春にとは? わかりやすく解説

ランゲ:春に

英語表記/番号出版情報
ランゲ:春にAu Printemps (Neuer Frühling) Op.44

春に

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/16 08:48 UTC 版)

春に(はるに)




「春に」の続きの解説一覧

春に

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/18 03:37 UTC 版)

地平線のかなたへ」の記事における「春に」の解説

変ロ長調。『教育音楽1989年5月号に混声三部版が発表され好評を博す後に混声四部版に編曲された版も『教育音楽1992年2月号に掲載された混声三部版は1998年改訂されている。 「メロディ全部アウフタクト始まるし、フレーズ長いし、ハーモニーも厚いし。クラス合唱取り上げようと思ったら大変な曲」と木下述べるが、中学校・高等学校中心に小学校からママさんコーラス一般合唱団まで幅広い世代合唱団歌われており、知名度非常に高い木下も『教育音楽』での発表後に「じわじわ曲が広まってゆくのが作曲者にもわかりました」と述べている。NHK全国学校音楽コンクール全日本合唱コンクールなどのコンクールでも自由曲に選ぶ合唱団が多い。なお、ピアノ伴奏による形態以外に吹奏楽伴奏版もある。 元は谷川詩集『どきん』に収録されていた詩の一篇であり、こちらも中学校国語教科書収録されるなど、有名なものである。「詩もそれまで自分の好み最優先して選んでましたが、このとき初めて、歌う人たちにとって感情移入しやすい詩を選びました」。構成上のバランスを取るため歌詞一部原詩ら変更している。 木下は「最初に混声3部編成書いたことが大きい」と、この曲が広く親しまれる理由解釈している。『教育音楽編集部から「中学生のための混声3部作品を」との要求とともに教育現場ガイドライン」が木下のもとに送られその中の「最高音はF」という箇所目を留めたことから木下作品として最高音がかなり低めのFとなっている。

※この「春に」の解説は、「地平線のかなたへ」の解説の一部です。
「春に」を含む「地平線のかなたへ」の記事については、「地平線のかなたへ」の概要を参照ください。


春に

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/05 23:09 UTC 版)

少年ノート」の記事における「春に」の解説

谷川俊太郎作詩木下牧子作曲混声合唱曲集地平線のかなたへ」に収録

※この「春に」の解説は、「少年ノート」の解説の一部です。
「春に」を含む「少年ノート」の記事については、「少年ノート」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「春に」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「春に」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「春に」の関連用語

春にのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



春にのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2022 PianoTeachers' National Association of Japan
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの春に (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの地平線のかなたへ (改訂履歴)、少年ノート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS