ハシとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 鍛金の道具 > ハシの意味・解説 

箸
箸
箸と書いてハシと読みます。
鍛造時に真っ赤に熱し部材を持つ役割りに使用されます。
先端の形が様々なので、一番形が合いそうなものを使用すると、丸で四角でも、薄いものでもしっかりとつかめます。
長さも15cmぐらいから1m近くあるものまで様々です。


読み方:ハシ(hashi)

河川低地などの上架設した通路転じて仲介媒介を表す。


読み方:ハシ(hashi)

文書の向って右部分

別名


ハシ

読み方:はし

  1. 拘留

分類 ルンペン大阪

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:ハシ(hashi)

作者 伊藤左千夫

初出 明治42年

ジャンル 小説


波子

読み方:ハシ(hashi)

所在 島根県(JR山陰本線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

はし

(ハシ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/29 00:31 UTC 版)

はし(ハシ)

  • - 通行のために、道路などの両側を結んでかけわたした構築物。
  • - 食べ物を挟み取って食べるのに用いる、一対の棒。象牙などで作る。
  • - 細長い物の先の方。へり。ふち。きわ。はじ。
  • - はしご。高い所へ登るための道具。二本の長い材に足掛かりとなる横木を何本もとりつけたもの。
  • - くちばし鳥類口器。上下のが突き出して角質でおおわれたもの。
  • - からに上がる階段。きざはし。

関連項目

  • Wikipedia:索引 はし#はし



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ハシ」の関連用語

ハシのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ハシのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
東京藝術大学 鍛金研究室東京藝術大学 鍛金研究室
Copyright (C) 2019 東京藝術大学 美術学部 工芸科 鍛金研究室 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのはし (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS