調達とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 経営 > 調達 > 調達の意味・解説 

ちょう‐たつ〔テウ‐〕【調達】

読み方:ちょうたつ

[名](スル)《「ちょうだつ」とも》必要な金品などを取りそろえること。また、取りそろえて届けること。「資金の—」「資材を—する」

「調達」に似た言葉

調達

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/20 19:18 UTC 版)

調達(ちょうたつ、: procurement)とは、品物金銭サービス労働力などを用意することである。必要な財物を使える状態にすれば良いので、購入(取得)するだけでなく、賃借(リース)することも多い。金銭の場合には資金調達と呼ぶ。




「調達」の続きの解説一覧

調達

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/17 08:52 UTC 版)

GIグラス」の記事における「調達」の解説

官給用の眼鏡について当初は各軍管区眼鏡業者契約結んで調達を行う計画建てられたものの、一部業者眼鏡要件満たさなかったために中止され軍部集中的に調達を行う新計画切り替えられた。調達数については適切な目安がなかったため、医学的な根拠ではなく軍医将校経験基づく、「軍人10%視力問題抱えており、そのうち半数自分の眼鏡を持って入隊し残り半数1年以内新し眼鏡ないし交換品を受け取必要がある」という推定採用された。この基準に従い1942年には200,000個の眼鏡必要になる想定された。眼鏡必要とする将兵は、入隊直ち1つ眼鏡支給され海外へ派遣際にもう1つ受け取ることとされた。 しかし、実際には軍人のうち18-20%が眼鏡を必要としておりこのうち入隊時に十分な耐久性認めうる眼鏡持参した者は極めて少なかった交換についての見積もり甘く当初基準従った調達数交換用の需要も十分満たせるされていたが、1942年から1943年にかけて報告従えば毎年全体30%の眼鏡交換する必要があるとされた。 派遣に合わせて追加眼鏡支給するという方法は、調達および供給遅延招き2つ目の眼鏡ほとんどは兵士の元へ届かなかった。1943年には訓連の初期段階2つともの眼鏡支給する方法切り替えられたが、製品性質上、急な増産困難であり、以後も調達および供給は遅れ続けた当初契約では3日以内眼鏡発送されることになっていたが、実際には3 - 4ヶ月の遅れも珍しいものではなく兵士が訓連を終えて海外へ派遣されてから、ようやく駐屯地眼鏡が届くことも多かった製造契約への入札多数製造業者ら行われたが、全国眼鏡取扱店を持つアメリカン・オプティカル社とボシュロム社有力な候補となった。そして最低価格入札者のアメリカン・オプティカル社と契約結ばれたものの、同社レンズおよびフレーム十分に製造する能力持たないことが数ヶ月内に明らかになった。そのため、追加ボシュロム社レンズ製造に関する契約結ばれ、またその他9企業フレーム製造に関する契約結ばれた組み立てはアメリカン・オプティカル社およびボシュロム社担当した陸軍採用した眼鏡は、P3型(高さに対し幅が3mm長いこと意味する)のレンズフルビュー型(Ful-Vue)のフレーム特徴とした。これはアメリカン・オプティカル社が開発し1930年代初頭から普及したレイアウトである。ウィンザー型はテンプル視界遮りレンズ小さく視野狭くなるという欠点があった。フルビュー型はこれの改善試みており、テンプルアイラインよりも高くレンズの上から1/4の位置にある。より大きなレンズ対応し、またフレーム持ち上げて着用者の顔から離すために、ノーズパッド設けられた。また、兵士激しく動いて落ちないように、ライディングテンプルが採用されている。 フレーム材質は、当初ニッケル10%含む洋白とされ、ブリッジには過酷な環境での使用想定した補強加えられていた。後にこの洋白温暖な気候のもとで腐食しやすく、皮膚の変色炎症を招く恐れがある指摘されたため、ニッケル割合18%に変更され一部部品は純ニッケルとされた。後に樹脂製のフレーム設計されたが、大戦中にはほとんど使用されず、普及戦後になってからだった。 第二次世界大戦中に最も広く使われたのはフルビュー型のGIグラスだったが、私物眼鏡そのまま着用していた兵士もいた。その中にはフルビュー型のほか、ウィンザー型のフレーム、あるいは金縁銀縁のものなどがあった。

※この「調達」の解説は、「GIグラス」の解説の一部です。
「調達」を含む「GIグラス」の記事については、「GIグラス」の概要を参照ください。


調達

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/10 08:36 UTC 版)

防衛省」の記事における「調達」の解説

自衛隊必要とする工業製品は、防衛省発注している。種類は多いが少量生産であり、日本の防衛産業への影響および経済効果比較低く工業生産額は0.6パーセントに留まっている。需要については長年武器輸出三原則により輸出厳しく規制されていたため、納入先が日本国内にほぼ限定されており量産による低価格化進まず高価となる傾向がある。この点については他国との技術交流各種コスト高解消する目的含めて新たに防衛装備移転三原則基づいた柔軟な対応を採る方針近年進みつつある。 防衛省契約を結ぶ企業は約1,500社あるが、さらに広範囲な下請企業存在する戦車戦闘機護衛艦など、1つ兵器製造に約1,200 - 2,500社以上関わるものもある。しかし、主要な製品を扱う企業撤退するような事態陥ると、主要な製品特殊な技術および設備必要とされる場合多々あるため、産業の回復投資相応の期間を要し防衛省はその維持育成着目している。 2020年令和2年)度中央調達の契約相手方契約高順表の上位20社は以下の通りである。 三菱重工業(3102億円) 川崎重工業(2150億円) 富士通(847億円) 三菱電機797億円) 日本電気674億円) 東芝インフラシステムズ504億円) GEアビエーション・ディストリビューション・ジャパン(440億円) IHI354億円) 日立製作所227億円) 小松製作所218億円) 伊藤忠アビエーション185億円) ダイキン工業161億円) 沖電気工業157億円) 日本製鋼所149億円) ジーエス・ユアサテクノロジー136億円) 中川物産111億円) 日立国際電気110億円) ジャパン マリンユナイテッド101億円) いすゞ自動車97億円) 伊藤忠エネクス90億円)

※この「調達」の解説は、「防衛省」の解説の一部です。
「調達」を含む「防衛省」の記事については、「防衛省」の概要を参照ください。


調達

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/15 03:36 UTC 版)

会計ソフトウェア」の記事における「調達」の解説

各部門発注をまとめ、効率的に発注作業行えるようにする。

※この「調達」の解説は、「会計ソフトウェア」の解説の一部です。
「調達」を含む「会計ソフトウェア」の記事については、「会計ソフトウェア」の概要を参照ください。


調達

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 01:43 UTC 版)

F-22 (戦闘機)」の記事における「調達」の解説

F-22EMD試験機9機(製造番号4001-4009)は1991年度予算発注され1997年9月7日1号機初飛行成功させる以降2号機1998年6月29日進空))3号機2000年3月6日)、4号機同年11月15日)、5号機2001年1月5日)、6号機同年2月5日)、7号機同年10月25日)、8号機2002年2月14日)、9号機(同年4月15日)と、約5年発注から約11年)を掛けて整備試験用として納入された。1号機カリフォルニア州エドワーズ空軍基地空軍飛行試験センター412試験航空団(AFFTC/412TW)のF-22合同試験部隊CTF)に配備され1998年5月17日から本格的な試験飛行開始した以降のEMD試験機全機CTF配備された。EMD試験機完成時期は約5年間があるため製造時期により仕様が異なり1,2号機をBlock 13号機Block 24号機から9号機までをBlock 10呼んでいる。 EMD試験機続きアメリカ空軍追加試験機発注開始した1999年度予算第1期量産準備試験機(PRTV-1)として2機(4010,4011)、2000年度にはPRTV-2を6機(4012-4017)、2001年度第1期低率初期生産(LRIP-1)型を10機(4018-4027)、2002年度はLRIP-2を13機(4028-4040)と発注続け全機を第325戦闘航空団(325th FW)(フロリダ州ティンダル空軍基地)の転換訓練飛行隊配備した2003年度にはBlock 20にあたるLRIP-3を、21機(4041-4061)発注した。これらは2005年12月15日バージニア州ラングレー空軍基地の第1戦闘航空団1st FW)第27戦闘飛行隊(27th FS)へと配備され初の実戦部隊として初期作戦能力獲得した2004年度には22機のLRIP-4(4062-4083)、2005年度24機のLRIP-4(4084-4107)を発注したアメリカ空軍実戦配備目前とした2005年に、2006年度26機、2007年-2010年度に32機、2011年度25機の発注行い最終的にPRTVと量産型総計277機を調達するとの見通し立て277機のうち8機をネバダ州ネリス空軍基地運用試験評価用い、LRIP-1/2の23機は機種訓練用、そして残る246機を24編成10飛行隊配備運用するとした。予備機が6機と限られるため事故等での消耗想定し定数18機とする、または飛行隊数を減らすことも検討した。この検討の内容は、さらなる調達減で後に現実のものとなった2007年7月31日締結した生産ロット7、89の60機の多年契約により183機までの生産確定したその後同年度で製造継続する場合のつなぎ措置として4機の製造了承され、翌年度追加発注された。国防省2010年度予算編成に関する記者会見で、既に発注している187機で調達を中止する発表した前述した通りバラク・オバマ大統領2011会計年度以降でのアメリカ空軍向けの調達を行わない事を決定し正式に生産終了決定する引渡しは年20程度ずつ行われ2007年8月29日式典では、100目のF-22(05-4100)が引き渡された。 2番目の配備先アラスカ州エルメンドルフ空軍基地第3航空団3d WG)であり、F-15E運用していた第90戦闘飛行隊(90th FSに対して2007年から配備開始されている。同年10月には同戦闘航空団に第525戦闘飛行隊(525th FS)が再編され2008年から配備開始された。3番目の配備先となったのはニューメキシコ州ホロマン空軍基地の第49戦闘航空団(49th FW)で、それまで運用していたF-117A代わり配備が行われ、まず第7戦闘飛行隊7th FS)、翌2009年から第8戦飛行隊(8th FS)へ配備された(その後2010年7月29日アメリカ空軍F-22配備計画見直し発表ホロマン空軍基地へのF-22配備中止することを決定した。翌2011年5月第8戦飛行隊が解散、残る第7戦闘飛行隊ティンダル基地移動する予定)。 2010年からはF-22最後の実働部隊となるハワイ州ヒッカム空軍基地所属する州兵空軍154航空団(154th WG)第199戦闘飛行隊(199th FS)、及び現役の15航空団(15th WG第19戦飛行隊(19th FS)へ配備された。なお、通常F-22部隊一つ基地機体保有する現役部隊、そしてそれを共用する機体持たない人員のみの州兵もしくは予備役部隊編成されるが、ヒッカム空軍基地に限っては、州兵である第199戦闘飛行隊機体保有し現役である第19戦飛行隊がそれを共用する形になっている実働部隊外で前述した412試験航空団、及び第325戦闘航空団のほか、ネリス空軍基地の第57航空団443兵器飛行隊や同基地53航空団422試験評価飛行隊などに配備されている。 2012年5月2日最終号機である195号機の引き渡しが行われ、そのセレモニージョージア州マリエッタ工場開催された。最終号機はアラスカ州エルメンドルフ・リチャードソン統合基地第3航空団配備される予定である2012年時点で179保有している。

※この「調達」の解説は、「F-22 (戦闘機)」の解説の一部です。
「調達」を含む「F-22 (戦闘機)」の記事については、「F-22 (戦闘機)」の概要を参照ください。


調達

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/23 00:53 UTC 版)

フレッチャ歩兵戦闘車」の記事における「調達」の解説

2006年イタリア政府249両のフレッチャ発注したが、内訳は戦闘車190両、対戦車戦闘車36両、移動指揮所2両および迫撃砲運搬車21両である。この全て2017年6月6日までに納入され機械化旅団ピネローロ」の装備として使用されている2019年12月には、さらに戦闘車5両、対戦車戦闘車36両、移動指揮所26両および迫撃砲運搬車14両の81両のフレッチャ発注された。 さらに、アオスタ機械化旅団の装備完了させるためのさまざまなモデル180両および軍の騎兵連隊装備するための120両のフレッチャEVO偵察車追加発注される予定である

※この「調達」の解説は、「フレッチャ歩兵戦闘車」の解説の一部です。
「調達」を含む「フレッチャ歩兵戦闘車」の記事については、「フレッチャ歩兵戦闘車」の概要を参照ください。


調達

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/08 06:45 UTC 版)

中帽」の記事における「調達」の解説

鉄帽(外帽)と違い、調達は複数社からの入札により行われている。ひさし部に納入年度と製造業者略号(又は記号)が記入刻印されている

※この「調達」の解説は、「中帽」の解説の一部です。
「調達」を含む「中帽」の記事については、「中帽」の概要を参照ください。


調達

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 20:37 UTC 版)

個人用暗視装置 JGVS-V8」の記事における「調達」の解説

1セットあたりの価格は約70万円個人装備としては高価だが、2000年代初頭の調達開始以降毎年数千セットの調達が行われており、普通科機甲科偵察部隊)、施設科などの戦闘部隊配備進められている。19年予算からは改良されたJGVS-V8-Bに生産移行している。 JGVS-V8調達数14年以前は不明)調達年度数平成15年度(2003年) 2,817セット 平成16年度2004年) 3,515セット 平成17年度(2005年) 1,243セット 平成18年度2006年) 4,100セット 合計 11,675セット JGVS-V8-B調達数調達年度数平成19年度2007年) 2,796セット 平成20年度(2008年) 1,022セット 平成21年度2009年) 2,646セット 平成22年度2010年) 1,172セット 平成23年度2011年) 1,740セット 平成24年度2012年360セット 平成25年度2013年) 1,517セット 平成26年度2014年) 調達情報記載なし 合計 11,253セット

※この「調達」の解説は、「個人用暗視装置 JGVS-V8」の解説の一部です。
「調達」を含む「個人用暗視装置 JGVS-V8」の記事については、「個人用暗視装置 JGVS-V8」の概要を参照ください。


調達

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/17 05:49 UTC 版)

NBC偵察車」の記事における「調達」の解説

NBC偵察車調達数予算計上年度調達数平成22年度2010年) 3両 平23年度(2011年) 2両+3次補正予算9両 平24年度(2012年) 0両 平25年度(2013年) 2両 平26年度(2014年) 1両+1両 平27年度(2015年) 0両+1両 平28年度(2016年) 0両 合計 19最終的に50両が調達される予定となっている。

※この「調達」の解説は、「NBC偵察車」の解説の一部です。
「調達」を含む「NBC偵察車」の記事については、「NBC偵察車」の概要を参照ください。


調達

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/21 03:18 UTC 版)

87式対戦車誘導弾」の記事における「調達」の解説

平成17年度からの中期防衛力整備計画平成17年度~21年度)において、平成18年度をもって発射機新規調達が終了した87式対戦車誘導弾中MAT)および79式対舟艇対戦車誘導弾重MAT)の後継として、高機動車車体ベース荷台部分発射機搭載する中距離多目的誘導弾開発進められ平成21年度から調達を開始している。

※この「調達」の解説は、「87式対戦車誘導弾」の解説の一部です。
「調達」を含む「87式対戦車誘導弾」の記事については、「87式対戦車誘導弾」の概要を参照ください。


調達

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 22:25 UTC 版)

V-22 (航空機)」の記事における「調達」の解説

アメリカ国防総省では458機のV-22調達することを計画していた。内訳は海兵隊用輸送機MV-22360機、アメリカ特殊作戦軍向けの空中突撃用機CV-2250機、海軍向けの戦闘捜索救難特殊作戦用機HV-2248であった特殊作戦軍の調達については空軍からも予算支出される低率初期生産(LRIP)段階では2000年に2回の重大な航空事故発生したものの、それ以降は大きな問題発生せず2005年運用評価完了した2005年9月19日CV-22量産1号機空軍引き渡された。2005年10月28日国防調達会議は全規模量産FRP)の開始承認した2007年6月13日米海兵隊MV-22B初期作戦能力(IOC)を獲得した2007年12月からイラク西部の戦闘作戦初め参加し初のヘリボーン作戦は、2008年3月18日にMV-263所属の2機のMV-22Bイラクにおいて行った2009年3月16日米空軍CV-22B初期作戦能力(IOC)を獲得した。 FY2010までに216機が調達されている(内訳はMV-22185機、CV-2231機)2008年3月28日結ばれた契約ではFY2008からFY2012までに167機を104ドル調達することが取り決められた米陸軍は、UH-60CH-47で十分任務を果たせるとしてV-22採用していない。 2015年1月17日米海軍は、C-2艦上輸送機後継V-22にすると発表44機の導入予定している。2016年2月3日には正式名称CMV-22B決定した2018年生産開始予定している。 2020年6月10日通算400目のV-22納入された。この機体空軍特殊作戦コマンド所属するCV-22である。

※この「調達」の解説は、「V-22 (航空機)」の解説の一部です。
「調達」を含む「V-22 (航空機)」の記事については、「V-22 (航空機)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「調達」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

調達

出典:『Wiktionary』 (2021/10/20 09:38 UTC 版)

名詞

調 ちょうたつちょうだつ

  1. 受注したものを調え送達すること。
  2. 金品取り揃えること。

動詞

活用

サ行変格活用
調達-する

「調達」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



調達と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「調達」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

調達のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



調達のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの調達 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのGIグラス (改訂履歴)、防衛省 (改訂履歴)、会計ソフトウェア (改訂履歴)、F-22 (戦闘機) (改訂履歴)、フレッチャ歩兵戦闘車 (改訂履歴)、中帽 (改訂履歴)、個人用暗視装置 JGVS-V8 (改訂履歴)、NBC偵察車 (改訂履歴)、87式対戦車誘導弾 (改訂履歴)、V-22 (航空機) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの調達 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS