鯨尺とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 計測 > > 鯨尺の意味・解説 

くじらじゃく くぢら- [0] 【鯨尺】

江戸時代から主に布地長さ測るのに使われていた尺。1891年明治24)に、66分の25メートル(約37.879センチメートルをもって一尺定めた。普通の曲尺かねじやく)の1.25倍。1958年昭和33)の尺貫法廃止にともない法定単位でなくなった。鯨差し。 → 呉服尺

鯨尺

読み方:クジラザシ(kujirazashi)

和裁用のものさし


(鯨尺 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/02 08:23 UTC 版)

(しゃく)は、尺貫法における長さ単位である。東アジアでひろく使用されている。ただし、その長さは時代や地域によって異なる。




  1. ^ 計量法施行法(1951年6月7日法律第208号 廃止:1993年11月1日)第4条第1項による定義
  2. ^ 度量衡法、明治二十四年(1891年)三月二十四日法律第三號、「第四條による定義
  3. ^ 李 強、2014、「解剖学骨名「尺骨」の由来を巡って - 医学文化史の世界を瞥見する」、『大阪物療大学紀要』2巻、吉川弘文館 pp. 53-61
  4. ^ 説文解字』夫部「夫、丈夫也。从大、一以象簪也。周制以八寸為尺、十尺為丈。人長八尺、故曰丈夫。」
  5. ^ 隋書』律暦志に南北朝時代の度量衡の変遷が見える
  6. ^ 小泉袈裟勝『ものさし』、法政大学出版局、1977、p.242、p.252、pp.236-237
  7. ^ 計量法施行法(昭和26年法律第208号)第4条第1号
  8. ^ [1] 15/26.4の数値が刻印されている。
  9. ^ 韓国国立民俗博物館한극의 도량형 (韓国の度量衡)』、1997年。 (朝鮮語)
  10. ^ 度量衡法、明治二十四年(1891年)三月二十四日法律第三號、「第四條 從來慣用ノ鯨尺ハ布帛ヲ度ルトキニ限リ之ヲ用ヰルコトヲ得   鯨尺一尺ハ一尺二寸五分トシ其ノ十倍ヲ鯨尺一丈、十分ノ一ヲ鯨尺一寸、百分ノ一ヲ鯨尺一分トス」とある。
  11. ^ 計量法施行法(1951年6月7日法律第208号 廃止:1993年11月1日)第4条第1項による定義
  12. ^ ちなみに、奈良の大仏は像高14.98 m・台座3.05 m。一方、古式捕鯨で捕られていたセミクジラは体長15m~18mであり、実際にいい勝負である。
  13. ^ a b 杉原賢彦+編集部編「なぜ1秒間に24コマと決まっているのか」『ムービー・ラビリンス 映画の謎に答えるQ&A』フィルムアート社、2003年、pp.36-37
  14. ^ 森卓也『映画この話したっけ』ワイズ出版、1998年、p.306
  15. ^ 杉本五郎『映画をあつめて これが伝説の杉本五郎だ』平凡社、1990年、p.124





鯨尺と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鯨尺」の関連用語

鯨尺のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鯨尺のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの尺 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS