ブナとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > ブナの意味・解説 

ブナ【(ドイツ)Buna】


ぶな【×橅/山欅/×椈】

ブナ科落葉高木温帯山地分布し、高さ約30メートルになる。樹皮灰色小さく卵形で縁が波形5月ごろ、下部頭状に集まった雄花垂れてつき、上部に、2個ずつ総苞(そうほう)に包まれた雌花上向きにつく。秋、黄葉先立って実が熟し殻斗(かくと)内に堅果が2個ある。ブナ科双子葉植物はほかにクリ・シイ・ナラなども含まれ、約600種が温帯から熱帯にかけて分布、実は殻斗をもち、どんぐりよばれるぶなのきしろぶなそばのき


山毛欅

読み方:ブナ(buna

ブナ科落葉高木


ブナ

別名:掬
【英】:Fagus crenata
(ブナ科)


北海道南部から本州四国九州分布します。同属樹種イヌブナ:F.japonicaがあり、本州四国九州分布しています。かってブナ類は良質材とはされていませんでしたが、蓄積が多いことから、利用技術開発精力的に進められた結果蓄積は非常に少なくなり、現在ではかつて、ブナに頼っていた家具工業はその代替材をさがすことに努めています。

木材
心材辺材とも、正常な場合白色ないし淡桃色ですが、しばしば、不斉円形濃色部分をもっています。これを不正常な心材ということで偽心材と呼んでいます。この偽心材部分には、何重にも、縞があり、菊花模様となることがあります。肌目は精で年輪どちらかといえばあまりはっきりしていません。放射組織広く、高いので、板目面ではゴマのような濃い色の点となり、柾目面では帯状模様(とらふ)となります。保存性が低く、伐採直ぐに薬剤処理をしないと、変色腐朽をおこし易いのが難点です。また木材防腐剤注入しにくく、鉄道枕木使用するときは、材面に刃物ですじをつけて注入します。加工性中庸で、乾燥によって狂いが出易い樹種です。この木材曲木し易い性質があり、その他の樹種では代替しにくいこともあり、曲木家具代表的なものの一つとなりました。ブナは、家具(とくに脚のついたもの)として大量に用いられて大分枯渇してしまい熱帯材で代替ようとしていますが、今でも曲木部分についてはブナ多くが使われています。

用途
家具器具合板漆器木地 玩具曲木、靴木型日用品パルプなどがあります手作り木製台所用品にはブナ製品が多いでしょう


山毛欅

読み方:ブナ(buna

ブナ科落葉喬木

別名 撫、掬


読み方:ブナ(buna

ブナ科落葉喬木

別名 掬、山毛欅


樕椈

読み方:ブナ(buna

ブナ科落葉高木園芸植物

学名 Fagus crenata


山毛欅

読み方:ブナ(buna

ブナ科落葉高木園芸植物

学名 Fagus crenata


読み方:ブナ(buna

ブナ科落葉高木園芸植物

学名 Fagus crenata


読み方:ブナ(buna

作者 三橋鷹女

初出 昭和45年

ジャンル 句集


ブナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/27 07:45 UTC 版)

ブナ山毛欅橿学名Fagus crenata Blume[1])は、ブナ科ブナ属の落葉高木[2][3]。落葉広葉樹で、温帯落葉広葉樹林の主要構成種、日本の温帯林を代表する樹木[3]。種小名の crenata は、「円鋸歯状の」を意味する[4]


  1. ^ a b 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Fagus crenata Blume”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2013年11月11日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 林 (2011)、133-135頁
  3. ^ a b c d e f g h i j 菱山 (2011)、58-59頁
  4. ^ しばしば登場する種小名の意味
  5. ^ 苅住昇「ブナ(シロブナ)」『最新 樹木根系図説 各論』p296-p297 誠文堂 2010年
  6. ^ a b c d e ヨアヒム・ラートカウ『木材と文明:ヨーロッパは木材の文明だった。』山縣光晶訳 築地書館 2013 ISBN 9784806714699 pp.42-44.
  7. ^ 全国ブナ林フォーラム開催のお知らせと参加者の募集について只見町(2019年3月13日閲覧)。
  8. ^ 加藤真「虫こぶの話」(『週刊朝日百科植物の世界』62、1995年6月25日、朝日新聞社)、6の63頁。
  9. ^ 「ブナ材が枕木に 防腐剤の注入で十年はもつ」『日本経済新聞』昭和25年12月8日
  10. ^ 四柳嘉章『漆の文化史』(岩波書店、2009年、ISBN 978-4-00-431223-9)120頁。
  11. ^ 国指定文化財等データベース”. 文化庁. 2013年11月11日閲覧。
  12. ^ 日本樹木誌編集委員会『日本樹木誌』p.756



ブナ

出典:『Wiktionary』 (2018/06/16 10:43 UTC 版)

名詞

ブナ山毛欅、桕】

  1. ブナ目ブナ科ブナ属属す落葉樹一種学名:Fagus crenata。別名、ぶなのきしろぶなそばのき

翻訳



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ブナ」の関連用語



3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||


9
98% |||||

10
98% |||||

ブナのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ブナのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2021 All Rights Reserved, Copyright
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブナ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのブナ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS