箇所とは?

箇所

読み方:かしょ

場所や部分言い表すときに用い言葉特定の部分を指すときに使用することが多く例えば「分からない箇所がある」や「該当の箇所」などというよう用いる。また、同じ読み方の「カ所」は、物や場所の数を数えるときに、数字をつけて助数詞として使用する。

か‐しょ【箇所/個所】

【一】[名]問題になっているその場所。「故障の—」

【二】接尾助数詞。数を表す漢語に付いて、特定の部分や場所の数を表す。「入り口を三—設ける」


か‐しょ【個所・箇所】

1⃣ (連体修飾句を伴ってそういう特定のところ。その場所

民事訴訟法明治二三年)(1890)六六一条「競売期日公告は左の箇所に掲示して」

星座(1922)〈有島武郎〉「どこに不審の個所があるのか」

2⃣ 〔接尾〕 (古くは「がしょ」とも) 場所の数を示す。→か(箇)。

寛永刊本蒙求抄1529頃)四「灸をし針をつかうも四五ケ(カ)処にはすぎぬぞ」



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「箇所」の関連用語

1
58% |||||

2
58% |||||

3
52% |||||

4
52% |||||

5
52% |||||




9
50% |||||


箇所のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



箇所のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS