要領とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 部分 > 要領の意味・解説 

要領

読み方:ようりょう

物事要旨要点、大事な点、といった意味の語。また、うまいやり方コツなどの意味で用いられる場合も多い。「要領が良い」「要領が悪い」「要領を得ない」などの表現や、「不得要領」「指導要領」といった熟語用いられる。

よう‐りょう〔エウリヤウ〕【要領】

物事の最も大事な点。要点。「質問の要領がはっきりしない

物事要点をつかんだ、うまい処理の仕方。「要領が悪くてなかなか覚えない」「要領よく話をする」


よう‐りょう エウリャウ 【要領】

〔名〕 (「要」は衣のすそ、「領」はえりの意で、衣を持つには要と領とを執るというところから)

物事の最も大切な点。要点ようれい

布令字弁(186872)〈知足原子〉六「要領 ヱウリャウ カンジン

或る女1919)〈有島武郎〉前「質問の要領をはっきり捕へそこねて」

物事をうまく処理す手段。処理のかんじんのところ。こつ。また、要点をつかんで、巧みに立ちまわる方法多く、「要領がいい」「要領が悪い」などの形で用いる。

暗夜行路(1921‐37)〈志賀直哉〉三「謙作は只、『ええ』と答へる。後は大概S氏が要領(エウリャウ)よく続け呉れのである

[語誌](1)呉音ヨウリョウ漢音ヨウレイ二つ読み方があり、ヘボンの「改正増補和英語林集成」(一八八六)では「Yōryō(ヨウリョウ)」、「言海」(一八九三)では「えうれい」。両者とも見出し立てた「日本大辞書」(一八九五)では「えうれい」を主とし、「ことばの泉」(一八九八)や「辞林」(一九〇七)では、「えうりゃう」を主としている。
(2)江戸時代においては、「翁問答」(一六五〇)には「ようれい」とあり、「授業編」(一七八三)では太宰春台の「和読要領」を「ようれう」とも「ようれい」とも読んでおり読み方はゆれていたようである。


要領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/11 08:07 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「要領」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「要領」を含むページの一覧/「要領」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「要領」が役に立つかも知れません。

関連項目



要領

出典:『Wiktionary』 (2018/04/06 06:18 UTC 版)

名詞

 ようりょう

  1. 物事要点
  2. 物事上手い処理方法

発音

よ↗ーりょ↘ー



要領と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「要領」に関係したコラム

  • 株式上場企業の業種分類

    日本の株式上場企業は、東京証券取引所(東証)をはじめとする証券取引所の独自の基準により、業種別に分類されています。例えば、東京証券取引所(東証)の場合、業種分類は「業種別分類に関する取扱い要領」により...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「要領」の関連用語

要領のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



要領のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの要領 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの要領 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS