要点とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > > 要点の意味・解説 

よう‐てん〔エウ‐〕【要点】

読み方:ようてん

物事中心となるところ。重要な点。「話の—をつかむ」


要点


要点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/26 01:10 UTC 版)

婿投げ・墨塗り」の記事における「要点」の解説

婿投げは、娘をよその取られ腹いせにその婿を投げたのが習慣化して、通過儀礼になった婿投げ発祥江戸時代、別の集落行われていたが、観光イベントして松之山温泉でも行われている。墨塗りそれ以前遡る伝えられる近年では地元関係者参加者少なく村外者の公募により開催行っている。 婿は和装参加する姿が多く見られる松之山湯本地区松之山温泉中心地

※この「要点」の解説は、「婿投げ・墨塗り」の解説の一部です。
「要点」を含む「婿投げ・墨塗り」の記事については、「婿投げ・墨塗り」の概要を参照ください。


要点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 05:27 UTC 版)

タキソール全合成」の記事における「要点」の解説

全合成報告している研究グループは、2006年1月現在7グループ数える。いくつかの方法は完全な全合成だが、天然物前駆体としているものも含まれる。要点を以下にまとめる。全て合成戦略共通するのは、まずバッカチン部分合成し最終段階尾部付加する尾島ラクタム法に基づいている、という点である。 ホルトン1994年前駆体パチョロール (patchoulol) – 戦略直線合成法、AB → C → D ⇒ホルトンのタキソール全合成 キリアコス・コスタ・ニコラウ (Kyriacos Costa Nicolaou) – 1994年前駆体ムシン酸 (mucic acid) – 戦略コンバージェント法、A と C を ABC としたのち D サミュエル・ダニシェフスキー (Samuel Danishefsky) – 1996年前駆体ウィーランド・ミーシャーケトン (Wieland-Miescher ketone) ⇒ダニシェフスキーのタキソール全合成 ポール・ウェンダー (Paul A. Wender) – 1997年前駆体:ピネン (pinene) 向山光昭1998年 桑嶋功1998年 高橋孝志2006年前駆体ゲラニオール (geraniol) – 戦略コンバージェント法高橋らによって開発され液相自動合成装置用いたタキソール合成

※この「要点」の解説は、「タキソール全合成」の解説の一部です。
「要点」を含む「タキソール全合成」の記事については、「タキソール全合成」の概要を参照ください。


要点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/02 08:33 UTC 版)

医療保険制度改革 (アメリカ)」の記事における「要点」の解説

ACA目指すのは日本国民健康保険のような公的保険」ではなく、従来個人民間健康保険購入する枠組みの中で、保険会社価格安く購入しやすい保険の提供や既往症などによる保険摘要差別などの禁止あるいは緩和課しその代わり健康保険購入していない個人には確定申告時に罰金追加税)を科すことで今まで保険購入ためらっていた階層購入促すものであり、したがって従来から個人十分な健康保険購入していた自営業者勤務先経由購入していた被雇用者には直接的な影響変化はほとんどない。 ACAでは2010年から2020年にかけて様々な施政予定されている。既得権除外条項により、2010年以前政策に基づく保険契約には影響及ぼさないが、それ以外には様々な改革加えられる2010年1月1日より、新たに以下の様々な大きな変更加えられる保険者以前の健康状況基づいて保険加入拒否することは禁じられる。また全て被保険者対し、同じ年齢・同じ居住地区であれば同等保険料設定しなければならず、年齢以前の健康状況差をつけることは禁じられる喫煙者例外)。本改革以前は、初め健康保険購入する場合既往症購入以前からの妊娠保険適用とされることがあった(他の保険からの乗り換え場合継続適用)。 保険標準カバーしなければならない保障範囲Essential health benefits)が定められる被雇用者保険メディケアメディケイドその他の公的制度TRICAREなど)でカバーされない無保険者は、承認受けた民間保険加入するか、罰金を払わなければならない。これは歳入庁定めによる金銭的困難者、宗教団体一員であるのならば除外される。低収入者には補助金給付できる条項定められている。 全ての州に医療保険取引所開設され個人小規模事業者は、そこで保険内容比較し保険購入することができる(対応者には政府補助支給される)。取引所2013年1月1日オープンする予定だったが、数度変更されている。 低収入個人・家庭連邦政府定め貧困線100%400%)は保険取引所での購入時に連邦政府より補助金受けられる貧困線133%〜150%の場合、その保険料補助金が付くと収入3-4%ほどになる。2013年度年収$45,960未満個人や$94,200未満の4人家族は、追加税額控除を受けるか、また取引所から毎月保険者送金するかで選ぶことができる。小規模時事業者補助金受給できる。 メディケイド制度拡張され対象者は収入連邦政府貧困線133%の個人家族まで引き上げられた。また障害の無い成人補助者のいる児童にも適用されるメディケイド資格の上限は貧困線138%の者と設定されその5%については所得に関係なく資格を得ることができる。さらに児童医療保険プログラム(SCHIP)の受給要件簡素化された。 メディケア支払い制度出来高払い制度から包括払い制度になり、医療機関はより一層の経営努力求められるようになった。さらにメディケアPart Dのギャップ俗称donut hole)が徐々に縮小され2020年1月1日には完全になくなる。 50人以上の従業員抱えているがフルタイム雇用者医療保険提供しない事業者は、もしそのフルタイム雇用者らの医療保険加入対して政府が(税控除などの形で)補助金出していたならば、事業者税制上のペナルティを払わなければならない2013年7月歳入庁はこの措置1年延期する発表した

※この「要点」の解説は、「医療保険制度改革 (アメリカ)」の解説の一部です。
「要点」を含む「医療保険制度改革 (アメリカ)」の記事については、「医療保険制度改革 (アメリカ)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「要点」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

要点

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 13:52 UTC 版)

名詞

ようてん

  1. 大事箇所

発音(?)

よ↗ーて↘ん

「要点」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



要点と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「要点」の関連用語

要点のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



要点のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの婿投げ・墨塗り (改訂履歴)、タキソール全合成 (改訂履歴)、医療保険制度改革 (アメリカ) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの要点 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS