年輪とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > > 年輪の意味・解説 

ねん‐りん【年輪】

読み方:ねんりん

樹木横断面みられるほぼ同心円状の輪。温帯林では形成層肥大生長気温異なり、春から夏にかけて活発に生長し、冬に休止するので、1年間に粗と密の輪ができる。熱帯降雨林では1年じゅう生長続けるので、年輪はふつう認められない

多年にわたり積み重ねられてきた経験。「人生の—を感じる」


年輪

作者角田喜久雄

収載図書ミステリー傑作選 特別編 3 真夏の夜の悪夢
出版社講談社
刊行年月1991.7
シリーズ名講談社文庫

収載図書底無沼
出版社出版芸術社
刊行年月2000.5
シリーズ名ふしぎ文学館


年輪

作者真冬

収載図書愛と死短篇童話純文学
出版社書房
刊行年月1998.8


年輪

作者松浦茂

収載図書文の一輪挿し松浦茂短編集
出版社朱鳥
刊行年月1999.5


年輪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/08 15:58 UTC 版)

年輪(ねんりん、growth ring)は、通常温帯から寒帯の断面に生じる同心円状の模様で、成長輪ともいう。成長輪のうち1年に一つずつ増加するものを年輪という。


  1. ^ a b c d e f g h i j 坂本 稔. “木の年代をはかる”. 国立歴史民俗博物館. 2019年11月20日閲覧。


「年輪」の続きの解説一覧

年輪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/06 21:35 UTC 版)

木部」の記事における「年輪」の解説

シナノキ属 (アオイ科) のの年輪 (3年分). 外側がより新しい. マツ属 (マツ科) の二次木部横断面. 早材 (左) と前年度晩材 (右) の境界 (年輪界) が明瞭. 維管束形成層から1年間形成され二次木部管状になり、年輪 (annual ring) とよばれる四季がある地域では維管束形成層活動季節によって大きく変動するため、1年ごとの年輪が明瞭に区別できることが多い (右図)。春から初夏にかけてつくられ二次木部早材 (early wood, earlywood; 春材 spring wood) とよばれ、管状要素 (道管要素仮道管) の径が太く比較柔らかく明色であることが多い。一方夏から秋にかけてつくられ二次木部晩材 (late wood, latewood; 夏材 summer wood; 秋材 autumn wood) とよばれ、管状要素の径が細く緻密であり、比較硬く色が濃いことが多い。晩材次の年早材間に明瞭な境界存在することが多く、この境界は年輪界 (annual ring boundary) とよばれる (右図)。一方四季不明瞭な地域 (熱帯) では、年輪がはっきりしないことが多い。また雨期乾期対応して形成された年輪様の構造成長輪 (growth ring) ともよばれる。年輪の幅は環境条件によって変動するため、これをマーカーとした木材年代推定広く行われている (年輪年代学)。

※この「年輪」の解説は、「木部」の解説の一部です。
「年輪」を含む「木部」の記事については、「木部」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「年輪」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「年輪」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



年輪と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

年輪のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



年輪のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの年輪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの木部 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS