端とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > はし > の意味・解説 

たん [1] 【端】

反(たん」に同じ。
[句項目] 端を発する 端を開く

たん [1] 【反・段

地積単位古代中世では三六〇歩、太閤検地以降は三〇〇歩(坪)。約9.9174アール
(「端」とも書く)布帛ふはく)の大きさ単位長さ・幅は材質時代によって異なる。養老令では長さ五丈二尺、幅二尺四寸。現在は、一着分の幅と丈のものを一反とする。絹の着尺地では鯨尺で幅九寸、長さ三丈から三丈二尺が一般的
距離の単位。六間(けん)。
和船の帆の大きさを示す単位。製帆用の布の幅をいう。

【たん】[漢字]

【丹】 [音] タン
辰砂しんしや)。また、そのあか色。 「丹砂丹朱丹唇丹青
粋なまごころ。 「丹心丹誠丹精丹念
丹後たんご)国」「丹波たんば)国」の略。 「丹州
【反】
⇒ はん〔反〕 [漢]
【旦】 [音] タンダン
あさ。夜明け。 「旦日旦夕旦暮元旦がんたん)・早旦明旦
【 坦 】 [音] タン
たいら。土地高低がない。 「坦坦坦道坦路平坦
心にわだかまりがない。 「虚心坦懐
【担(擔)】 [音] タン
になう。かつぐ。 「担架
引き受ける。責任をもつ。 「担当担任担保負担分担
味方する。 「加担荷担」 〔「担」は、本来「打ち払う」意で、「擔」とは別字。「擔」の略字として用いられるようになり、今では元の意では用いない〕
【単(單)】 [音] タン
ひとつ。ひとり。 「単一単音単価単記単騎単座単作単車単色単身単数単線単打単体単独単発単複単葉単刀直入
複合体構成する個々要素。 「単位単元単語
複雑でない。変化がない。 「単純・単調・簡単」
【炭】 [音] タン
石炭」の略。 「炭坑炭鉱炭層炭田亜炭褐炭黒炭泥炭無煙炭
炭素」の略。 「炭化炭酸炭水化物
【胆(膽)】 [音] タン
内臓器官の一。 「胆汁胆石胆囊たんのう)・臥薪嘗胆がしんしようたん)」
本心。心のそこ。 「肝胆魂胆心胆
【 疸 】 [音] タン
おうだん。体が黄色くなる病気。 「黄疸おうだん)」
【 站 】 [音] タン
宿駅馬継ぎの場所。停車場。 「車站
ある特定の業務を行うために設け機関。 「兵站
【 耽 】 [音] タン
心を奪われる熱中する。ふける。 「耽溺たんでき)・耽読耽美耽楽
【探】 [音] タン
さがす。さがし求める。さぐる。 「探求探究探険探索探知探偵探照灯
たずねる。おとずれる。 「探勝探訪
【淡】 [音] タン
味や色がうすい。 「淡紅淡彩淡白淡泊淡緑濃淡
塩分含まない。 「淡水
淡路あわじ)国」の略。 「淡州
【 蛋 】 [音] タン
たまご。 「蛋白
【 貪
⇒ どん〔貪〕 [漢]
【 湛 】 [音] タン
【 湍 】 [音] タン
水勢がはやい。早瀬。 「急湍激湍飛湍
【短】 [音] タン
みじかい。 「短期短軀たんく)・短剣短冊たんざく)・短詩短縮短針短刀短波短評短文短編短命長短短時間短時日
不十分である。劣っている。 「短気短見短才短所短慮一長一短
【嘆( 嘆 )】 [音] タン
悲しんでため息をつく。なげく。 「嘆願慨嘆嗟嘆さたん)・愁嘆悲嘆
心してため息をつく。ほめる。 「嘆称嘆美詠嘆感嘆賛嘆賞嘆
驚きの声を出すこと。 「嘆声驚嘆長嘆」 〔「歎」の書き換え字としても用いられる〕
【 痰 】 [音] タン
せきといっしょ気管から分泌される粘液。 「痰咳たんがい)・喀痰かくたん)・血痰検痰
【端】 [音] タン
物の)はし。 「下端端・上端舌端先端筆端末端
物事の)はじまり。 「端緒発端ほつたん)」
仕事事件ことがら。 「多端万端
きちんと整っている。 「端座端正端然端麗
【綻】 [音] タン
ほころびる。 「破綻
【 憚 】 [音] タン
はばかる恐れ慎む。 「畏憚いたん)・忌憚敬憚
【 歎 】 [音] タン
なげく。 「慨歎悲歎
たたえる。感にたえない。 「歎服感歎」 〔「嘆」とも書き換えられる〕
【 緞 】 [音] タン ・ドン
生糸練糸で織った紋織物の一。 「緞子どんす)・緞帳どんちよう)」
敷物用の毛織物。 「絨緞ゆうたん)」
【誕】 [音] タン
でたらめ。でたらめを言う。 「怪誕虚誕荒誕妄誕もうたん)((ぼうたん))
【 憺 】 [音] タン
うれえる。心を煩わす。 「惨憺
【鍛】 [音] タン
金属熱して打つ。 「鍛造鍛鉄鍛冶たんや)・鍛錬
きたえる。訓練する。 「鍛錬
【 簞 】 [音] タン
竹で編んだ食器の一。わりご。 「 簞食たんし)・ 簞笥たんす)」
ひさご。 「瓢簞ひようたん)」
【 譚 】 [音] タンダン
かたる。はなす。はなし。物語。 「譚歌譚詩奇譚民譚みんだん)」

つま [2] 【端・妻】

もののはし。特に、建物の端。建物側面や棟の方向直交する面。 ⇔ 平(ひら
いとぐちてがかり端緒。 「ながらへての身のなげきは増さる-とこそならめ/寝覚 3

[1] 【端】

物のはし。はた。また、へりの部分。ふち。 「山の-」 「口の-にのぼる」
はんぱであること。はした。 「 -数」 「 -ダケマケル/ヘボン 三版

はし [0] 【端】

〔「はじ」とも〕
真ん中から最も遠いあたり。へり。ふち。 「道の-に寄って車をよける」 「ノートの-に書く」
細長い物の先の方。 「ひもの両-」 「 -から-まで百メートルある」
切り離した部分。 「木の-」 「 -ぎれ」
物事の重要でない一部分。 「言葉の-をとらえる」
物事の起こるはじめ。端緒。 「物思ふことの-にぞありける/千載 恋四
間。あわい。 「行く鳥の争ふ-に/万葉集 199
家の外の方。 「こなたは、あらはにや侍らむ。今日しも、-におはしましけるかな/源氏 若紫
中途半端どっちつかず。 「 -にわが身はなりぬべらなり古今 雑下
文書のはじめ。 「奥より-へよみ、-より奥へ読みけれども/平家 3
端女郎はしじよろう)」の略。

はじ [0] 【端

はし(端)

はた [0] 【側・端・傍

物のふち。へり。 「池の-」 「道の-」
その人の)周囲。わき。そば。かたわら。 「 -の見る目」 「 -がうるさい」

はな 【端

〔「はな(鼻)」と同源
[1] ( 名 )
物事最初。 「 -からやり直す」 「 -からわかっていた」
物の突き出た先の部分先端。はし。 「突堤の-に舟をつける」
接尾
物事始めた時。やり始めの時。多く連濁して「…ばな」の形で用いられる。 「寝入り-」 「出-」

へた 【端・辺

はし。へり。また、波うちぎわ。 「近江の海-は人知る沖つ波君をおきては知る人もなし/万葉集 3027


端、端を取る(はな、はなをとる)

板寄せ式の立会で、売り注文買い注文数量が合わない時の数を端といい、これを買い注文または売り注文出してなくすことを「端を取る」といいます。

読み方:ハシ(hashi)

文書の向って右部分

別名


読み方:ムラmura

布帛一巻き

別名


読み方:はした

  1. 嫁。高松
  2. 〔香〕女房のこと、ハシタメ(端女)の略。

分類 香具師

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方
たかはし
たなべ
たん
はし
はしさき
はた
はな
はまはし
はん
へり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/30 00:24 UTC 版)

(はし、はじ、たん)




「端」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2010/11/02 15:06 UTC 版)

発音

名詞

  1. 一体とするものの位置で、中央から最も離れ箇所

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



端と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「端」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

端のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



端のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2018 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2018 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの端 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2018 Weblio RSS