霞とは?

かすみ【×霞】

空気中に浮かんでいるさまざまな細かい粒子のため、遠くがはっきり見えない現象また、や煙が薄い帯のように見え現象。「霞がたなびく」《 春》「指南車胡地引去る—かな/蕪村

(「翳みと書く)視力衰えて、物がぼんやりと見えること。「目に霞がかかる」

色紙・短冊などの上方を絵の具金粉などでぼかした模様大和絵では場面転換空間奥行などを示すために雲形描かれる

衣類などが日に焼け変色すること。

袖口毛繻子褐色(ちゃ)の—が来て居るのを」〈緑雨油地獄

朝または夕方日光当たって赤く見え現象朝焼け夕焼け。〈和名抄

酒のこと。

「—を入るる徳利一対」〈大句数・五〉

[補説] 1は、平安時代ごろから春のは霞、秋のは区別されるようになったが、上代では、その区別定かでなく、春秋どちらにも両者が使われていた。

霞の画像
霞をした紋所
霞の画像
霞をした紋所一つ「山に霞」

か【×霞】

人名用漢字] [音]カ(漢) [訓]かすみ かすむ

かすみ。もや。「雲霞煙霞

朝焼け夕焼け。「晩霞


かすみ【霞】

1動詞「かすむ(霞)」の連用形名詞化

空気中に広がった微細水滴やちりが原因で、空や遠景がぼんやりする現象また、や煙がある高さにただよって、薄い帯のように見え現象比喩的に、心の悩みわだかまりなどをいうこともある。《季・春

万葉(8C後)二〇・四四三四「ひばり上る春へとさやになりぬれば都も見えず須美(カスミ)たなびく

② 朝または夕方日光あたって赤く見え現象朝焼け夕焼け

*十巻本和名抄(934頃)一「霞 唐韻云霞〈胡加反 和名 加須美〉赤気也」

③ 酒(さけ)の異称

蔭凉軒日録延徳三年(1491)六月二七日「顕等喫霞又喫瓜」

④ 酒または酢などを温める時に出る湯気

日葡辞書(1603‐04)「サケノ casumiga(カスミガ) タツ

(5) (「翳」とも書く) 視力衰えてはっきり見えないこと。

俳諧犬俤集(1615‐22頃)「年よりの眼よりたつ霞かな〈為春〉」

(6) 衣類などが、日に焼け変色すること。

油地獄(1891)〈斎藤緑雨〉六「黒の太利(ふとり)とかいふ袢纏の、袖口毛繻子褐色(ちゃ)の霞(カスミ)が来て居るのを」

(7) 大和絵時間的経過場面転換空間奥行きなどを示すために描かれる雲形色面多く絵巻物用いられた。

(8)かすみあみ霞網)①」の略。

物類称呼(1775)四「てんのあみ 小鳥を捕あみ也。〈略〉京にては、かすみといふ」

2かすみがせき霞が関)」の略。

雑俳柳多留一三(1778)「小百万石もかすみの中に見え

[語誌]古く「かすみ」と「きり」が同様の現象を表わし、季節にも関係なく用いられたことは、「万葉八八」の「秋の田のの上(へ)に相(きらふ)朝霞」などの例で知られるが、「万葉集でも、「かすみ」は春、「きり」は秋のものとする傾向見えており、「古今集以後は、はっきり使い分けるようになった現在の気象学では、視程が一キロ上のときは「(もや)」、一キロ未満のときは「」とし、「かすみ」は術語としては用いない。


かす・める【霞・翳】

〔他マ下一〕 [文]かす・む 〔他マ下二

① はっきり見えたり聞こえたりしないようにする。ぼやけた状態にする。

四河入海(17C前)一「君子の明はもとの如にして、終にかすめられはせぬぞ」

*雁(1911‐13)〈森鴎外一二「『それに女中部屋にも聞える』翳(カス)めた声に力を入れて云ったのである

歌舞伎下座音楽弱く静かに演奏する。⇔生(お)やす。

歌舞伎天満宮菜種御供(1777)二「『イザお立ちなされ』トかすめて管絃になる」


かす・む【霞・翳】

1 〔自マ五(四)物の形や音、声などがぼやけてはっきりしない状態になる。

① かすみがかかる。かすみがたちこめる。

万葉(8C後)九・一七四〇「春の日の 霞(かすめる)時に

源氏100114頃)若紫夕暮のいたうかすみたるに紛れて」

② 姿がかすかにしか見えない状態になる。

古今(905‐914)秋上二一〇「春霞かすみていにしかりがねは今ぞ鳴くなる秋霧のうへに〈よみ人しらず〉」

薄くぼかしてある。また、かすれてはっきり見えない状態になる。

三嶋千句(1471)三「こゑまちしゆふつけ年越て かりねの夢はすゑぞかすめる

④ (翳) 目に故障があったり、視力衰えたりして、物がはっきり見えなくなる。

拾玉得花(1428)「老眼霞て」

(5) 存在目立たなくなる。ぱっとしない状態になる。取るに足りない存在になる。

史記抄(1477)五「其様にかすんだ俸祿の者は」

(6) 声や音などが小さくなってはっきりしないようになる。

春夢草(1515‐16付句「鐘のこゑ、いづくともなくほのかにかすみてきこゆにて」

(7) 意識などが、ぼんやりした状態になる。

不意の声1968)〈河野多恵子〉「意識は幽んでいるのだろうか

2 〔他マ下二〕 ⇒かすめる(霞)

[補注]「かすむ」の語幹「かす」は「かすか」「かそけし」の「かす」「かそ」と語源的に同じといわれる


読み方:かすみ
【英】KASUMI

とは、三菱電機開発した秘密鍵型の暗号方式の名称である。国内発の暗号方式としては初め国際標準規格となった。

霞は、1995年同社によって開発された「MISTY」が移動通信システム向けに軽量化されたもので、MISTY比べても低消費電力動作することを特徴とする。2000年国際電気通信連合ITU)によって移動体通信における暗号方式標準規格として規定され、2002年7月にはGSM方式携帯電話標準的暗号技術として採用された。DoCoMoFOMAなどに、この方式が用いられている。



かすみ 【霞】

仏教修験道で、地域的繩張りをいう。山伏それぞれの同行支配するのを「霞引き」といった。山伏たちの支配地域霞割

読み方:かすみ

  1. 喫煙を云ふ。「くさひくもやひくくもはる、やもひく」等皆同じ。
  2. 喫煙をいう。「くさひくもやひく、やもひく」等同意。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:カスミkasumi

微細水滴空中浮遊し、ぼんやりとかすんで遠方がはっきり見えない現象

季節

分類 天文




地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方
かすみ
かん
やすみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/19 07:08 UTC 版)

(かすみ、かすむ、か など)




「霞」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2020/01/01 13:30 UTC 版)

発音


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



霞と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「霞」の関連用語

霞のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



霞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリの記事を利用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの霞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS