忍術とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 芸能 > 武術 > 忍術の意味・解説 

にん‐じゅつ【忍術】

読み方:にんじゅつ

敵の情報調査したり、後方攪乱(かくらん)したりする術。変装潜行速歩などを利用し巧みに敵方入りこむ甲賀(こうが)流・伊賀(いが)流などがある。隠形術(おんぎょうじゅつ)。忍びの術


忍術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 15:46 UTC 版)

忍術(にんじゅつ)とは、日本の室町時代頃から戦国時代諜報活動や窃盗に関する技術や窃盗や諜報活動への対応法の総称である。諜報活動の際に必要となる技術や各種の武術なども含まれる場合がある。


  1. ^ 山田雄司「忍術書に見る病気治療」小山聡子 編『前近代日本の病気治癒と呪術』(思文閣出版、2020年)P240.
  2. ^ 厳密には「外(と)の物」は忍術ではない。詳細は外物の「諸例」の方にも記述しているが、流派によっては「馬上斬合」や「危急の際の対処法」が主であり、『五輪書』に至っては、「(二天一流では)外の物とは薙刀や槍(野外で用いる長柄系統の武器)をいう」としており、流派によって解釈が異なる。
  3. ^ 陸軍中野学校「忍術」教えた、1期生資料で判明:読売新聞2012年6月18日
  4. ^ “忍術訓練を「暗殺者」と誤報、ロイター通信に有罪評決。イラン裁判所”. AFPBB.News (フランス通信社). (2012年10月1日). http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2904996/9613771 2012年10月4日閲覧。 


「忍術」の続きの解説一覧

忍術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/14 14:54 UTC 版)

日本の発明・発見の一覧」の記事における「忍術」の解説

近江国甲賀滋賀県甲賀市)や伊賀国三重県伊賀市)を中心とした人々によって室町時代頃から発展された。歴史の中で多くの流派独自の忍術を教えてきた。その一例戸隠流である。戸隠流は、敗残兵仁科大助戸隠大助)が伊賀の地に逃れてきたことから発展した流派である。彼は伊賀僧兵道士接触し人生新しい見方や生き延びるための手段(忍術)を教えられたという。

※この「忍術」の解説は、「日本の発明・発見の一覧」の解説の一部です。
「忍術」を含む「日本の発明・発見の一覧」の記事については、「日本の発明・発見の一覧」の概要を参照ください。


忍術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/09 02:37 UTC 版)

紅忍 血河の舞」の記事における「忍術」の解説

忍術ゲージがなくなるまで、またはその前に任意に発動止めるまで持続する詳しいことはゲーム中で解説がある。 神速 周囲の時の流れ操り、敵の目に止まらない動き行動できるゲーム上では、紅以外の全ての敵の動きがほとんど止まっているくらいにゆっくりになる。 死蝶の舞 大勢の敵に囲まれたときに発動可。舞うような鮮やかな動き周囲の敵を一掃できる発動条件がやや厳しい分効果絶大

※この「忍術」の解説は、「紅忍 血河の舞」の解説の一部です。
「忍術」を含む「紅忍 血河の舞」の記事については、「紅忍 血河の舞」の概要を参照ください。


忍術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/11/03 03:16 UTC 版)

街刃-GAIJIN-」の記事における「忍術」の解説

千庭曰く、「人間誰もが持ちうる小さな未知の力を修行訓練増幅させたもの」。その力は強大で使い手によっては殺人兵器にも、良いものにもなる。

※この「忍術」の解説は、「街刃-GAIJIN-」の解説の一部です。
「忍術」を含む「街刃-GAIJIN-」の記事については、「街刃-GAIJIN-」の概要を参照ください。


忍術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/03 19:53 UTC 版)

忍者らホイ! 痛快うんがちょこ忍法伝!!」の記事における「忍術」の解説

忍術は天狗または修行忍者から教わる。 修行忍者とは戦うことになり、天狗とはいろいろな課題クリアすることにより術を教えてもらえる戦闘に使う術は、何回も使ううちに効果強くなっていき、「ノーマル」「ハイパー」「スーパー」「ウルトラ」「ミラクル」と5段階成長する

※この「忍術」の解説は、「忍者らホイ! 痛快うんがちょこ忍法伝!!」の解説の一部です。
「忍術」を含む「忍者らホイ! 痛快うんがちょこ忍法伝!!」の記事については、「忍者らホイ! 痛快うんがちょこ忍法伝!!」の概要を参照ください。


忍術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/02 14:27 UTC 版)

ニンジャキッズ」の記事における「忍術」の解説

2ボタン同時に押すと忍術が発動する

※この「忍術」の解説は、「ニンジャキッズ」の解説の一部です。
「忍術」を含む「ニンジャキッズ」の記事については、「ニンジャキッズ」の概要を参照ください。


忍術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/15 02:08 UTC 版)

シャドウハーツ・フロム・ザ・ニューワールド」の記事における「忍術」の解説

フランク特殊能力。撫裸汁(ブラジル)流忍術と呼ばれる不可解な忍術。各地発生するサブイベントであるフランクへのミッションクリアしていくことで新しい忍術を会得する

※この「忍術」の解説は、「シャドウハーツ・フロム・ザ・ニューワールド」の解説の一部です。
「忍術」を含む「シャドウハーツ・フロム・ザ・ニューワールド」の記事については、「シャドウハーツ・フロム・ザ・ニューワールド」の概要を参照ください。


忍術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 03:16 UTC 版)

「忍者」記事における「忍術」の解説

忍術とは忍者用いる術であるが、現存する忍術書は全て江戸期以降ものであるフィクションにおける架空の術は忍法を参照 五車の術 相手会話の中で心理を突く話術である。喜車の術 - 相手おだてて隙を狙う。 怒車の術 - 相手怒らせ冷静さ失わせる。 哀車の術 - 相手同情を誘う。 楽車の術 - 相手羨ましがらせて戦意喪失させる。あわよくば相手味方引き込める。 恐車の術 - 迷信などを利用し相手恐怖心つけこみ戦意喪失させる。 遁術 敵から逃走する際に、敵を足止めする術である。火遁水遁土遁木遁、金遁の五つを特に五遁という。火遁の術 - 引火物などを利用し煙幕炎上発生させる水遁の術 - 水音立てて相手注意をそらす水蜘蛛呼ばれる道具の上にをもり、筒のような棒状の中がくり抜かれている物を利用し長時間水中潜む。池や堀の両端に縄をつないでの上移動したり、水上厚手の布を敷き、その上走って移動する向こう側着いた時には、後を残さない土遁の術 - 土や石を相手の顔に投げつけ怯んだ隙に逃げる。暗闇逃走中急に地面這いつくばり、あたかも消えたかのように追手をまく。 木遁の術 - 草木利用し隠れたり材木などの木材崩してバラまく事で追手眩ます。 金遁の術 - 銭を撒いて逃げる。敵同士奪い合っているようなら成功と言える天唾の術 獅子身中の術

※この「忍術」の解説は、「忍者」の解説の一部です。
「忍術」を含む「忍者」の記事については、「忍者」の概要を参照ください。


忍術(にんじゅつ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/12 16:41 UTC 版)

境界線上のホライゾン」の記事における「忍術(にんじゅつ)」の解説

忍者鍛錬で成す技能総称隠密行動要人警護範疇とし、一環として自然環境熟知活用要す

※この「忍術(にんじゅつ)」の解説は、「境界線上のホライゾン」の解説の一部です。
「忍術(にんじゅつ)」を含む「境界線上のホライゾン」の記事については、「境界線上のホライゾン」の概要を参照ください。


忍術(にんじゅつ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 01:12 UTC 版)

NARUTO -ナルト-」の記事における「忍術(にんじゅつ)」の解説

忍の基本となる術。汎用的基本の術から禁術級の術まで幅広いものが存在する

※この「忍術(にんじゅつ)」の解説は、「NARUTO -ナルト-」の解説の一部です。
「忍術(にんじゅつ)」を含む「NARUTO -ナルト-」の記事については、「NARUTO -ナルト-」の概要を参照ください。


忍術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 04:20 UTC 版)

ファイナルファンタジーシリーズの魔法形態」の記事における「忍術」の解説

FFIV』、『FFXI』登場した忍者使用する特殊なカテゴリ。「かとん(火遁)」「すいとん水遁)」などの攻撃系のものから、「ぶんしん空蝉の術」などの幻影効果発生させるものなど多種忍びの術行使する。なお『FFXI』においては必ず名称の最後に「〜の術」が入り魔法強さ強弱も「壱」「弐」……と漢数字用いた表記となっている。

※この「忍術」の解説は、「ファイナルファンタジーシリーズの魔法形態」の解説の一部です。
「忍術」を含む「ファイナルファンタジーシリーズの魔法形態」の記事については、「ファイナルファンタジーシリーズの魔法形態」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「忍術」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

忍術

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 07:39 UTC 版)

名詞

 にんじゅつ

  1. 諜報後方攪乱などにおける技術またはそれらの対処法総称

発音(?)

に↘んじゅつ

関連語

翻訳


「忍術」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



忍術と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「忍術」の関連用語

忍術のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



忍術のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの忍術 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの日本の発明・発見の一覧 (改訂履歴)、紅忍 血河の舞 (改訂履歴)、街刃-GAIJIN- (改訂履歴)、忍者らホイ! 痛快うんがちょこ忍法伝!! (改訂履歴)、ニンジャキッズ (改訂履歴)、シャドウハーツ・フロム・ザ・ニューワールド (改訂履歴)、忍者 (改訂履歴)、境界線上のホライゾン (改訂履歴)、NARUTO -ナルト- (改訂履歴)、ファイナルファンタジーシリーズの魔法形態 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの忍術 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS