部材とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 加工 > 材料 > 部材の意味・解説 

ぶ‐ざい【部材】

読み方:ぶざい

構造物組み立てている部分品例えば、建物における柱・梁(はり)などは構造部材彫刻装飾壁面装飾など装飾部材。


部材

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/14 14:25 UTC 版)

平和大橋 (広島市)」の記事における「部材」の解説

素材鉄筋コンクリートで、一般的には親柱に当たる部分である特徴的な両端プレキャスト、その他が現場打ち施工当時橋梁工事2つ合わせた総事業費1億1千万円のうち、10%がこの欄干当てられている。当初石造予定だったが予算不足コンクリート変更欄干の高さ不足から誤って川に落ち危険がある批判されたことにより当初のものより20cm嵩上げされた。 1952年竣工から2010年まで事故による欠損はなかったが、2011年物損事故により西平和大橋欄干が3.5mほど壊れ竣工初の補修工事が行われている。また、老朽化1971年時点で進行しており、一部鉄筋露出する状況になっていた。このため1983年から表面を石風塗料コーティングするようになっていたが、2019年歩道橋完成時元の打放しコンクリート状態に戻されている。

※この「部材」の解説は、「平和大橋 (広島市)」の解説の一部です。
「部材」を含む「平和大橋 (広島市)」の記事については、「平和大橋 (広島市)」の概要を参照ください。


部材

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 10:23 UTC 版)

メンブレンスイッチ」の記事における「部材」の解説

製品名詳細表面シート直接さわる部分エンボスのついたもの平らなもの、ざらざらしたものつるつるしたもの等、用途に応じて様々に加工することが可能。 上部接点シートPETフィルム導電インク銀ペーストカーボンペースト)を印刷スペーサー上部接点シート」と、「下部接点シート」を絶縁するためのものです通常PETフィルム両面に糊が付いたものを使用下部接点シート上部接点シート」と同じくPETフィルム導電インク印刷したもの。この2~4のシート貼り合わせメンブレンは、キーボードにも使用されている裏面シートスイッチの裏側の粘着シート。この裏シートによって、メンブレンスイッチ筐体貼り付ける種類詳細1コモンスイッチ1つにつき、1つピンが必要。また、もう1本グランドピンがつくので、ピンの数は「スイッチの数+1」となる。 マトリックスポリエステルフィルムに1本ピンを、いくつかのスイッチ共通して使用する左の例では、3×4のマトリックス12キーに対しピンの数は7本となっている。マトリックスの方が1コモンよりピン数を少なくできる。このためスイッチ数が多いときや、引き回し面積が狭いときはマトリックスの方適してます。導電インク銀ペーストカーボンペースト)を印刷してある。 特徴出展長野テクトロン株式会社HP

※この「部材」の解説は、「メンブレンスイッチ」の解説の一部です。
「部材」を含む「メンブレンスイッチ」の記事については、「メンブレンスイッチ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「部材」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

部材

出典:『Wiktionary』 (2021/08/18 13:28 UTC 版)

名詞

(ぶざい)

  1. 構造一部をなしている材料

発音(?)

ぶ↗ざい

翻訳


「部材」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



部材と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

部材のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



部材のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの平和大橋 (広島市) (改訂履歴)、メンブレンスイッチ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの部材 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS