タカとは? わかりやすく解説

タカ【(ベンガル)taka】


タカ【Taqah】


た‐か【他家】

読み方:たか

他の家他の人。たけ。

別の個体。「―受粉」→自家2


た‐か〔‐クワ〕【多寡】

読み方:たか

多いことと少ないこと。多いか少ないかの、その量・額。多少。「人員の―は問わない

「多寡」に似た言葉

たか【竹】

読み方:たか

語素他の語の上に付いて複合語をつくる。たけ。「―むら」「―はら」


たか【高】

読み方:たか

他の語下に付いて複合語をつくるときは、一般に「だか」となる》

数量金額などを合計したもの。収穫量知行(ちぎょう)の額、また金銭総額など。「生産―」「石(こく)―」「現在―」

持ち出した資本の―迄話した」〈漱石・門〉

基準となるに比べ高値であること。「五円―の相場

程度の高いこと。また、限度限界

物事ゆきつくところ。つまるところ

死ぬるを―の死出の山」〈浄・曽根崎

せいぜいのところ。→高(たか)が

二、三年は稽古だの何だのと何にもならねえ十両が―だ」〈洒・通神

物事要点や、あらまし大略

「―をさへのみこめば、その上時の才覚」〈浄・娥歌かるた

名詞動詞の上に付いて複合語をつくる。

㋐形や位置が高い意を表す。「―殿」「―照らす」

音声大きい意を表す。「―笑い」「―話」「―鳴る」

りっぱだという意のほめことばとして用いる。「―知る」「―敷く」


たか【×鷹】

読み方:たか

タカ目タカ科鳥のうち、小形ないし中形のものの総称多く生きた動物食し、鋭いつめをもち、くちばし先は鋭く鉤(かぎ)形に曲がる。鷹狩りにはオオタカ地域によりクマタカ用いられた。ハイタカ・ノスリ・チュウヒ・トビなど。《 冬》「―一つ見つけてうれしいらこ崎/芭蕉


読み方:タカ(taka

土地生産高表示単位


読み方:タカ(taka

タカ科属す鳥のうち、中形から小形のものの総称


読み方:タカ(taka

ワシタカ目鳥のうち、小型中型のもの

季節

分類 動物


読み方:タカ(taka

作者 石川淳

初出 昭和28年

ジャンル 小説


読み方:タカ(taka

作者 大岡昇平

初出 昭和26年

ジャンル 小説


読み方:タカ(taka

作者 松本たかし

初出 昭和13年

ジャンル 句集


読み方:タカ(taka

所在 宮城県本吉郡本吉町


読み方:タカ(taka

所在 群馬県多野郡吉井町


読み方:タカ(taka

所在 千葉県成田市


読み方:タカ(taka

所在 千葉県匝瑳市


読み方:タカ(taka

所在 奈良県香芝市


読み方:タカ(taka

所在 熊本県下益城郡城南町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方:タカ(taka

所在 広島県(JR芸備線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

タカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/17 06:27 UTC 版)

タカ

人物

芸名
愛称
フィクション作品
  • 刑事ドラマ『あぶない刑事』の登場人物、鷹山敏樹(演:舘ひろし)の愛称。

日本の鉄道で使用される駅名等の電報略号

東日本旅客鉄道
東海旅客鉄道
西日本旅客鉄道
四国旅客鉄道
北海道ちほく高原鉄道
東武鉄道
近畿日本鉄道

関連項目



タカ(Necky)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/01 00:04 UTC 版)

ドンキーコング64」の記事における「タカ(Necky)」の解説

アステカンウインドにいるハゲタカ最初囚われの身だが助け出す飛行訓練ディディー力試しをする。

※この「タカ(Necky)」の解説は、「ドンキーコング64」の解説の一部です。
「タカ(Necky)」を含む「ドンキーコング64」の記事については、「ドンキーコング64」の概要を参照ください。


タカ(井田飛男〔いだ たかお〕)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/07 01:46 UTC 版)

ろこモーション」の記事における「タカ(井田飛男〔いだ たかお〕)」の解説

ろこと同学年学校新聞編集員。負けず嫌いでろこと張り合う事が多い。後述ジュネとは仲間内では公認の仲。

※この「タカ(井田飛男〔いだ たかお〕)」の解説は、「ろこモーション」の解説の一部です。
「タカ(井田飛男〔いだ たかお〕)」を含む「ろこモーション」の記事については、「ろこモーション」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「タカ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「タカ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「タカ」の関連用語

タカのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



タカのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのタカ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのドンキーコング64 (改訂履歴)、ろこモーション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのタカ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS