アラスカとは? わかりやすく解説

アラスカ【Alaska】

読み方:あらすか

北アメリカ大陸北西端にある米国の州。州都ジュノー。もとロシア領で、1867年買収1959年49目の州となる。面積50州最大。→アメリカ合衆国[補説]

アラスカの画像
アラスカ州の位置
アラスカの画像
州会議事堂撮影・kimberlykv http://os7.biz/u/vunSh

アラスカ

アラスカ アラスカ
 レシピ
アラスカ
■  ビーフィーター
(BEEFEATER GIN)
45ml
アラスカ
アラスカ
アラスカ
■  シャルトリューズ ジョーヌ
(CHARTREUSE JAUNE)
15ml
アラスカ
アラスカ
アラスカ

 作り方
アラスカ
シェ-クして、カクテル・グラスに注ぐ。

※レシピの分量表記について
アラスカ
カクテルタイプ:ショート
グラスカクテル・グラス
テイスト:中甘辛
色:オレンジ
アルコール度数:強い(25度以上)
製法シェーク

ワンポイント
アラスカ
ジンとシャルトリューズシンプルだ抜群の相性を誇るスタンダードカクテル。お酒お酒組み合わせたショートカクテルだから、アルコール強さたくましい。アラスカは1920年ロンドンのザ・サヴォイ・ホテルの名バーテンダーハリー・クラドック氏が考案したもので、アメリカバー武者修行をしていたときにこのレシピひらめいたという。
シャルトリューズ ジョーヌ黄色)をヴェール緑色)にかえると、グリーン・アラスカになる。

シャルトリューズ」は、フレンチアルプスの中のラ・グランド・シャルトリューズ修道院つくられている。シャルトリューズの味を決定する香草ハーブ調合選ばれた3人修道士によって行われており、調合レシピについては、その3人以外は誰も知ることができない秘密とされている黄色の「ジョーヌ」は、緑色の「ヴェール」より繊細でソフトな風味持ち蜂蜜香り特徴的。そのまろやかな風味ゆえに「リキュール女王」と称されている。

おすすめのジンは、1820年以来変わらぬレシピ守り続けている「ビーフィーター」。英国王室近衛兵ビーフィーターシンボルにもつこのロンドン・ドライ・ジンの代表は、いまなおロンドン蒸留されている唯一のプレミアムジンでもある

アラスカ州

(アラスカ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/26 07:35 UTC 版)

座標: 北緯64度 西経150度 / 北緯64度 西経150度 / 64; -150




  1. ^ RCN – Digital Cable TV, High-Speed Internet Service & Phone in Boston, Chicago, New York City, Philadelphia, Washington, D.C. and the Lehigh Valley”. Users.rcn.com. 2010年6月2日閲覧。
  2. ^ Thomas E. Sherer, Jr./Thom Werthman/Joseph Gonzalez (英語). The Complete Idiot's Guide to Geography (第三版 ed.). ALPHA BOOKS. pp. 61. ISBN 9781592576630 
  3. ^ a b c d で全米50州中3番目に少なく、QuickFacts. U.S. Census Bureau. 2020年.
  4. ^ MLA Language Map Data Center". Modern Language Association.
  5. ^ PHP研究所, ed (日本語). 今日は何の日—話のネタ365日 (四訂版 ed.). PHP研究所. pp. 63. ISBN 9784569658049 
  6. ^ Ransom, J. Ellis. 1940. Derivation of the Word "Alaska"'. American Anthropologist n.s., 42:pp. 550–551
  7. ^ Свердлов Л. М. Русское поселение на Аляске в XVII в.? «Природа». М., 1992. No.4. С.67–69.
  8. ^ Lael Morgan (English). Good Time Girls of the Alaska-Yukon Gold Rush. ISBN 978-0-945397-76-2 
  9. ^ Benson, Carl (1998年9月2日). “Alaska's Size in Perspective”. Geophysical Institute, University of Alaska Fairbanks. 2007年11月19日閲覧。
  10. ^ The other three exclaves of the United States are the Northwest Angle of Minnesota, Point Roberts, Washington and Alburgh, Vermont.
  11. ^ Alaska.com. “Alaska.com”. Alaska.com. 2010年6月2日閲覧。
  12. ^ ナショナルジオグラフィック 『絶景×絶景』日経ナショナルジオグラフィック社、2013年、14頁。ISBN 978-4-86313-211-5 
  13. ^ Porco, Peter (2003-06-23). “Long said to be second to Fundy, city tides aren't even close”. Anchorage Daily News: A1. 
  14. ^ Western States Data Public Land Acreage”. Wildlandfire.com (2007年11月13日). 2010年6月2日閲覧。
  15. ^ a b NOAA Weather Radio All Hazards Information — Alaska Weather Interesting Facts and Records (PDF)”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2007年1月3日閲覧。
  16. ^ a b State Extremes”. Western Regional Climate Center, Desert Research Institute. 2007年1月3日閲覧。
  17. ^ NOAA – National Oceanic and Atmospheric Administration SD Weather History and Trivia for May:May 1”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2007年1月3日閲覧。
  18. ^ FAQ ALASKA — Frequently Asked Questions About Alaska:Weather”. Statewide Library Electronic Doorway, University of Alaska Fairbanks (2005年1月17日). 2007年1月3日閲覧。
  19. ^ Ned Rozell (2003年1月23日). “The Coldest Place in North America”. Geophysical Institute of the University of Alaska Fairbanks. 2007年1月3日閲覧。
  20. ^ History for Barrow, Alaska. Monthly Summary for July 2006. Weather Underground. Retrieved October 23, 2006.
  21. ^ Resident Population Data – 2010 Census”. 2010.census.gov. 2011年5月29日閲覧。
  22. ^ Bls.gov;Local Area Unemployment Statistics
  23. ^ American FactFinder”. Factfinder2.census.gov (2010年10月5日). 2011年5月29日閲覧。
  24. ^ American FactFinder, United States Census Bureau. “Census Bureau”. Factfinder.census.gov. 2010年6月2日閲覧。
  25. ^ Adherents.com”. Adherents.com. 2010年6月2日閲覧。
  26. ^ Religious Affiliations 2000”. Alaska State Membership Report. Association of Religion Data Archives. 2008年3月31日閲覧。
  27. ^ Dixon, Martha (2004年9月12日). Religious legacy lives on in Alaska. BBC News. http://news.bbc.co.uk/2/hi/americas/3531458.stm 2010年6月2日閲覧。 
  28. ^ Welcome to SLED:FAQ Alaska”. Sled.alaska.edu. 2010年6月2日閲覧。
  29. ^ An early Russian Orthodox Church”. Vilda.alaska.edu. 2010年6月2日閲覧。
  30. ^ Association of Religion Data Archive”. Thearda.com. 2010年6月2日閲覧。
  31. ^ http://www.census.gov/compendia/statab/2011/tables/11s0077.pdf
  32. ^ Alaskan Muslims Avoid Conflict”. Humanitynews.net (2005年7月7日). 2010年6月2日閲覧。
  33. ^ Mosque milestone for Alaska Muslims – Americas”. Al Jazeera English (2010年12月25日). 2011年5月29日閲覧。
  34. ^ Hindu Temples in USA – Hindu Mandirs in USA”. Hindumandir.us. 2010年6月2日閲覧。
  35. ^ State of Alaska”. Dop.state.ak.us. 2010年6月2日閲覧。
  36. ^ a b c d About the Alaska Court System”. State.ak.us. 2010年6月2日閲覧。
  37. ^ Volz, Matt (2006年7月11日). “Judge rules against Alaska marijuana law”. The Seattle Times (Frank A. Blethen). http://seattletimes.nwsource.com/html/localnews/2003118645_webpot10.html 2008年5月22日閲覧。 
  38. ^ Doughtery, J. (2001, February 25). Alaska party stumps for independence. World Net Daily. Retrieved from A Free Press for a Free People
  39. ^ CNN Money (2005). "How tax friendly is your state?" Retrieved from CNN website.
  40. ^ Department of Revenue Tax Division”. Tax.state.ak.us. 2010年6月2日閲覧。
  41. ^ Educating Taxpayers Since 1937”. The Tax Foundation. 2010年6月2日閲覧。
  42. ^ 米アラスカの治安実態暴く 地元紙にピュリツァー賞 - 日本経済新聞
  43. ^ a b FBI. “Uniform Crime Reports>2019 Crime in The United States>Violent Crime>Table4”. 2020年10月11日閲覧。
  44. ^ D'oro, Rachel (2008年1月30日). “Rural Alaska steeped in sexual violence”. USA Today. http://www.usatoday.com/news/nation/2008-01-29-alaska-sexualassaults_N.htm 2010年12月31日閲覧。 
  45. ^ Alaska State Troopers FY 2008 Byrne Grant Application (PDF)”. 2010年6月2日閲覧。
  46. ^ 米地方紙にピュリツァー賞 アラスカの治安実態暴く - 東京新聞
  47. ^ AK Dept. of Public Safety Alcoholic Beverage Control Board”. Dps.state.ak.us. 2010年6月2日閲覧。
  48. ^ State of Alaska”. Hss.state.ak.us. 2010年6月2日閲覧。
  49. ^ Gas Hydrates on Alaska's North Slope”. Usgs.gov. 2010年6月2日閲覧。
  50. ^ EIA State Energy Profiles:Alaska”. Tonto.eia.doe.gov (2009年8月27日). 2010年11月7日閲覧。
  51. ^ Screening Report for Alaska Rural Energy Plan[リンク切れ], April, 2001
  52. ^ State of Alaska Permanent Fund Division”. Pfd.state.ak.us. 2010年6月2日閲覧。
  53. ^ FreeShipping.org for examples of companies offering free shipping to Alaska
  54. ^ Alaska Department of Fish and Game”. Adfg.alaska.gov. 2011年5月29日閲覧。
  55. ^ Reindeer Herding”. Reindeer.salrm.uaf.edu. 2010年11月7日閲覧。
  56. ^ 笠原六郎、村尾行一「アラスカのりんぎょう」『林業百科辞典』p16 日本林業技術協会 1984年
  57. ^ AK Forest Association: SE timber situation 'desperate'” (英語). The Alaska Journal of Commerce. 2016年3月22日閲覧。
  58. ^ AVTEC, Alaska's Institute of Technology
  59. ^ US News and World Report
  60. ^ Alaska Native Arts FOUNDATION(英語)
  61. ^ Alaska House New York
  62. ^ Anchorage Folk Festival
  63. ^ On Deadly Ground”. Filminamerica.com. 2010年11月7日閲覧。
  64. ^ Federal Aviation Administration. 2005 U.S. Civil Airman Statistics
  65. ^ completion of the 3.5 mile (5.6 km) Interstate 93 tunnel as part of the "Big Dig" project in Boston, Massachusetts.
  66. ^ Allan Dowd (2007年6月27日). “Economic study touts Alaska-Canada rail link”. Reuters. http://www.reuters.com/article/idUSN2138860820070622 2011年1月2日閲覧。 
  67. ^ AlaskaCanadaRail.org (2005年1月2日). “Alaska Canada Rail Link”. 2011年1月2日閲覧。
  68. ^ Norman Vaughan Serum Run”. United Nations (2010年4月15日). 2010年6月2日閲覧。
  69. ^ TANANA – ALASKA STATE SOIL U.S. Department of Agriculture



アラスカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/06 17:08 UTC 版)

ロシアによるアメリカ大陸の植民地化」の記事における「アラスカ」の解説

露米会社ラッコ漁とその毛皮交易のためにニコライ・レザノフが、その影響力を使って1799年結成したロシア領アメリカ植民地最盛期人口は約4万人だったが、その大半は先住民アレウト族だった。ここでロシア正教会設立するときに聖人ジュブナリー・オブ・アラスカ(Ювеналий Аляскинский)が中心になった。

※この「アラスカ」の解説は、「ロシアによるアメリカ大陸の植民地化」の解説の一部です。
「アラスカ」を含む「ロシアによるアメリカ大陸の植民地化」の記事については、「ロシアによるアメリカ大陸の植民地化」の概要を参照ください。


アラスカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/11 05:55 UTC 版)

先住アメリカ人の一覧」の記事における「アラスカ」の解説

記事参照 アラスカ アイリーン・ビダード - エスキモー女優 エリザベス・ペラトロビッチ - トリンギット族インディアン運動家 トッド・ペイリン - ユピク族エスキモー白人政治家サラ・ペイリン共和党、元アラスカ州知事)の夫。 ネビロ - ビーバー創設者フランク安田の妻。イヌピアック・エスキモー。 ノラ・マルクス・ダウエンハウアー - トリンギット族作家 マリー・スミス・ジョーンズ - イヤック族のイヤック語最後の話者。 ハワード・ロック - エスキモー芸術家活動家 ワシラ酋長 - デナイナ族の酋長

※この「アラスカ」の解説は、「先住アメリカ人の一覧」の解説の一部です。
「アラスカ」を含む「先住アメリカ人の一覧」の記事については、「先住アメリカ人の一覧」の概要を参照ください。


アラスカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/14 23:48 UTC 版)

アメリカ合衆国における2019年コロナウイルス感染症の流行状況」の記事における「アラスカ」の解説

2020年3月12日アラスカ州アンカレッジ到着した貨物機乗員1人感染確認された3月17日新たに3人感染確認された

※この「アラスカ」の解説は、「アメリカ合衆国における2019年コロナウイルス感染症の流行状況」の解説の一部です。
「アラスカ」を含む「アメリカ合衆国における2019年コロナウイルス感染症の流行状況」の記事については、「アメリカ合衆国における2019年コロナウイルス感染症の流行状況」の概要を参照ください。


アラスカ(1799年-1867年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/14 03:33 UTC 版)

インディアン戦争」の記事における「アラスカ(1799年-1867年)」の解説

18世紀末にアラスカまで進出したロシア帝国は、1802年シトカ島の基地トリンギット族インディアン奪われた。1804年アレクサンドル・バラノフ知事指揮するロシア軍が、頑強に抵抗するトリンギット族追い出し成功シトカの戦い)し、ロシア領アラスカ入植続けた。この戦い白人とアラスカインディアンの最後の戦いと言われるその後もアラスカインディアンの抵抗散発的に続いてはいたが、ロシアはアラスカの植民地経営から思うような成果上げられず、1867年アメリカ合衆国にアラスカを売却した

※この「アラスカ(1799年-1867年)」の解説は、「インディアン戦争」の解説の一部です。
「アラスカ(1799年-1867年)」を含む「インディアン戦争」の記事については、「インディアン戦争」の概要を参照ください。


アラスカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/26 08:58 UTC 版)

ラッコの保護活動」の記事における「アラスカ」の解説

1930年代、アラスカのアリューシャン列島プリンス・ウィリアム湾辺りラッコ生息地適した土地発見された。アムチトカ島ラッコ生息地禁猟区指定され個体数増加した1960年代半ばアムチトカ島核実験使用されラッコ数多く殺すことになった1968年アメリカ原子力委員会大規模核実験前にして、数百頭の動物他の場所に移すことを決めた。それを受けて1960年代ラッコ700頭が移され、その経験から科学者達動物安全によそに移す方法学んだ1973年、アラスカのラッコ頭数は、100,000から125,000頭に上る推定されている。

※この「アラスカ」の解説は、「ラッコの保護活動」の解説の一部です。
「アラスカ」を含む「ラッコの保護活動」の記事については、「ラッコの保護活動」の概要を参照ください。


アラスカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/11 06:13 UTC 版)

ラ・ペルーズ伯ジャン=フランソワ・ド・ガロー」の記事における「アラスカ」の解説

1785年8月1日ブレスト出航ホーン岬回りスペイン領チリ調査した。そしてイースター島1786年4月)、ハワイ諸島彼はマウイ島上陸した最初のヨーロッパ人となった)の後アラスカへ航海し1786年6月セント・イライアス山近くに上陸し周囲探検した1786年7月13日、2隻のロングボートと積み荷、及び21名の乗員がポール・デ・フランセ湾(ラ・ペルーズ命名現在のリツヤ湾)の激し海流飲まれ遭難した北カリフォルニア沿岸航海し9月7日爆発したシャスタ山記録残したモンテレイ1786年9月14日到着彼はスペインによるカリフォルニア植民地事情調査しフランチェスコ会インディアンに対する扱い批判的に記した

※この「アラスカ」の解説は、「ラ・ペルーズ伯ジャン=フランソワ・ド・ガロー」の解説の一部です。
「アラスカ」を含む「ラ・ペルーズ伯ジャン=フランソワ・ド・ガロー」の記事については、「ラ・ペルーズ伯ジャン=フランソワ・ド・ガロー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「アラスカ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

アラスカ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 12:44 UTC 版)

固有名詞

アラスカ

  1. (地理) 北アメリカ大陸北西にあり、アメリカ合衆国本土とはカナダ挟んで飛地になっている地域

翻訳


「アラスカ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



アラスカと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アラスカ」の関連用語

アラスカのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アラスカのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
サントリーサントリー
COPYRIGHT © 1995-2022 SUNTORY LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
サントリー株式会社カクテルレシピ
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアラスカ州 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのロシアによるアメリカ大陸の植民地化 (改訂履歴)、先住アメリカ人の一覧 (改訂履歴)、アメリカ合衆国における2019年コロナウイルス感染症の流行状況 (改訂履歴)、インディアン戦争 (改訂履歴)、ラッコの保護活動 (改訂履歴)、ラ・ペルーズ伯ジャン=フランソワ・ド・ガロー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのアラスカ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS