モジュールとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > モジュールの意味・解説 

モジュール

英語:module

モジュールとは、モジュールの意味

モジュールとは、建築用語としては設計上の基準となる基本寸法のことである。英語の module由来する言葉であり、規格化され構成単位それ自体独立した機能を持つもの、といった意味を持つ。IT用語としては、ひとまとまり機能のことを指し示し独立性の高い交換可能ものといった意味合いを含む。ソフトウェアハードウェア両面で用いられる概念である。

ソフトウェア開発時のプログラムへの影響範囲測る指標として、モジュール強度モジュール結合度用いられるいずれもプログラム部品性質を示す言葉であり、モジュールが一つ機能のみ提供することをモジュール強度が強いという。一方、各モジュール間で与え影響小さいことをモジュール結合が弱いという。一般にプログラムへの影響範囲特定できることから、モジュール強度高くモジュール結合が弱い設計好まれる

モジュールを用いた用語として、モジュール学習モジュールレイアウトなどが挙げられる。モジュール学習15分程度短期学習差し、帯学習呼ばれることもある。モジュールレイアウトは、鉄道模型レイアウト一つであり、一定の規格に従って作成され鉄道模型ボードをモジュールと呼び、これを用いて作成されレイアウトのことをいう。

モジュール


モジュール

【英】module

モジュールとは、ハードウェアソフトウェアにおける、ひとまとまり機能要素のことである。

モジュールは、ハードウェアにおいては、細かい部品組み合わせて、ある機能実現するひとまとまり部品を指す場合用いる。ソフトウェアにおいては、ある機能実現するプログラムの塊を指す場合用いる。

自動車の生産おいてもモジュールを利用する方法主であり最後の組み立て工程でドアシートなど各モジュールが組み合わさって1台自動車完成するまた、パソコンにおいて、主要部品規格化されたモジュールで構成されている。このため部品単位での交換可能になるソフトウェアおいてもモジュール単位開発進め最後に各モジュールを結合してテストが行われる。この他インターフェースユーザー自由にモジュールを組み込めるようなソフトウェア登場している。

また、各モジュールは独立性が高い方が望ましい。他のモジュールに依存するモジュールでは、それ単体機能なさないからである


モジュール

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

モジュール module


モジュール

歯車の歯の大きさを表す単位
具体的には、歯車ピッチ円直径を歯の枚数割った数。

モジュール

英訳・(英)同義/類義語:module

ある構造体構成する構成要素

モジュール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/10 01:48 UTC 版)

モジュール: module)とは、工学などにおける設計上の概念で、システムを構成する要素となるもの。いくつかの部品的機能を集め、まとまりのある機能を持った部品のこと。モジュールに従っているものをモジュラー: modular)という。


  1. ^ 『能力開発競争 - 日本の自動車産業はなぜ強いのか』 中公新書 藤本隆宏著
  2. ^ : interdependency


「モジュール」の続きの解説一覧

モジュール (Module)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 02:19 UTC 版)

QRコード」の記事における「モジュール (Module)」の解説

QRコードシンボル構成する最小の単位セル。モジュールの大きさ型番により決定されデータ1ビットが1モジュールに相当する

※この「モジュール (Module)」の解説は、「QRコード」の解説の一部です。
「モジュール (Module)」を含む「QRコード」の記事については、「QRコード」の概要を参照ください。


モジュール(スターシード)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/05 03:38 UTC 版)

機神兵団 (漫画)」の記事における「モジュール(スターシード)」の解説

異種知性体が宇宙空間彷徨うための状態、つまり異種知性そのものであり、クマムシ仮死状態のようなものである地球人達には機械心臓だと思われていたが、その実態は生物である。そして地球人は、スターシード宇宙空間耐え凌ぎ大気圏突入次の高温堪え地球降りて地上適合した姿である。

※この「モジュール(スターシード)」の解説は、「機神兵団 (漫画)」の解説の一部です。
「モジュール(スターシード)」を含む「機神兵団 (漫画)」の記事については、「機神兵団 (漫画)」の概要を参照ください。


モジュール(module)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/17 03:12 UTC 版)

歯車」の記事における「モジュール(module)」の解説

歯の大きさを表す規格値。一般に用いられている標準寸法の歯を並歯(full depth tooth)というが、並歯では歯末のたけとモジュールを等しくする

※この「モジュール(module)」の解説は、「歯車」の解説の一部です。
「モジュール(module)」を含む「歯車」の記事については、「歯車」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「モジュール」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

モジュール

出典:『Wiktionary』 (2021/08/06 12:36 UTC 版)

名詞

  1. 建築尺度
  2. 歯車ピッチ直径と歯数の
  3. 装置機械システム基準単位

語源

  • 英語:module.

「モジュール」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



モジュールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
オムロン株式会社オムロン株式会社
© Copyright OMRON Corporation 1996-2022. All Rights Reserved.
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
日本バーコード日本バーコード
Copyright 1997-2022 (c) Nippon Barcode Co.,Ltd.. All rights are reserved.
音楽電子事業協会音楽電子事業協会
Copyright 2022 AMEI.OR.JP
日本マイクロソフト株式会社日本マイクロソフト株式会社
© 2022 Microsoft.All rights reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリモジュールの記事を利用しております。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2022 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
材料屋.com材料屋.com
Copyright(c) 2004-2022 (有)イーマテリアル
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのモジュール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのQRコード (改訂履歴)、機神兵団 (漫画) (改訂履歴)、歯車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのモジュール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS