしくなかでもロシアウクライナラトビア等、旧ソ連の国から32名が参加し、日本隣国である韓国18名、台湾17名を上回った。試合フランスのボルドーチームとノルマンディチームが選手数で勝る日本勢を破って、多く入賞者を出した。

彼らはヨーロッパ大会でも優勝している強豪チームで、やはり他国圧倒していた。うかうかしていると、やがては「サムライ日本」の名も返上なければならないことになりそうだ


スポチャンの用具

このスポーツチャンバラとは、子供の頃、自由奔放神社境内野山駆け回って遊んだチャンバラごっこを、「エアーソフト剣」という当たって痛くない剣に替えて、「安全」と「公平」、そして「自由」に学校スポーツクラブ等で老若男女が楽しく遊べるように工夫したもので、幼児3歳位)から高齢者力一杯振り回しても、ケガをしないようになっている

この「エアーソフト剣」によって、世界中剣士仲良く安全に競技ができるのである。というのは、中味世界中どこにでもある空気であるからだ。

この用具開発によって、世界中人々が共通のスタンス競技ができるようになった例えば、「スポンジ製」とはいっても、国や地方によっては硬さ材質異なり、みんなが「公平」に「安全」に競技を楽しむことができなかったからである。


主なルール

スポーツチャンバラは、短刀の部、小太刀の部、長剣フリーの部、長剣両手の部、二刀の部、なぎなたの部、棒・の部に分かれ、そのルール自分得物相手に当たったら勝ち、逆に当てられたら負け同時なら両者負けととてもシンプルである。


スポチャンのこれから

いま、スポーツチャンバラ協会は、愛好者32万人数え、順調に発展遂げている。構成割合小・中学生が8割を占めなかでも小学校3~6年生多く大人負けず強い。また、大会障害者にも門戸開き世界大会にも多数参加している。

日本発、グローバルスポーツと自負しているこのスポチャンは、やがて日本を代表する世界スポーツになることを確信し、今後活動源泉にしている。この機会に、皆様参加お待ち申し上げます



スポーツチャンバラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/09 22:03 UTC 版)

スポーツチャンバラとは、1971年、田邊哲人によって始められた[1]競技。日本において遊戯として存在したチャンバラごっこと小太刀護身道を基にし、エアーソフト剣という武器とアクリル製の面という防具によって安全性を確保した競技(異種試合)である。略称はスポチャン


  1. ^ 国際スポーツチャンバラ協会. “スポチャンとは”. 2011年1月24日閲覧。


「スポーツチャンバラ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スポーツチャンバラ」の関連用語

スポーツチャンバラのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



スポーツチャンバラのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2019 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスポーツチャンバラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS