山本五十六とは?

【山本五十六】(やまもといそろく)

新潟県出身大日本帝国海軍軍人で、第26代・27連合艦隊司令長官(1884(明治17)生~1943(昭和18)没) 。
生涯最終階級勲功元帥海軍大将正三位大勲位功一級であった。

太平洋戦争大東亜戦争中に戦死するまで、戦争緒戦海軍攻勢作戦中でも真珠湾攻撃ミッドウェー海戦での総指揮に当たったことから、海外でもこの戦争における日本を代表する提督として知られている。

明治時代

明治17年1884年)、長岡市玉蔵院町の旧長岡藩士・高野貞吉の六男として生まれる。
その時父親年齢56歳だったため「五十六」と命名され、「高野五十六」と名乗った。

長岡町立阪之上尋常小学校旧制新潟県立長中学校卒業した後、明治34年(1901年)に海軍兵学校次席入校した。

明治37年(1904年)に海軍兵学校卒業し、席次11番。
その直後日露戦争勃発日本海海戦では少尉候補生として装甲巡洋艦日進」に乗艦
その艦上で敵の砲弾炸裂により、左手人差し指中指を失い、左大腿部重傷を負う。

大正時代

大正4年(1915年)、子爵牧野忠篤口添えによって旧長岡藩家老家柄であった山本家相続する。
これにより本名が「山本五十六」に変わる。
大正5年(1916年)に海軍大学校卒業した後、大正8年(1919年)に在アメリカ大使館海軍武官として渡米大正10年(1921年)まで、ハーバード大学留学した。

昭和時代

昭和11年(1936年)に海軍次官就任し、1939年(昭和14年)8月阿部信行内閣発足時に中将であった山本連合艦隊司令長官第一艦隊司令長官就任する。
次官当時からの懸案事項だった日独伊三国軍事同盟には海軍大臣米内光政と共に最後まで反対していた。
また、航空機主力兵器となる時代予期して、「大和」級戦艦建造にも反対し、日米開戦にも反対した。
これは自分駐在経験から、日本アメリカ国力違い認識していたものであった。
しかし山本
開戦劈頭有力な航空兵力によって敵本営に切り込み米海軍をして物心ともに当分起ち難いまでの痛撃加えるほかなしと考えることに立ち入った次第です」
嶋田繁太郎海軍大臣への10月24日書簡で述べていた。 後、山本決意を知った嶋田は、ハワイ奇襲攻撃作戦許可出している。

開戦決定以後短期決戦のために特に航空機に力を入れる。
真珠湾攻撃など、太平洋戦争大東亜戦争緒戦における快進撃によって、山本英雄として扱われる。

しかし昭和17年(1942年)6月ミッドウェー海戦によって大敗北を喫し、1943年4月ブーゲンビル島上空で、一式陸上攻撃機に乗っていた山本アメリカ軍のP-3816機に襲撃撃墜され、戦死した。

山本の死は一ヶ月上国民から隠され、5月21日大本営発表で、公にされた。
同年6月日比谷公園国葬が催され、葬儀委員長米内光政務めた。
時の首相だった東条英機は「君逝き みにしむ責の 重きかな されどやみなん 勝てやむべき」と詠んだ。


山本五十六

読み方:ヤマモトイソロク(yamamotoisoroku)

作者 阿川弘之

初出 昭和39~40年

ジャンル 小説


山本五十六

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/28 14:58 UTC 版)

山本 五十六(やまもと いそろく、1884年明治17年〉4月4日 - 1943年昭和18年〉4月18日)は、日本海軍軍人。最終階級元帥海軍大将。第26、27代連合艦隊司令長官海軍兵学校32期生。前線視察の際、ブーゲンビル島上空で戦死(海軍甲事件)。旧姓高野栄典正三位大勲位功一級


  1. ^ 戦死後に元帥府に列せらる。
  2. ^ 後年、名前の由来を聞かれると不機嫌になった(安保清種談)海軍生活放談, p. 202、人間 山本, p. 213
  3. ^ これに留年した生徒が15名加わり、215名で教育開始。
  4. ^ アリゾナオクラホマ完全破壊。ウェストバージニアカリフォルニアは復帰。
  5. ^ 石田直儀(大和主砲測距手)談[219]
  6. ^ 戦争前、停泊中の生活は、近江従兵長の著作に詳しい。
  7. ^ 反町著では艦長。実際は運用研究。
  1. ^ 山本五十六人物紹介(山本五十六記念館HP)
  2. ^ 人物叢書, p. 1; 半藤, p. 13.
  3. ^ 海燃ゆ, p. 15.
  4. ^ 海軍生活放談, p. 517.
  5. ^ 死に往く長官 下, p. 204.
  6. ^ 海燃ゆ, pp. 34-36.
  7. ^ 人間 山本, p. 121.
  8. ^ 人物叢書, pp. 8-9.
  9. ^ 人物叢書, p. 15; 人間 山本, p. 127.
  10. ^ 海燃ゆ, p. 41; 人間 山本, p. 127.
  11. ^ 人物叢書, p. 21.
  12. ^ 人物叢書, p. 22.
  13. ^ 人物叢書, p. 23; 人間 山本, p. 140.
  14. ^ 人間 山本, p. 132; 死に往く長官 下, p. 203.
  15. ^ 人物叢書, p. 25.
  16. ^ 傷痍軍人徽章第一号(水交会編『回想の日本海軍』原書房P330)、海燃ゆ, p. 51、人間 山本, pp. 145-149
  17. ^ 豊田 1992, pp. 211、野村實『山本五十六再考』pp. 159-167
  18. ^ 人間 山本, pp. 152-153.
  19. ^ 海燃ゆ, pp. 55-56; 人間 山本, pp. 153-157.
  20. ^ 人物叢書, p. 31.
  21. ^ 人物叢書, p. 32.
  22. ^ 海軍兵学校物語, p. 105; 人物叢書, p. 33.
  23. ^ 人間 山本, pp. 188-189; 人物叢書, p. 33.
  24. ^ 海燃ゆ, p. 59; 人間 山本, p. 192.
  25. ^ 海軍兵学校物語, p. 109.
  26. ^ 人物叢書, p. 36.
  27. ^ 海燃ゆ, p. 62; 人間 山本, p. 200.
  28. ^ 海燃ゆ, pp. 68-70; 人間 山本, p. 205.
  29. ^ 大正5年9月25日付 海軍公報 第1230号。
  30. ^ 人物叢書, p. 38.
  31. ^ 海燃ゆ, pp. 70-73; 人間 山本, pp. 209-211.
  32. ^ 人間 山本, pp. 209-211.
  33. ^ 海燃ゆ, pp. 83-84.
  34. ^ 海燃ゆ, pp. 86-87; 人物叢書, p. 40.
  35. ^ 「編集便り」『ナショナル・ジオグラフィック日本版』 1999年(平成11年)4月号、187頁。
  36. ^ 海燃ゆ, p. 102; 豊田 1992, p. 25.
  37. ^ 人物叢書, p. 74.
  38. ^ 人物叢書, p. 77; 海軍兵学校物語, p. 110.
  39. ^ 人物叢書, p. 78.
  40. ^ 人物叢書, p. 80; 海燃ゆ, p. 110.
  41. ^ 人間 山本, p. 248.
  42. ^ 人物叢書, p. 85.
  43. ^ 人物叢書, p. 84; 人間 山本, p. 251.
  44. ^ 人物叢書, pp. 94-95; 人間 山本, pp. 252-253.
  45. ^ 野村実編『侍従武官城 英一郎日記』山川出版社 3頁
  46. ^ , pp. 10-11.
  47. ^ 人間 山本, pp. 255-256.
  48. ^ , pp. 18-19.
  49. ^ 豊田 1992, p. 26.
  50. ^ 人物叢書, p. 102.
  51. ^ 人間 山本, pp. 289-290原文のまま
  52. ^ 人物叢書, p. 108.
  53. ^ 人物叢書, p. 188; 豊田 1992, p. 27.
  54. ^ 人物叢書, p. 109; 人間 山本, p. 273.
  55. ^ 人間 山本, pp. 274.
  56. ^ 人間 山本, p. 298.
  57. ^ 人間 山本, p. 299.
  58. ^ 人物叢書, pp. 54, 112; 人間 山本, p. 300; 海軍の昭和史.
  59. ^ 人物叢書, p. 56.
  60. ^ 人物叢書, p. 57; 人間 山本, p. 302; 山本の大罪.
  61. ^ 人間 山本, p. 302.
  62. ^ 海軍の昭和史, p. 38.
  63. ^ 人物叢書, p. 54.
  64. ^ a b 海軍兵学校物語, p. 87
  65. ^ 海燃ゆ, p. 150; 人間 山本, p. 303.
  66. ^ 人間 山本, pp. 303-304.
  67. ^ 人物叢書, p. 112; 人間 山本, pp. 307-309.
  68. ^ 人間 山本, pp. 310-311原文ママ
  69. ^ 淵田自叙伝, pp. 65-66.
  70. ^ 奥宮, p. 197.
  71. ^ 源田実論, pp. 19-25; 生出『源田実』, p. 335.
  72. ^ 人物叢書, p. 126.
  73. ^ 人間 山本, p. 329.
  74. ^ 源田実『海軍航空隊、発進』p. 204
  75. ^ 春山和典『ワシントンの桜の下』、田中英道『戦後日本を狂わせたOSS「日本計画」』
  76. ^ 人間 山本, p. 331; 海軍人事, p. 174.
  77. ^ 海軍人事, p. 174.
  78. ^ 海軍人事, p. 166.
  79. ^ 海燃ゆ, pp. 166, 173.
  80. ^ 人物叢書, p. 68.
  81. ^ 海軍人事, p. 175.
  82. ^ 海燃ゆ, pp. 181-183.
  83. ^ 人間 山本, p. 337; 人物叢書, p. 69.
  84. ^ 海燃ゆ, p. 201; 半藤, pp. 442-443.
  85. ^ 相澤淳『海軍の選択』中公叢書、p.64
  86. ^ 相澤淳『海軍の選択』中央公論新社、p.61-72
  87. ^ 海燃ゆ, p. 185.
  88. ^ 人間 山本, p. 338; 半藤, p. 85.
  89. ^ 人物叢書, p. 70.
  90. ^ 海燃ゆ, pp. 194-195; 人間 山本, pp. 345-346.
  91. ^ 人間 山本, p. 381.
  92. ^ 海燃ゆ, pp. 203-204; 人間 山本, pp. 385-386.
  93. ^ 人物叢書, p. 131.
  94. ^ 人物叢書, p. 132.
  95. ^ 草鹿『半生記』, p. 255.
  96. ^ 三村, p. 336; ニミッツと山本, p. 230.
  97. ^ ニミッツと山本, p. 231.
  98. ^ 人間 山本, p. 383.
  99. ^ 人間 山本, p. 384.
  100. ^ 人間 山本, p. 385.
  101. ^ 碇義朗『鷹が征く 大空の死闘 源田実VS柴田武雄』(光人社、2000年)101-102頁
  102. ^ 海燃ゆ, p. 209; 人間 山本, p. 524.
  103. ^ 人間 山本, pp. 391-392.
  104. ^ 海軍人事, pp. 203-204.
  105. ^ 海燃ゆ, pp. 199-200; 人間 山本, p. 377.
  106. ^ 人物叢書, p. 133.
  107. ^ a b 海軍の昭和史, p. 137
  108. ^ 海軍の昭和史, p. 121.
  109. ^ 人間 山本, p. 528.
  110. ^ 海軍の昭和史, p. 287.
  111. ^ 悲劇の南雲中将, p. 131.
  112. ^ 海燃ゆ, p. 243.
  113. ^ 海燃ゆ, pp. 210-211; 人間 山本, p. 383.
  114. ^ 海軍の昭和史, pp. 19-20.
  115. ^ 海燃ゆ, pp. 220-223.
  116. ^ 海軍の昭和史, pp. 21-23.
  117. ^ 人物叢書, p. 139.
  118. ^ 人物叢書, p. 141.
  119. ^ 人物叢書, p. 142.
  120. ^ 人物叢書, p. 145.
  121. ^ 海軍人事, p. 240.
  122. ^ 海軍人事, p. 241.
  123. ^ 海燃ゆ, p. 235.
  124. ^ 海燃ゆ, p. 262; 海軍の昭和史, p. 143.
  125. ^ 海軍人事, p. 216; 日本海軍のこころ, p. 247.
  126. ^ 人物叢書, pp. 148-149.
  127. ^ 海軍の昭和史, p. 138; 半藤, p. 88.
  128. ^ 日本海軍のこころ, p. 277.
  129. ^ 人間 山本, p. 414; 海軍人事, p. 244.
  130. ^ 人間 山本, pp. 415-417.
  131. ^ 人間 山本, p. 419; 豊田 1992, p. 190; 海軍の昭和史, p. 147.
  132. ^ 人間 山本, p. 420; 海燃ゆ, pp. 225-266.
  133. ^ 海軍人事, p. 246.
  134. ^ 海軍の昭和史, p. 139; 海軍人事, p. 250.
  135. ^ 平間, p. 23; 半藤, pp. 100-101.
  136. ^ 海軍の昭和史, p. 183.
  137. ^ 海軍の驕り, p. 30; 千早インタビュー, p. 24.
  138. ^ 海軍生活放談, pp. 422-423; 吉田『指揮官』, p. 55.
  139. ^ ニミッツと山本, p. 232.
  140. ^ 山本の大罪, pp. 160-161, 336.
  141. ^ 人間 山本, p. 425; 海燃ゆ, p. 273.
  142. ^ 人間 山本, p. 428.
  143. ^ 人間 山本, p. 428; 人物叢書, pp. 155-156; 参謀黒島, pp. 113-114.
  144. ^ 海軍の昭和史, p. 85.
  145. ^ 人間 山本, p. 428; 海燃ゆ, p. 284.
  146. ^ 海燃ゆ, pp. 288-289.
  147. ^ 豊田 1992, p. 31.
  148. ^ 生出『戦略』, p. 36; 生出『源田実』, p. 169.
  149. ^ 奥宮, pp. 197-198.
  150. ^ 人間 山本, p. 443; 海燃ゆ, p. 298.
  151. ^ 海軍の昭和史, p. 181; 半藤, pp. 112-113.
  152. ^ 人間 山本, pp. 407-408; 海燃ゆ, pp. 275-277.
  153. ^ 平間, p. 28; 半藤, p. 125.
  154. ^ 海軍の昭和史, p. 197.
  155. ^ 平間, p. 29; 海軍人事, p. 282.
  156. ^ 半藤 2011, pp. 127-128.
  157. ^ 海燃ゆ, p. 300.
  158. ^ ゴードン・プランゲ『トラトラトラ 太平洋戦争はこうして始まった』並木書房21頁
  159. ^ 平間, p. 314; 半藤, p. 130.
  160. ^ 世界文化社『ビッグマンスペシャル・連合艦隊上巻・勃興編』(1997年刊)より抜粋。人間 山本, p. 445
  161. ^ 海軍の昭和史, p. 198; 三村, p. 120; 吉田『指揮官』, p. 68.
  162. ^ 人間 山本, p. 447; 海燃ゆ, pp. 307-308原文ママ
  163. ^ 人間 山本, pp. 449-450.
  164. ^ 人間 山本, pp. 448-449; 海燃ゆ, pp. 305-306.
  165. ^ 海軍人事, pp. 291-292; 豊田 1992, p. 22.
  166. ^ a b 戦史叢書43, p. 16.
  167. ^ 戦史叢書43, pp. 21-22.
  168. ^ 人物叢書, p. 191; 豊田 1992, pp. 23-24.
  169. ^ 海軍の昭和史, pp. 373-374.
  170. ^ 太平洋戦争の提督たち, p. 58.
  171. ^ 人物叢書, p. 191.
  172. ^ a b 海軍の驕り 上, pp. 101-103
  173. ^ 源田実『真珠湾作戦回顧録』pp. 11-13
  174. ^ 戦史叢書10, pp. 91-92.
  175. ^ 人物叢書, p. 130; 海軍人事, p. 293.
  176. ^ 海軍の昭和史, p. 373.
  177. ^ 参謀黒島, pp. 91, 96.
  178. ^ 生出寿『勝つ司令部負ける司令部』pp. 31-32
  179. ^ 人間 山本, pp. 475-477; 海燃ゆ, p. 350.
  180. ^ 生出『源田実』, p. 178.
  181. ^ 悲劇の南雲中将, pp. 75-77.
  182. ^ 近江, pp. 41, 79.
  183. ^ 千早正隆『日本海軍の驕り症候群 上』中公文庫143頁
  184. ^ ミッドウェー戦記, p. 631.
  185. ^ 戦史叢書10, p. 110.
  186. ^ 亀井戦記, p. 632
  187. ^ 草鹿『回想』, p. 29.
  188. ^ 生出『源田実』, pp. 38-39.
  189. ^ 半藤 2011, p. 167.
  190. ^ 戦史叢書10, p. 107.
  191. ^ 平間, p. 316.
  192. ^ 戦史叢書10, pp. 113-114; 生出『戦略』, p. 33; 太平洋戦争の提督たち, p. 60.
  193. ^ ニミッツと山本, pp. 11-13; 豊田 1992, pp. 22-23.
  194. ^ 人物叢書, pp. 201-202.
  195. ^ 海燃ゆ, p. 313; 生出『戦略』, p. 30.
  196. ^ 人間 山本, pp. 457-458; 半藤, pp. 26-27.
  197. ^ 乾坤一擲, pp. 193-194.
  198. ^ 乾坤一擲, p. 195.
  199. ^ 半藤 2011, pp. 244-245.
  200. ^ a b 乾坤一擲, pp. 284-285
  201. ^ 戦史叢書10, p. 93.
  202. ^ 戦史叢書10, p. 180.
  203. ^ 『証言・真珠湾攻撃: 私は歴史的瞬間をこの眼で見た!』p. 132
  204. ^ 近江, p. 72.
  205. ^ 戦史叢書80, p. 78; 海燃ゆ, p. 382; 近江, p. 83.
  206. ^ 戦史叢書80, p. 309.
  207. ^ 千早正隆『日本海軍の驕り症候群(上)』pp. 80-81
  208. ^ a b 乾坤一擲, pp. 291-292。『水交』昭和50年1月号。
  209. ^ 戦藻録, pp. 69-70.
  210. ^ 戦藻録, p. 80.
  211. ^ 近江, p. 102; 海燃ゆ, p. 348.
  212. ^ 辺見じゅん著『男たちの大和』
  213. ^ 近江, p. 96.
  214. ^ 近江, p. 97; 戦藻録, p. 77.
  215. ^ 近江, p. 97.
  216. ^ 戦藻録, p. 94.
  217. ^ 近江, p. 124.
  218. ^ 戦藻録, p. 97.
  219. ^ 戸高一成『戦艦大和に捧ぐ』pp. 144-145
  220. ^ 戦史叢書43, pp. 22-23.
  221. ^ 半藤 2011, p. 261.
  222. ^ 戦藻録, p. 98.
  223. ^ 海燃ゆ, pp. 357-358; 半藤, pp. 277-278.
  224. ^ 海軍の驕り 下, pp. 21-31.
  225. ^ 戦史叢書43, p. 44.
  226. ^ a b 戦史叢書43, pp. 585-586.
  227. ^ 戦史叢書43, p. 62.
  228. ^ 海軍の驕り 下, pp. 76-79.
  229. ^ 海燃ゆ, p. 371.
  230. ^ 草鹿『回想』, p. 121; 戦史叢書43, p. 91.
  231. ^ 海軍の驕り 下, pp. 93-94.
  232. ^ 戦史叢書43, pp. 87-88.
  233. ^ 海軍の驕り 下, p. 94.
  234. ^ 海軍の驕り 下, pp. 96-97.
  235. ^ 海軍の驕り 下, pp. 112-114.
  236. ^ 海軍の驕り 下, pp. 116-119; 戦史叢書43, p. 121.
  237. ^ 大和と武蔵, p. 166.
  238. ^ a b 海軍の驕り, p. 310、山本の恋文, p. 31
  239. ^ ニミッツと山本, p. 137; 死に往く長官 上, pp. 261-262.
  240. ^ 山本の恋文, pp. 31-32; 海軍の驕り, p. 311; 死に往く長官 上, p. 54.
  241. ^ a b プランゲ上, p. 182
  242. ^ a b プランゲ上, pp. 182-183
  243. ^ ブランゲ上, pp. 182-184; 近江, p. 29.
  244. ^ a b プランゲ上, p. 184
  245. ^ 戦史叢書43, p. 123.
  246. ^ 戦史叢書80, pp. 430-431.
  247. ^ 奥宮, p. 213; 戦史叢書43, p. 251.
  248. ^ 戦史叢書43, pp. 243-246.
  249. ^ 戦史叢書43, pp. 249-250.
  250. ^ プランゲ下, pp. 10-11.
  251. ^ 人物叢書, pp. 224-225.
  252. ^ a b 近江, p. 108.
  253. ^ 海燃ゆ, p. 381; 近江, p. 109; ニミッツと山本, p. 194.
  254. ^ 海燃ゆ, p. 382; 近江, p. 111.
  255. ^ 海軍の驕り 下, pp. 198-200.
  256. ^ 草鹿『回想』, p. 147; 近江, pp. 112-113; 戦藻録, p. 147.
  257. ^ 海燃ゆ, p. 389; 生出『戦略』, pp. 137-138.
  258. ^ 海軍の驕り, p. 384.
  259. ^ 戦藻録, p. 200.
  260. ^ 大和と武蔵, pp. 102, 176; 生出『戦略』, pp. 139-140.
  261. ^ 生出『戦略』, pp. 49-50.
  262. ^ 死に往く長官 上, pp. 55-56.
  263. ^ 海軍人事, pp. 30-31.
  264. ^ 海軍人事, p. 32.
  265. ^ 大和と武蔵, p. 177; 海燃ゆ, p. 396.
  266. ^ 大和と武蔵, pp. 179-180.
  267. ^ 生出『戦略』, p. 119.
  268. ^ 生出『戦略』, pp. 120-121, 228.
  269. ^ 大和と武蔵, p. 184; 半藤, p. 380.
  270. ^ 生出『戦略』, pp. 187-188.
  271. ^ 怒りの海, p. 47; 海燃ゆ, p. 404.
  272. ^ 海燃ゆ, p. 405.
  273. ^ 海燃ゆ, p. 410.
  274. ^ 大和と武蔵, p. 192.
  275. ^ 海軍の功罪, p. 258; 海軍の驕り, p. 128.
  276. ^ 戦藻録, p. 198; 海軍の驕り, pp. 407-408; 太平洋戦争の提督たち, p. 72.
  277. ^ 海燃ゆ, pp. 413-416.
  278. ^ 怒りの海, p. 292.
  279. ^ a b 近江.
  280. ^ 死に往く長官 上, pp. 96-97.
  281. ^ 半藤 2011, p. 407.
  282. ^ 海燃ゆ, pp. 423-425.
  283. ^ 佐藤太郎『戦艦武蔵』(河出書房)
  284. ^ 手塚正己 『軍艦武藏 上巻』 太田出版、2003年
  285. ^ 戦史叢書96『南東方面海軍作戦(3)』pp. 104-105
  286. ^ a b c 吉村昭『戦史の証言者たち』文藝春秋35頁
  287. ^ 戦史叢書39, pp. 117-118.
  288. ^ 戦史叢書39, p. 118.
  289. ^ 人物叢書, p. 256; 豊田 1992, p. 288.
  290. ^ 海燃ゆ, pp. 415, 448-449.
  291. ^ 人物叢書, p. 259; 豊田 1992, pp. 289-291.
  292. ^ 海燃ゆ, pp. 439-440.
  293. ^ 海燃ゆ, p. 446.
  294. ^ 海軍の功罪, p. 261; 参謀黒島, p. 295.
  295. ^ 大和と武蔵, p. 197; 参謀黒島, p. 304.
  296. ^ 大和と武蔵, p. 200.
  297. ^ 海燃ゆ, p. 447; 生出『戦略』, p. 232.
  298. ^ 参謀黒島, p. 312; 死に往く長官 上, p. 128.
  299. ^ 海燃ゆ, p. 454.
  300. ^ 「提督ニミッツ」E.B.ポッター著、南郷洋一郎訳、フジ出版社刊、『日本軍航空機総覧』新人物往来社197頁
  301. ^ 『日本軍航空機総覧』新人物往来社197頁
  302. ^ 海燃ゆ, p. 459.
  303. ^ 近江, p. 132.
  304. ^ 山本の最期, pp. 42-43.
  305. ^ 山本の最期, p. 64.
  306. ^ 山本の最期, pp. 51, 67.
  307. ^ 山本の最期, p. 104.
  308. ^ 山本の最期, p. 19.
  309. ^ 山本の最期, p. 551; 最後の特攻機, p. 234.
  310. ^ 山本の最期, p. 56.
  311. ^ 近江, p. 141.
  312. ^ 山本の最期, p. 57.
  313. ^ 人間 山本, p. 515.
  314. ^ 山本の最期, pp. 245-246.
  315. ^ 山本の最期, p. 187.
  316. ^ 山本の最期, pp. 121-122.
  317. ^ 山本の最期, pp. 274-275.
  318. ^ 山本の最期, pp. 264, 338.
  319. ^ 山本の最期, pp. 338-339.
  320. ^ 山本の最期, pp. 267-268.
  321. ^ 海燃ゆ, pp. 472-473頁.
  322. ^ 山本の最期, p. 98.
  323. ^ 山本の最期, p. 99.
  324. ^ 山本の最期, p. 100.
  325. ^ 山本の最期, pp. 26-27, 99.
  326. ^ 山本の最期, p. 298.
  327. ^ 山本の最期, p. 308.
  328. ^ 検証・山本の戦死, pp. 236 - 237.
  329. ^ 検証・山本の戦死, pp. 320-327.
  330. ^ 検証・山本の戦死, p. 328.
  331. ^ LD NHK 飛行機の時代 元パイロットインタビュー
  332. ^ 近江, p. 142.
  333. ^ 海燃ゆ, pp. 482-483.
  334. ^ 海軍の昭和史, p. 351.
  335. ^ 人間 山本, p. 532、山本の誤算, p. 119。写真も残っている。
  336. ^ 死に往く長官 上, p. 273.
  337. ^ 近江, pp. 138-139.
  338. ^ 官報号外 昭和18年5月21日付 国立国会図書館デジタルアーカイブ参照
  339. ^ 太平洋戦争の提督たち, p. 75.
  340. ^ 海燃ゆ, pp. 491-493; 太平洋戦争の提督たち, pp. 75-76.
  341. ^ 太平洋戦争の提督たち, p. 76.
  342. ^ 大和最後の艦長, p. 224.
  343. ^ ミッドウェー戦記, p. 23; 死に往く長官 下, pp. 201-202.
  344. ^ 人物叢書, p. 277.
  345. ^ 近江, p. 34.
  346. ^ 海軍兵学校物語, pp. 87-88.
  347. ^ 辻ガダルカナル 1975, p. 101.
  348. ^ ニミッツと山本, p. 233.
  349. ^ 海軍の昭和史, p. 37.
  350. ^ 大和と武蔵, p. 147.
  351. ^ 人間 山本, pp. 240-243.
  352. ^ 大和と武蔵, p. 28.
  353. ^ , p. 26.
  354. ^ 豊田 1992, p. 322.
  355. ^ 吉田『参謀』, p. 55.
  356. ^ ミッドウェー戦記, p. 14.
  357. ^ 吉田『指揮官』, p. 54.
  358. ^ a b ニミッツと山本, p. 310
  359. ^ ミッドウェー戦記, p. 36.
  360. ^ ミッドウェー戦記, p. 30.
  361. ^ 源田実『真珠湾作戦回顧録』文春文庫133頁
  362. ^ ミッドウェー戦記, p. 17.
  363. ^ 奥宮, p. 207.
  364. ^ 吉田『指揮官』, p. 78.
  365. ^ ミッドウェー戦記, p. 55.
  366. ^ 海軍の驕り, p. 36.
  367. ^ 海燃ゆ, p. 474.
  368. ^ 辻ガダルカナル 1975, p. 107.
  369. ^ 山本の恋文, pp. 5-7.
  370. ^ 人間 山本, p. 246.
  371. ^ 人間 山本, p. 247反町が山本から直接聞いた話として。
  372. ^ 人間 山本, p. 498.
  373. ^ ニミッツと山本, p. 226.
  374. ^ 太平洋戦争の提督たち, p. 33.
  375. ^ a b 人間 山本, pp. 402-403
  376. ^ 半藤 2011, p. 13.
  377. ^ 人間 山本, p. 286.
  378. ^ 人間 山本, p. 232; 海燃ゆ, pp. 95-96.
  379. ^ 人間 山本, p. 232.
  380. ^ 近江, pp. 42, 56.
  381. ^ 近江, p. 43.
  382. ^ 半藤 2011, pp. 178-179.
  383. ^ 半藤 2011, p. 19.
  384. ^ 近江, p. 28.
  385. ^ 近江, p. 122
  386. ^ 斉藤, p. 10.
  387. ^ 人間 山本; 近江, p. 22.
  388. ^ 山本五十六と酒まんじゅう
  389. ^ 千早インタビュー, p. 24.
  390. ^ 千早インタビュー, p. 26.
  391. ^ 日本海軍のこころ, p. 236.
  392. ^ 日本海軍のこころ, p. 237.
  393. ^ ニミッツと山本, p. 227.
  394. ^ 海軍生活放談, p. 458.
  395. ^ 人間 山本, p. 430; 海軍生活放談, p. 459.
  396. ^ 「写真週報 274号」p.10
  397. ^ 海燃ゆ, p. 160.
  398. ^ 近江, p. 27.
  399. ^ 人間 山本, pp. 222-233; ニミッツと山本, pp. 216-217.
  400. ^ 阿川弘之『米内光政』
  401. ^ 斉藤, p. 72.
  402. ^ 最後の特攻機, p. 45.
  403. ^ 人間 山本, pp. 263-264; 海燃ゆ, p. 117.
  404. ^ 人間 山本, p. 523; 海燃ゆ, pp. 292-293.
  405. ^ 人間 山本, pp. 295-296; 海燃ゆ, p. 40.
  406. ^ 人間 山本, pp. 422-423; 海燃ゆ, pp. 267-268.
  407. ^ 死に往く長官 上, p. 171; 海燃ゆ, pp. 118-119.
  408. ^ 死に往く長官 下, pp. 19-20; 最後の特攻機, pp. 255-256.
  409. ^ 死に往く長官 上, pp. 171-173.
  410. ^ 海軍の功罪, pp. 256-257; 海軍の驕り, p. 121; 吉田『指揮官』, pp. 69-70; 生出『戦略』, pp. 37-38; 大和と武蔵, p. 154; 太平洋戦争の提督たち, p. 67.
  411. ^ ミッドウェー戦記, p. 54; 参謀黒島, p. 68.
  412. ^ 大和と武蔵, p. 196.
  413. ^ 生出『源田実』, p. 170.
  414. ^ , p. 32、人間 山本, p. 485、参謀黒島, pp. 69-70、海軍の驕り, pp. 409-410。三和義勇『山本元帥を憶ぶ』からの孫引き
  415. ^ 海軍人事, p. 26; 参謀黒島, p. 264.
  416. ^ 生出『戦略』, pp. 140-141; 海軍人事, pp. 27-28.
  417. ^ 半藤 2011, pp. 430-431.
  418. ^ 吉田『指揮官』, p. 196.
  419. ^ 人物叢書, p. 179.
  420. ^ 大和と武蔵, p. 160; 千早インタビュー, p. 24.
  421. ^ 人間 山本, p. 307.
  422. ^ 戦史叢書95, p. 47、豊田 1992, p. 30
  423. ^ 戦史叢書95, p. 269.
  424. ^ 戦史叢書95, pp. 276-277.
  425. ^ 豊田 1992, pp. 29, 133; 半藤 2011, p. 161.
  426. ^ ブランゲ上, p. 48; 海軍の驕り, p. 296; 山本の大罪, p. 175; 大和と武蔵, pp. 141-142; 海軍の功罪, pp. 43-44; 海軍砲戦史談, p. 269; 吉田『参謀』, p. 259; 生出『戦略』, p. 26; 海燃ゆ, p. 283.
  427. ^ 淵田自叙伝, pp. 169, 179-180.
  428. ^ 淵田自叙伝, pp. 210-211.
  429. ^ #良い参謀良くない参謀259頁
  430. ^ プランゲ下, p. 230
  431. ^ ニミッツと山本, p. 219.
  432. ^ 人間 山本, p. 192; ニミッツと山本, p. 220.
  433. ^ 近江, p. 87.
  434. ^ 近江, p. 26.
  435. ^ 海軍の昭和史, p. 154.
  436. ^ 海燃ゆ, pp. 44-46.
  437. ^ 参謀黒島, p. 266.
  438. ^ 参謀黒島, p. 267.
  439. ^ 人間 山本, p. 389.
  440. ^ 近江, p. 38.
  441. ^ ニミッツと山本, p. 224; 山本の恋文, p. 22.
  442. ^ ニミッツと山本, p. 224.
  443. ^ 海軍の驕り, p. 114; 山本の恋文, pp. 15-16.
  444. ^ 死に往く長官 上, pp. 234-235; 山本の恋文, p. 15.
  445. ^ 山本の恋文, p. 18.
  446. ^ 海軍の驕り, p. 15; 山本の恋文, pp. 12-13.
  447. ^ a b 海軍の驕り, pp. 246-247
  448. ^ 死に往く長官 上, pp. 263-264.
  449. ^ 死に往く長官 上, pp. 269-271; 山本の恋文, p. 22.
  450. ^ 山本の恋文, p. 34.
  451. ^ 『官報』第6682号「叙任及辞令」1905年10月5日。
  452. ^ 『官報』第7329号「叙任及辞令」1907年12月2日。
  453. ^ 『官報』第7949号「叙任及辞令」1909年12月21日。
  454. ^ 『官報』第748号「叙任及辞令」1915年2月1日。
  455. ^ 『官報』第3423号「叙任及辞令」1924年1月23日。
  456. ^ 『官報』第2191号「叙任及辞令」1934年4月24日。
  457. ^ 『官報』第3752号「叙任及辞令」1939年7月10日。
  458. ^ 陸軍大将岡村寧次外二名叙位ノ件/海軍大将山本五十六』 アジア歴史資料センター Ref.A11115065500 
  459. ^ 故元師海軍大将山本五十六位階追陞の件』 アジア歴史資料センター Ref.A12090291100 
  460. ^ 『官報』1939年3月27日 敍任及辭令
  461. ^ 『官報』号外「辞令」1943年5月21日。
  462. ^ 『官報』1940年2月15日 敍任及辭令
  463. ^ 海軍兵学校物語, p. 10.
  464. ^ 人物叢書, p. 37.
  465. ^ 半藤 2011, pp. 432, 454.
  466. ^ 阿川弘之『山本五十六』より





山本五十六と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「山本五十六」の関連用語

山本五十六のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



山本五十六のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの山本五十六 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS