霞とは? わかりやすく解説

か【×霞】

読み方:か

人名用漢字] [音]カ(漢) [訓]かすみ かすむ

かすみ。もや。「雲霞煙霞

朝焼け夕焼け。「晩霞


かすみ【×霞】

読み方:かすみ

空気中浮かんでいるさまざまな細かい粒子のため、遠くがはっきり見えない現象また、煙が薄い帯のように見える現象。「―がたなびく」《 春》「指南車胡地引去る―かな/蕪村

(「翳みと書く)視力衰えて、物がぼんやりと見えること。「目に―がかかる」

色紙・短冊などの上方を絵の具や金粉などでぼかした模様大和絵では場面転換空間奥行などを示すために雲形描かれる

衣類などが日焼けて変色すること。

袖口毛繻子褐色(ちゃ)の―が来て居るのを」〈緑雨油地獄

朝または夕方日光当たって赤く見え現象朝焼け夕焼け。〈和名抄

酒のこと。

「―を入るる徳利一対」〈大句数・五〉

[補説] 1は、平安時代ごろから春のは霞、秋の区別されるようになったが、上代では、その区別定かでなく、春秋どちらにも両者使われていた。

霞の画像 霞の画像
霞を模した紋所一つ「山に霞」

読み方:かすみ
【英】KASUMI

とは、三菱電機開発した秘密鍵型の暗号方式の名称である。国内発の暗号方式としては初め国際標準規格となった

霞は、1995年同社によって開発された「MISTY」が移動通信システム向けに軽量化されたもので、MISTYに比べても低消費電力動作することを特徴とする。2000年国際電気通信連合ITU)によって移動体通信における暗号方式標準規格として規定され2002年7月にはGSM方式携帯電話標準的暗号技術として採用されたDoCoMoFOMAなどに、この方式が用いられている。



かすみ 【霞】

仏教修験道で、地域的繩張りをいう。山伏それぞれの同行支配するのを「霞引き」といった。山伏たちの支配地域。霞割。

読み方:かすみ

  1. 喫煙を云ふ。「くさひくもやひくくもはる、やもひく」等皆同じ。
  2. 喫煙をいう。「くさひくもやひく、やもひく」等同意
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方
かすみ
かん
やすみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/28 23:26 UTC 版)

(かすみ、かすむ、か など)




「霞」の続きの解説一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/02 22:13 UTC 版)

SEQUENCE MEDITATION」の記事における「霞」の解説

涼介の幼馴染周りからは恋人思われており、お互い必要とする存在ありながら実際は恋愛関係ではなかった。タカと涼介が一緒になって、涼介が本気だということ気づき二人見守ることにした

※この「霞」の解説は、「SEQUENCE MEDITATION」の解説の一部です。
「霞」を含む「SEQUENCE MEDITATION」の記事については、「SEQUENCE MEDITATION」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/18 14:44 UTC 版)

7月5日の海戦 (1942年)」の記事における「霞」の解説

7月28日、霞は応急修理により曳航可能状態となった。駆逐艦(第6駆逐隊)に曳航され、陽炎護衛されてキスカ出発した曳航速力は8ノットであったという。8月3日幌筵島片岡湾に到着する。霞の曳航担当艦はから電にかわった陽炎横須賀帰投し、第二水雷戦隊指揮下に戻った8月5日、電は霞を曳航して片岡湾を出発9日石狩湾到着した。ここで霞曳航任務タンカー富士山丸引き継ぎ、電は主隊と合同すべく行動開始した10日富士山丸は霞を曳航して石狩湾発ち13日舞鶴到着した8月15日、第18駆逐隊解隊された。霞は第五艦隊附属となる。8月31日、霞と不知火戦時編制から除かれる。2隻とも、特別役駆逐艦指定された。霞が戦線復帰したのは、1943年昭和18年7月以降であった

※この「霞」の解説は、「7月5日の海戦 (1942年)」の解説の一部です。
「霞」を含む「7月5日の海戦 (1942年)」の記事については、「7月5日の海戦 (1942年)」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/30 20:14 UTC 版)

大江戸ファイト」の記事における「霞」の解説

新規追加されキャラクターくノ一

※この「霞」の解説は、「大江戸ファイト」の解説の一部です。
「霞」を含む「大江戸ファイト」の記事については、「大江戸ファイト」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「霞」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2020/01/01 13:30 UTC 版)

発音(?)


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「霞」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



霞と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「霞」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



霞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリの記事を利用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの霞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのSEQUENCE MEDITATION (改訂履歴)、7月5日の海戦 (1942年) (改訂履歴)、大江戸ファイト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS