timeとは? わかりやすく解説

TIME

読み方:タイム
別名:タイム誌TIME誌

アメリカ合衆国ニューヨーク本拠を置くタイム社Time Inc.)が発行している週刊誌1923年創刊。主に、世界各地政治経済科学医学などの分野ニュース発信している。姉妹誌に『タイム・ヨーロッパ』、『タイム・アジア』、『タイム・サウスパシフィック』などがある。

TIME誌毎年、「世界で最も影響力のある100人」(タイム100TIME100The 100 Most Influential People in the World)や「パーソン・オブ・ザ・イヤー」(Person of the Year)を発表している。

関連サイト
TIME - (英語)
TIME100 - TIME(英語)
Person of the Year - TIME(英語)

TPO

読み方:ティーピーオー
別名:Time, Place, Occasion

「TPO」は「時・場所・場面」を意味する略語であり、「時と場合応じた格好振る舞いをする」「場違いな服装態度を慎む」という意味で用いられる言葉である。服装言葉遣い態度作法などを、その時々の状況に応じて適切に選びその場にふさわしい振る舞いをする、ということ。主に「TPOに応じた服装」「TPOをわきまえるのような言い方をする。

TPOの3文字それぞれ「Time(時)」「Place(場所)」「Occasion場合)」の頭文字である。要するに「時と場合」である。

TPO の別の言い方としては「ドレスコード」や「マナー」などが挙げられるドレスコード服装を、マナー態度作法あげつらう場面で使える
TPOは和製英語である。

「TPO」の由来

TPO という表現使われ出したのは、1964年の東京オリンピック開催にされた年のことである。当時は、時と場所によった洋服使い分けをする風潮がなかった。そこで、オリンピック観戦のために海外からやってきた旅行者恥ずかしくないよう、時と場所合わせた服装をするように啓蒙活動が行われるようになったその際盛んに用いられ言葉がTPOである。「ドレスコード」や「服装規定」よりも浸透し定着早かった
TPOの意味当初、「時・場所・場合をわきまえた服装」という意味合い強く使われる場所も、ファッションに関するところや服装マナー教える場などに限られていた。その後、TPOの語が定着してくるにつれ、「時・場所・場合をわきまえた振る舞い」といった意味が後付けされていった近年では、「マナー」や「常識」といった意味でもTPOの語が用いられるまた、空気読め」という意味で「TPOをわきまえろ」といった使い方もされるようになってきた。

なお、TPOの語は和製英語のため海外では意味が通じない。TPOに近い意味を持つ英語としては occasional dressingflexible clothing などが挙げられる

ビジネスシーンにおけるTPOの語の使い方

ファッションシーンにおけるTPOの語を使った例文


ファッションシーンにおいては、時や場所、場合よりも、場の雰囲気空気にあった服装という意味に使われることが多い。TPOにはドレスコードといった意味合いもあり、最近のマナーブックには、「結婚式服装、TPO」「お葬式法事服装、TPO」といったフレーズがよく使われている。

TPOの語は、時代合わせて少しずつ変化していると言える最初は、「時・場所・場合を考えた服装」を意味するけだったのが、やがて、「言葉遣い振る舞い」が加わり、さらに今は空気しきたり常識考慮した行動」といった意味も加わっている。



time

別表記:タイム

「time」とは、時間時刻・期間のことを意味する英語表現である。

「time」とは・「time」の意味

「time」は、時間時刻・期間のほかに、時代・~回・~倍・時間調整する時間計るなどの意味がある。「time」派生語には、「timer時間記録係タイマー)」「timely時宜を得たちょうどよい時の)」などがある。

「time」の発音・読み方

「time」発音記号は「táim」。カタカナ読みは「タイム」である。

「time」の活用変化

動詞として使用する「time」は、現在分詞は「timing」、過去形過去分詞は「timed」、3人称単数現在は「times」。名詞として使用する場合複数形は、動詞3人称単数現在と同じ表記の「times」である。

「time」の語源・由来

印欧語根の「dehy-(分割する)」が、ゲルマン祖語timo時間)」、古期英語の「tima(時間)」などを経て現在の「time」となった

「time」を含む英熟語

「ahead of time」とは


定刻よりも早く」「前もって」などの意味である。

「all the time」とは


その間ずっと」「終始」などの意味である。

「at any time」とは


「いつでも」という意味である。

「at a time」とは


一度に」「一気に」などの意味である。

「at one time」とは


かつては」「一度に」などの意味である。

「at that time」とは


当時は」「あの時は」などの意味である。

「at the same time」とは


同時に」「とはいうものの」などの意味である。

「before one's time」とは


「時が来ないうちに」「天寿全うせず」などの意味である。

「by this time」とは


「この時までには」「今時分は」などの意味である。

「for a time」とは


しばらくの間」「一時」などの意味である。

「from time to time」とは


「ときどき」という意味である。

「in good time」とは


時間通りに」「早めに」などの意味である。

「in time」とは


間に合って」「そのうちに」などの意味である。

「keep time」とは


拍子を取る」「時間正確に守る」などの意味である。

「kill time」とは


時間をつぶす」という意味である。

「of the time」とは


現代の」「当時の」という意味である。

「on time」とは


定刻に」「時間通りに」などの意味がある。

「out of time」とは


遅れて」「時期外れて」などの意味がある。

「take time」とは


時間がかかる」「日時要する」などの意味がある。

「with time」とは


「時が経つにつれて」「やがて」などの意味がある。

「time」を含む英語表現

「time bomb」とは


時限爆弾」のことである。

「time capsule」とは


タイムカプセル」。その時代の物品記録入れ容器のこと。

「time card」とは


タイムカード」「勤務時間記録票」のことである。

「time clock」とは


タイムレコーダー」。従業員出勤退出時間記録する機能備えた時計のことである。

「time lag」とは


時間のずれ」のことである。

「time limit」とは


制限時間」のことである。

「time signal」とは


「(ラジオ・テレビの)時報」のことである。

「time signature」とは


拍子記号」のことである。

「time zone」とは


時間帯(共通の標準時用い地帯)」のことである。

「time」の使い方・例文

Time will tell.:時が経てばわかる。
Time flies.:光陰矢の如し
Time is money.時は金なり
Time and tide wait for no man.:歳月人を待たず
He felt less sad as time passed.:時間が経つにつれて彼の悲しみ薄れた
Don't waste your time.:時間無駄にしてはいけない。
She lost no time in answering the question.:彼女は即座にその質問答えた
What time is it?:何時ですか?
It is time for children to go to bed.:子供たちは寝る時間です。
I arrived at the appointed place on time.:私は約束の場所時間通り着いた
I met him at Christmas time.:私はクリスマス時に彼に会った
We had terrible times during war.:戦争中恐ろしい時代だった。
Your piece of cake is two times the size of mine.:あなたのケーキは私の2倍の大きさだ。
She timed her journey so that she could arrive at the hotel before dark.:彼女は暗くなる前までにホテル着けるように旅の日程調整した
The train is timed to leave at eight o'clock.:列車は8時に出発する予定です。
I wrote to her from time to time.:私はときどき彼女に手紙書いた

タイム【time】

読み方:たいむ

時。時間時刻。「ディナー—」「フル—」

速さを争う運動競技で、所要時間記録。「—をはかる」「いい—が出る」「ラップ—」

運動競技試合で、審判競技一時中止させること。また、その時間。競技者要求することもある。「—をかける」


タイム【Time】

読み方:たいむ

米国週刊ニュース雑誌1923年創刊ニュース分類した編集特色

タイムの画像
創刊号表紙はガーニーキャノン元米下院議員

ティー【T/t】

読み方:てぃー

英語のアルファベットの第20字。

《time》時・時間を表す記号

〈T〉《temperature温度を表す記号

〈t〉《ton質量の単位トン記号

〈T〉《tera数の単位テラ記号

〈T〉《「大正」のローマ字書きtaishōの頭文字から》元号大正を表す記号

〈T〉《T-shirt俗にティーシャツの略。「ちびT


タイム time

正確にはタイムセールスという。スポットセールスがスポットCM販売するに対して、タイムセールスは番組内CMを流すことを条件テレビ番組自体セールスすることをいう。このCMタイムCM呼びスポンサーから見てこの行為番組提供と呼ぶ。スポンサーには電波料制作費請求される。昔は1番組を1スポンサーが提供が原則であったが、最近は何社かによる共同提供が中心である。番組前後提供スポンサー名を表示するのを提供表示というが、その表示方法社名アナウンス仕方にはタイムCM買い上げ量に応じた決まりがある。ネット番組セールスネットタイム呼びローカル番組セールスローカルタイム呼んでいる。スポンサーから見たタイムの購入動機には、番組イメージ企業イメージ相乗効果毎週同一時間での反復訴求効果などがある。

time

(PHP 4, PHP 5)
time — 現在の Unix タイムスタンプを返す

説明

int time ( void )
現在時刻を Unix エポック (1970 年 1 月 1 日 00:00:00 GMT) からの通算秒として返します。

例 435. time() の例
<?php
$nextWeek = time() + (7 * 24 * 60 * 60);
                   // 7 日 * 24 時間 * 60 分 * 60 秒
echo 'Now:      '. date('Y-m-d') ."\n";
echo 'Next Week: '. date('Y-m-d', $nextWeek) ."\n";
// あるいは strtotime() を使用します
echo 'Next Week: '. date('Y-m-d', strtotime('+1 week')) ."\n";
?>
上の例の出力は、たとえば 以下のようになります。

Now:       2005-03-30
Next Week: 2005-04-06
Next Week: 2005-04-06

    


注意

ティップ

PHP 5.1 以降、$_SERVER['REQUEST_TIME'] によってリクエスト開始時のタイムスタンプが取得できるようになりました。

参考

date()
microtime()


Time!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/04/09 14:34 UTC 版)

Time!』(タイム!)は障子久美4作目のシングル。1993年7月21日に、ビクターエンタテインメントから発売された[1]。2020年9月2日にMEG-CDから再発売[2]、同年10月14日に配信でも発売[3]。本シングル収録の両曲ともにアルバム・ヴァージョンは、「SCOPE OF SOUL」に収録。


  1. ^ 障子久美, Time!, https://www.amazon.co.jp/dp/B00005N3ZU/ref=ntt_mus_ep_dpi_14 2021年11月7日閲覧。 
  2. ^ 障子久美/Time!”. tower.jp. 2021年11月7日閲覧。
  3. ^ 障子 久美 | Time! | ビクターエンタテインメント”. ビクターエンタテインメント | Victor Entertainment. 2021年11月7日閲覧。


「Time!」の続きの解説一覧

タイタン表層海探査

(time から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/08/03 05:35 UTC 版)

タイタン表層海探査[5](タイタンひょうそうかいたんさ、英語: Titan Mare Explorer; TiME)は、2009年アメリカ航空宇宙局 (NASA) のディスカバリー計画の一環として提案された、土星衛星タイタン探査機ランダー[2]


  1. ^ a b Yirka, Bob (2012年3月23日). “Probe mission to explore Titan's minuscule rainfall proposed”. Physorg. http://www.physorg.com/news/2012-03-probe-mission-explore-titan-miniscule.html 2012年3月23日閲覧。 
  2. ^ a b c d e Stofan, Ellen (2010年). “TiME: Titan Mare Explorer” (PDF). Caltech. 2012年5月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月17日閲覧。
  3. ^ a b Taylor, Kate (2011年5月9日). “NASA picks project shortlist for next Discovery mission”. TG Daily. http://www.tgdaily.com/space-features/55816-nasa-picks-project-shortlist-for-next-discovery-mission 2011年5月20日閲覧。 
  4. ^ a b Greenfieldboyce, Nell (2009年9月16日). “Exploring A Moon By Boat”. National Public Radio (NPR). http://www.npr.org/templates/story/story.php?storyId=112835248 2009年11月8日閲覧。 
  5. ^ NASA、2016年打ち上げ予定の惑星探査計画候補に3件を選定”. 月探査情報ステーション (2011年5月8日). 2016年6月1日閲覧。
  6. ^ a b c Hsu, Jeremy (2009年10月14日). “Nuclear-Powered Robot Ship Could Sail Seas of Titan”. Space.com. Imaginova Corp.. 2009年11月10日閲覧。
  7. ^ Discovery Mission Finalists Could Be Given Second Shot”. Space News. spacenews.com (2013年7月26日). 2014年2月15日閲覧。
  8. ^ a b The ASRG Cancellation in Context”. Planetary.com. Planetary Society (2013年12月9日). 2014年2月15日閲覧。
  9. ^ Vastag, Brian (2012年8月20日). “NASA will send robot drill to Mars in 2016”. Washington Post. http://www.washingtonpost.com/national/health-science/nasa-will-send-robot-drill-to-mars-in-2016/2012/08/20/43bf1980-eaef-11e1-9ddc-340d5efb1e9c_story.html 
  10. ^ a b c Stofan, Ellen (2009年8月25日). “Titan Mare Explorer (TiME): The First Exploration of an Extra-Terrestrial Sea” (PDF). Presentation to NASA's Decadal Survey. Space Policy Online. 2016年6月2日閲覧。
  11. ^ Titan Mare Explorer: TiME for Titan. (PDF) Lunar and Planetary Institute (2012).
  12. ^ a b Kenney, Mary (2011年5月19日). “San Diego company may get deep space work”. Sign On San Diego. http://www.signonsandiego.com/news/2011/may/19/san-diego-company-may-get-deep-space-work/?sciquest 2011年5月20日閲覧。 
  13. ^ Lorenz, Ralph (March 2012) (PDF). MP3 – A Meteorology and Physical Properties Package to explore Air-Sea interaction on Titan. Lunar and Planetary Institute. http://www.lpi.usra.edu/meetings/lpsc2012/pdf/2768.pdf 2012年7月20日閲覧。. 
  14. ^ Arvelo, Juan; Lorenz, Ralph D. (2013). “Plumbing the depths of Ligeia: Considerations for depth sounding in Titan's hydrocarbon seas”. Journal of the Acoustical Society of America 134: 4335–4342. http://scitation.aip.org/content/asa/journal/jasa/134/6/10.1121/1.4824908 2015年11月8日閲覧。. 
  15. ^ a b c Lorenz, Ralph D.; Tokano, Tetsuya; Newman, Claire E. (2012). “Winds and tides of Ligeia Mare, with application to the drift of the proposed Time (Titan Mare Explorer) capsule”. Planetary and Space Science 60: 72–85. Bibcode2012P&SS...60...72L. doi:10.1016/j.pss.2010.12.009. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0032063310003697 2011年8月17日閲覧。. 
  16. ^ Hadhazy, Adam (2011年8月17日). “Space Boat: A Nautical Mission to an Alien Sea”. Popular Science. http://www.popsci.com/science/article/2011-07/space-boat-nautical-mission-alien-sea 2011年8月17日閲覧。 
  17. ^ Carlisle, Camille (2012年3月14日). “Smooth Sailing on Titan”. Sky & Telescope. http://www.skyandtelescope.com/news/Calm-Sailing-on-Titan-142675475.html 2012年3月15日閲覧。 
  18. ^ Lorenz, Ralph D.; Mann, Jennifer (2015). “Seakeeping on Ligeia Mare: Dynamic Response of a Floating Capsule to Waves on the Hydrocarbon Seas of Saturn’s Moon Titan”. APL Tech Digest 33: 82–93. http://www.jhuapl.edu/techdigest/TD/td3302/33_02-Lorenz.pdf 2015年11月8日閲覧。. 
  19. ^ a b c Bortman, Henry (2010年3月19日). “Life Without Water And The Habitable Zone”. Astrobiology Magazine. 2016年6月2日閲覧。
  20. ^ Strobel, Darrell F. (2010). “Molecular hydrogen in Titan's atmosphere: Implications of the measured tropospheric and thermospheric mole fractions”. Icarus 208 (2): 878. Bibcode2010Icar..208..878S. doi:10.1016/j.icarus.2010.03.003. 
  21. ^ McKay, C. P.; Smith, H. D. (2005). “Possibilities for methanogenic life in liquid methane on the surface of Titan”. Icarus 178 (1): 274–276. Bibcode2005Icar..178..274M. doi:10.1016/j.icarus.2005.05.018. 
  22. ^ Happy Birthday Titan!”. Space.com (2012年3月28日). 2016年6月2日閲覧。
  23. ^ a b Oleson, Steven (2014年6月4日). “Titan Submarine: Exploring the Depths of Kraken”. NASA – Glenn Research Center. NASA. 2014年9月19日閲覧。
  24. ^ a b “NASA developing submarine to research Titan’s oceans”. Russia Today (RT). (2014年9月9日). http://rt.com/usa/186432-nasa-develops-submarine/ 2014年12月5日閲覧。 
  25. ^ “What's next for NASA – a Saturn moon submarine? 12 ambitious space concepts blast off”. Russia Today (RT). (2014年6月7日). http://on.rt.com/fqtyhs 2014年9月19日閲覧。 
  26. ^ David, Leonard (2015年2月18日). “NASA Space Submarine Could Explore Titan's Methane Seas”. Space.com. http://www.space.com/28589-titan-submarine-robotic-saturn-ship.html 2015年3月25日閲覧。 
  27. ^ Planetary Science Decadal Survey JPL Team X Titan Lake Probe Study Final report. Jet Propulsion Laboratory. (April 2010) 
  28. ^ Urdampilleta, I.; Prieto-Ballesteros, O.; Rebolo, R.; Sancho, J. (2012). TALISE: Titan Lake In-situ Sampling Propelled Explorer (PDF). European Planetary Science Congress 2012. 7 EPSC2012–64 2012. Europe: EPSC Abstracts.
  29. ^ Landau, Elizabeth (2012年10月9日). “Probe would set sail on a Saturn moon”. CNN – Light Years. http://lightyears.blogs.cnn.com/2012/10/09/probe-would-set-sail-on-a-saturn-moon/?hpt=hp_mid 2012年10月10日閲覧。 


「タイタン表層海探査」の続きの解説一覧

タイム (雑誌)

(time から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/20 14:35 UTC 版)

タイム』(英語: Time[注釈 1])は、アメリカ合衆国ニュース雑誌1923年3月3日ニューヨークで創刊された。世界初のニュース雑誌として知られている。


注釈

  1. ^ 雑誌名はオールキャップスTIME で商標登録されている。
  2. ^ "Take time"(時間をかける)と"Take Time"(『タイム』誌を手にする)を掛けたもの。後半は「簡潔に読める」ことを表したもの。
  3. ^ a b 2001年9月10日号と9月17日号の間に、9月14日特別号と9月15日特別号が増刊されている。9月14日特別号は9/11テロ事件の速報、9月15日特別号は、本来9月17日号に掲載される予定だった特集記事を、9/11テロ事件関連記事に紙面を譲るために前倒しにして発行したものである。

出典

  1. ^ a b Consumer Magazines”. Alliance for Audited Media. 2017年1月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月6日閲覧。
  2. ^ Time Asia (Hong Kong) Limited - Buying Office, Service Company, Distributor from Hong Kong | HKTDC”. www.hktdc.com. 2020年1月14日閲覧。
  3. ^ Time Canada to close”. Mastheadonline.com (2008年12月10日). 2011年9月6日閲覧。
  4. ^ TIME | 定期購読のご案内 at the Wayback Machine (archived 2017-01-20)
  5. ^ TIME FORTUNE | お問合せ at the Wayback Machine (archived 2017-01-20)
  6. ^ ティ・アイ・ジャパン合同会社の情報”. 国税庁法人番号公表サイト. 2023年7月29日閲覧。
  7. ^ a b Shu, Catherine (2018年9月17日). “Marc and Lynne Benioff will buy Time magazine from Meredith for $190M”. TechCrunch. https://techcrunch.com/2018/09/16/marc-and-lynne-benioff-will-buy-times-magazine-from-meredith-for-190m/ 2018年10月8日閲覧。 
  8. ^ History of TIME”. TIME magazine. 2005年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月14日閲覧。
  9. ^ "Henry R. Luce", in Current Biography 1941, p530
  10. ^ Brinkley, The Publisher, pp 88–89
  11. ^ Instant History: Review of First Issue with Cover”. Brycezabel.com (1923年3月3日). 2014年1月26日閲覧。
  12. ^ Time Inc. Layoffs: Surveying the Wreckage”. Gawker. 2007年10月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年12月15日閲覧。
  13. ^ Time's foray into personal publishing” (2009年4月27日). 2009年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年12月15日閲覧。
  14. ^ Hagey, Keach; Trachtenberg, Jeffrey (2013年1月30日). “Time Inc. Begins Staff Cuts” (英語). Wall Street Journal. ISSN 0099-9660. http://online.wsj.com/article/SB10001424127887324610504578273830154238010.html 2023年7月29日閲覧。 
  15. ^ Greenslade, Roy (2013年1月31日). “Time Inc to shed 500 jobs” (英語). The Guardian. ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/media/greenslade/2013/jan/31/time-magazine-downturn 2023年7月29日閲覧。 
  16. ^ a b Haughney, Christine (2013年9月17日). “Time Magazine Names Its First Female Managing Editor”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2013/09/18/business/media/time-magazine-names-its-first-female-managing-editor.html?_r=0 
  17. ^ Ember, Sydney (2017年11月26日). “Time Inc. Sells Itself to Meredith Corp., Backed by Koch Brothers”. The New York Times. 2017年11月27日閲覧。
  18. ^ Meredith Corporation Announces Completion Of Time Inc. Acquisition And Reports Fiscal 2018 Second Quarter And First Half Results メレディス社のプレスリリース
  19. ^ Spangler, Todd (2018年3月21日). “Meredith Laying Off 1,200, Will Explore Sale of Time, SI, Fortune and Money Brands” (英語). Variety. https://variety.com/2018/biz/news/meredith-layoffs-1200-time-inc-magazine-sale-time-si-fortune-money-1202732892/ 2018年3月22日閲覧。 
  20. ^ Shu, Catherine (2018年9月17日). “Marc and Lynne Benioff will buy Time magazine from Meredith for $190M”. TechCrunch. https://techcrunch.com/2018/09/16/marc-and-lynne-benioff-will-buy-times-magazine-from-meredith-for-190m/ 2018年9月17日閲覧。 .
  21. ^ Levine, Jon (2018年12月14日). “Time Magazine Staffs Up Under New Ownership”. TheWrap. 2023年7月30日閲覧。
  22. ^ Byers, Dylan (2012年8月7日). “Time Magazine still on top in circulation”. 2018年10月8日閲覧。
  23. ^ Trachtenberg, Jeffrey A. (2017年10月10日). “For Time Inc.’s Magazines, Fewer Copies Is the Way Forward”. 2020年7月14日閲覧。
  24. ^ The New Yorker – Google Books. Books.google.com. https://books.google.com/books?id=xpMiAQAAMAAJ&q=%22Backward+ran+sentences+until+reeled+the+mind%22&dq=%22Backward+ran+sentences+until+reeled+the+mind%22&hl=en&sa=X&ei=6IL-Ud0K5JDIAc-0gbAI&ved=0CEUQ6AEwBQ 2014年1月26日閲覧。 
  25. ^ “TIME Magazine archives”. Time. http://www.time.com/time/archive 
  26. ^ Lin, Tao (2010年9月21日). “Great American Novelist”. TheStranger.com. 2011年5月30日閲覧。
  27. ^ MSNBC-TV report by Andrea Mitchell, April 17, 2008, 1:45 pm .
  28. ^ D.W. Pine (2019年9月12日). “The Story Behind TIME's Climate Change Cover” (英語). Time. 2022年7月10日閲覧。
  29. ^ サンドアート「TIME」誌表紙に 千葉で彫刻家の保坂さん制作”. 毎日新聞 (2019年9月18日). 2022年7月10日閲覧。
  30. ^ Watch: The Rise and Fall of Richard Nixon in TIME Covers” (英語). Time. 2018年9月17日閲覧。
  31. ^ Hagan, Joe (2007年3月4日). “The Time of Their Lives”. NYMag.com. New York Magazine. 2012年8月22日閲覧。
  32. ^ Nussbaum, Bruce (2007年3月25日). “Does The Redesign of Time Magazine Mean It Has A New Business Model As Well?”. Bloomberg Businessweek. BLOOMBERG L.P. 2012年8月22日閲覧。
  33. ^ Will, George F. (2006年12月21日). “Full Esteem Ahead”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/12/20/AR2006122001330.html 
  34. ^ Suharto wins $128m in damages | Herald Sun at the Wayback Machine (archived 2007-10-17)
  35. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ). “タイム(週刊誌)(たいむ)とは? 意味や使い方”. コトバンク. 2023年9月3日閲覧。
  36. ^ The Time of Their Lives”. 2007年4月22日閲覧。
  37. ^ Corliss, Richard; Schickel, Richard (2005年2月12日). “All-TIME 100 Movies”. Time. http://www.time.com/time/2005/100movies 
  38. ^ Best Soundtracks」『Time』、2005年2月12日。オリジナルの2005年5月24日時点におけるアーカイブ。
  39. ^ Corliss, Richard (2005年6月2日). “That Old Feeling: Secrets of the All-Time 100”. Time. オリジナルの2010年8月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100811185345/http://www.time.com/time/columnist/corliss/article/0,9565,1068026,00.html 
  40. ^ Poniewozik, James「The 100 Best TV Shows of All-TIME」『Time』、2007年9月6日。オリジナルの2007年10月28日時点におけるアーカイブ。
  41. ^ “All-TIME 100 Fashion Icons”. Time. (2012年4月2日). http://content.time.com/time/specials/packages/completelist/0,29569,2110513,00.html 
  42. ^ a b Evelyn Waugh: ‘Time’ Names Male Writer In List Of ‘100 Most Read Female Authors’”. The Inquisitr (2016年2月25日). 2020年7月14日閲覧。
  43. ^ Time magazine correction: Evelyn Waugh was not a woman” (2016年2月26日). 2020年7月14日閲覧。
  44. ^ a b Olivia B. Waxman (2020年12月8日). “The Story Behind TIME's 'Red X' Covers” (英語). Time. 2022年7月9日閲覧。
  45. ^ Gustini, Ray (2011年5月2日). “A Brief History of Time Magazine's 'X' Covers”. The Wire. 2013年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月14日閲覧。
  46. ^ Chelsea Ritschel (2020年12月7日). “Time declares 2020 ‘the worst year ever’ on its latest cover” (英語). The Independent. 2022年7月9日閲覧。
  47. ^ Laurent, Olivier (2013年7月31日). “Changing Time: How LightBox has renewed Time's commitment to photography”. 2015年1月6日閲覧。
  48. ^ LIFE.com's 2011 Photo Blog Awards - Photo Gallery - LIFE at the Wayback Machine (archived 2012-01-06)
  49. ^ a b c Guide to the Time Inc. Records Overview 1853–2015”. New-York Historical Society (2018年7月23日). 2018年10月8日閲覧。
  50. ^ 「タイム」編集部、越智道雄(訳)『「タイム」誌が見た日本の50年〈上〉復興と繁栄〉』プレジデント社、1998年、179頁。ISBN 4-8334-1666-2。(表紙写真が掲載されている)
  51. ^ 『「タイム」誌が見た日本の50年〈上〉復興と繁栄〉』192頁。(表紙写真が掲載されている)
  52. ^ 『「タイム」誌が見た日本の50年〈上〉復興と繁栄〉』245頁。(表紙写真が掲載されている)
  53. ^ 『「タイム」誌が見た日本の50年〈上〉復興と繁栄〉』271頁。(表紙写真が掲載されている)
  54. ^ 「タイム」編集部、沢田博(訳)『「タイム」誌が見た日本の50年〈下〉栄光と試練』プレジデント社、1998年、30頁。ISBN 4-8334-1671-9。(表紙写真が掲載されている)
  55. ^ 『「タイム」誌が見た日本の50年〈下〉栄光と試練』55頁。(表紙写真が掲載されている)
  56. ^ 『「タイム」誌が見た日本の50年〈下〉栄光と試練』77頁。(表紙写真が掲載されている)
  57. ^ 『「タイム」誌が見た日本の50年〈下〉栄光と試練』90頁。(表紙写真が掲載されている)
  58. ^ 『「タイム」誌が見た日本の50年〈下〉栄光と試練』159頁。(表紙写真が掲載されている)
  59. ^ Walsh, Bryan (2006年9月11日). “The Abe Enigma” (英語). Time. ISSN 0040-781X. https://content.time.com/time/subscriber/article/0,33009,1533514,00.html 2022年7月9日閲覧。 
  60. ^ Beech, Hannah; Sekiguchi, Toko (2007年9月13日). “Fade Away” (英語). Time. ISSN 0040-781X. https://content.time.com/time/subscriber/article/0,33009,1661453,00.html 2022年7月9日閲覧。 



時間

(time から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/24 07:10 UTC 版)

時間(じかん、: time)とは、出来事変化認識するための基礎的な概念である。芸術哲学自然科学心理学などで重要なテーマとして扱われることもあり、分野ごとに定義が異なる。


注釈

  1. ^ 認識の基礎形式であり、もともと人間の認識の根底部分に、思考や認識と不可分の状態で横たわっており、逆に言うと、時間を人間の認識から分離して、客観的な対象として認識することがきわめて困難なため。
  2. ^ 時を川にたとえて川が流れていても本当は時間が流れているわけではなく、また時計の針が回っていても、回っているのはあくまで針なのであって、本当は時間がぐるぐる回っているわけではない、とも金田一秀穂は指摘した。
  3. ^ ラテン語形: Caerus
  4. ^ ただし湯川秀樹は、ニュートンは自然の空間や時間が本当は均一ではない、と睨んでいたからこそ、あえて自らの体系の中で仮想されている空間や時間を「絶対空間」や「絶対時間」と呼んだのだ、といったことを指摘している[16]
  5. ^ ヘルマン・ミンコフスキーにより示された通り、ローレンツ変換はこの4次元空間の座標軸の回転と見なせる。
  6. ^ タイムトラベルを扱うSFや疑似科学ではタイムパラドックスの解消のために分岐時間を使う、などという設定、発想が多く見られる。

出典

  1. ^ 真木悠介 『時間の比較社会学』 岩波書店、2003年
  2. ^ a b c d 広辞苑第六版
  3. ^ a b 「日本国語大辞典-第六版」小学館 2001年6月
  4. ^ a b 「広辞苑-第五版」岩波書店 1998年11月
  5. ^ a b c 「国語辞典-第六版」岩波書店 2000年11月
  6. ^ a b 「大辞林-第三版」三省堂 2006年10月
  7. ^ a b 『大辞泉』
  8. ^ a b 「日本語大辞典」講談社 1989年11月
  9. ^ a b c d 『NHK高校講座 あらためまして ベーシック国語「比喩表現」』金田一秀穂解説担当。
  10. ^ a b アウグスティヌス『告白』第11巻第14節
  11. ^ a b 曜日の話”. 2011年4月12日閲覧。[リンク切れ]
  12. ^  国際単位系(SI)第9版(2019)日本語版 p.99、産業技術総合研究所、計量標準総合センター
  13. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 阿部正雄「時間」『宗教学辞典』東京大学出版会、1973年。 
  14. ^ a b 『Newton』別冊「時間とは何か」改訂版 2013年5月13日
  15. ^ a b c d e f g h i j k l 安部謹也『世界大百科事典』1988年。 
  16. ^ 出典:『湯川秀樹著作集』岩波書店。
  17. ^ 『アインシュタイン自伝ノート』東京図書、1978年9月。ISBN 448901127X  p.77-80
  18. ^ 吉田伸夫『明解量子重力理論入門』講談社、2011年、61頁。ISBN 978-4-06-153275-5 
  19. ^ a b ロバート・L・フォワード 『SFはどこまで実現するか 重力波通信からブラック・ホール工学まで』 久志本克己訳 講談社〈ブルーバックス〉、1989年、247頁
  20. ^ 培風館『物理学辞典』
  21. ^ Bizarre quantum experiment suggests time can run backwards”. Daily Mail Online (2015年2月10日). 2017年12月15日閲覧。
  22. ^ 寺田寅彦「映画の世界像」寺田寅彦全集第八巻岩波書店 1997年 所収 p150
  23. ^ ピーター・コヴニー;ロジャー・ハイフィールド「時間の矢、生命の矢」草思社 1995年3月 p28
  24. ^ 田崎秀一「カオスから見た時間の矢―時間を逆にたどる自然現象はなぜ見られないか」(ブルーバックス)講談社 2000年4月 p18
  25. ^ Arthur Stanley Eddington "The nature of the physical world (The Gifford lectures)" MacMillan (1943) ASIN B0006DFTN4
  26. ^ 英語版ウィキペディア "時間の矢"
  27. ^ 戸田盛和「物理読本(1) マクスウェルの魔―古典物理の世界-」岩波書店 1997年10月 p108
  28. ^ 藤原邦男;兵頭俊夫「熱学入門―マクロからミクロへ」東京大学出版会 1995年6月 3章
  29. ^ a b c 長倉三郎、他(編)「岩波理化学辞典 - 第5版」岩波書店 1998年2月 "可逆性"、"時間反転"
  30. ^ 渡辺 慧 「時間の歴史―物理学を貫くもの」東京図書 1987年5月
  31. ^ a b 吉永 良正(編)「時間とは何か?(別冊日経サイエンス 180)」日経サイエンス 2011/08
  32. ^ a b マジョリー・F・ヴァーガス 著、石丸正 訳『非言語コミュニケーション』新潮社〈新潮選書〉、1987年、173頁。 
  33. ^ 本川達雄『ゾウの時間、ネズミの時間』中央公論社、1992年、ISBN 4121010876
  34. ^ 鋼屋ジン 古橋秀之 「斬魔大聖デモンベイン 軍神強襲」 角川スニーカー文庫 2006/8
  35. ^ ロバート・L・フォワード 『SFはどこまで実現するか 重力波通信からブラック・ホール工学まで』 久志本克己訳 講談社〈ブルーバックス〉、1989年、259頁
  36. ^ 山本弘「トンデモ本?違う、SFだ!」 洋泉社 2004年7月



time

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 01:06 UTC 版)

タイム」の記事における「time」解説

ウィクショナリー関連辞書項目あります。time 時間 時刻 球技などで、競技者一時休止申し出ること。タイムアウトの略。野球におけるタイムボールデッド参照 タイム (雑誌) - アメリカ合衆国ニュース週刊誌 time (UNIX) - プログラム実行要する時間経過時間計測するコマンドタイム (タバコ)(英語版) - タバコ銘柄1つ。 time - 現在の時刻 (calendar time) を取得する標準Cライブラリ関数en:C date and time functions time (コマンド)(英語版) - 現在時刻設定表示をするコマンドタイム - カメラにおいて、長時間露光のための仕組み1つタイムモードにしてレリーズボタンを押すと、レリーズボタンを放してシャッター開いたままになり、シャッター閉じるには別の操作再度、レリーズボタンを押すなど)を行う。シャッター (カメラ)参照のこと。

※この「time」の解説は、「タイム」の解説の一部です。
「time」を含む「タイム」の記事については、「タイム」の概要を参照ください。


+Time(1000コイン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 04:08 UTC 版)

LINE:ディズニー ツムツム」の記事における「+Time(1000コイン)」の解説

プレイ時間を5秒プラスした状態(1プレイ65秒)でプレイ開始となる。

※この「+Time(1000コイン)」の解説は、「LINE:ディズニー ツムツム」の解説の一部です。
「+Time(1000コイン)」を含む「LINE:ディズニー ツムツム」の記事については、「LINE:ディズニー ツムツム」の概要を参照ください。


+Time

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/06 14:23 UTC 版)

マーベルツムツム」の記事における「+Time」の解説

プレイ時間をプラスした状態でプレイ開始となる。

※この「+Time」の解説は、「マーベルツムツム」の解説の一部です。
「+Time」を含む「マーベルツムツム」の記事については、「マーベルツムツム」の概要を参照ください。


TIME

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 00:43 UTC 版)

爆ボンバーマン」の記事における「TIME」解説

一回対戦制限時間設定できる

※この「TIME」の解説は、「爆ボンバーマン」の解説の一部です。
「TIME」を含む「爆ボンバーマン」の記事については、「爆ボンバーマン」の概要を参照ください。


TIME

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/15 16:53 UTC 版)

スーパーボンバーマン3」の記事における「TIME」解説

一回対戦制限時間設定できる。1~5分、∞(無制限)。

※この「TIME」の解説は、「スーパーボンバーマン3」の解説の一部です。
「TIME」を含む「スーパーボンバーマン3」の記事については、「スーパーボンバーマン3」の概要を参照ください。


TIME(英語版)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/24 10:05 UTC 版)

COMMAND.COM」の記事における「TIME(英語版)」の解説

システム時刻時刻のみを表示または設定する

※この「TIME(英語版)」の解説は、「COMMAND.COM」の解説の一部です。
「TIME(英語版)」を含む「COMMAND.COM」の記事については、「COMMAND.COM」の概要を参照ください。


TIME

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/10 14:31 UTC 版)

サターンボンバーマン」の記事における「TIME」解説

1回試合制限時間設定できる。1~9分。

※この「TIME」の解説は、「サターンボンバーマン」の解説の一部です。
「TIME」を含む「サターンボンバーマン」の記事については、「サターンボンバーマン」の概要を参照ください。


TIME

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 23:24 UTC 版)

デザインあ」の記事における「TIME」解説

77初登場時間の単位を秒から世紀まで下りながら、時間人とのつながり表現した映像全編英語で歌われるが、歌詞テロップ日本語訳表示される。歌はアート・リンゼイ映像製作はミズヒロ。

※この「TIME」の解説は、「デザインあ」の解説の一部です。
「TIME」を含む「デザインあ」の記事については、「デザインあ」の概要を参照ください。


TIME

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/25 06:58 UTC 版)

ボンバーマンビーダマン」の記事における「TIME」解説

一回試合制限時間設定できる30(秒)/60(秒)/90(秒)/120(秒)。

※この「TIME」の解説は、「ボンバーマンビーダマン」の解説の一部です。
「TIME」を含む「ボンバーマンビーダマン」の記事については、「ボンバーマンビーダマン」の概要を参照ください。


TIME

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/04 09:53 UTC 版)

マリオテニス64」の記事における「TIME」解説

制限時間内にどれだれのリングをゲットできるかを競う

※この「TIME」の解説は、「マリオテニス64」の解説の一部です。
「TIME」を含む「マリオテニス64」の記事については、「マリオテニス64」の概要を参照ください。


TIME

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/04 16:15 UTC 版)

爆ボンバーマン2」の記事における「TIME」解説

一回対戦制限時間設定できる。30/60/99/∞(無制限)。バトルロイヤルスコアアタックは∞を選択できない

※この「TIME」の解説は、「爆ボンバーマン2」の解説の一部です。
「TIME」を含む「爆ボンバーマン2」の記事については、「爆ボンバーマン2」の概要を参照ください。


TIME

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 03:08 UTC 版)

スーパーボンバーマン4」の記事における「TIME」解説

1回対戦制限時間設定できる。1分/2分/3分/5分/∞(無制限

※この「TIME」の解説は、「スーパーボンバーマン4」の解説の一部です。
「TIME」を含む「スーパーボンバーマン4」の記事については、「スーパーボンバーマン4」の概要を参照ください。


TIME

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/14 21:01 UTC 版)

ボンバーマンワールド (プレイステーション)」の記事における「TIME」解説

一回対戦制限時間設定できる。1~5分、∞(無制限)。

※この「TIME」の解説は、「ボンバーマンワールド (プレイステーション)」の解説の一部です。
「TIME」を含む「ボンバーマンワールド (プレイステーション)」の記事については、「ボンバーマンワールド (プレイステーション)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「time」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「time」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「time」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「time」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



timeのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2024 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2024 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
PHP Documentation GroupPHP Documentation Group
Copyright © 1997 - 2024 by the PHP Documentation Group.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのTime! (改訂履歴)、タイタン表層海探査 (改訂履歴)、タイム (雑誌) (改訂履歴)、時間 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのタイム (改訂履歴)、LINE:ディズニー ツムツム (改訂履歴)、マーベルツムツム (改訂履歴)、爆ボンバーマン (改訂履歴)、スーパーボンバーマン3 (改訂履歴)、COMMAND.COM (改訂履歴)、サターンボンバーマン (改訂履歴)、デザインあ (改訂履歴)、ボンバーマンビーダマン (改訂履歴)、マリオテニス64 (改訂履歴)、爆ボンバーマン2 (改訂履歴)、スーパーボンバーマン4 (改訂履歴)、ボンバーマンワールド (プレイステーション) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS