量産型とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 量産型の意味・解説 

量産型

読み方:りょうさんがた

大量に同じ型で生産が行われることが前提である製品のこと。当然ながら量産型の製品全て似通っている転じて流行乗った結果として他人似通った外見になってしまったり他人と比べて突出したところがない人々のことを表すこともある。

量産型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/30 22:29 UTC 版)

終わりのクロニクル」の記事における「量産型」の解説

最も一般的な自動人形全部で117存在する基本的に同一規格だが、開発時の先天的要因経験の差による後天的要因により個体差がある。モイラシリーズは量産型の上機種であり、共通記憶共有出来る。3rd-G崩壊際に3rd-G残党に連れ添ったもの達と、神田研究所流れ着いたもの達の二手別れている。3rd-G側の自動人形達は月読・京によって花とその名前を貰っている。Low-G側の自動人形の名前は漢数字+号」で統一されている。

※この「量産型」の解説は、「終わりのクロニクル」の解説の一部です。
「量産型」を含む「終わりのクロニクル」の記事については、「終わりのクロニクル」の概要を参照ください。


量産型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/06 03:28 UTC 版)

萌え萌え大戦争☆げんだいばーん」の記事における「量産型」の解説

鋼の乙女には全く同じ型、見た目の量産型が存在する基本的に自我はなく、与えられた任務淡白に遂行する性能通常の乙女より低く必殺技行わないが、動き無駄がない。また工業力の低い国でも量産できるイラク軍初め使用しその後すべてのシナリオ敵軍として登場する

※この「量産型」の解説は、「萌え萌え大戦争☆げんだいばーん」の解説の一部です。
「量産型」を含む「萌え萌え大戦争☆げんだいばーん」の記事については、「萌え萌え大戦争☆げんだいばーん」の概要を参照ください。


量産型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/14 22:58 UTC 版)

仮面ライダーSPIRITS」の記事における「量産型」の解説

第2部以降登場白黒ZXとも思える姿をしており胴体部分モールド一切ない点を除けば武器含めてZXとほぼ同様の性能を持っている模様複眼の色はZX同様の緑と、赤の二種類がいる。人間への変装怪人ライダー同じく完璧に行えるため、人間社会紛れ込みながらZXニードル追跡していた。

※この「量産型」の解説は、「仮面ライダーSPIRITS」の解説の一部です。
「量産型」を含む「仮面ライダーSPIRITS」の記事については、「仮面ライダーSPIRITS」の概要を参照ください。


量産型(正式名称不明)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 00:29 UTC 版)

鉄のラインバレル」の記事における「量産型(正式名称不明)」の解説

JUDA開発中マキナコピー機。しかし、その性能加藤機関アルマとは雲泥の差であり、ラインバレル捕獲作戦とハインド・カインドとの演習投入されたが、なす術も無く撃破されている

※この「量産型(正式名称不明)」の解説は、「鉄のラインバレル」の解説の一部です。
「量産型(正式名称不明)」を含む「鉄のラインバレル」の記事については、「鉄のラインバレル」の概要を参照ください。


量産型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 00:07 UTC 版)

マリオシリーズのキャラクター一覧」の記事における「量産型」の解説

キノコワールド戦ってきたカジオー軍団の量産型。マリオ知っていたり、「再戦」に近い台詞を喋るものもいる。まだ塗装されていない為、全員金属本来の色である灰色だが、ほとんどはオリジナルより強い。どのキャラクターの量産型でも対戦時に表示される前は全てりょうさんがた」である。ボスキャラクターの量産型は下記のボスキャラクターの節を参照

※この「量産型」の解説は、「マリオシリーズのキャラクター一覧」の解説の一部です。
「量産型」を含む「マリオシリーズのキャラクター一覧」の記事については、「マリオシリーズのキャラクター一覧」の概要を参照ください。


量産型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 00:07 UTC 版)

マリオシリーズのキャラクター一覧」の記事における「量産型」の解説

武器世界で登場するモンスターの量産型。塗装がまだされていないため全員金属本来の色である灰色オリジナルより強いものが多い。しかし、オリジナル性格ほとんど同じ。どのキャラクターの量産型でも対戦時は「りょうさんがた」と表示されるザコキャラクター上のを参照

※この「量産型」の解説は、「マリオシリーズのキャラクター一覧」の解説の一部です。
「量産型」を含む「マリオシリーズのキャラクター一覧」の記事については、「マリオシリーズのキャラクター一覧」の概要を参照ください。


量産型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 08:04 UTC 版)

F-80 (戦闘機)」の記事における「量産型」の解説

F-80A-1:120生産されブロック1仕様旧称P-80AでJ33ターボジェットエンジン搭載した量産型。そのほか生産され66機はRF-80Aに改造された。更に60機が製造されRF-80Cに改造された。更に製造された2機はQF-80Aに改造10機は無人機改造。 F-80A-5:180生産され第二次生産型ブロック5仕様。 RF-80A:146生産されたF-80Aの偵察機型旧称FP-80A。ブロック152仕様機でそれ以前F-14A呼ばれた他にアップグレードされた機体もある。他に6機生産されたがRF-80Cに転用された。 F-80B:240生産されエンジンなど強化した型。旧称P-80B。 F-80C:700製造され戦闘爆撃機型エンジン主翼強化旧称P-80C。他に製造され10機が偵察機型に。8機が無人機改造。更に製造されていた50機はTO-1/TV-2に移管。 RF-80C:76改造既存機体から60機(F-80A)、6機(RF-80A)、10機(F-80C)がそれぞれ改造されたF-80Cの偵察機型旧称FP-80C。 QF-80A/C/F:F-80Aの無人標的機型。A型より2機、C型り18改造。 DF-80A:F-80Aから10改造され無人標的機型。 TF-80C:練習機型旧称TP-80C。後にT-33改称TO-1:海軍け高練習機。F-80Cを50移管単座地上基地運用後にTV-2改称F-94:練習機型であるT-33レーダー搭載した夜間全天候戦闘機型

※この「量産型」の解説は、「F-80 (戦闘機)」の解説の一部です。
「量産型」を含む「F-80 (戦闘機)」の記事については、「F-80 (戦闘機)」の概要を参照ください。


量産型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 03:03 UTC 版)

BLOOD-C」の記事における「量産型」の解説

最終回登場ウサギのような耳をした巨人文人たちの研究の産物という設定で、文人自身を追う小夜への足止めと町の壊滅役として召喚一撃小夜倒されたかと思われたが、複数分裂し、町に住んでいた大勢エキストラ達を残虐な方法食して全滅させた。最終的には小夜察知した本体らしい個体切り倒されたことで全ての個体死亡した最後は街が壊滅している描写されていた

※この「量産型」の解説は、「BLOOD-C」の解説の一部です。
「量産型」を含む「BLOOD-C」の記事については、「BLOOD-C」の概要を参照ください。


量産型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/19 07:26 UTC 版)

ダイムラー・ベンツ DB 605」の記事における「量産型」の解説

DB 605 A(M) 標準的な型で戦闘機搭載された。離昇出力は1455hp、MW 50ブースト時の最大出力は1775hp。 DB 605 B(M) ギアボックス変更によって、減速比605 Aの1:1.685から1:1.875とした以外は同一の型。主にBf 110Me 210などの双発機搭載された。 DB 605 AS(M) 605 AにDB 603過給機装備して高高度性能を向上させた型。最大出力MW 50不使用時に1415hp、使用時に1775hpであったDB 605 ASB(M) 大戦末期オクタン価87燃料用605 ASを改修した型。MW 50使用することで1775hpまで出力できた。 DB 605 ASC(M) 大戦末期オクタン価100燃料用605 ASを改修した型。MW 50使用することで1970hpまで出力できた。 DB 605 DM Dシリーズ初期型MW 50使用することで1675hpまで出力できた。 DB 605 DB オクタン価87燃料用605 DM改修した型。MW 50使用することで1775hpまで出力できた。 DB 605 DC オクタン価100燃料用605 DM改修した型。MW 50使用することで1970hpまで出力できた。 DB 610 DB 605二つ組み合わせて1本プロペラシャフトを回すようにした特別仕様型。He 177エンジンとして開発され、2910hpまで出力できた。

※この「量産型」の解説は、「ダイムラー・ベンツ DB 605」の解説の一部です。
「量産型」を含む「ダイムラー・ベンツ DB 605」の記事については、「ダイムラー・ベンツ DB 605」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「量産型」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「量産型」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

量産型のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



量産型のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの終わりのクロニクル (改訂履歴)、萌え萌え大戦争☆げんだいばーん (改訂履歴)、仮面ライダーSPIRITS (改訂履歴)、鉄のラインバレル (改訂履歴)、マリオシリーズのキャラクター一覧 (改訂履歴)、F-80 (戦闘機) (改訂履歴)、BLOOD-C (改訂履歴)、ダイムラー・ベンツ DB 605 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS